キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

こんな歌が百人一首にある。
  「みちのくの しのぶもちずり 誰ゆえに 乱れ染めにし 我ならなくに」

作者は、源 融。(みなもとのとおる)  源氏物語のモデルになった人。
彼が仙台に近い多賀城に、役人で来た時、文知摺観音(もちずりかんのん)の地にやって来ている。

そこで村の娘に出会ったが、最後は別れることに。
都に戻って歌ったのが、上の歌。

今日は、文知摺観音に行こうとして失敗。
間違って、別の所に。

そんなことがあって、羽州街道を走るか、となった。
材木岩公園を中心に見学。

面白いことが、いくつかあった。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

文知摺観音には、再度行くことにします。

 ※ 文知摺観音を管理している寺は、離れた所にあった。
   そっちに行ってしまった。

下の地図の印は、材木公園。 山の石が、材木のように。

s-16年6月8日 (1)    s-16年6月8日 (2)ppp 

羽州街道の道を走って、小坂峠に。 向こうから来た。  右の写真の道を行く。

s-16年6月8日 (11)    s-16年6月8日 (12)

峠の頂上。  古い道は、車道と違う。  後ほど。

s-16年6月8日 (13)

羽州街道は、奥州街道から分岐する。 山形などを通って青森に。

桑折(こおり)から分岐すると知っていたが、地図を見たら、分岐はオレンジの〇の国見町になっている。
  ※ 七ヶ宿街道と見える。 羽州街道は途中まで七ヶ宿街道とも呼ぶ。

この地図で頭が混乱。 調べてみた。  下の地図は間違っていた。

一番下の赤〇の所が、分岐点。  確かに桑折(くわおり)。

s-16年6月8日 (3)zzz     s-16年6月8日 (6)

分岐の詳しい地図はこう。 今は小さな公園になっている。

s-16年6月8日 (4)ccc    s-16年6月8日 (5)bbb

峠に説明があった。

羽州街道は、桑折宿から青森の油川宿まで。  参勤交代でも使われた道。

s-16年6月8日 (8)    s-16年6月8日 (9)    s-16年6月8日 (10)

下の道が、羽州街道。

s-16年6月8日 (14)

奥州街道は下を通っている。  奥州街道は、日本橋から函館まで。

s-16年6月8日 (15)

下戸沢宿を通った。  峠を下った直ぐには、上戸沢宿があった。 自分が通った道から離れて。

s-16年6月8日 (16)    s-16年6月8日 (17)

材木公園を目指していたが、だいたいの位置しか分からない。

別の公園の案内があって、それのことかなと入っていった。  虎岩公園だった。
途中に飛不動堂があったので、見学した。

このお堂は、別の所から来たとある。 ご本尊がこっちに飛んできたので。
ある時期から、羽州街道はここを通ったとも。

s-16年6月8日 (18)    s-16年6月8日 (19)

夫婦杉。  2本がくっ付いてる。 ある夫婦が植えたとある。  

2本を近い距離で植えたのでしょうか。  離さないで植えたら、こうなると知っていたのでしょうか。
神社の大きな木は、人が植えたと考えていいですね。

s-16年6月8日 (20)    s-16年6月8日 (21)

こんなお堂。

s-16年6月8日 (24)

道から見て、左の方。  杉並木の中に道。 羽州街道。

多くの殿様がここを通った。 

s-16年6月8日 (22)    s-16年6月8日 (23)

お堂の隣に、石仏。

s-16年6月8日 (25)

この説明を読んでみた。

s-16年6月8日 (26)    s-16年6月8日 (27)

三途の川とある。  これについて少し。 分かりにくい部分がある。

  ※ 三途の川の手前に、賽(さい)の河原がある。
    なくなった子供は、自分で三途の川を渡れない。

    賽の河原で親を待つ。
    子供は親より先に死んで、自分は親不孝と思う。

    親のためにと石を積んで塔をつくる。 (仏教では塔は意味のあるもの)
    ところが、鬼が邪魔して石を崩す。

    子供は泣き泣き、また石を積む。
    鬼はまた、それを壊す。

    助けてくれるのが、地蔵菩薩となっている。

    人間が賽の河原に行って石を積むのは、子供が積むのを手伝うため。
    青森の恐山などでは、人はみんなそうする。
    なくなった子供がかわいそうだから。

           地獄と極楽の風景が広がる 霊場恐山 ~むつ市~   他  (2010/9/24)  

  ※ 余談 賽の河原の渡り賃は6文。
       大河ドラマの真田家の紋は、六文銭。

       真田の武士は、いつでもあの世に行けるように六紋を服に縫い付けている。
       だから戦では、命を惜しまないで戦うことが出来る。
       真田の武士が勇猛果敢な訳は、そこに。 

s-16年6月8日 (28)

文政十亥とある。  亥はイノシシ。  調べたら、1827年だった。   もう少しで200年。

s-16年6月8日 (29)

