キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

楽しみは、歩きながら探す。
そんなことで、道の駅を出発。

羅臼川沿いの谷の奥を見たら、いつも羅臼岳。
観音様のようにいる。

海の向こうには、国後島。
今の時代、誰でも行けるのでしょうか。

調べてみましょう。
費用も。
     ※     ※     ※     ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

ウトロより羅臼側の方が、半島の先の方に行ける。

s-16年8月11日 (1)

クナシリ島まで30㌔。   船であっという間。   

    ※ 平和条約が結ばれたら、行ったり来たりか。

s-16年8月11日 (2)

道の駅、知床・らうす。

小さな道の駅。   大型トラックは停められない。

s-16年8月11日 (3)

お店の中は賑やか。 カニ、ホッケ、昆布など。  少し高め。   観光客相手。

s-16年8月11日 (5)  s-16年8月11日 (6)

根室海峡。    (広くはオホーツク海)

s-16年8月11日 (4)

羅臼岳。   半島で一番高い。

s-16年8月11日 (7)

羅臼港に行ってみた。  右の方に観光船が見える。    

s-16年8月11日 (8)

こう。   戻って来たよう。

s-16年8月11日 (9)

こっちに来て、振り返って。 

漁船が戻って来て、魚をトラックに積んだ。  

仕事が終わって、「今日は暑いな」って若い人が。

正面の山に展望台。    後で行く。

s-16年8月11日 (10)

これが観光船。

クジラのいるところに、まっしぐら。   半島の先端を目指すクルーズではない。
生き物は、90㌫は見られるそう。

s-16年8月11日 (11)

この船は一休み。  スケソやホッケを獲る船。

船にはアンテナがいっぱい。  いつ頃からか、こうなった。

s-16年8月11日 (12)

カラスが何かをくわえている。    港のカラスはしたたか。   掃除屋さんでも。

FURUNO(フルノ)と見える。

古野電気は、船舶機器のトップメーカー。

そうなれた理由は、魚群探知機の発明・開発。

今の漁船は、魚探(ぎょたん)がなければ商売にならない。

s-16年8月11日 (13)

※ 魚群探知機の開発は、NHKのプロジェクトXで紹介された。   面白い。



何かを作っている。   大きそうだ。

実は、ケーソンを作っている。   巨大なコンクリートの箱。

海に沈めて、防波堤をつくったり。   海の橋の橋脚にも、使う。

  ※ 最後に山の上から撮影。 分かりやすい。

s-16年8月11日 (14)

古い碑。     

久右衛門という人は、明治に初めにここに来た。  羅臼に初めて住み着いた和人。  最初は根室にいた。

s-16年8月11日 (15)

丘の中腹のこの道を戻る。

s-16年8月11日 (16)

北海道は、コンビニはセイコーマートが多い。 肉や野菜がある。  少しの魚も。

s-16年8月11日 (17)

メインストリート。

s-16年8月11日 (18)

右に曲がって、羅臼神社。  海の仕事は危険。 神様を大事にする。   神だのみ。

s-16年8月11日 (20)

由緒が知りたくて、こう撮った。 

神様は、讃岐(さぬき・香川県)の金刀比羅宮から分けてもらっていた。

写真の整理で、上を見たら、「 徳天皇」とある。
これは、上が切れてて、崇徳(すとく)天皇のこと。

平安時代の終わりころ、後白河天皇と覇権を争って負けた。(保元の乱) ※ 源平の合戦の前の時代。
讃岐に流された。

金刀比羅宮は、崇徳天皇(上皇)を不憫(ふびん)に思って、神様にしたようだ。  

s-16年8月11日 (19)

※ 崇徳天皇は、百人一首の下の歌を。

     瀬を早み 岩にせかるる滝川の  われても末に あはむとぞ思ふ (崇徳院)

       意: 滝の水は岩にぶつかると二つに割れるが、すぐにまた一つになるので、
          現世では障害があって結ばれなかった恋人たちも、来世では結ばれましょう。(Wikipedia)

    西行法師の道を歩いて、崇徳天皇白峯の陵へ。  81番札所、白峯寺。~坂出市~  他  (2012/12/26)

    こんぴらさんと親しまれる、讃岐随一の大社、金刀比羅宮。  奥社までの石段は、1368段。~琴平町~  他  (2012/12/25)

神社の左に、湧水。   汲みに来ることある。

s-16年8月11日 (21)

羅臼中学校への道を登って来た、階段はこのように。   冬、雪かきしなくていい。

  ※ いつだか、ここの学校に行ったことある。
    何しに行ったか、思い出せない。 知人がいたのかな。

s-16年8月11日 (22)

町並み。   大きな商店は無い。   困らないで生活は出来る。

大きな買い物は、中標津まで走るのかな。

s-16年8月11日 (23)

橋を渡って。 羅臼は、道から50㍍山に入ったら、クマがいると云われる。   冗談でなく。

羅臼川にも間もなく、サケが登る。   今日は、1匹だけ見た。  マス。

s-16年8月11日 (24)    s-16年8月11日 (25)

