キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

土山宿本陣跡の建物があり、その見学を考えていた。
電話で連絡を取ると、現在は都合があって見学できないとのこと。

夜からの雨は止まない。
土山宿の観光の拠点でもある、東海道伝馬館にお邪魔した。

建物は古い民家を改装したものだから、魅力十分。
東海道五十三次の宿場のことなど、詳しく展示していた。

鈴鹿馬子唄に、下のように歌われていることを知った。

        「坂は照る照る  鈴鹿は曇る  あいの土山雨が降る」

管理している方に説明していただく。
これが楽しく、いい時間を過ごすことが出来た。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

赤〇が鈴鹿峠。 箱根峠に次ぐ難所。

s-16年4月7日 (1)

印が東海道伝馬(てんま)館。  広い駐車場。  道の駅も近い。  土山宿は見学しやすい。

s-16年4月7日 (2)    s-16年4月7日 (3)

東海道伝馬館。  ここまで車で来たけど、古い家並みが残っていた。   桜は雨に打たれている。

s-16年4月7日 (4)    s-16年4月7日 (5)

土山宿の観光の拠点。

s-16年4月7日 (6)

森鴎外の祖父が、旅の途中、土山で亡くなった。
この地に墓があったが、後に、津和野に移した。  鴎外の墓もそこに。

  ※ 津和野の永明寺にある鴎外の墓は、こう
        津和野は白壁の町並みと、掘割の鯉と、太鼓谷稲成神社の町だった ~島根県の西端に~  他  (2010/5/2)

s-16年4月7日 (7)    s-16年4月7日 (8)

新しく建てたのではなく、民家を改装した。 それがいいですね。

中は観光案内所とお店の役割。  そして、展示。

s-16年4月7日 (9)    s-16年4月7日 (10)

大きな家です。

s-16年4月7日 (11)

入った所に、お店の商品。   説明も。

s-16年4月7日 (29)

ここは近江(おうみ)国。   鈴鹿峠を越えたら、伊勢国。

峠を越えた坂下宿まで2里半とある。 10㌔弱か。   知ってしまったら・・・。

s-16年4月7日 (12)    s-16年4月7日 (13)    s-16年4月7日 (14)

あいの土山、不思議な表現です。 右は、それについて書いてある。

  ※ 土山宿は、宿場と宿場の間にある小さなさ宿場から始まった。
    間にある土山宿なので、あいの土山。
    こんな説もある。(Wikipedia)

   「坂は照る照る  鈴鹿は曇る  あいの土山雨が降る」についても、上の右端に。

    峠の向こうの坂下宿は、
    自分の方は晴れてて、土山は雨と言ってるのか。
    自分の方がいいと自慢しているよう。(Wikipedia参考)

    伊勢と近江は、峠を越えたら大きく違うと云ってるようでも。

土山宿の模型。   宿場が長く伸びている。   木曽路の奈良井宿を思い出します。
       鳥居峠の麓にある、奈良井宿は、木曽路最大の宿場町だった。~塩尻市奈良井~  他  (2012/11/9) 

ここの町並みは、重伝建地区にはなっていない。    
もし、今から取り組んで間に合うという事は、あるでしょうか。

箱階段を登って2階に。    
s-16年4月7日 (15)    s-16年4月7日 (16)

150年ほど前の建物だそう。 曲線の梁(はり)が何とも言えない。 いいですね。

切り絵の展示。

s-16年4月7日 (17)

土山。  鈴鹿峠に向かう人。  難儀は終えたねと京に向かう人。

s-16年4月7日 (18)

右写真に、由比(ゆい)、蒲原(かんばら)が見える。

   薩埵峠(さったとうげ)から、由比宿へ ~静岡市清水区~  広重作「雪の蒲原(かんばら)  (2011/11/8)

s-16年4月7日 (19)    s-16年4月7日 (20)

2階の反対側の部屋。 

手形を役人から出してもらわないと、旅は出来ないんですね。
出費が大変と説明に。  女性の旅は、特に不安。  

s-16年4月7日 (21)    s-16年4月7日 (22)

この人たちが、説明してくれました。  お願いして、旅姿に。  いい感じです。
自分は話しかけている。  表情が変化するのを数枚撮る。

  ※ 女の人の旅は楽しそう。 だまっていない。  おしゃべりが上手。 その点男は・・・。

s-16年4月7日 (23)    16年4月7日 (23)ppm

この部屋には、こんなのがある。  紙粘土で作ったそう。

土山宿には44軒の旅籠。  社寺への参詣の旅人が多いと。 これは、少しだけ観光旅行ですね。

旅籠は、憩いの場、情報交流の場と。  鈴鹿峠で盗賊が出たよ気をつけてね、とか。

s-16年4月7日 (24)    s-16年4月7日 (25)

2階の天井が低いのは、普通なんですね。 
2階に窓を作って参勤交代を眺めたら、何で上から眺めると、お咎(とが)めがある。 

ちゃんとたたんで。

s-16年4月7日 (26)

中庭。

s-16年4月7日 (28)    s-16年4月7日 (27)

外に出て、別の建物に。

s-16年4月7日 (30)    s-16年4月7日 (31)

参勤交代のお人形。

s-16年4月7日 (32)    s-16年4月7日 (33)

藩にとっては、大きな負担。 それが、幕府の狙い。

家康は、こういう秩序の基本を作った。 
それがあって、江戸幕府は明治まで続いた。

  ※ 大河ドラマでの家康は、少しバカ殿。
    でも、賢さが、チラッチラッて見えますね。
    少しづつ変貌していっている。

    長澤まさみが演じてるキリは、どう変わるでしょう。
    最後は、別人のようになるでしょうね。

    彼女は阿梅(おうめ)を生む。 それが最後の大きなドラマに。

        ※ 黒木華(はる)が演じてた梅が亡くなりましたね。
          梅の名前は、阿梅の名前に影響を与えたのでしょうか。
          知りたいところです。

    信繁は、ゴッドファーザーのアルパチーノのように、成長している感じがします。(クリックしたらYouTubeに)

s-16年4月7日 (34)

藩主は籠の中。

s-16年4月7日 (35)     s-16年4月7日 (36)

外の庭。 紅枝垂(べにしだ)れが、今とばかりに。

s-16年4月7日 (37)    s-16年4月7日 (38)

小屋の中から撮った。  花のことでお話し。  団体さんが、参勤交代を見ている。

s-16年4月7日 (39)

旅人の世話をしているのか。   伝馬は馬で物を運ぶという意味ですね。  それに関する仕事か。

s-16年4月7日 (40)

今日は、ここだけの見学でしたが、良かったです。

見学のおかげで、土山宿は歩く価値あると、気付きました。
さらに、鈴鹿峠を越えてみたいと思う羽目にも。

【今日の一句】  「 今日も あいの土山雨が降る 」

【今日の歌】   正調鈴鹿馬子唄 (正調鈴鹿馬子唄保存会)  



【道の駅】    あいの土山

【その他】   自衛隊の飛行機が墜落した地点は、かのやばら園の十数㌔北です。
        記事の中の写真に、その山並みが写っています。
          かのやばら園、2016 新春祭り。  餅まきタイム、他。  ハウスのバラは、満開。~鹿屋市~ 他 (2016/1/3) 

【明日の予定】    天気はいい。  土山宿を歩きます。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/2010-62052482

openclose

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 東海道伝馬館で土山宿を学ぶ。 49番目の宿場。  48番目の坂下宿との間に、難所の鈴鹿峠。~甲賀市~ 他 (2016/4/7)
  • 2016年04月08日 (金)
  • 08時06分08秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。