キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

咲き始めたけど完璧でない。
少しだけ早かった。
それでも、ハヤチネウスユキソウも魅力は、十分に分かる状態。

完璧な花があっても、それを写真にする力がなければもったいない。
自分は、まだ不十分。
今日は、それをあらためて知った。

人人人人。
咲き始めた情報が出てるので、山はお祭りのような人。
シャトルバスが出て。

トチナイソウを今日は知った。
北海道の2ヶ所と、早池峰山だけ。
礼文島と夕張岳のは、現在あるのかないのかネットで確認できない。
             (早池峰山の監視員の方は、無いという)
早池峰山だって、ほんの少し。
絶滅寸前。
日本からきえるのは、時間の問題かもしれない。

そんなことがあったけど、早池峰山は花と人が溢れていた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

人気の山なので、麓までの道はいい。

s-16年6月19日 (1)    s-16年6月19日 (2)

早池峰山は、花巻市と遠野市と宮古市の3つで管理。

s-16年6月19日 (3)

土日は、シャトルバスを使う。  地図は、後で。

s-16年6月19日 (34)

ここは、小田越(おだごえ)の登山口。

s-16年6月19日 (35)

全体の地図。

s-16年6月19日 (37)    s-16年6月19日 (36)

左に駐車場。   そこからバス。  右の現在地まで。   片道700円。

河原の坊からの直登ルートは、現在閉鎖。   崖崩れ。

s-16年6月19日 (38)

頂上まで3時間ほど。  しばらくは森の中。

s-16年6月19日 (39)

森から出たら、ハイマツと岩場。   ここから花が登場。

s-16年6月19日 (41)    s-16年6月19日 (42)

登山の全体の風景の写真を、最初に紹介。   右写真に頂上が見える。

s-16年6月19日 (43)    s-16年6月19日 (18)

途中で振り返って。  このように、人人・・。

s-16年6月19日 (25)

急な岩場に入る。   ずっと花を探しながら。

s-16年6月19日 (26)

梯子を登って来た。

s-16年6月19日 (44)

最後の急登を。  稜線に出る。

s-16年6月19日 (45)    s-16年6月19日 (46)

頂上が見えている。

s-16年6月19日 (47)

上の写真の後、ヘリが飛んできた。   

報道かなと思った。 誰かが運ばれたと云う話は無かった。  
でも県のヘリですね。   どんな用事だろう。

崖崩れの様子を見に来たのか。   何かのついでに寄ったのか。

s-DSCF1007.jpg  s-DSCF1007m.jpg

頂上。   お祭り。

s-16年6月19日 (48)    s-16年6月19日 (49)

霞んでいて、岩手山などは見えなかった。

s-16年6月19日 (50)    s-16年6月19日 (51)

中央左に、登山口が見えている。

s-16年6月19日 (53)

下山。   ずっと行って、右に下る。

s-16年6月19日 (52)

この道を行く。  下りは、足元をしっかり見て。   転ばないように。

s-16年6月19日 (54)

メンソールのような匂い。  監視員の方は、親切だった。 誰もが。  花を、教えてもらった。

s-16年6月19日 (64)    s-16年6月19日 (65)

あのバスで戻る。

s-16年6月19日 (66)

ここから花の写真。  カメラは2台。

ミヤマオダマキ。   いい花。     右は、ナンブトラノオ。   どこにでもは無い。

s-16年6月19日 (40)    s-16年6月19日 (62)

ホソバノイワベンケイ。

s-16年6月19日 (4)    s-16年6月19日 (59)

赤いのはミヤマシオガマ。  青は、ミヤマオダマキ。 奥にミヤマキンバイ。    右は、ハヤチネウスユキソウ。

s-16年6月19日 (5)    s-16年6月19日 (6)

ミヤマハンショウヅル。   何回も見ていない。     右は、ハヤチネウスユキソウ。

ハヤチネウスユキソウは、黒っぽい点が見える。 ミネウスユキソウにはない。

  ※ ミネウスユキソウはまだ咲いていない。 少し遅い。

s-16年6月19日 (7)    s-16年6月19日 (8)

ミヤマキンバイと、ハヤチネウスユキソウ。        ハヤチネウスユキソウとミヤマシオガマ。

ハヤチネウスユキソウは、咲きはじめ。

s-16年6月19日 (9)    s-16年6月19日 (10)

ナンブイヌナズナ。  見たのは少しだけ。      右は、白がミヤマアズマギク。  それとミヤマシオガマ。

s-16年6月19日 (11)    s-16年6月19日 (12)

ハヤチネウスユキソウ。          右の黄色は、ナンブコマノツメ。  茶色は分からない。

s-16年6月19日 (13)    s-16年6月19日 (14)

