キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

岩の山は、登山道が変化に富んでいて退屈しない。
危険があるけど、見晴らしはいい。

今日の山は、霊山。   りょうぜん。
信仰と関わりあるなって、想像が。

南北朝の一時期、霊山寺があった。
山全体が寺の境内であるほど、大きな寺だった。

登山道は整備されていた。
山から突き出た岩に何度も上がった。
いい風景。

天気が回復して、急に行くことにした。
出発は、午後になって。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

福島市から東への道は、相馬市につながるんですね。  霊山はその途中に。

s-16年6月7日 (1)    s-16年6月7日 (2)

岩の山として知られる。   新日本百名山というのがあって、それに入っている。(登りやすく、楽しめる山)

s-16年6月7日 (3)

駐車場から見たらこう。  岩が見える。  あの中を歩く。

s-16年6月7日 (4)

登山口。  南北朝時代、山の上に霊山寺があった。 城のようでもあったよう。

南朝側の寺で、この一帯が北朝が優勢になった時、消えてしまった。 焼失。
鎌倉時代が終わるのが1333年(一味散々)。 その後のこと。 650年程経つ。

右図を見たら驚く。  全山に堂宇(建物)。
自分は霊山は初めてなので、一瞬あるのかなって期待した。 まぼろしだった。

s-16年6月7日 (5)    s-16年6月7日 (6)

時計回りで歩く。  戻って来るのに3時間以上。  1時過ぎに出発。

s-16年6月7日 (7)    s-16年6月7日 (8)ppp

10分ほど歩いたら、道は岩の中に。

s-16年6月7日 (9)

あちこち名前がついている。 寺があった時と、関係ある名前も。

s-16年6月7日 (10)    s-16年6月7日 (11)

宝寿台という岩に上がった。 梯子の上の部分のたての棒が、長いと便利。

短いと下る時注意がいる。

s-16年6月7日 (12)    s-16年6月7日 (13)

南側が見えている。  駐車場は左下。  見えてない。  安達太良山は右遠く。  霞んでいる。

s-16年6月7日 (14)    s-16年6月7日 (15)

少し歩いて、見下し岩。  左の岩。

s-16年6月7日 (16)

危険な場所は、自分で見つけなければならない。 

通路の左側は、真っ逆さまの崖だった。 通らない。   車が見える。

s-16年6月7日 (17)    s-16年6月7日 (18)

分岐。  真っ直ぐ行くと時計回りに。 そっちに行く。   右から戻って来る。

s-16年6月7日 (19)

左から下が見えた。   その後、右に上がって寄り道。

s-16年6月7日 (20)

このように。  〇には、後で行く。  天狗の相撲場。


s-16年6月7日 (21)wwww   s-16年6月7日 (22)    s-16年6月7日 (23)

上に登ると、甲岩。  似たような風景。

s-16年6月7日 (24)    s-16年6月7日 (25)

この先に、天狗の相撲場。

s-16年6月7日 (26)    s-16年6月7日 (27)

危険なので、岩の真ん中に立った。  相撲を取るには狭い。

s-16年6月7日 (28)    s-16年6月7日 (29)

数分歩いてここに。  右は、お寺の跡への近道。   左を行く。

s-16年6月7日 (30)

削って道をつくったんですね。 いつの時代でしょう。  

s-16年6月7日 (32)    s-16年6月7日 (31)

がけっぷちに道。  右の方が福島市で、左に行って相馬市。    右写真の穴をこの後通る。

s-16年6月7日 (33)    s-16年6月7日 (34)

楽しくなる道。  危険が草で隠されていたりしたら、本当の危険。

s-16年6月7日 (35)    s-16年6月7日 (36)

ここの向こうが、護摩壇。   昔、実際にあったのでしょうね。   護摩の木を燃やした。

s-16年6月7日 (37)    s-16年6月7日 (38)

少しずつ登って、昔の中心地に近づく。 間もなく。

s-16年6月7日 (39)

右向こうから上がって来た。    国司館跡。   この一帯の政治の中心地だった。

礎石が並んでいた。  発掘したために、今は見えているのでしょうね。

s-16年6月7日 (43)    s-16年6月7日 (41)

