キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

九度山に行くなら、今かな。
今が旬。 そう思って行ってきた。

何が残っているのか、はっきりしない。
でも、昌幸・信繁たちが見た、山・川・空はある。

それを見るだけでもいいかな、と考えて。
    ※    ※    ※    ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

高野山は高いとことにある。
その麓にあるのが、九度山。

s-16年10月4日 (1) s-16年10月4日 (2)

電車も九度山を通る。 九度山を過ぎて、登り始める。

自分は、道の駅から歩いた。

左に雨引山。 この山が目立つ。 信繁たちが毎日見た山。

s-16年10月4日 (3)    s-16年10月4日 (4)

ここは、道の駅柿の郷くどやま。

真田屋敷跡は、写真中央遠くにある。

s-16年10月4日 (49)

真田屋敷跡(真田庵)を中心に見学。  小高い丘の上。

s-16年10月4日 (6)    s-16年10月4日 (7)

駐車場は、真田庵の近くにも。 車がいっぱい。

向こうに行く。

s-16年10月4日 (8)

橋の上から。 向こうに、紀ノ川。   右から左に流れている。  高野山は、自分の後の山奥に。

s-16年10月4日 (9)

3分ほど歩いて、小路に入る。

s-16年10月4日 (10)    s-16年10月4日 (11)

長屋門を通って。

真田屋敷跡に、寺が。 善名称院(ぜんみょうしょういん)。 1741年創建。

s-16年10月4日 (28)

真田太平記などの展示。

s-16年10月4日 (26)    s-16年10月4日 (27)

菊の紋は、善名称院が皇室と関係があったため。   六文銭も。

s-16年10月4日 (29)

善名称院。  屋根が複雑。 八棟造と呼ばれるよう。 他にも建物がいくつか。

現在、真田庵と呼ばれている。

s-16年10月4日 (12)    s-16年10月4日 (13)

真田屋敷跡となっているが、調べたら、はっきりしない。

昌幸は亡くなって、信繁は大坂城に行く。
後に、真田屋敷は取り壊される。

廃墟の状態が長く続くため、屋敷跡の場所は諸説ある。
ここの可能性もある、ということでしょうか。

s-16年10月4日 (14)

菊の紋。   観光客が絶えない。

s-16年10月4日 (16)    s-16年10月4日 (17)    s-16年10月4日 (18)

お堂があって昌幸の墓がある。

s-16年10月4日 (19)    s-16年10月4日 (15)

中央の宝篋印塔。 一応これも、昌幸の墓とされている。

 ※ 文書で分かっているのは、九度山で焼かれ分骨が、長野県の松代の長国寺と、上田の長谷寺に行ったこと。
            (松代藩の藩主に、信繁の兄の信幸が、沼田から行ってなる)
 
   他の骨は、九度山に葬られたと考えていい。
   それがこれなのかは、よく分からない。 一応墓となっている。
  
       長谷寺にある真田幸隆夫妻と昌幸の墓にお参り。 真田氏本城跡の近くに。~上田城~ 他 (2016/9/22)

s-16年10月4日 (20)

こんなお堂も。

s-16年10月4日 (21)

伝説のある井戸。  信繁(幸村)が、雷を閉じ込めたと。

s-16年10月4日 (22)    s-16年10月4日 (23)

右が真田庵。 向かいに、昌幸の墓。

s-16年10月4日 (24)    s-16年10月4日 (25)

真田屋敷の絵図が見たい。 ネット上にはない。

反対側の出口。

s-16年10月4日 (35)

真田屋敷の向こうに、雨引山が見える。 

昌幸・信繁、そして家臣たちが毎日見た山。

s-16年10月4日 (30)

関が原に負けて、2人は高野山に蟄居(ちっきょ)となった。 流された。
蟄居の寺は、蓮華定院(れんげじょういん)。

高野山や伊豆に流されるのは、普通は危険。
途中で殺されることの方が、多い。 

   ※ 秀頼が生まれて秀次は、秀吉に疎まれ流された。 そして、切腹。
     伊豆に流された誰だったかも、風呂に入っているとき襲われた。

高野山は女人禁制。
信繁は妻を連れてきた。  昌幸は、上田に置いてきた。

女性たちは、高野山の少し九度山側の下の、細川。

冬は寒いからかで、九度山に下りる。

   ※ 2人の他には、信繁の妻子と16人の家臣。

真田の抜け穴伝説の場所に。

s-16年10月4日 (31)

