キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

南三陸町から被災地に入って、宮古市の田老(たろう)まで走った。
震災の被害が特に大きかった地域が続く。

あれから5年が過ぎて、被災地の様子は大きく変わっていた。
復興を加速させたい、そんな願いが伝わって来た。

震災後の中学校の卒業式の答辞で、
  「天を恨まず、運命に耐え、助け合って生きていくことが、私たちの­使命です」
と述べた生徒さんがいた。

また、こういった人も。(旦那さんは行方不明)
  「記者さん、ほら見て、空。 きれいな青空。 上だけ見れば、前と何にも変わらないんだから」
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

気仙沼(けせんぬま)までが宮城県ですね。 北は岩手県。

Ⅰ6年7月3日の1 (1)

歌津は、南三陸町歌津。

防災庁舎で避難を呼びかけたのは遠藤さんと三浦さん。 三浦さんは、歌津の人。

 Ⅰ6年7月3日の1 (2) 

南三陸町の市街地を抜け、歌津に入ってきた。  

s-Ⅰ6年7月3日の1 (16)

上の写真の左。

これを読むと、被災地の人達は、復興のスピードは遅いと感じているのが分かりますね。
加速することを願っている。

s-Ⅰ6年7月3日の1 (17)

歌津。  右に港。  左の高台に、中学校。  この一帯は、家は流されてない。

DSCF0179pppp.jpg 

※ 下は、昨日紹介したブログにある写真。 南三陸町中心街の港の写真。

s-Ⅰ6年7月3日の1 (6)     s-Ⅰ6年7月3日の1 (10)

震災前の2009年に、歌津に来ている。
うたつ魚竜の化石が見られるので。

下は、その時に撮影した港の様子。 見える建物は、全て津波に流された。

s-Ⅰ6年7月3日の1 (3)

魚竜館に化石はあった。

20091006211832377.jpg    20091006212005152.jpg

近くの食堂で、下のを食べた。  500円。

s-Ⅰ6年7月3日の1 (4)

上のことは、下の記事に。

     ※ 2億年前のは虫類「うたつ魚竜」   他  (2009/10/06)

震災後、歌津中から撮影。  魚竜館は、左向こうにあった。

s-Ⅰ6年7月3日の1 (8)

ここでのボランティアの仕事は、運ばれてくる衣料などを、中に保管したのかな。

  ※ ボランティア中は、自由に撮影できない。 右の方にお風呂があった。

      ボランティは、歌津中で。  本吉町・南三陸町・女川町・石巻市の、動画を撮った地域  他  (2011/4/17)

      歌津中、2日目。  東電の利権に群がった、クズ評論家とゴミ学者。  他  (2011/4/18)

s-Ⅰ6年7月3日の1 (7)

※ 下は、志津川高校の体育館。  南三陸町の高校。 高台にあるので、多くの人が非難した。

  別の日に、この高校で衣料の仕分けをした。
  下の記事に。 ここでは、震災の厳しい写真を紹介しています。

     衣類の仕分け  震災の写真~米メディアの視点~   他  (2011/4/19)

  右は、さらに別の日。 汚れたアルバムから写真を撮りだして洗って干す。 
  震災は、思い出も流した。
  
     南三陸町の防災放送は、当日どのように・・。   写真を持主に戻す。  他  (2011/3/13)  
                                          (日にちは4月13日の間違い) 
s-Ⅰ6年7月3日の1 (11)    s-Ⅰ6年7月3日の1 (13)

※ 下は、南三陸に入った日の記事かな。 防災無線のことは、この時知っている。 詳しく分かるのはこの後。

    南三陸町に来ています。   言葉の力。   他   (2011/4/11)

  上の写真のボランティアが終わって、防災庁舎を見に行った。
  防災庁舎に1人の女性がいた。 その人が、避難を呼びかけた2人のうちの1人の、三浦さんの奥様だった。
  詳しく話を聞くことに。

    最後まで防災無線で叫び続けた人は、2人いた。 ~南三陸町~   他   (2011/4/13) 

上に書いた志津川高校から見た、当日の様子。  最初は、町並みがある。  泣き叫ぶ人も。

多くの人が、車が、残されている。  最後の方で、逃げる人が見える。 みんな助かったかは、分からない。

撮影開始の頃には、防災庁舎は襲われている。



気仙沼市に入って来た。  ここは、階上(はしかみ)中学校のある階上地区。

s-Ⅰ6年7月3日の1 (18)

卒業式での答辞です。 

「天を恨まず、運命に耐え、助け合って生きていくことが、私たちの­使命です」 と述べた。



気仙沼市の中心街を通り抜ける。  ここでは、ボランティアはしていない。

陸に上がった船を撮ったが、見つけられない。

s-Ⅰ6年7月3日の1 (19)    s-Ⅰ6年7月3日の1 (22)

このように。  ※ アサヒコムからお借り。

s-Ⅰ6年7月3日の1 (20)    s-Ⅰ6年7月3日の1 (21)

震災前に撮った写真。 右のトヨタで車のオイルを交換した。

この一帯は、湾の奥でなく横。 津波は来たが勢いが弱かったため、建物は残った。

20091005203019a72_20160704082156ef2.jpg 

陸前高田に来た。  左向こうに、奇跡の一本松。

s-Ⅰ6年7月3日の1 (23)

昨日見に行った。

s-Ⅰ6年7月3日の1 (24)

震災後に撮影。

s-Ⅰ6年7月3日の1 (5)

保存すると決めている。 この後、根が塩害で傷む。  枯れる。

s-Ⅰ6年7月3日の1 (9)

他の松は、このように折れた。  高田松原は、高田一本松になってしまった。   他  (2011/4/5)

s-Ⅰ6年7月3日の1 (12)

街が消えた。 

  ※ 南三陸町、大槌(おおつち)町なども、町並みのほとんどが全滅。
    気仙沼市、大船渡市、釜石市、宮古市は、街が残る部分も。 復興が早い。

s-Ⅰ6年7月3日の1 (14)

ガレキの中の道を歩いた時に、撮影。  アルバムや、カバンなど、このように集めてくれる。

遺体が見つかった所には、花。  詳しくは下に。

      復興に向けて   震度6弱の揺れ   他   (2011/4/7)

s-Ⅰ6年7月3日の1 (15)

道の駅の建物は、そのままに。 

2009年の秋、ここに車を置いて松原を見に行った。  碁石海岸  高田松原   他  (2009/10/04)

s-Ⅰ6年7月3日の1 (25)

復興を加速させる。
それが被災地の人達の願いですね。

自然災害の中で、津波ほど恐ろしいものは無い。
100年に1回はないにしても。

明日は、大船渡・釜石を中心に紹介。

【今日の一句】  「 災難を試練と考え 前を向く  つらいことだが」  そんな風に考えているのかなって。

【今日の歌】   Be the light/ONE OK ROCK ~東日本大震災ver~



【道の駅】    田老

【明日の予定】     記事は、今日の続きです。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
. 
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2096-4ee66ebb

openclose

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 震災被災地を北上する。  南三陸町歌津。  陸前高田市、他。~南三陸町他~ 他 (2016/7/3)
  • 2016年07月04日 (月)
  • 08時58分36秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。