キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

今日は、オイル交換の予定。
3軒目に電話した宮城トヨタ大和店で、やってもらえることに。

夕方の6時からなので、近くにある吉岡宿を歩く。
重伝建地区とかではないから、大きな期待はしていない。

吉岡宿本陣案内所があった。
地図をいただいて、車を停めさせもらう。

案内所の中が、にぎやか。
映画のポスターとかが、いっぱい。

吉岡宿は、映画「殿、利息でござる!」の舞台だった。
初めて知る。

案内所の方に、いろいろ説明していただいた。
その後、映画にゆかりの場所を歩いた。
なかなか面白い。

また、ここ大和(たいわ)町は、佐藤忠良さんの出身地だという。
まほろばホールに、作品がある。

うれしいおまけがあった。
初めて見る、いい作品も。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

大和町は仙台市の少し北に。

s-16年6月27日 (1)

印の辺りが、吉岡宿。  赤〇は、お世話になった宮城トヨタ大和店。  

s-16年6月27日 (2)    s-16年6月27日 (3) 

吉岡宿観光の拠点、吉岡宿本陣案内所。  ここには昔、本陣があった。

 ※ 本陣他、吉岡宿には古い建物が残っていない。
   江戸の終わると明治の初めに、大きな大火があった。 

s-16年6月27日 (16)mmm

赤い道は、奥州街道。  地図の上の方を歩くことに。

s-16年6月27日 (7)    s-16年6月27日 (8)

案内所の中はこう。 これは何でしょうと思った。

s-16年6月27日 (4)    s-16年6月27日 (5)

「殿、利息でござる!」って映画なんですね。   自分は映画を最近見てないから、知らなかった。

s-16年6月27日 (6)    s-16年6月27日 (14)

吉岡宿で、これを書いた人がいる。  国恩記(こくおんき)。

s-16年6月27日 (9)    s-16年6月27日 (10)

江戸時代に、吉岡宿を救った人たちがいた。 それを記録したもの。

これを本に書いた人が、磯田道史。 いそだみちふみ。 歴史学者。「武士の家計簿」を書いている。

s-16年6月27日 (12)

そして映画になるが、そこまで道のりは大変。  多くの人が動いた。  人のつながりが、力に。
上の作者は、このことを「感動のドミノ」と呼んでいる。 (人が人を、また人を動かして・・。

   ※ 詳しくは、右に。  殿、利息でござる!

下がポスター。 

    ※ 中央に竹内結子がいる。 最初の時代劇だそう。
      昨年撮影だから、真田丸は2作目か。

s-16年6月27日 (13)

色紙があった。

中央は、作者。 右は監督の、中村義洋さん。

左は主人公の穀田屋十三郎を演じる、阿部サダヲ。

    ※ 余談 阿部サダヲの芸名は、阿部定事件の安倍定からとったそう。
         津山事件を起こした都井睦雄は、阿部定事件よりどでかいことをやってやると、事件前人に言っていた。
                津山事件の貝尾を歩く ~日本犯罪史上、最大の大量殺人(30名)~   他  (2010/5/14)

s-16年6月27日 (11)    s-16年6月27日 (15)

散策開始。  主人公の穀田屋十三郎の家に向かう。

茶屋があった。 宿場一番の知恵者の家の跡。 当時から茶屋。

   ※ 余談 九条家にお茶を献上したとある。
        上に書いた竹内結子は、真田丸で茶々を演じている。 後の淀殿。
        浅井三姉妹の一番上ですね。
        一番下が江(ごう)。 彼女は、最後に2代将軍秀忠に嫁ぐ。
        その前に、完子(さだこ)を生んでいる。
        完子は九条家に嫁ぐ。 その末裔が、大正天皇の皇后に。 今の天皇の祖母。
        昨日の記事に書いたけど、大正天皇の母は、柳原白蓮の姪(めい)でしたね。 父の妹の子。
        余談でした。

s-16年6月27日 (24)    s-16年6月27日 (23)

はす向かいの店はこう。 映画一色。  いい雰囲気。

s-16年6月27日 (18)

ここが、穀田屋。   子孫が暮らしている。  今は酒屋。

穀田屋十三郎は、1000両を集めて仙台藩に貸し付けるプロジェクトの中心人物。 

s-16年6月27日 (19)

説明の後半にいい事が書いてある。  奢(おご)らず、・・・と。

s-16年6月27日 (20)    s-16年6月27日 (21)

ショウウインドウはこう。

s-16年6月27日 (22)

戻って来た。  左に案内所。 向こうの、お寺に行く。

s-16年6月27日 (17)

案内があった。  浅野屋という酒屋があった。 活躍する1人の、酒屋だった。

スケートの羽生が殿様を演じた。 最後の動画で。 酒の名前を3つプレゼント。

s-16年6月27日 (25)    s-16年6月27日 (26)

