キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

今の時代、温泉街を発展させるのは、大変なことのよう。
お店が並ぶ通りの写真は撮れなかった。

そんなのは珍しくなく、全国の温泉の多くが、大変な状態でしょうか。

    ※ 黒川温泉や湯布院温泉、そして草津温泉などは、特別なんですね。
       プロジェクトが成功したというか。

それでも、いい話に出会ったり、楽しい歩きでした。
大石内蔵助が江戸に向かう時、湯の山温泉を通ったと、ここでは考えている。

その可能性はあるのかを、調べてみた。
第三者がそれを言っていないか、根拠はあるのか、など。

可能性は十分にあるということが、分かりました。
伝説は本当かも知れない。

蒼滝(あおだき)を見るのは大変。
山越え。  ある道が壊れているので、同じ道を戻る。

少し疲れ気味の散歩に。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

湯の山温泉は、御在所岳の下に。 ここは2つがセットになった観光地。

昨日もいたパーキングから、歩いて出発。

s-16年4月12日 (1)  s-16年4月12日 (2)ppp

温泉街は、谷の下に。    1㌔ほど歩いて、温泉街の入り口。

s-16年4月12日 (3)

温泉旅館は散らばっている。  右写真の右の道を行ってみる。   地図は持っている。

s-16年4月12日 (4)    s-16年4月12日 (5)

三岳(さんがく)寺に寄った。   何かあるかも知れないので。   花が咲いてる。

s-16年4月12日 (6)

折鶴伝説が面白い。  他にはない、ここだけの伝説。  真似してないのがいいですね。

何があって、このような話にまとまったのでしょう。
困っていた人がいたは、いいですね。
難しいのは折鶴です。

そうだ、千羽鶴のようなのを奉納するというのは、珍しくない。
その鶴が飛んだことにしたのかな。

この発想が浮かべば、2人と結び付けて、話が生まれそうですね。
少しだけ納得。

延暦寺と同じように、この寺にも僧兵がいた。
延暦寺と同じように、この寺も焼かれてしまった。

s-16年4月12日 (7)    s-16年4月12日 (8)    s-16年4月12日 (9)    s-16年4月12日 (10)

本堂は普通の建物。  上の方に、何かがあった。  行かなかったけど。

s-16年4月12日 (12)

今日は、ロープウェーが静かに動いている。  穏やかな天気。
登山者が、たくさんいた。   駐車場は満車。

s-16年4月12日 (11)

谷の下に降りて、蒼滝(あおだき)に向かった。  昨日下ってきた道の、1合目。  ここには来てない。

s-16年4月12日 (13)

さっきは、右向こうの山の中腹にいた。  こっちに来たら、目の前をゴンドラが。

s-16年4月12日 (14)

尾根に上がって来た。  滝はその辺にあるのかなと思ったら、ない。 
登山道から離れて、反対側の谷底に向かった。

ここにあった地図を見たら、滝からはもう登らないで、下って温泉街に行ける。
苦労は終わった。

s-16年4月12日 (15)

急斜面のジグザグの道を、下って下って下った。   見えた。

s-16年4月12日 (16)

2008年の集中豪雨で、谷の底は大荒れ。  大きな滝。   蒼滝。   落差50㍍。

s-16年4月12日 (17)    s-16年4月12日 (18)

温泉街に下る道は、壊れていた。   また登って下る。 いい運動と思うと元気が出るけど、・・・。

s-16年4月12日 (19)

下って少し歩くと、乗り場。

s-16年4月12日 (20)

見晴らし台からの風景。  花が山からひょっこり顔を出して。  花が咲いて山は輝く。  

s-16年4月12日 (21)

谷の上の方。

s-16年4月12日 (22)

御在所ロープウェー湯の山温泉駅。   往復2000円ちょっと。

s-16年4月12日 (23)    s-16年4月12日 (24)    s-16年4月12日 (25)

道を下って。

s-16年4月12日 (26)

温泉街の入り口。

「世の中の 春には遊び あきにけり いざ鶯と山ごもりせむ」  鈴木小舟

あきにけりは、どんな意味でしょう。  飽きなのか、・・・。
 
  ※ 私には、高校か中学の国語の先生の友人がいない。 いたら、電話して聞ける。

  ※ 明治天皇の皇后と関わりがあったとある。
    そう云えば、昭憲皇后は歌を詠む人だった。Empress_Shoken_picture3.jpg   この人から学んだのか。

       きみまち阪 ~恋文の町~    他  (2009/09/17)

  ※ 昭憲皇后には、子供がいなかった。 
    大正天皇は、側室の柳原愛子の子供。  愛子は、柳原白蓮の父の妹。
    柳原家は、大正天皇が健康ではなかったので、そのことを気にする。

