FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

亘理町は、海際にある小さな町。
この町の観光地と呼べる貴重な所が、鳥の海。 そこを見て来た。

先日、アメリカのメディアの写真を載せた。
その中に、女川町の男の人の写真があった。 写真の説明には、息子さんを亡くしたとあった。
その後、この写真は、読売新聞で大きく取り扱われていたことを知った。(姉からのメールで)

今日のボランティアは、雨のため休み。 無くなった。 ※ 明日も。
夕方まで、のんびり過ごした。

鳥の海と阿武隈川河口。



亘理温泉、鳥の海。
近くには、海水浴場や公園もあった。

11年4月22日 (1)

鳥の海は、海水と真水が混ざっている。
向こうが海。

11年4月22日 (3)

内陸方面。

11年4月22日 (2)

4月と5月には、潮干狩りが行われる。
津波がなかったら、今頃は、家族みんなで楽しんでいる。 

57577_2poppo989.jpg


先日載せた、女川町の男の人の写真。
この写真について、詳しくは分からなかった。
姉からのメールで、調べてみたら、4月17日の読売新聞の夕刊で紹介されていた。

11年4月22日 (4)

(読売新聞記事)

   母と妻眠る道路脇「ごめんな」   ※ 息子さんも見つかっていない。

  母と妻の遺体が道路脇に放置されている。
  行政に収容を要請すると、「手が足りない」と断られた。
  東日本巨大地震で壊滅的な被害を受けた宮城県女川町。
  同町女川浜の無職平塚義勝さん(66)は、愛する人の亡がらを目前に、
  ただ手を合わせるしかない。

  地震が発生した11日午後、平塚さんは近所の知人宅にいた。
  慌てて自宅に戻ると、足の悪い母みのりさん(93)が、
  近くに住む妹に助け出され、自宅前の路上で椅子に座っていた。
  傍らには妻ヒロ子さん(61)がいた。「どうやって逃げようか」。
  そう考えていたところ、巨大な津波が襲ってきた。

  大量のがれきとともに、あっという間に約10メートル流された。
  しっかりとみのりさんの腕を脇に抱えていた。2人とも胸まで水につかり、
  がれきに体を挟まれた。
  「苦しい、苦しい」
  みのりさんはそううめき、しばらくして息を引き取った。

  「おばあさん、ごめんな」
  がれきの間から何とか脱出した平塚さんは、
  泣く泣くその場を離れ、町立病院に向かった。
  ヒロ子さんは見失っていた。

  翌日、現場に戻ると、
  がれきの下敷きになっているヒロ子さんを見つけた。
  がれきをノコギリで切り、遺体を引き出すと、
  地面に横たえて毛布を掛けた。
  みのりさんの遺体は、がれきのすき間から見えるが、外に出せない。
 
  平塚さんは今、身を寄せている町総合体育館から
  毎朝約15分歩いて現場に向かう。
  2人の遺体に手を合わせるためだ。
 
  「寒いだろう。冷たいだろう。
  きょうも出してあげられなくてごめんな。もう初七日なのに・・・」

  一緒に暮らしていた長男の勝さん(38)とは、まだ連絡がついていない。

こんなことが、現実にあった。
行政は、時にこういうことはあるんですね。
自分たちのやってる仕事が、被災者にどう評価されるより、別の所からの評価に重さを置く。

災害ボランティアセンターの動きを見ても、それを感じることはあった。
このことを指摘している報道機関はあった。

この写真を撮った記者は、この記事を書く位ですから、行政に対応を訴えていますね。


【今日の歌】  キャンディーズ 「わな」  軽快な所がいいですね。



【その他】  軍の関与認める判決確定 「沖縄ノート」訴訟

 

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
    
【ランキング】  国内旅行は8位、 旅行全体で30位です。           
           
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
         
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

男の慟哭

男の慟哭。
女川町の男の写真は、添えられた記事を読むにつれ、むごさと、行政への怒りを禁じえない。
自分の遺体を目の前にし、毎日手を合わせに来る。
辛かっただろうなぁ、この男の人。
初七日もガレキの下で迎えざるを得なかった。
謹んでご冥福を祈ります。

 キャンディーズの歌のアップ、楽しく見ています。時折のオアシスです。「わな」。懐かしい歌です。もう30年ほど昔の歌ですが、体が、心が憶えていました。その頃、無心に生きていました。

 ボランティア活動も一月過ぎましたね。お体の方は大丈夫ですか。九州に来られた折は、温泉でも行きましょう。無理せず、活動してください。

Re: 男の慟哭

そう言えば、一月過ぎてましたね。
体調は、7時間くらい睡眠をとったら、大丈夫。
そんな感じです。

足に釘を刺さないように気を付けています。
破傷風を避けるためです。
長靴に、特別な下敷きを入れています。

あと、被災地では、みんなマスクをしています。
ほこりを吸わないように。 その風景が特徴的です。

今、福島県にどこまで入れるか調べています。

仙台より南は、家並みが続きます。
そのため、多くの動画が撮られています。
動画は、機会があったら撮る。 
それでいいと思っています。







> 男の慟哭。
> 女川町の男の写真は、添えられた記事を読むにつれ、むごさと、行政への怒りを禁じえない。
> 自分の遺体を目の前にし、毎日手を合わせに来る。
> 辛かっただろうなぁ、この男の人。
> 初七日もガレキの下で迎えざるを得なかった。
> 謹んでご冥福を祈ります。
>
>  キャンディーズの歌のアップ、楽しく見ています。時折のオアシスです。「わな」。懐かしい歌です。もう30年ほど昔の歌ですが、体が、心が憶えていました。その頃、無心に生きていました。
>
>  ボランティア活動も一月過ぎましたね。お体の方は大丈夫ですか。九州に来られた折は、温泉でも行きましょう。無理せず、活動してください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/214-d6f02fd8

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 亘理町鳥の海  「ごめんな」~女川町の男性の写真は、読売新聞で・・・~   他  (2011/4/24)
  • 2011年04月24日 (日)
  • 06時00分37秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。