キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

白河の関は、中世までの関所だった。
江戸時代、そして芭蕉が訪れた時にはもうなくて。

都から来たら、峠を越えて白河の関。
ここから先は、同じ日本でも別の地と考えられていた。
権力の及ばない地でもあった。

高校野球の優勝旗が、白河を越えないと言われたり。

芭蕉は、白河の関の向こうを旅したいと考えた。
遠いから、奥の細道にして。

行ってみたら、関跡を含めて、白河関の森公園になっていた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

場所は、県境の少し北。

s-16年5月15日 (1) 

江戸時代の街道とは違う道に。

s-16年5月15日 (2)    s-16年5月15日 (3)

白河市の中心街から、車で十数分。   公園の駐車場に着いた。

s-16年5月15日 (4)    s-16年5月15日 (5)

関所跡だから、昔の家並も期待した。
そう言う関所ではなかった。

江戸時代とかはすっかり使われてない関所で、場所も忘れ去られていた。

お殿様が、ここと決めた場所が、今の場所。
だから、何かが残っているわけでなかった。

関所跡にまず行く。

山に咲く藤の花。   おまけで、蛍の説明。   どうしてカワニナでなきゃダメなんでしょう。

s-16年5月15日 (7)    s-16年5月15日 (6)

大きな松の木。

s-16年5月15日 (8)

藤原家隆が植えたという伝説。  この人は、百人一首の歌人。

  「風そよぐ ならの小川の 夕暮れは  みそぎぞ夏の しるしなりける」

      ※ ならはナラの木。 もう秋と言っている。
        みそぎは、夏に行われる行事。  これだけが夏だと。

なぜこの地に来たかは分からない。

  ※ もしかしたら彼は、西行の後を追ったかも知れない。
    同じ時代の人。  西行のみちのくへの旅を、見送っているので。

s-16年5月15日 (9)    s-16年5月15日 (10)

こっちにも伝説。

白河の関がどこにあるか、分からなくなっていたのに、伝説はしっかりある。
不思議です。   後から作ったと思われる。

でも、この地に伝説が残っていて、そのために白河の関はこの地と思われたかもしれない。

s-16年5月15日 (11)    s-16年5月15日 (12)

神社があって、入り口。   ここが白河の関跡。

s-16年5月15日 (13)

このように。  芭蕉と曾良は、一緒にここを通った。

s-16年5月15日 (14)

白河藩主松平定信が、この地と決めた。  芭蕉が来る前に、決めていた。

西行の時代には、関所はあった。

s-16年5月15日 (15)    s-16年5月15日 (16)

関所以外にも、使われたよう。

s-16年5月15日 (17)

江戸時代に、ここが関所跡ですよと云う、石碑を。

s-16年5月15日 (18)    s-16年5月15日 (19)

安倍首相は、安倍貞任の子孫だと言ってますね。 貞任は、大きな力を持っていた。

s-16年5月15日 (20)

歴史のある神社。  白河神社。   変わった表情の狛犬。

s-16年5月15日 (21)    s-16年5月15日 (22)

説明に二所ノ関部屋のことが書いてある。  これははっきりしない。 こんな説があるという事かな。

  ※ 余談  二所ノ関といえば、大鵬ですね。   子供の頃、応援した。 強かった。
          氷雪の門(稚内公園)  日本最北の地 宗谷岬 ~稚内市~  幼い大鵬が運命の分かれ道にいた日  他  (2010/8/21) 

s-16年5月15日 (23)    s-16年5月15日 (26)

とにかく、白河の関は有名だった。  歌に歌われるほど。

梶原景季の名前がある。   義経にとって因縁の男。

景季がいなければ、義経は死なないですんだ。
景季は、頼朝に義経の事実でない情報を流した。 

2人はお互い信頼していなかった。

s-16年5月15日 (24)    s-16年5月15日 (25)

城の時代もあったのでしょうか。

s-16年5月15日 (27)    s-16年5月15日 (28)

藤の花の季節がやってきます。

s-16年5月15日 (29)

ウツギ。   赤いのでタニウツギでしょうか。

ウツギの花は、卯(う)の花。   夏は来ぬの歌の、「うーの花の・・・」の卯の花。

s-16年5月15日 (30)    s-16年5月15日 (31)

芭蕉と曾良。

  風流の 初やおくの 田植うた      芭蕉
  卯の花を かざしに関の 晴着かな   曽良

上に卯の花が。  だから、さっきの場所に卯の花があったんですね。   ウツギの花が。

s-16年5月15日 (32)

それなりの雰囲気を再現した。

s-16年5月15日 (33)    s-16年5月15日 (34)

昔の街道跡ならいい。  街道跡はあるのだろうか。

s-16年5月15日 (35)

こんあのがあって。   時間が遅いので、閉まっている。

s-16年5月15日 (36)    s-16年5月15日 (37)

遊園地もある。  家族連れが。     お店も。

s-16年5月15日 (38)    s-16年5月15日 (39)

白河の関の基本を初めて知りました。

関東と東北の分かれ目。

ひどい表現をすると、白河の関を越えたら、日本でないと思ってた時代がある。

   ※ 余談  新潟と山形の間に、日本国と云う山。
         日本国の端っこだから、山の名前を日本国に。 
         東北との境目の場所にある。
           日本国に、浦河のTさんと登る。  小俣宿の旧出羽街道は、芭蕉も通った道。~村上市~ 他 (2015/10/15)

あと少し、白河市を探検します。

【今日の一句】 「 白河の関 西行の跡を追って芭蕉が 芭蕉の跡を今の人達 400年をあけて」

【今日の歌】     Lichner : Forget Me Not



【道の駅】  那須高原友愛の森   白河市に道の駅がない。  通いをしている。

【明日の予定】     白河市内     公園かな。  明後日は天気が悪いので城跡。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2047-f9eaaa9b

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 白河の関は今の東北への入り口だった。  今は白河の関跡に。 公園には芭蕉と曾良の句碑が。~白河市~ 他 (2016/5/15)
  • 2016年05月16日 (月)
  • 11時38分02秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。