キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

明治に入って、文化は西洋から入って来た。
それで、校舎も西洋風のが生まれたのでしょうか。

旧遷喬尋常小学校校舎は、それを思わせる建物だった。    ※ 遷喬~せんきょう。
中は、普通の小学校と大きくは変わらないけど。

当時の人々は、教育こそが大事と考えたのか。  大きく立派な建物だった。
美しさも備えて。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

真庭市の中心街にある。
中国山地の、南の端でしょうか。

s-16年10月22日 (1)    s-16年10月22日 (2)

駅名は久世(くせ)。   合併する前は、久世町だった。       

s-16年10月22日 (3)

全てが洋風でないので、擬洋風校舎と呼ばれる。

左右対称。 国の重要文化財。

16年10月22日 (5)xxx

中央に、変わった屋根。  

2つの三角屋根。 
前からの風を破るように分ける。 それで、破風(はふ)と呼ばれる。  城や神社にも。

s-16年10月22日 (6)

中央部分は、前に出ている。

s-16年10月22日 (7)

明治40年の歴史的建造物。   2階中央に、講堂。

s-16年10月22日 (8)

建築費は、町の予算の3倍だそう。 

教育の重要性を分かっていたんですね。 今の時代よりもですね。

s-16年10月22日 (9)

「すそひくところ」とある。 中国山地から出た所に、ここが。

「みんななかよく」については、後でふれます。

s-16年10月22日 (10)

校章。 高瀬舟をイメージ。
ここには旭川が流れており、高瀬舟での水運が盛んだった。 (割と小型の船)

当時は久世村だったでしょうか。 久世の字が隠れているという。 
何となくあるかな。

s-16年10月22日 (11)    s-16年10月22日 (12)

中国の故事が。 この中に校名の、遷喬(せんきょう)がある。 

高い所に行く(登る)の意味に。  後ほどまた。

s-16年10月22日 (49)

子供たちは、表からも裏からも、出入りしたのか。

s-16年10月22日 (13)

校舎は明治40年だけど、遷喬小学校は、明治7年に開校。
「出自幽谷 木」から、山田方谷が命名したとある。

  ※ ただ、遷喬館と呼ばれる藩校や私塾が、他の地に江戸時代からあった。 
    だから、まったくのオリジナルの名前ではない。 
    山田方谷は、遷喬館の名前を知っていたでしょうね。

「出自幽谷 木」の意味については、長くなるので後ほど。

s-16年10月22日 (14)

この場所が、中央交差点の感じ。 右向こうは、校長室。 今は事務室。

s-16年10月22日 (16)

正面から向かって、左方面の廊下。

廊下の板は松材。 場所によって、使われた木材が違う。 

学校給食を食べられるが、今日はやってなかった。
地域のお祭りの準備で、いそがしいよう。

自分は、ご飯の給食が好き。

  ※ 給食は最初からご飯にしてれば、米が余ったりしなかったのに。
    車を売るために、アメリカから無理やり小麦を買わされた。
    政治は、誰を大事にしたかが分かりますね。

少し右に曲がって、向こうに廊下。  左に資料室。 ここは最後に。

s-16年10月22日 (15)    s-16年10月22日 (17)

昔の掃除は、ぞうきんがけ。 疲れる動き。  左を見学。

s-16年10月22日 (18)

右の写真は全校児童か。 校舎にも、子供はいる。

s-16年10月22日 (19)    s-16年10月22日 (20)

この人が設計。  この地方の多くの建物を設計している。

右は、高梁(たかはり)市立吹屋小学校。 (数年前に撮影)  少し似ている。
この人の設計は、多くの影響を与えたよう。

昨日見た旧越畑小学校は、こうだった。 こっちも洋館風。

s-16年10月22日 (21)    s-16年10月22日 (4)

映画にも登場。   右は、松嶋菜々子か。

s-16年10月22日 (22)    s-16年10月22日 (23)

吉田拓郎も。

s-16年10月22日 (24)

吉田拓郎CM集     24分40秒から。  画面の丸いのを動かして。



階段の板の角はまるい。

s-16年10月22日 (25)

「出自幽谷 木」の意味について。 

読みは、ゆうこくよりいでて きょうぼくにうつる。 ※ のぼる、でもいいよう。

   ※ 喬の字には、髙いという意味がある。  喬は「たかし」と読んで名前にも。
   ※ 于(ウ)の字は、千でも干でもない。 下をはねる。
     芋や宇の字に。  行くの意味があるよう。

