キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

豊川稲荷は神社だと思っていた。
ところが違って、お寺だった。

そうなんだけど、鳥居があって本殿もある。
まぎらわしい。

神社なら、神様は狐でいい。
でも、寺の仏様が狐なんて聞いたことがない。

そうしたら、狐に乗った仏様がいると分かった。
それが本尊で、荼枳尼天(だきにてん)。

豊川稲荷は、明治の神仏分離を上手に通り抜けていた。
寺と神社の両方あるけど、メインはお寺。

そう云うことだった。
神社の本殿が一番立派だったけど。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

いつかは豊川稲荷にと思っていたので、ちょうどいい。

  ※ 余談 数㌔となりに、豊川市牛久保がある。 
       山本勘助が若い頃住んでいたことがある。  以前歩いたことが。
                    山本勘助の魔利支天像     他  (2009/11/15)

s-16年4月14日 (1)    s-16年4月14日 (2)

駐車場を探していたら、たまたま路上駐車できる道が見つかった。

そして、裏から入った。   写真を撮りだした。
撮った写真を、どう並べればいい、となった。

結局、中を通って表門まで歩いた。  そこからスタート。

s-16年4月14日 (3)

ここが表の入り口。  総門。

屋根の前が、まるっこく出ている。 唐破風(からはふ)って言うよう。  三角っぽかったら、ただの破風。

後には、門前商店街。  稲荷が売っている。  
     ※ ご飯がぱんぱんに入ってるのは、いやかな。 稲荷の汁がご飯に浸みたのがいい。

s-16年4月14日 (11)    s-16年4月14日 (10)

正面に山門。   ここで、一番古い建物。   1536年、今川義元が寄進した。

s-16年4月14日 (12)

右に鐘楼。  地図があった。

黄色の建物は修復中。 法堂(はっとう)。  禅宗の中心の建物は、法堂。  本堂って言わない。

s-16年4月14日 (14)    s-16年4月14日 (7)

山門。 仁王様がいるので、仁王門でもいいのかな。 

s-16年4月14日 (13)

※ 下は、修復に入る前の法堂。(Wikipediaから)

  寺だから本尊がいる。 狐とはならないようで、荼枳尼天(だきにてん)。 狐に乗ってる仏様。
  これはどこにあるのでしょう。

ここは、豊川閣 妙厳寺とも云う。

s-16年4月14日 (5)    s-16年4月14日 (4)

写真が全部逆光になるので、山門を後ろから撮った。

s-16年4月14日 (15)

再び、前から。   仁王様。

s-16年4月14日 (16)    s-16年4月14日 (17)    s-16年4月14日 (18)

正面から見たら、左側の方に、このように。  鳥居がある。

寺に来たのか神社に来たのか、分からなくなってきた。

s-16年4月14日 (6)

右に小さなお堂。  鎮守堂。  感じがいいから撮った。
説明は望遠で撮って、この時は読まなかった。

中に像があって、作者は諏訪ノ和四郎と後で知る。
この人は、彫刻師で、諏訪大社の下社の神楽殿の彫り物を製作したとネットに。
             諏訪大社 下宮秋宮・下宮春宮  万治の石仏 ~下諏訪町~  日ハム2勝目、5分。  (2012/10/31)
            ※ この神社では、山から太い柱を下ろしてきますね。 命がけ。

s-16年4月14日 (8)    s-16年4月14日 (9)

神社なので、本殿。  巨大な建物。

s-16年4月14日 (20)

お稲荷様。

説明を読むと、中は神社と云うより、お寺の感じ。 
さっき書いた枳尼天(だきにてん)は、ここにある。 それを豊川いなりと呼んでいる。

s-16年4月14日 (22)    s-16年4月14日 (21)

奥の院に向かう。  小さなのぼりがいっぱい。 買って立てるよう。

万燈堂。 禅の修行をするのかな。   燈明を灯して。

s-16年4月14日 (24)

左を見たら、法雲殿。   法要などは、ここで行う。
   ※ 今はどこにいるかって、右地図の上の真ん中。 annaizu001.jpg (お寺のHPからお借り)

s-16年4月14日 (23)

近くに三重塔。  小さいけど、細身でいい形。

s-16年4月14日 (25)    s-16年4月14日 (26)

景雲門。   

s-16年4月14日 (27)

門にしては立派。  元々は奥の院の拝殿だったそう。

彫刻は、さっき紹介した諏訪ノ和四郎。

s-16年4月14日 (28)    s-16年4月14日 (29)