チシマアマナ。        中の白はイワウメ。 黄色はミヤマキンバイ。 赤はミヤマシオガマ。   右は、イワウメ。

s-16年6月19日 (15)    s-16年6月19日 (16)    s-16年6月19日 (17)

これがトチナイソウ。   右写真は別の場所のトチナイソウ。

今この山には、2ヶ所だけ。  近くに監視員がいる。

s-16年6月19日 (19)    s-16年6月19日 (20)    s-16年6月19日 (21)

※ 上の花は、とにかく珍しい。
  柵の向こう数㍍にある。  もちろん入ったらダメ。

  でも、入る人がいる。 若い人は入らない。 男も入らない。
  入るのは年配の女性。 注意されても、大して気にしていない。

  この時も、注意されていた。

※ 花の写真専門の人も入る人が。  

※ トチナイソウは、日本の山では、ここだけかもしれない。
  高山植物を売ってる所には、あるそう。

  盗掘者にとって、マナーや法律は関係ない。
  何とかしないと、危ない。

※ 余談  最初の文に、トチナイソウは礼文島にあると書いた。
      この礼文島にあるレブンアツモリソウは、有名。
      こんな袋の付いた花。  1024px-Cypripedium_marcanthum_var__rebunense.jpg
      平敦盛(たいらのあつもり)の背中の袋に似てるから、その名前。atsumori_samurai.jpg  (菊竹屋のHPからお借り)
      母衣(ほろ)と呼ばれる。
      今晩の大河ドラマの信繁の背中にあったのも、母衣。 同じもの。2854.jpg
      秀吉の親衛隊を意味している。      

黄色はミヤマキンバイ。    白はイワウメ。  うすい黄緑は、ホソバイワベンケイ。

右写真。 花が咲いてないハヤチネウスユキソウがいっぱい。

s-16年6月19日 (22)    s-16年6月19日 (27)

ホシガラス。  星の模様。   松ぼっくりが好き。

s-16年6月19日 (23)    s-16年6月19日 (24)

こんなに花の豊富な山は無い。  花のデパート。 

ナンブイヌナズナ。   右も。

s-16年6月19日 (28)    s-16年6月19日 (29)

アズマギク。     右は、ハヤチネウスユキソウ。

s-16年6月19日 (30)    s-16年6月19日 (31)

ミツバオウレン。   右も。

s-16年6月19日 (32)    s-16年6月19日 (33)

ハヤチネウスユキソウ。      右写真の左に、咲き終わったヒメコザクラ。  偶然写った。 花を、ずっと探していた。

s-16年6月19日 (55)    s-16年6月19日 (56)

ハヤチネウスユキソウ。     黄色いのが見え始めている。  いい状態に近づいている。

s-16年6月19日 (57)    s-16年6月19日 (58)

ハヤチネウスユキソウ。

s-16年6月19日 (60)    s-16年6月19日 (61)

駐車場のある岳地区に、早池峰神社。

  ※ 神社だけど山門がある。 中に傷んだ仁王像。
    明治の前は、寺だった。 廃仏毀釈で、神社になった。
    寺関係者は、寺を渡して、悔しい思いをしたでしょうね。

s-16年6月19日 (67)    s-16年6月19日 (68)

隅々までピントの合った、完璧な写真が撮りたい。
ハヤチネウスユキソウのです。

ネット上に、これぞというのは無い。 近いのはあっても。
どうしたら撮れるのか、勉強してみる。

また、花の図鑑のような写真は、貴重な写真の時だけでいいような気がしてきた。

普通は、自然の中にどうあるのか。
花と岩と空を撮ったら、お互いが引き立つように撮る。
それがいいのかなって、今日歩きながら気付いた。

そんなことがあって、花の写真で、少しだけ自分は成長したかも知れない。
うれしい1日でした。

完璧なウスユキソウは無かったけど。

【今日の一句】  「 山には年寄りばかり 若い人は 花のように輝く 」

           今日出会った監視員さんのように、年配でも心の若い人が好き。
           見栄を張らない、自慢をしない、自分もそんなことに気をつけなければ。

【その他】   前日の晩から、シャトルバスの出る駐車場で停泊。

        久しぶりに、トラツグミの鳴き声を聴いた。 明るくなるまでずっと。 
        昔、京都で、鵺(ぬえ)の声と思われていた。 不気味。 心が震える。

          

    竹屋町通を歩く。 幽霊絵馬の革堂(こうどう)。 鵺(ぬえ)退治伝説の、鵺大明神。~京都市~ 他 (2013/6/25)     

【道の駅】     とうわ

【明日の予定】  天気が悪く、はっきりしない。  その次の日に、栗駒山を検討中。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
. 
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2082-119e4506

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 早池峰山に。  ハヤチネウスユキソウは、10日早かった。  絶滅寸前のトチナイソウ。~花巻市~ 他 (2016/6/19)
  • 2016年06月20日 (月)
  • 08時46分21秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。