意味は、パンフレットには下のように。

ウグイスが深山の暗い谷間から飛び立ち、高い木に移ることに例えて、
学問に励み立身出世するという意味。

  ※ 故事の文を調べてみたら、出自幽谷 遷于喬木  嚶其鳴矣 求其聲 のように続いていく。

    何のために高い木に行くのか。  友を探しに行くという考えがあるよう。
    ウグイスは木の上で、一生懸命鳴く。

   校歌に「みんななかよく」とあった。 上に合いますね。

「出自幽谷 木」の意味は、だいたい分かったでしょうか。

   余談  仰げば尊しの歌詞の「身を立て名を上げ」は、この故事の影響を受けている感じがします。

       早春賦の歌詞は、下のように。
        「 春は名のみの 風の 寒さや 谷の鶯 歌は思えど 時にあらずと 声も立てず 時にあらずと 声も立てず 」

       この詩の作者も、上の故事を知っていたと自分は思います。

2階に。

s-16年10月22日 (26)

昔のままに。

s-16年10月22日 (27)

もっと古い机。

保健だよりがあった。 夕日小学校とある。 (映画の時につくったのか。分からない)

  ※ 手書き。 細いペンで太い字を。 7日(火)とある。
    考えられ年は、昭和56年です。

  ※ 心も体もげんきに、とある。 勉強のことを書いてない。
    学校の中で、養護教諭(保健室の先生)だけは、勉強が出来るかどうかで、子供を見ない。

    多くの子供達にとって、実にうれしいこと。
    それがあるために、保健室が、心休まる場所になることが多い。

s-16年10月22日 (28)    s-16年10月22日 (29)

桜の花に、目標を書いたのかな。

s-16年10月22日 (30)

講堂。

s-16年10月22日 (31)

瀬戸大橋。  岡山県から、香川県に。 上は車道。 下は鉄道。

    電車も走る、瀬戸大橋  温暖な瀬戸内 ~坂出市~   他  (2010/12/10)

s-16年10月22日 (32)    s-16年10月22日 (33)

天井が兜のよう。  上からの圧迫感が消える。

s-16年10月22日 (34)    s-16年10月22日 (36)

子供達は廊下を走る。  叱られる。

  ※ 廊下を広くして、走ってもいいよって学校がある。 ミニ体育館のように遊ぶ。

s-16年10月22日 (37)

講堂から、左の方を。

s-16年10月22日 (38)

裏側。 自分の車が。

古いガラスは、揺れて見える。 泣きながら見たら、もっと揺れる。 そんな子供もいたでしょうね。

s-16年10月22日 (39)    s-16年10月22日 (40)

子供は走って下るのが上手。 自分もそうだった。

s-16年10月22日 (41)

玄関の隣の資料室に。

ここは雪が降る。 もっと北は、豪雪地帯。

s-16年10月22日 (42)

上から見たら、こう。  美しい。

s-16年10月22日 (43)

下に説明が。  ここでの「遷喬」は、江戸時代までは、さかのぼらないですね。

s-16年10月22日 (45)    s-16年10月22日 (44)

古いヤマハのオルガン。  足踏み。  優しい音が出る。 少しだけ、音を鳴らしてみた。

旭川が流れる。  ※ 北海道の旭川市の名前とは、関係ない。

のびのびと育ってほしい、という願いの強い歌詞。

s-16年10月22日 (47)    s-16年10月22日 (46)

募金箱に少しだけ寄付。  ハガキを3枚いただいた。 (管理の人は、いっぱい持って行きなと)

明日は、真ん中の滝に行く。

s-16年10月22日 (48)

子供たちのために、いい学校をつくる。
それが、地域の人達の願いだったんですね。

地域を発展させる、一番の近道と知っていた。
今の時代、学びたい考え。

美しい校舎でした。

【今日の一句】  「 喜びも悲しみも 人との関わりの中から 」   学校の子供たちもそうですね。
         「 写真撮って 見たつもりの旅 」

         「 秋なのに 落ちる葉のない 枯れ木 」
         「 人を助けたつもりが 助けられて 」  ・・・。

         「 久世はくせ 濁らなない くせを 」 

【その他】  磐梯山で、7年前にお会いした。 ご冥福を・・。

    快晴の磐梯山 ~田部井淳子さん・テレビ取材班に会う~  五色沼 (2009/10/13)

s-16年10月22日 (50)

【その他 ②】   三原舞依のSP。   グランプリシリーズのアメリカ大会。  3位に入った。

           ジャンプが進歩して、コーチに恵まれたら、伸びるのでは。
           頭が固定されていないというか、しなやかな滑りに感じる。  



【道の駅】    醍醐の里(真庭市)

【明日の予定】    神庭(かんば)の滝。    悪くないよう。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2202-cb6d8227

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 旧遷喬尋常小学校校舎。 明治後期の擬洋風校舎。 校名は「出自幽谷 遷于喬木」から。~真庭市~ 他 (2016/10/23)
  • 2016年10月23日 (日)
  • 10時27分34秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。