少し行って、右に曲がって登っていく。  お店が並んでいる。
でも、ほとんどが閉めてて、写真は撮れなかった。

s-16年4月12日 (27)    s-16年4月12日 (28)

温泉街の地図。

s-16年4月12日 (29)

商店街の出口。   橋がある。

s-16年4月12日 (30)

涙橋。   右の写真が、説明。

  ※ 説明文に、あまりにもとか、うつつをとか、書いた人の思い入れが入っている。
    こういう文には、いらないように思うかな。  淡々と書いてくれた方がいい。

  ※ 大石内蔵助は妾(めかけ)の阿軽(おかる)と、ここで別れたとある。
    また、武平峠を通ったと。

  ※ このことは、ここの温泉に関する記事意外には、出て来ない。 見つからない。
    阿軽は実際にいたようで、京都に墓がある。

  ※ 通った可能性があるかですね。
    先日歩いた鈴鹿峠は、鈴鹿山脈を越える、東海道のメインの峠。
    その鈴鹿峠について、もう一度調べてみた。

    こっそり越えたい人は、鈴鹿峠は検閲が厳しくて通れないそう。
    ではどうしたか。
    武平峠を選ぶ人がいたそう。
    そんな悦明が、ネットにあった。 (情報は、土山の町並みを愛する会から)

  ※ また、赤穂藩の浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)の弟の大学の妻が、この地から出ていた。
    ここは、菰野(こもの)藩で、藩主は土方(ひじかた)氏。
    内蔵助は何度もこの地に来ていて、討ち入りで江戸に向かう時、ここを通っても不思議ではない。
    10月7日に京都を出て、通ったのは8日は9日辺り。

  ※ 余談 土方(ひじかた)氏が治めている藩は、ここしかない。
       土方歳三とは直接つながらないけど、先祖でつながっている可能性はある。
       歳三に子供はいない。 子孫と云われる人は、兄の子供たち。
          五稜郭 ~蝦夷地に共和国を夢見た、土方歳三。  函館市~  写真の比較  函館に1週間  (2011/7/28) 
    
通った可能性はあるかな、というのが結論です。
伝説は、事実かも知れない。

s-16年4月12日 (32)    s-16年4月12日 (31)

駐車場に戻る。

s-16年4月12日 (33)

少し雰囲気がいい。   写真に撮れるところは、少ない。

s-16年4月12日 (34)

石が、石橋を作っていた。  空中に浮いて。 コンクリートで、固めてあった。

s-16年4月12日 (35)    s-16年4月12日 (36)

赤い橋が見えて、大きな岩。  
まさか、ここに大石があるから、さっきの伝説が生まれたのではないでしょうね。

s-16年4月12日 (37)

大石橋。

小菅剣之助(こすがけんのすけ)のことが。
この橋を作って、政財界で活躍したとある。

おもしろいことが。
途中でやめたけど、将棋が強かった。   名人になれるほど。

13世名人に押された。 でも断って、関根金次郎を推薦した、
結果、関根が13世名人に。

調べてみたら、小菅は関根に勝ったことがあった。 棋譜が見つかった。  
  
   ※ ここにあります。  画面のどこでもいいからをクリックすると、棋譜が進みます。

s-16年4月12日 (39)    s-16年4月12日 (38)

この後、1㌔ちょっと歩いて、着きました。

s-16年4月12日 (40)

車で、道の駅菰野に向かった。
途中、ここの温泉が安いので、ここに。  最後まで自分1人。

s-16年4月12日 (41)

上の写真の右に、赤い橋。   その下に、カワウがいた。

s-16年4月12日 (42)    s-16年4月12日 (43)

御在所岳、そして湯の山温泉。 来てよかったです。

鈴鹿山脈には、他にも魅力的な山がある。
忘れなかったら、来年登ります。 (今回は、17日東京なので行ってしまうけど)

【今日の一句】  「 さあ散るわよって 友達さそって 風に舞う 桜の花びら 」

【動画】 



【ブログ紹介】  鈴鹿山脈の北に伊吹山、その北に荒島岳ですね。 

   荒島岳 ~大野市~  東日本大震災写真集「無言歌」  他  (2011/7/3)
   霊峰伊吹山は、花の山だった。~米原市~  他  (2011/6/30)

【今日の歌】   朧月夜 倍賞千恵子     おぼろ月は春の季語なんですね。



【道の駅】    真夜中まで菰野(こもの)。  早朝から藤川宿。

【明日の予定】    夕方、近くの東海道を歩きます。   杉並木の道です。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2014-dbaab78e

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 湯の山温泉を歩く。  別の谷の奥に蒼滝。  涙橋の伝説は本当か。  大石橋。~菰野町~ 他 (2016/4/12)
  • 2016年04月13日 (水)
  • 13時38分10秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。