キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

大和くんは、三叉路の細い道を行ってしまった。
泣きじゃくって、方向が分からなくなったという。

親が、車で走れば、直ぐに見つかったと思うんだが。
森に入るわけない。

その後のニュースがないので、真実は分からない。

今日は、その場所に行ってみた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

家族は函館の隣の北杜市から、鹿部町の公園に遊びに来た。 5月28日のこと。
そこは、小さな公園。 わざわざなぜそこに、と思う。

近くに間欠泉がある。 それも見たのかな。
       10分間隔で湯が噴き出す、しかべ間歇泉。  大沼公園。~鹿部町他~ 他 (2013/7/20)  

s-16年7月18日 (1)    s-16年7月18日 (2)

印が、置き去りにされた場所。

s-16年7月18日 (3)

その場所は、左の大きな赤〇。 自分は、下の右の赤〇から歩いた。

s-16年7月18日 (5)

一面の森。 大和くんは、右上に行く。

s-16年7月18日 (4)

下の下の地図から歩き出して、上の地図に。

緑の二重〇で分岐。 ここからは、どっちに行ったか分からない。
右の可能性が高いと思う。 

上に行ったら、分岐がいっぱい。  右上にたどり着くのは大変。 遠い。

s-16年7月18日 (18)

s-16年7月18日 (7)

一番下に、発見された自衛隊の施設。  そこの上空から撮影。  遠くに大沼。

上の赤〇から歩き出す。

黄色〇まで来て、どっちかに行った。 左と思うけど。  ※ 場所はほぼ正確。 地図と比較したので。

黄色まで4㌔程か。

tttttttt_20160719084046b45.jpg

自分が歩き出す。 道は真っ直ぐ行って、右に。 下は、奥のアップの写真。

家族は、この道を後ろから来た。

s-16年7月18日 (8)

正面右に曲がった直ぐの所で、最初におろした。

車は、橋の向こうに戻って来た。 大和くんが戻って来たのか、そこで乗せる。

その後、車は、上の地図にあった場所まで行って、降ろしてこっちに戻って来る。
橋の向こう辺りに車を置いて、探しに行く。 (車は置いて、でいいよう)

降ろした場所まで、600㍍程。

s-16年7月18日 (9)

曲がったらこの道。 この写真のその辺りで、最初に降ろした。

s-16年7月18日 (10)

鉄橋が見えた。 函館本線砂原線。 昭和の初めにできる。 

  ※ 函館本線の本線は、駒ヶ岳の左を。 明治時代にできた。 啄木が乗ったのはそっち。

道は、右にゆるく曲がる。

s-16年7月18日 (11)

このように。  50㍍先に分岐。

s-16年7月18日 (12)

来ました。 ここで降ろされた。  車は最初の場所に戻る。

しばらくの間、大和くんはここで泣いていた。 

頭が混乱したのか、右の細い方を行く。 緩やかな登り。

手前に戻っていれば、親に会えた。

真っ直ぐ行ったら、3㌔でキャンプ場。

s-16年7月18日 (13)

反対から撮影。  大和くんは、左の道を行く。 細いと言っても、極端でない。

左を行ってみる。

s-16年7月18日 (14)

こんな道。 車でこの道を来たら、見つかったはず。

車で探しに来たかは分からない。 もし来てなかったら、不思議な事。

s-16年7月18日 (15)

5時に出発して、10㌔歩く。

大和くんが歩いた道の写真は、ネット上に少しだけ。 下は、asahi.comからお借り。

道の状態は、様々のよう。
少なくても、2時間半は歩いた。 着いた時は暗い。 クマがいるのは、分かっている。

asahi_2016060700109_3f4c_1.jpg 

途中で引き返して、来た道を戻れば、ここに来る。 分岐からは、1㌔と少し。

家族は、左の道を、向こうに行っていた。

  ※ 自分はこの道を通ったことある。 駒ヶ岳の登山口を探していて。 間違って来た。

s-16年7月18日 (16)

東大沼温泉、留(とめ)の湯。

s-16年7月18日 (17)

大和くん、よく歩いた。
自衛隊の施設のたどり着けたのは、運もあった。
自分で自分の命を守った。

驚きのことです。

【今日の一句】  「 夕暮れの森の静けさは ひとり歩く不安を増す 」     カラスが「カ~」と鳴いても、震えあがったはず。

【明日の予定】  4㌔先の分岐まで行ってみたい。 ただ、天気がはっきりしない。
         そこから先は、どこ歩いたかは、分からない。

         そこまでの道は、迷わないと思う。
         山ナビにも、道は出てくる。 その先は、表示されない。
         先に行って、迷ったら危険。

【今日の歌】   森昌子の1986年6月29日のコンサートの曲を、紹介。
         悲しみ本線日本海  
                ※ 震災の時、これを聴きながら、日本海沿いを北上した。
                   被災地の悲しみと重なった。



【停泊場所】   森町の海の見える公園。 鹿部町に近い。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
. 
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2111-ce9ba730

openclose

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 大和くんが1人になった場所は、森の中の三叉路。~七飯町~ 他 (2016/7/18)
  • 2016年07月19日 (火)
  • 00時17分38秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。