FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

○「6メートルの津波がきます。避難してください」 
    この町のこと。
    11日、宮城県南三陸町の防災放送担当の職員、遠藤未希さん(24)は、津波にのまれるまで、
    防災対策庁舎2階で訴え続けた。 最後は声が震えていた。 (産経新聞)

昨日書いた記事。
上のことは、テレビ・新聞・ネット等で、大きく取り扱われている。
情報の出所は、産経新聞。 だから、膨大にあるネットの情報は、みな同じ。

ところが、私が地元で聞いた話しは、少し違った。
それで、調べている。
  ※ どんなことがあっても、未希さんの名誉は、大丈夫。 そのことは、分かっている。

防災放送を、もう一人の人もしていた。
その人が、どこでしていたかが、はっきりしない。
それが確認できれば、すべて解決します。

産経新聞が言ってる通りの可能性は、半分でしょうか。
地元の人に、もう少し確認する必要があります。

※ 被災地を歩いていて、ある人にお会いしました。 そして、話を聞くことができました。
  未希さんを、とてもよく知ってる人でした。
  誰かは、言わない方が、楽しみが残りますね。


ボランティアの仕事は、アルバムから写真を取り出す作業。
アルバムは、泥だらけ。
1枚1枚 外して、干す。 この後、土を取るなどもある。
  ※ 写真の内容については、口外出来ない。
写真を1枚1枚見ていたら、その人の人生が、見えてくる。 
写真が本人に渡れば、その人は生きていたことになる。 それを、誰もが願って作業した。

津波は、思い出もみんな流した。 流された思い出を、取り戻す作業。
アルバムは、被災地で、「思い出を探し隊」の人達が、見つけてくる。
  ※ 重機で作業している人も、集めてくれている。

11年4月12日 (2)


道の駅津山の話をすることになっていましたね。
メモを取ってないし、酒も飲んだので、大分忘れた。 こんな感じです。

津波の後、停電になった。 海の方から十数人、行く所がなくて、やってきた。
道の駅の営業はストップ。 その人達の面倒を見ることに。

話を聞かせてくれたのは、道の駅の、食堂。
手打ち蕎麦があるというので、入った。
調理は奥さまに任せて、旦那さんは、のんびり。
私の「地震大変だったね」を皮きりに、話はどんどん進んだ。

被災者のことで、一番大変な食べ物は、食堂にある物を使った。
そのうち、地域の人達が、野菜やコメを持ってきてくれた。
一生懸命やってる人を助けると言うのは、陸前高田の、あのお風呂と同じ。
被災者は、いつも、暖かいものを食べることが出来た。

ここの避難所には、特徴があった。
朝起きる時間や、寝る時間をみんなで決めたそう。
ボ~ッと過ごすことはやめて、昼間は、生活のためにみんなで何かをしていた。
例えば、水道は出ないから、トイレに使う水を、川から汲んでくるとか。

食べ物に余裕が出たら、おにぎりなどを作って、他の避難所に届けた。

この道の駅は、支援団体の前進基地のようになっている。
ある団体が支援を終わって帰る時、余ったものだけどと云って、置いて行った。
でも、ローテーションで、次のグループがが来る時は、初めから食材等を、届けてくれたそう。

南三陸町まで、ここは10㌔ない。
でも、11日の次の日の情報は、100人くらい流されたようだ、
そういうレベルだったそう。 情報は全く入らなかった。

途中から、旦那さんと酒を飲み始めた。
帰る時、奥さまは、お金はいらないと言った。
申し訳ないからと、少しだけ置いて来た。

私は、自立の話がいいなと思った。
被災地の人達が、自立に向けて動き出した時、ほんとうの復興が始まる、そうも思った。
※ その時、仕事や生活資金を支援するのが、政治でしょうか。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

    
【ランキング】  国内旅行は8位、 旅行全体で25位です。  放浪の旅は13位です。         
          
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
          
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

○「6メートルの津波がきます。避難してください」 

○「6メートルの津波がきます。避難してください」 
この話題は興味ある話題ですね。新聞が知らない種もあるんですね。ひとつこの話題を深く掘り下げてください。これが出来るのは、現地でボランティア活動しているアッカムイさんの強みです。今が腕の見せ所です。期待しています。あまり急がないでいいですよ。

Re: ○「6メートルの津波がきます。避難してください」 


大きな期待はしないでくださいね。
何があったのか、詳しく知りたいです。
少なくとも、産経新聞の記事は、何かが足りない。
そう思っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/202-96e073ae

openclose

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 南三陸町の防災放送は、当日どのように・・。   写真を持主に戻す。  他  (2011/3/13)
  • 2011年04月13日 (水)
  • 23時18分50秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。