キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

東海道中でもっとも小さい宿場が、丸子(まりこ)宿。
実際は、毬子(まりこ)宿と古くから書かれていたよう。

特別に町並みは残っていなかったが、昔の面影が少しだけあった。
とろろの店があちこちに。

丸子宿の街道から離れた所に、泉ヶ谷。
お寺などがあって、いい雰囲気が残っていた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

静岡市に入っている。  海は駿河湾。 深い。   伊豆が見える。  行きたくなる。

s-16年4月15日 (1)    s-16年4月15日 (2)

赤〇辺りが丸子宿の中心。  緑〇が、泉ヶ谷。  (静岡二峠六宿観光協議会よりお借り)
下の地図をもって歩いた。

s-16年4月15日 (3)

200円の駐車場に車を置いて歩き出した。

1号線。 向こうは静岡。  右の細い道が、東海道。

s-16年4月15日 (4)

とろろ汁とか、とろろの店がこのように。

s-16年4月15日 (5)

少し歩いたら、ここに。

s-16年4月15日 (6)

丸子宿の浮世絵に、こんな家がある。

その家を復元したのか。

s-16年4月15日 (7)    s-16年4月15日 (8)

隣に歌碑、句碑。   どっちもとろろ。
  
十返舎一九のは、「けんくはする夫婦は口をとがらせて鳶とろろにすべりこそすれ」  鳶はとんび。

芭蕉は、「うめ若菜 丸子の宿の とろろ汁」

s-16年4月15日 (9)    s-16年4月15日 (10)    s-16年4月15日 (11)

お七里役所は、紀州藩御用を務める機関だそう。  詳しくは分からない。

s-16年4月15日 (12)    s-16年4月15日 (13)ppp

街道の雰囲気は、多少あるけど、古い家は残っていない。  本陣跡。

s-16年4月15日 (14)    s-16年4月15日 (15)

向こうから戻って来た。  ここが駐車場。   後が谷の奥。  そっちに行く。

s-16年4月15日 (16)    s-16年4月15日 (17)

駿府匠宿と云う観光施設。

s-16年4月15日 (18)    s-16年4月15日 (19)

奥に行く。

s-16年4月15日 (20)

吐月峰柴屋寺(とげっぽう さいおくじ)  月を吐く峰にあるのか。

  ※ この寺の情報は少なく、情報のほとんどがこの寺の寺伝。

s-16年4月15日 (21)    s-16年4月15日 (22)

はっきりしているのは、庭園が国指定の名勝になっていること、そして、妙心寺派のお寺であること。

300円で、拝観できる。

s-16年4月15日 (32)

お寺の方が説明してくれた。   冬はこっちの景色がいい。
遠くに山の頂上が見えて白くなる。   今は、雪は降らない。

s-16年4月15日 (23)

この寺は、ある連歌師が草庵(柴屋軒)を結んだことに始まるそう。
毎月歌会が開かれているそう。

夏はこっち。  月を見る。   池に月が映る。   そして、歌を詠む。

s-16年4月15日 (25)

小さなお堂。  この寺を開いた人だったかな。

s-16年4月15日 (26)    s-16年4月15日 (28)

右向こうに、コウヤマキの木。  有名な人のお手植えとなっている。

s-16年4月15日 (27)

別の場所。  奥に、茶室が見える。

s-16年4月15日 (31)    s-16年4月15日 (29)

上の写真の右上に、竹林。  京都の嵯峨野からもってきたそう。

竹がさわさわと揺れて、月を下から掃いて上に押し出す。
そんな説明を聞いた。

それで、吐月峰柴屋寺(とげっぽう さいおくじ)かな。

s-16年4月15日 (30)

お寺の宝物も見せていただいた。
鑑定していないのか、寺の情報しか、ネットでは見つけられない。

後水尾天皇の書や古い時計、笛など、いっぱいあった。
20か30あったけど、2つでも3つでも本物があれば、驚きのこと。

s-16年4月15日 (33)

さらに谷の奥へ。  ここは、地図にある千手観音堂。   説明は読みにくい。  太い木が見える。穴が空いて。

s-16年4月15日 (35)    s-16年4月15日 (34)

のぞいてみた。

s-16年4月15日 (36)

お地蔵さんがずれていたので、なおした。 これできっと、いい事がある。

s-16年4月15日 (37)    s-16年4月15日 (38)

この後、駐車場に戻り、三保の松原まで走った。

東海道五十三次については、ちゃんと残っていなくても、今の姿を知りたいと思う。
それで、今回も行ってみた。

【今日の一句】 「 とろろ いそいで食べて 口のまわりがかゆいぞ 」

【停泊場所】     三保の松原駐車場

【その他】      熊本県は大変。  知事は、家の中は危険なんだと言っていた。 外にいたくているんでないと。

阿蘇大橋が崩落

bbbbbbbb.jpg

【明日の予定】   清水のKさんご夫妻が、静岡市の中心街を案内してくれる。 

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、3位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2017-994fb2b5

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 丸子(まりこ)宿は、東海道五十三次の20番目。  泉ヶ谷に吐月峰柴屋寺。~静岡市~ 熊本が大変 (2016/4/15)
  • 2016年04月16日 (土)
  • 07時53分02秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。