キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

魹(とど)ヶ崎は、重茂(おもえ)半島の突端。
本州最東端で、魹ヶ埼灯台がある。

姉吉港から、山越えの道を4㌔歩く。
一度は行かなければならない所。

姉吉港から800㍍の坂道の途中に、大津浪記念碑があった。

 「此処より下に家を建てるな」と。

先人が残した石碑。  
今の集落は、そこより上に。
東日本大震災では、津波は碑の70㍍下でとまった。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

重茂半島の右端。  魹ヶ崎。

  ※ 魹(とど)は、ボラの大きくなった、最終的な名前だそう。  とどのつまりの、とど。
    アシカを大きくしたトドもいる。 あっちには毛が生えている。 魹と書くこともあるよう。 

s-16年7月7日 (2)    s-16年7月7日 (1)

小さな赤〇に石碑。  港から800㍍。  もっと近いと思っていた。 動画で間違える。

岬へは港から。   自然歩道が見える。

s-16年7月5日 (5) 
s-16年7月5日 (4)

宮古市の道の駅から向かった。  重茂半島の中の道を走る。  工事のダンプが多い。

ここから、左に下る。  姉吉(あねよし)の集落があって、過ぎたら港に。

s-16年7月7日 (3)

集落に入って撮影。    石碑はあっという間に、通り過ぎる。



キャンプ場の駐車場から。   姉吉港。

  ※ 姉吉の石碑については、震災のボランティアで来てた時、姉が教えてくれた。
    面白いものがあるって。

正面の山を越えていく。

s-16年7月7日 (4)

岬まで、4㌔。

s-16年7月7日 (5)

こうです。

s-16年7月7日 (6)

さあ出発。  12時前。  おにぎりと水は持った。  港の横から。

  ※ クマに注意とある。  山に入る時、必ずクマのことは調べる。
    重茂半島には、!~3頭いると分かっている。 

    鈴、スプレー、ラジオ、対策は万全。

野イチゴが美味しい。

s-16年7月7日 (7)    s-16年7月7日 (8)

一気に登る。 この峠越えが一番大変。

s-16年7月7日 (9)    s-16年7月7日 (10)

峠を過ぎたら、快適な道。  クマの足跡も、糞もない。 1ヶ所だけ、怪しかったか。

道が曲がって先が見えない時、大きく「あ、あ、あ、」って声を出した。 一緒に手をたたてもいい。(十字にして)
知床のレンジャーの人達は、そうしている。

笛がない時は、これでいい。  急に出会うのはまずい。

s-16年7月7日 (11)

沢には必ず名前がある。

s-16年7月7日 (12)

何度も標識が。   助かる。   平成11年2月とある。   震災の少し前。

この後、セキレイが自分の前15㍍くらいにいた。
近づくと、少し前に走ったり飛んだり。

「ほれほれ、こっちだよ」って教えてくれる。
200㍍程、一緒に。

s-16年7月7日 (13)    s-16年7月7日 (14)

人に会うのは、最初で最後。 向こうの方たちも、初めてだと。 (自分は船の人を見たか)

背中を撮らせてくださいねと云って。

s-16年7月7日 (15)

正面に、灯台白く薄くある。  右に行ったら、最東端の碑。  そっちに。

s-16年7月7日 (16)

着きました。 1時間ほどで。  魹ヶ崎。   碑もあって。 

白亜の灯台。 魹ヶ埼灯台。  

s-16年7月7日 (17)

「喜びも悲しみも・・・」の映画のことが書いてある。

田中きよさんがいたことがあって、その人の手記をもとに、映画が作られたと。
この人の名前は、塩屋岬で見た。

  ※ 田中きよさんは、宗谷岬や都井岬や、あっちこっちに行っている。  夫の転勤で。
    最初がここで、最後が塩屋埼灯台のよう。  
    
    塩屋埼灯台にいた1956年に、今までの灯台生活を手記にまとめた。 
    夫人倶楽部に載る。  次の年映画に。    

       「みだれ髪」の舞台、塩屋岬。  塩屋埼灯台の上からの風景。  三崎公園のいわきマリンタワー。~いわき市~ 他 (2016/5/21) 
       宗谷岬の丘に立つ、祈りの塔。  北防波堤ドームに、平和祈念の灯。~あの日から、29年。 稚内市~  他  (2012/9/1)
  
※ ここでの生活は、買物が大変。   どんな生活、どんな食事だったのでしょう。 冷蔵庫は無い。

s-16年7月7日 (18)    s-16年7月7日 (19)

主演、高峰秀子。  



花が咲いて。  人に見られることは滅多にない。

「さびしくない」って聞いたら、
「見られるために咲いてるんではないよ」って、花はいいますね。

s-16年7月7日 (20)    s-16年7月7日 (21)