少し行ったら、酒屋。   浅野屋からのれん分けしてもらったとある。 殿さま命名の酒。

s-16年6月27日 (27)    s-16年6月27日 (28)    s-16年6月27日 (29)

しばらく歩いて龍泉院。  ここの和尚が国恩記を書いたとある。

s-16年6月27日 (33)    s-16年6月27日 (34)

門を入った左に、集められた石碑や墓があった。

s-16年6月27日 (32)    s-16年6月27日 (30)

次は九品寺(くほんじ)。  左に大きな建物。  

国恩記顕彰の碑建立之地とある。 行ってみる。

s-16年6月27日 (35)    s-16年6月27日 (36)

山門前に、地蔵さん。   
一人だけ、横を向いている。  地震で横を向いたわけではないでしょうね。   そんなのが、どこかにあった。

s-16年6月27日 (37)    s-16年6月27日 (39)    s-16年6月27日 (38)

門を入って左にあった。

s-16年6月27日 (40)

吉岡宿は、仙台藩から伝馬役を命じられていた。 荷物を運ぶ役割。
幕府からの援助は無かった。 ただでさえ貧しいのに、宿場は一層苦しくなった。

それを何とかしようと知恵を絞った。
仙台藩に金を貸して、利息をもらう。  やり方を間違ったら大変。 お咎(とが)め。

プロジェクトを動かしたのは、9名。
そのことをいつまでも忘れないようにと、国恩記顕彰の碑。

義民の碑を見ることがある。  似ている。
末代まで恩を忘れないと。

s-16年6月27日 (41)    s-16年6月27日 (43)    s-16年6月27日 (42)

戻って来た。 案内所でお礼を言った。 佐藤忠良さんの話は、その時に教えていただいた。

s-16年6月27日 (44)

まほろばホール。  大きな公民館のかんじ。  右の植え込みの中に、忠良さんの像があった。

s-16年6月27日 (45)

誰をモデルにしたかは、表情で分かった。   笹戸千津子さん。  帽子のモデルほか。

何がいいか、簡単に表現できない。

s-16年6月27日 (51)    s-16年6月27日 (50)

玄関にも、ポスター。

2階に、佐藤忠良ギャラリー。 彼は、この町で生まれた。

入り口に、新しい作品の案内。

s-16年6月27日 (47)    s-16年6月27日 (48)

これです。  演技性。   案内を撮った。   中は撮れない。 他の写真は、パンフレットから。

演技生が、今回一番気に入った。 この写真では、魅力が十分に伝わらない。

斜め左から見ると、表情が深く読み取れる。
忠良さんの顔の表情は、唇に特徴を感じる。

内に秘めた意志の強さや人間性が、見える。 しばらく見ていた。
この人なら絶対信用していい、そうも思わせてくれる。

女性としての魅力も。
似た女優さんはいるだろうかって、考えた。

この写真より、実際はもっと唇がうすい。

右は、母ですね。

s-16年6月27日 (49)ppp     s-16年6月27日 (52)

98歳まで生きる。  震災の数日あとになくなる。

芸術についての文があった。

科学は社会をつくる。 芸術はつくれない。
でも、芸術は心を育てる。
その心が物を見る。 社会を見る。

そんな内容だった。

s-16年6月27日 (53)    s-16年6月27日 (54)

こんな絵も。  

s-16年6月27日 (55)    s-16年6月27日 (56)

映画について、詳しくは勉強していないので、記事の中の説明を読んでくださいね。

大和町は、今後、この映画での町おこしを、どのように考えているのでしょう。
先達が吉岡宿を何とかしたように、今の人達も何とかするでしょうね。

見応えのある見学場所を、どこにするか。
どうつくるか。

観光は、佐藤忠良さんとセットでしょうか。

※ この後、買い物をして、オイル交換。
  軽やかに走る感じ。

【関連ブログ】  
      旭川の街中を散歩。  野外彫刻を訪ねて。  佐藤忠良、若い女・夏、他。~旭川市~ 他 (2015/8/28)
       (上の記事にある中島みゆきの北の旅人は、こんな曲。 最後の方に忠良さんの像が)

      仙台 ~広瀬川・青葉通・定禅寺通・佐藤忠良記念館 ~   他  (2009/10/09)

    下の記事に、笹戸千津子さんの像が。 場所は夕張。  忠良さんは夕張にいたことが。
      悲別ロマン座、今は喫茶店に。  歌志内は、三浦綾子の最初の赴任地。~歌志内市~ 他 (2013/8/17) 

【動画】






【道の駅】   おおさと

【明日の予定】   青葉城に。  午後から雨が止む予定。 止まなかったら・・・。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
. 
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2090-3888691d

openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 吉岡宿は、映画「殿、利息でござる!」の舞台だった。  まほろばホールに、佐藤忠良さんの作品が。~大和町~ 他 (2016/6/27)
  • 2016年06月28日 (火)
  • 09時12分41秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。