上流。   羅臼岳。

s-16年8月11日 (26)

羅臼国後展望塔に来た。   車で。

s-16年8月11日 (27)

街と港が一望だ。  

s-16年8月11日 (29)

遠くに灯台。 そこは、クジラの見える丘公園。

   相泊の先の浜へ、熊を探しに・・・。  クジラの見える丘公園。 相泊温泉。 ~羅臼~  明日深夜、サッカー。  他  (2012/7/28)

s-16年8月11日 (45)

下に道の駅。

s-16年8月11日 (32)

羅臼港。

s-16年8月11日 (33)

巡視船、てしお。  流氷を割る力がある。  

50㌢までなら、割りながら進む。   それ以上は、前の部分を乗っけて、重さで割る。

s-16年8月11日 (48)

※ 巡視船は、横波を受けてもひっくり返らない。
  この船の動画は、YouTubeにない。
  小さいけど、てしおよりは一回り大きな巡視船が、下のように大きな波と戦う。

救助で海に向かう。   遊びでなく。   てしおも、流氷の海でロシア船を助けたことがある。

必死で船を縦にする。 横のままだと押されて座礁。



ケーソンです。  緑の船の上で造って、この船から沈めるのか。   移動してから。   すべてが大きい。

s-16年8月11日 (44)

右の山が、チャチャ岳ですね。    昨日間違えました。 

s-16年8月11日 (36)    s-16年8月11日 (35)

右の方。   昨日見たのは、中央の、シマノボリ岳。

  ※ シマノボリ岳と標示してるのは、ここだけ。 名前が統一されてないのか。 地図には表示なし。

s-16年8月11日 (34)

羅臼岳。  山の左に、知床峠。   羅臼峠ではない。

  ※ 全部羅臼の名前になったら、ウトロ側は面白くない。
  ※ 羅臼峠は、別の所にある。

右に中学校。

s-16年8月11日 (30)    s-16年8月11日 (31)

展望塔の中は、資料室。

s-16年8月11日 (42)    s-16年8月11日 (39)

日本側の一般的な言い分をそのまま書いている。

ロシアが何を考えているかを研究しなければ、戻らない。

自分達の正しいと思ってることを主張するだけでは、島は返らない。
固有の領土と叫ぶだけでは。

s-16年8月11日 (40)    s-16年8月11日 (41)

ロシアは日本の主張の全てに、根拠を示して反論を持っている。
だから、4島全部が戻ることは、ありえない。

プーチンの云う引き分けが、妥当な所か。

クナシリと色丹・歯舞群島は、日本。  エトロフは、ロシア。

  ※ それでも、エトロフの方が広いので、どうするか。
    日本とロシア、共同の土地があってもいい。

    ロシアは日本の技術が欲しい。 日本は、ロシアの資源が欲しい。
    仲良くしたら、得がいっぱい。

  ※ 島が日本に戻ったとしても、今住んでるロシアの人は、そのまま住めばいい。
    日本人も行くから、仲良くして。
    細かな取り決めが必要になるけど。

  ※ 先住民のアイヌはどう思っているのか。
    島が欲しいと云えば、考えなければならない。  

s-16年8月11日 (37)    s-16年8月11日 (38)

川ではマス釣りが始まった。

s-16年8月11日 (43)

都から遠い北方の地を、朔北(さくほく)という。

飛行機の無い時代、朔北の双璧は、羅臼と根室。
でも、根室には鉄道が通っていた。

東京から一番遠い朔北、また辺境の地は、羅臼だった。

羅臼は、夏にはハマナスがナデシコが咲いた。
魚はいくらでも獲れた。

ここに暮らす人々に、暗さは無かった。
今日船で見た若者のように。

羅臼には、観光だけで生きようとしない、地に足が付いた活気がある。
それがあるから、自分は羅臼が好き。
羅臼の人が好き。

【その他】  クナシリに行くのは大変。
       サハリン(樺太)に行って、そこから飛行機で。

   ※ サハリンから航路もある。 
     クナシリの人々は、一旦サハリンに行って、そこからロシア本土に行くよう。

   ※ 稚内からサハリンへの航路は、安定して開かれていない。 この夏は行ける。 往復36000円。

【今日の一句】    「 羅臼の強風  石ころが転がって遊ぶ 」

【今日の歌】   知床旅情



【ブログ紹介】 相泊から知床岬に向かって歩く~羅臼町~  他  (2011/9/10)

【停泊場所】  標津の海釣り公園

          秘湯中の秘湯 川北温泉  開陽台からの風景  オショロコマ釣り ~中標津町・標津町~   他  (2010/8/30)
          暗闇に、エメラルドグリーンのヒカリゴケが浮かび上がった。~標津町ポー川史跡自然公園~  他  (2012/7/18)            

【明日の予定】   根室に向かう。  途中の走古丹。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2134-b59e0855

openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 羅臼の街と港を散策。 羅臼神社。 船舶機器。 羅臼国後展望台。 北方領土。~羅臼町~ 他 (2016/8/11)
  • 2016年08月12日 (金)
  • 11時19分21秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。