キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

平地に分水界があるというので、見に行った。

分水界の北部に、水分れ(みわかれ)公園があった。

山から出てきた川が、2つに分かれ、日本海と瀬戸内海に流れる。
不思議な場所。

この土地に詳しい人に出会い、説明していただいた。
資料館の見学もいっしょに。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

印の所の標高は、95㍍程。 川の水は、そこで上下に分かれる。
分水界で。 ※ 山なら分水嶺。

だから、黄緑の部分はとっても低い。 海が高くなったら、本州はこの場所で2つに。

黄緑の左に、中国山地がどこまでも。

tizu8889_2016100810190512a.jpg

亀岡市から、9号線を通って向かった。

   ※ 山陰本線が見える。 東北新幹線に次いで長い鉄路。 下関まで。 9号線も下関まで。

tizu7778_20161008101859874.jpg    s-16年10月7日 (2)

この地域は、生郷(いくさと)とも呼ばれるんですね。

  ※ 昔は、生郷村。 合併して氷上(ひかみ)町。 さらに合併して丹波市。

図の下の方の水は下に。  上は上に。  右に、水分れ公園。

s-16年10月7日 (7)

駐車場にあった説明。 生郷の中に、石生(いそう)。 (丹波市氷上町石生)


s-16年10月7日 (8)

水は、北の由良川と南の加古川に流れていく。   平地で分水と。

標高は、100㍍ない。

高谷川が山から土砂を流した。 扇状地が出来て、髙くなった。
水を上下に分けた。

 ※ ずっと昔は、分水界はもっと北にあった。

本州の分水界では、一番低い。 

 ※ 北海道の千歳市に分水界がある。 もっと低いそう。
 
s-16年10月7日 (9)

高谷川。 山から流れてくる。 分水界を通っている。 

左が北、右が南。  水は、両方に行く。 後で知る。

水分れ公園は、向こうに。  柿が成って、紅葉の季節は間もなく。

s-16年10月7日 (10)    s-16年10月7日 (11)

鳥居がある。 この辺から向こうが、水分れ公園。

s-16年10月7日 (12)

橋を渡る。 茶屋もある。

s-16年10月7日 (13)

高谷川。 神社に寄って、向こうに行く。

s-16年10月7日 (14)

いそ部神社。  ※ 山へんに石の漢字は、ネットにない。

古くは、いそ部の民(たみ)が住んでいた。

s-16年10月7日 (15)    s-16年10月7日 (17)

大きな木。  神木か。

s-16年10月7日 (16)

写真での説明。  裏側に湧水。 汲みに来てる人が。

高谷川は、向こうからこっちに。 土砂を流して、髙くした。 水は左右に。

向こう端が、水分れ公園。

s-16年10月7日 (18)    s-16年10月7日 (19)

公園の滝。

s-16年10月7日 (21)

公園の水が分かれている。 でも、どっちも池に行っている。 本物でないと分かった。

s-16年10月7日 (22)

こっちだ。 高谷川。 向こうに流れる。

赤〇で、川が分岐。 

s-16年10月7日 (23)ppp 

こう。 右に行った水は、由良川に流れて、日本海に。  標示が。

s-16年10月7日 (24)

こうです。 どっちも日本海に。 

70㌔で100㍍程下がるだけ。 のんびりのんびり流れる。 (急流の反対)

s-16年10月7日 (25)

この後、地域の方が声を掛けてくれた。
分水界にとっても詳しく、たくさん教えていただいた。
一緒に、資料館にも。

分水界を走って戻る。 道が狭いので、左に行って国道に出る。 右に行く。

s-16年10月7日 (4)

国道に出て、向こうが北。 信号の前に、橋。   真っ直ぐ行く。

s-16年10月7日 (5)

水分れ橋。 水分れと呼ばれる地点。

橋の向こうの水は日本海に。  こっちは、瀬戸内海に。

s-16年10月7日 (6)

水分れ公園を歩き出したら、来たことあるって思い出した。
5年前。 少しの見学と、数枚の写真。

今日はちゃんと勉強すると決めて、見学。
少しだけですが、分かったでしょうか。

  ※ 水分れ公園  奇勝鬼の架け橋  鐘ヶ坂隧道 ~丹波市~  他  (2011/12/4)

【今日の一句】 「 石生(いそう)の雨  一緒に降って あなたはあっち 私はこっち 」 

                涙の雨。  冷たい感じがする。 ・・・。

【関連記事】  義経、弁慶が通った、瀬見温泉  堺田分水嶺 ~最上町~  他  (2011/7/20)

【その他 ①】   福智山線が通っている。

2005年に脱線事故が起きた。 107名の命が失われる。

場所は、尼崎駅の1.5㌔程手前。

s-tizu6667.jpg
   
印の場所。  カーブで曲がれなかった。

tizu9999_201610081019054dd.jpg

1両目は、2両目の下で、どうなっているのかはっきり見えない。

こんな大きな事故でも、JR西日本の社長は無罪。
組織罰と云われる物がない。
 
東電のように福島で巨大事故を起こしても、責任はうやむや。

責任を問うこと以上に、再発防止に役立つことは無いのに。

mnkhuiioo.jpg    ajf425-jlp02435763.jpg

【その他 ②】

実現したら、直ぐに行って来ますね。
フェリーがあったら、車で行く。  何日間もいる。 まず、国後島に。

kizi888888.jpg 

【道の駅】   丹波おばあちゃんの里

【明日の予定】   近くにある高源寺に。  三重塔があるみたい。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、3位。 旅行全体、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2186-d5206d6e

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 「水分れ」は、本州で一番低い分水界。 水分れ(みわかれ)公園。~丹波市~ 他 (2016/10/7) 
  • 2016年10月08日 (土)
  • 10時31分08秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。