キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

それは大衆芸能の舞かも知れない。
しかし、独特の雰囲気があり、人の心をつかむ。

何のことかって。
藤圭子の歌う「みだれ髪」のこと。
彼女は、軽く手で舞って歌った。

歌い方の特徴は、1小節ずつ表現方法を変えている。 大きな魅力。



この冬にそれを聞いた時、塩屋岬に行かなければと思った。
信州を出た時から、当面の目的地は、塩屋岬になっていた。

「みだれ髪」は、美空ひばりの歌。
もちろん、彼女のも上手だ。
歌碑から流れてくるのを聴いた。

今日は、マリンタワーと塩屋埼灯台に登った。
震災から復興に向かう、いわき市の風景が広がっていた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

印は、塩屋埼灯台。    しおやさきとうだい。

s-16年5月21日 (1)

初めに、下の三崎公園に行く。

s-16年5月21日 (2)ppp 

駐車場から見た、マリンタワー。   一帯が三崎公園。

s-16年5月21日 (5)    s-16年5月21日 (6)

展望室へは、320円。   北方面。    塩屋埼灯台が見えている。  小さく。

s-16年5月21日 (8)    s-16年5月21日 (9)

砂浜の海岸。

s-16年5月21日 (10)

広く遊歩道がある。

s-16年5月21日 (11)

ここから見たので、行かない。  一帯は海から高いので、津波に襲われていない。  木がそのまま。

s-16年5月21日 (12)    s-16年5月21日 (15)

小名浜港。  大きな港。    ※ 震災ではこのように襲われた。(32分)

s-16年5月21日 (13)    s-16年5月21日 (14)

地図が見にくい。   下に海の生き物が。

s-16年5月21日 (16)    s-16年5月21日 (17)

下りは階段で。  このくらいの運動で大きな顔は出来ない。

s-16年5月21日 (18)    s-16年5月21日 (19)

八重の故郷。  明日、白水阿弥陀堂に。

s-16年5月21日 (20)    s-16年5月21日 (21)

少し走って、塩屋埼灯台に。   塩屋埼(塩屋岬)に。

塩屋は、地名でもあり岬の名前でも。

s-16年5月21日 (3)    s-16年5月21日 (4)

駐車場から、このように。  目の前に、美空ひばりの「みだれ髪」の歌碑などが。

s-16年5月21日 (22)    s-16年5月21日 (26)

3番の歌詞があった。 冒頭の2行が、ひばりは好きだった。 それで3番かな。

秋になって、三重に巻いても帯が余った。 

s-16年5月21日 (23)    s-16年5月21日 (24)

写真の前に立ったら、歌が流れた。

s-16年5月21日 (25)    s-16年5月21日 (27)



この後、灯台に行く。  途中に。

「喜びも悲しみも幾歳月」の原作は、ここに勤めていた人の奥様の文だった。  初めて知る。

s-16年5月21日 (29)    s-16年5月21日 (30)

大きな白亜の灯台。

s-16年5月21日 (31)    s-16年5月21日 (32)

見学料は200円。   今は無人。 どこもそのように。  

  ※ いまはGPSがあるので、灯台の役割は少し小さくなったでしょうか。

s-16年5月21日 (34)    s-16年5月21日 (33)

蒼井優がいた。  いわき市の映画、フラーガールに出ましたね。  よかった。  フラガール 予告 (2分)

s-16年5月21日 (35)    s-16年5月21日 (36)

北方面。 遠くで震災の復旧工事。  東北では珍しい風景ではない。

  ※ 低い場所を津波は襲った。 
    この場所の動画は見つからないけど、ここより南の方を襲った動画がある。
    名古曽の関公園の近くの、海岸一帯。  くるぞ!津波(2)(2分ほど)

ここから30㌔程は、北に走れるけど、そこからは通行止め。

s-16年5月21日 (37)    s-16年5月21日 (39)

下に、美空ひばり関係。

s-16年5月21日 (38)

南方面。

s-16年5月21日 (40)    s-16年5月21日 (42)

福島市や郡山市などの内陸は、国道4号線。 こっちは6号線。  その間は、阿武隈山地。
その山地が広がっている。

阿武隈山地の最高峰に登れないか、調べている。

s-16年5月21日 (41)

受付の建物に、資料館。  下は、修学旅行でしょうか。   昔からあった行事。

s-16年5月21日 (43)

この映画ですね。  右に説明が。  高峰秀子は、二十四の瞳にも出ましたね。

s-16年5月21日 (45)    s-16年5月21日 (44)

今はLEDだけど、昔の灯りは大きかった。

s-16年5月21日 (46)

古くからの灯台を尋ねたら、必ずブラントンが登場する。

彼がつくった灯台は、下記事で紹介している。
   長崎半島の主峰、八郎岳に。  爆風で壊れた伊王島灯台。  キイレツチトリモチは、まるでキノコドキヤ。~長崎市~ 他 (2014/12/3) 

s-16年5月21日 (47)    s-16年5月21日 (48)

人が登れる灯台。   野島埼灯台を紹介。
    房総半島最南端、野島崎。  最も古い洋式灯台、野島埼灯台。  灯台最上部からの眺め。~南房総市~ 他 (2015/7/3)

s-16年5月21日 (49)

震災では、大変な被害。   復旧が終わって、こうして見学。

s-16年5月21日 (52)    s-16年5月21日 (50)    s-16年5月21日 (51)

北の道の駅に向かった。  途中から。

s-16年5月21日 (53)

復旧工事現場を通って。

s-16年5月21日 (54)

藤圭子の「みだれ髪」は、YouTubeでは、美空ひばりを必ず抜く。 その勢い。
彼女は何があって、この歌をここまでして歌ったのでしょう。
心の中の何かと、重なる部分があったのでしょうか。

藤圭子はあるインタビューで、こんなことを言っていた。

人生なるようになるの。 深く考えないことにしているの。
歌も、与えられた歌を歌うだけ。

彼女は生き方の芯になるというか柱を、つくれなかった。
何を意味するかと云うと、これでは悩んだ時に、弱いんですね。
自分の力で乗り切る力が十分でない。

後年の彼女の、精神的に苦しむ遠因は、若い時の生き方にあった。

彼女の歌の表現力は、天性の物かも知れないけど、歌の歌詞を解釈する力は、並ではなかった。
それがなければ、あのようには歌えない。

藤圭子の「みだれ髪」は、1小節単位で、表現を変え、表情を変えて歌う。
  ※ 美空ひばりは、4小節をひとまとめで歌っている。

何度聞いても、表情を見ても、飽きない。
彼女が残した、ベストの動画と思う。

今日は、「みだれ髪」の原点の地に行ってみました。

【今日の一句】 「 青春への入り口の頃 彼女も自分も 同じ時代に同じ旭川の空気を吸っていた 」  

【今日の歌】  歌い方と表情の変化、面白さはそこに。



「みだれ髪」 美空ひばり



【道の駅】   よつくら港

【明日の予定】  国宝 白水阿弥陀堂に。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2053-dacbd68f

openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 「みだれ髪」の舞台、塩屋岬。  塩屋埼灯台の上からの風景。  三崎公園のいわきマリンタワー。~いわき市~ 他 (2016/5/21) 
  • 2016年05月21日 (土)
  • 20時31分04秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。