今度は間違いなく、材木公園。   走ってたら案内があった。

s-16年6月8日 (31)    s-16年6月8日 (30)

このように公園。  

s-16年6月8日 (58)

何が材木岩かって、柱状節理だった。   左の家には、後で寄る。

16年6月8日 (32)fffff     s-16年6月8日 (33)

途中に氷室があった。  氷で冷やしているかと思った。  風穴だった。   外は21度。

s-16年6月8日 (34)    s-16年6月8日 (35)    s-16年6月8日 (37)

岩の隙間から涼しい風。  9度。   11度違うから、寒く感じる。   野菜の保管なら十分。

s-16年6月8日 (38)    s-16年6月8日 (36)

やっと見られる。  大きな岩の壁。   北海道の層雲峡に似ている。

     層雲峡の見どころは、柱状節理の崖。  銀河の滝、流星の滝。  崩落事故。~上川町~ 他 (2014/7/5)

s-16年6月8日 (39)    s-16年6月8日 (40)

自然が大きく感じる。

s-16年6月8日 (42)

また何かあって、気になる。    さっき見た飛不動堂は、元々はここにあった。

s-16年6月8日 (43)    s-16年6月8日 (44)

この木の、北限とある。 この時は、どの木がヨコグラノキか分からなかった。

葉を調べたら、看板の右の木だった。  左はアジサイ。

どんな木か調べても、特徴が分からない。 載ってない。 固いとか何に使えるとかが。

s-16年6月8日 (45)    s-16年6月8日 (46)

再度。  少し崩れても、この場所にいたら安全。
でも、大きく崩れたら、下に落ちた岩の一部は、こっちに跳ね返ってくる。
層雲峡で、そんな事故があった。

s-16年6月8日 (47)

上の写真の上の方。  途中にこのように。  この岩の下を歩くのには、勇気がいる。

   ※ 「危険を楽しむトレッキング」なんて、そんな企画は無理。

下にはいっぱい落ちている。 震災の時は、きっと大変だった。

s-16年6月8日 (49)    s-16年6月8日 (48)

別の場所。  別の地層とぶつかって、ねじり合い。

s-16年6月8日 (50)

戻っている。   移築復元した建物。   一番向こうを見学。

s-16年6月8日 (51)

旧上戸沢検断屋敷。  木村家住宅。

仙台藩に頼まれて様々な仕事を。 本陣ほどではないけど、それに準じた宿のよう。

s-16年6月8日 (52)    s-16年6月8日 (53)

この地域でも、花嫁行列があった。

   昭和の花嫁ちょうちん行列 (馬曲温泉開湯30周年記念)~木島平村~  阿弥陀堂  他  (2012/10/27)
  
s-16年6月8日 (54)    s-16年6月8日 (55)

昔の上戸沢村。   古文書。 誰もが読めたのかな。

s-16年6月8日 (57)    s-16年6月8日 (56)

駐車場に戻る。    案内があった。

  ※ 片倉家御廟とある。  行くか検討していたが、今回はやめ。 お梅の墓はここにはないこともあって。
    白石城は、以前行っている。 木造復元のいい城。 面白い話がいっぱい。

       白石城は、木造での復元。  片倉小十郎の妻は、真田幸村の娘、阿梅(おうめ)姫。~白石市~ 他 (2014/10/12)    

  ※ 余談 大河ドラマのヒロインは、長澤まさみが演じている、キリ。
       正妻でないのに。
       キリが大事にされる理由は、はっきりしているんですね。

       お梅を生むからです。
       大坂城が焼け落ちる前日の晩、お梅を中心に、大きなドラマがある。

       脚本を書いてる三谷幸喜は、そこの場面が楽しみで仕方ない。
       真田丸の最後の大きな山場。
       きっと面白い。   
       話の筋は、上のブログに少しあります。     

       お梅を演じるのは誰でしょう。
       まだ分からない。
       大坂城に入るときは12才。

       彼女の墓は、白石市にある。
       秋には寄れるでしょうか。

s-16年6月8日 (59)

七ヶ宿は、前回は素通り。   ちゃんと紹介していない。

今回は、他にもどこか紹介。
七ヶ宿ダムは、大きいです。

【今日の一句】   「 間違って行って 再びまた違う所に それでも旅は楽しい 」

【今日の曲】    Il Silenzio - Melissa Venema     アンドレ・リュウはスタートを目で合図した。



【道の駅】     七ヶ宿

【明日の予定】    七ヶ宿の中を    古い家、滝などか。  大きなダムもある。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
. 
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2071-34beed7a

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 羽州街道の小坂峠を越えて、七ヶ宿に。  飛不動堂。  材木岩公園。  氷室。~白石市~ 他 (2016/6/8)
  • 2016年06月09日 (木)
  • 09時31分06秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。