※ 上の写真の下。 つらくて泣いてる。
  この時名案は浮かばなかったけど、後でいいこと思いついた。

  棒を見つけて、つっかえ棒をしてやる。  そうしたら、少し楽になる。
  今までたくさん見てきて、やっと思いついた。
  表情がどう変わるか、楽しみ。

下は、八角形の納符堂。   お札(ふだ)はここに返す。

s-16年4月14日 (30)

そして、奥之院。

s-16年4月14日 (31)

今まで見てきた門と、似ている。

新しい大本殿が出来たので、古いのを持ってきた。

ここに見えるのは、奥之院の拝殿ですね。  後に本殿かな。

    ※ 奥之院は、寺のイメージ。 でも神社でもいいよう。 院は、建物の意味だからかな。

s-16年4月14日 (32)

耳が長いから、狐だな。

s-16年4月14日 (34)    s-16年4月14日 (33)

さらに奥に、きつね塚。

s-16年4月14日 (35)    s-16年4月14日 (36)

狐はネズミを食べる。 尻尾は、稲穂に似ている。
そんなことで、豊作(五穀豊穣)の神に。

 ※ 具体的には、狐は稲荷神の使いとか近い者とかと、言われる。

s-16年4月14日 (37)

無数にある。  奉納しないと、こんなには集まらないですね。

s-16年4月14日 (38)

巻物には、稲荷神は何ができるとか書いてある。 カギがないと、見られない。 カギをくわえている狐もいる。

s-16年4月14日 (39)

弘法堂にびんづるさん。

s-16年4月14日 (40)    s-16年4月14日 (41)

一度紹介している、万燈堂の前。

s-16年4月14日 (42)

この後、裏口から出て戻った。
豊川稲荷ほど、寺と神社が混ざった所は、初めてでしょうか。

三大稲荷の1つと云われることがある。(3大稲荷は、2~3パターンがある)

神仏分離の時は、その時々権力の云う通りにしてきた。
しかし、ほとぼりが冷めた頃、元に戻して今に。

【今日の一句】  「 神仏のまざった豊川稲荷 お参りの仕方を迷う 手をパンパンとしそうになったり 」

【関連ブログ】

    稲荷神社の総本社、伏見稲荷大社 ~京都市~  眠れない夜を抱いて~(ZARD)  他  (2012/5/13)

    祐徳稲荷神社例大祭  奥の院への道  有明海のノリ網支柱群   他  (2010/3/9)

【今日のお話し】    新美南吉が書いた。  1~6段落まで。  5まで斜め読み。 6をじっくり。
             こんな話は、他にはない。  似た話もない。  文は、青空文庫に。

【道の駅】    掛川   正面の谷を少し行くと、日坂宿。

             日坂宿  小夜の中山  夜泣き石 ~掛川市~  他  (2011/11/12)

s-16年4月14日 (44)

森の中に、大きな神社がある。  鳥居が見える。
       事任(ことのまま)八幡宮と、その周りを散歩。  本宮山に登ってしまった。~掛川市~  他  (2014/5/23)

s-16年4月14日 (43)

【明日の予定】    丸子宿か

【その他】   熊本県で地震がありましたね。  震源地は、益城町(ましきまち)。
        鹿児島県の長島町の社長さんに電話しました。
        そうしたら、地震の2時間前に、震源地の直ぐ近くの国道を通ったと云ってました。
        黒川温泉からの帰り。  
        
        東日本大震災のことがあるから、対応に大きな失敗は無いよう。
        被災者のために、おだやかな天気が続いてくれるといいですね。

        ※ 熊本城の石垣が崩れた。 瓦も落ちた。
          石垣や建物に、ゆがみも出たと思われる。
          これを機会に、鉄筋コンクリートの建物を取り壊したらどうでしょう。
          石垣の石を積み直して、木造で復元する。
          城の価値は、今と比較にならない程大きくなる。
          本物の名城に。
          熊本市は、検討してみてはどうでしょう。 
       
tizu1112_20160415130558e03.jpg     tizu3332_2016041513060241c.jpg


  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、3位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2016-e64ebf59

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 豊川稲荷はお寺だった。  でも、鳥居があって神社のようでも。  きつねの尻尾は稲穂。~豊川市~ 他 (2016/4/14)
  • 2016年04月15日 (金)
  • 12時47分24秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。