キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

武蔵はどこで生まれたのか。 どこが有力なのか。
それは、見学の後調べてみました。
記事の最後に書きますね。

今日は、美作市の武蔵の里を見学。
ここは、吉川英治の「宮本武蔵」に登場することで知られる。

どんな所かを紹介します。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

美作市。 宮本武蔵駅から近い。

s-16年10月14日 (1)    s-16年10月14日 (2)

ここは、武蔵での観光開発が熱心。

s-16年10月14日 (3)

まず、生誕地と云われるところに向かった。

s-16年10月14日 (4)

みんなこの一帯に集まっている。

s-16年10月14日 (5)    s-16年10月14日 (6)

正面が、武蔵生家と。 もちろん家は新しい。 生家跡ですね。

s-16年10月14日 (7)

吉川英治の宮本武蔵に、説明のように登場。

熊本でなくなったのは、史実。

s-16年10月14日 (8)    s-16年10月14日 (9)

吉川英治の記念碑も。

s-16年10月14日 (10)

こんなのが、あちこちに。  1584年に生まれたとある。 これは史実。

だから、若い時に、関が原で戦っている。 黒田如水の元で。

名前は、武蔵坊弁慶から。

s-16年10月14日 (11)    s-16年10月14日 (12)

ここを行くと、墓と神社。

s-16年10月14日 (13)

平尾家。 武蔵家を継いだとある。

s-16年10月14日 (14)    s-16年10月14日 (15)

立派な茅葺の家。  夏を思わせるように、いっぱいの花。

s-16年10月14日 (16)    s-16年10月14日 (17)

道沿いの案内。 この道は、昔の稲葉街道。 昨日見学した大原宿につながる。

s-16年10月14日 (18)

武蔵神社。  昭和46年に建立。

s-16年10月14日 (19)

少し戻って、ここを行くと、武蔵の墓。   分骨がここに、と伝えられると。

s-16年10月14日 (20)    s-16年10月14日 (21)

中央の墓が武蔵の。  向こうに、武蔵神社。

   ※ 右の写真、手元がぶれたのか。 写真はいつも、1枚だけ。
     水平が狂うと困る時だけ、3枚ほど。 建物を正面から撮る時や、海など。

s-16年10月14日 (22)    s-16年10月14日 (23)

宮本川。 

s-16年10月14日 (24)

讃甘(さのも)神社。 吉川英治の宮本武蔵に、讃甘の山で登場。  説明にある。

s-16年10月14日 (25)    s-16年10月14日 (26)

武蔵資料館。 資料の撮影は出来ない。 500円。

s-16年10月14日 (27)

若い時の、武蔵像があった。 2刀流。 (余談 大谷みたい。 今日は、日ハム勝った。)

戦い方は、最後のブログ紹介の中に。

s-16年10月14日 (28)     s-16年10月14日 (29)    s-16年10月14日 (30)

この後、資料館を見学。

武蔵関係はほんの少し。 普通の刀剣や鎧や古文書など、古い物の展示。
少しだけ、武蔵の物と伝わると。 武蔵の肖像画の複製なども。

  ※ 500円払って見学する価値は無かったかな。

大塔河原は近くにあるよう。 

s-16年10月14日 (31)    s-16年10月14日 (32)

子供のころから強かった。

s-16年10月14日 (33)

ここまで、見学したものを、紹介しました。
晩に、武蔵はどこで生まれたのか、調べてみた。

【武蔵はどこで生まれたのか】

下は、Wikipediaの説明。

播磨(はりま)鑑という文書では、播磨。 江戸の中期。 今の兵庫県。
江戸の後期の文書で、美作。

後期の文書の信頼性は薄いというのが、研究者の共通認識。
播磨灘も、完全ではないけど。

syussei.jpg

播磨とすれば、下の場所。

 tizu7778_2016101510090100a.jpg

吉川英治は、美作説を採用。
どうしてそうなったか。

美作説にした方が、話の展開が作りやすかったよう。
また、吉川英治が播磨に取材に行ったとき、地元は協力的でなかったという話が。

今日見学した神社は、昭和の建物でしたね。
墓は、明治に造られたよう。

また、明暦(1600年の中頃)の古地図に、美作の地に宮本村は無い。

研究者の文をいくつか読むと、上のことが指摘されている。

今日見学した、武蔵の里は、吉川英治の「宮本武蔵」に登場して、以来観光に熱心になった。

膨大に調べたわけではないけど、自分は播磨の宮本村が優勢かなと感じる。

※ 資料館の展示資料が、なるほどここかも知れないとは、思わせてくれなかったかな。
  プロの歴史家が資料収集に関わってないと感じた。 
  郷土史研究家のレベルかなって。

※ 出生地については、このサイトが詳しかったでしょうか。  根拠を示している。

【ブログ紹介】     

     巌流島の決闘400周年記念「第62回武蔵小次郎まつり」 ~北九州市小倉区~  The Rose (Bette Midler)  他  (2012/4/15)   

     武蔵と小次郎の巌流島へ  金子みすゞが生きた下関  風頭山  不動坂 ~下関市・北九州市門司区~ 他  (2011/12/29)   

     八百津町の上代田棚田と、赤薙棚田を歩く。  五宝滝と武蔵伝説。~八百津町~  他  (2014/5/13) 

     乙大木谷の棚田  宿場町平福  武蔵初決闘の場 ~兵庫県佐用町~   他  (2010/5/15)

     剣聖丸目蔵人佐 ~宮本武蔵も一目置いていた?~   京ヶ峰横穴古墳群   他  (2010/1/23)

【今日の歌】  岩崎宏美 すみれ色の涙 (1981)
           昨日の「さよならの夏」と同じ作詞者です。 万里村ゆき子。 今日の歌にも、さよならが。



【道の駅】   彩菜茶屋     美作市の市街地にあります。

【明日の予定】  近くの湯郷温泉を考えている。 ただ、土曜日なので駐車場が不安。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2193-aa6d42e5

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 武蔵はどこで生まれたのか。 武蔵の里を歩く。 武蔵生家跡。 武蔵の墓。 資料館。~美作市~ 他 (2016/10/14)
  • 2016年10月15日 (土)
  • 00時03分54秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。