余程おいしいのか、近づいても逃げない。

s-16年6月7日 (40)    s-16年6月7日 (42)

先に進むと、直ぐにこの場所に。   霊山寺があった。

s-16年6月7日 (44)

碑があった。   明治時代の物か。

  ※ 南朝方の名誉復活のために、霊山神社が山の下に建てられる。 
    碑の建立は、その時代でしょうか。

義良(よしのり)親王とある。 後に、南朝方の後村上天皇になる人。

s-16年6月7日 (45)   s-16年6月7日 (46)

南朝方は不利な状況だったんですね。  義良親王を中心に、この地から再起を図ろうとしたのか。。

  ※ 義良親王は後醍醐天皇の子供。

    後醍醐天皇は鎌倉幕府を倒すけど、味方だった足利尊氏が離れたために、権力を失う。
    霊山寺の滅亡も、その流れの中でのことですね。

    複雑でむずかしいです。
   
s-16年6月7日 (47)    s-16年6月7日 (48)

少し登ったら、視界がが開けた。  石には、禮山(りょうぜん)とあるのか。

s-16年6月7日 (49)    s-16年6月7日 (50)

物見岩が霊山の頂上。   なだらかな坂を上っただけ。  着きました。

s-16年6月7日 (51)    s-16年6月7日 (52)

北側が見えた。  地図にあった玉野ダム。

s-16年6月7日 (53)    s-16年6月7日 (54)

地図を持ってないと、どっちに行けば戻れるのか、分かりにくい。 自分はある。

s-16年6月7日 (55)

ここは、天の釣り舟だったかな。

s-16年6月7日 (56)    s-16年6月7日 (57)

こんな白い花が。 少しの風で、落ちてくる。   木を揺すって遊んだ。   下の動画に。

s-16年6月7日 (58)

蟻の戸渡り。  岩が細長く突き出ている。  歩いた跡が見えるけど、下は崖。 見えにくいだけ。


s-16年6月7日 (59)    s-16年6月7日 (60)

向こうから抜けてきた。  直ぐに、弘法の突貫岩。

s-16年6月7日 (61)    s-16年6月7日 (62)

脇道に入って、大山祇(おおやまずみ)神社跡に。 道は細い。 大きな洞窟。

s-16年6月7日 (63)    s-16年6月7日 (64)

昔はここにあったんですね。   今は小さいのが。

s-16年6月7日 (65)

弁天岩が見えた。 

s-16年6月7日 (66)    s-16年6月7日 (67)

戻る道を歩いている。

s-16年6月7日 (68)

日暮岩。  ここの階段は使いやすい。  

階段や危ない岩へは、リュックを下ろしていた。 ストックは持たないで。

s-16年6月7日 (69)    s-16年6月7日 (70)

どこの岩も、石が集まったような岩。 岩から飛び出た石でも、手では取れない。

s-16年6月7日 (71)

右から出てきた。  左に行って、ここに戻って来た。

s-16年6月7日 (72)

整備された登山道を戻る。

s-16年6月7日 (73)    s-16年6月7日 (74)

個性的な岩山でした。
霊山の魅力は、他とは違う、この山だけが持つ魅力でしたね。

急にでしたが登ってみました。

【今日の一句】  「 落ちてる花びらを見て 上を見上げる 」

【関連ブログ】    この岩山は、山も風景も美しい。

    金勝山(こんぜやま)ハイキング。  巨石の積まれた天狗岩。 琵琶湖の風景。  駒坂磨崖仏。 金勝寺。~栗東市~ 他 (2016/4/5)

【動画】

  

【停泊場所】    霊山登山口駐車場

【明日の予定】    霊山神社かな。  別になるかも。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
. 
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2070-d6e9cd39

openclose

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 岩の峰々を巡る、霊山登山。  天狗の相撲場他。  遥か昔、山の上には霊山寺があった。~伊達市~ 他 (2016/6/7)
  • 2016年06月08日 (水)
  • 07時40分21秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。