ここ。

s-16年10月4日 (33)

穴がある。  調査の結果、古墳と分かった。

s-16年10月4日 (34)    s-16年10月4日 (32)

少し丘の上の、真田道。  右の像は焼き物。 九度山焼。

s-16年10月4日 (36)

真田家の監視役は、紀州藩(和歌山藩)。
そうなんだけど、生活の支援をしている。

  ※ 藩主の浅野幸長(よしなが)は、秀吉の家臣だった時代が。 後に徳川方に。

生活を支えた中心は、信繁の兄の信幸(信之)。

休憩所の中。

s-16年10月4日 (37)

お店に、真田紐が売っていた。 東風さんが、上田では売り切れと言っていた。
1つ記念に勝った。

s-16年10月4日 (38)    s-16年10月4日 (5)

誰もが、上田に戻ることを願っていた。 何度も嘆願を。

また、昌幸は何時かのために兵法の研究もしていた。(前回の大河で出ていた)

さらに行く。

s-16年10月4日 (39)

大坂冬の陣の前、信繁は国許(上田)にいる父・昌幸の旧臣たちに参戦を呼びかける。
九度山を脱出して子の大助と共に大坂城に入る。

    ※ 豊臣からの謝礼は、黄金200枚、銀30貫。

脱出の責任を和歌山藩は問われる。
それを避けるため、監視の者を含めて盛大な宴会をやったよう。
その時に、脱出。

向こうに道の駅。

s-16年10月4日 (40)

大坂城から出た所に、陣地をつくる。 それが真田丸。(Wikipedia)

下の方には、茶臼山。 家康がいる。  冬の陣の時。
茶臼山については、下の記事に。 (6日に、大坂城に行く予定)

  新世界と天王寺公園に。  通天閣。 王将碑。 串カツ店。 茶臼山。~大阪市~ 他 (2015/12/6) 

Osaka_no_eki_winter.jpg 

川で遊んでる人が。  暑い。 夏が復活。

s-16年10月4日 (41)

道の駅に、資料館。

s-16年10月4日 (42)

信繁について。

s-16年10月4日 (43)    s-16年10月4日 (44)

奥は高野山について。

s-16年10月4日 (45)

高野山と熊野古道。

s-16年10月4日 (46)    s-16年10月4日 (47)

高野山の紹介。

s-16年10月4日 (48)

はっきりしてないものが多かった。

ただ、九度山にいたことは確か。
昌幸・信繁たちが見た、雨引山・紀ノ川は今も昔と同じようにあった。
同じ空気を吸って、自分は歩いた。

真田氏の性格上、命が助かっただけでは、満足は出来ないんですね。
信繁は、大阪城に行くことになる。

家康は、信幸がいるから、殺せなかったのか。

【今日の一句】 「 昌幸・信繁 再起を期すことは いつも心の中に 」

【ブログ紹介】

   奥の院には、歴史上の人物の墓がいっぱい ~高野町高野山~  コーヒーブルース(高田渡)  他  (2012/6/11)
   
   大門  徳川家霊台  女人堂  金剛三昧院多宝塔 ~高野山~  運命(指揮カラヤン)  他  (2012/6/10)

   高野山真言宗の総本山、金剛峯寺 ~高野町~  君と淋しい風になる(森田童子)  他  (2012/6/9)

   大門坂 熊野那智大社 那智の滝 ~熊野詣での終点、那智山~   他  (2010/6/10)

   湯の峰温泉の「つぼ湯」は、世界遺産。 その秘密は? ~熊野詣の湯垢離場(ゆごりば)~   他  (2010/6/9)

   熊野古道、昨日の続きを歩く。 ~継桜王子から熊野本宮大社まで。(22.1㎞)~   他  (2010/6/8)

   熊野古道は修験の道だった。 ~滝尻王子から継桜王子まで、歩く。(18.2㎞)~   他  (2010/6/7)

【道の駅】 紀ノ川万葉の里  九度山のは混んでたので。

【明日の予定】  近くの神社を見る。 世界遺産。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2183-881a439b

openclose

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 九度山は、真田昌幸と信繁が上田を夢見て暮らした土地。 住居跡に今は・・。~九度山町~ 他 (2016/10/4)
  • 2016年10月05日 (水)
  • 12時56分42秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。