南の方。  リアス式海岸が続く。  金華山まで。

s-16年7月7日 (23)

コンクリートの塊があった。  何かなって考えても、思いつかない。

  ※ 最初の灯台は、ここにあったとか。  他に何かないか・・・。

  ※ 今の灯台は、昭和25年に作られた。 明治35年に最初のが造られている。 それはどこ・・・。

s-16年7月7日 (22)    s-16年7月7日 (24)    s-16年7月7日 (25)

船が見えた。  木の葉のように揺れる。   三陸の海の幸は美味しい。  ホヤもある。

s-16年7月7日 (26)    s-16年7月7日 (27)

灯台です。    すっと立って。

s-16年7月7日 (28)    s-16年7月7日 (31)

灯台の説明板は古くて、読めなかった。  後の建物に、右のが。

s-16年7月7日 (32)    s-16年7月7日 (36)

少し行ったら、宮古湾が見えてくる。

s-16年7月7日 (33)


豊かな海。   ずっと行ったらどこに着くのでしょう。 (ぐるっと周って、自分の背中だったり)

森が海を育てて。  三陸は、その意識がとても強い。

s-16年7月7日 (34)

南方面。  最東端の碑は、中央右に。

s-16年7月7日 (35)pppp 

後ろ姿も美しい。  三陸では、一番明るい灯台。

s-16年7月7日 (37)

戻る。  左に帰るけど、右にも道がある。  今は通行止め。

50㍍先に・・・とある。 行く。

s-16年7月7日 (29)    s-16年7月7日 (30)

切れ込んだ、細い湾。   幻の滝は、右写真か。

s-16年7月7日 (38)    s-16年7月7日 (39)

湾の奥は港。   魚は、いくらでも釣れそう。

s-16年7月7日 (40)

来た道を戻る。   新緑は終わった。   でもまだ・・・。

s-16年7月7日 (41)

峠越えは疲れる。    水も何も、口に入れてない。

s-16年7月7日 (42)

姉吉港に着いた。   戻って来た。

s-16年7月7日 (43)    s-16年7月7日 (44)

大津浪記念碑の写真を撮った。 ※ 波になったつもりの動画を撮り忘れて、また戻る。

  ※ 今回の津波は、70㍍まで。  左に曲がって少しして。
    50㍍下と書いてあるものもある。

  ※ 自分が見た時は、70㍍かなって。
    ただこれは、道路をどこまで上がって来たか。

    右に小川がある。
    川も谷の一部と考えたら、すぐそこまで、来ていた。
    50㍍でいいかな。  
    碑の所から、ゴミだらけになった川が見えた。

ここは、港から800㍍。   標高60㍍。  津波は恐ろしい。
  
s-16年7月7日 (45)

少し上に行ったら家。 過去に2度、壊滅的な被害を受けて、この碑を建てた。

s-16年7月7日 (48)

何が書いてあるか、全文を書きますね。

上に、右から読んで、

   大津浪記念碑。

真ん中は、たてに右から。

   高き住居は児孫(こまご)の和楽   ※ 和楽~なごやかで楽しいことか。 つまり、幸せ。
   想(おも)へ惨禍の大津浪
   此処(ここ)より下に家を建てるな

下は

   明治二十九年にも、昭和八年にも津浪は此処まで来て
   部落は全滅し、生存者僅(わず)かに  前に二人後に四人のみ
   幾歳(いくとし)経るとも要心あれ

※ 昭和8年の津波の後に、建てられた。 今回被害ゼロ。

※ 子供を迎えに行っって、なくなった人が。
   (子供は、学校や保育所に任せるのが大事ですね。 釜石市の小中学生の1名も、この失敗)

s-16年7月7日 (46)    s-16年7月7日 (47)

一度港に戻った。   津波になって、坂道を登った。
300㍍と云ってるのは、間違い。



最東端を踏破しました。

本州の最南端は行ってない。  潮岬。
自分の空白地帯。 学生時代に、行ったような。

最西端は下関にある。 ここも行ってない。
最北を紹介。
    大間から、津軽海峡を渡る。  函館の夕暮れ時。 赤レンガ倉庫群他。~函館市~ 他 (2013/7/18)

先人の教えは、風化していく。
でも、姉吉地区は違った。         

【今日の一句】  「大津浪の碑  子々孫々と 末代まで大事に」

【今日の歌】    七夕さま     短冊に書きたいなってことが・・・。



【道の駅】     みやこ

【明日の予定】    北に向かう。  断崖の海岸を見る。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
. 
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2100-94399c2f

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 本州最東端、魹(とど)ヶ崎に。 魹ヶ埼灯台。 「此処より下に家を建てるな」の碑。~宮古市~ 他 (2016/7/7)
  • 2016年07月08日 (金)
  • 06時52分58秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。