キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

香川県の最高峰と云っても、1000㍍ちょっと。
1059.8㍍。

相栗(あいくり)峠からの登山道が分かりやすい。
片道、5.4㌔。

2時間か2時間半あれば着きそう。
登山日和のいい天気になった。

帰り、キャンプ場の方に降りようとしたら、途中で道が分からなくなった。
車道に出て、ずっと歩いて戻った。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

県境にあるって分かりますね。

s-16年3月20日 (1)

道の駅塩江から相栗(あいくり)峠に向かう。  そこから歩き。

さらに上まで車道はある。  ※ 別方向からは、頂上までの道が。(アンテナがあるため)

s-16年3月20日 (2) s-16年3月20日 (3)

相栗峠の駐車場。  

今日は天気がいい。  そして、休日。  もし人気の山なら、最低5~6台の車はある。
大きな魅力の山ではないと、ある程度想像できる。

ここから、左に登山道があるはず。 はっきりその道は、見えない。 これかなってのが、何となく。

しばらく車道を行く。   11時半前。

s-16年3月20日 (5)    s-16年3月20日 (6)

この道の終点は、鷹山(たかやま)。   そこで昔、高松のお殿様が鷹狩をしたそう。
登山道も、そこを通る。

ここはずいぶん山奥。   それでも家はある。

s-16年3月20日 (7)    s-16年3月20日 (8)

少ししたら、左に上がる道。   登山道。

s-16年3月20日 (9)

900㍍あるいて、ここから長い階段。

s-16年3月20日 (10)

登山道は、山の稜線にある。   県境の道。

下の写真で、右にも見える。   案内は無いけど、そっちも行けそう。  行ってみる。

最後は、車道に出た。  最初に歩いた道は、ここに。

s-16年3月20日 (11)    s-16年3月20日 (12)

5分ほど歩いて、鷹山。   駐車場がある。  ここから登れば、楽。   車は無い。

s-16年3月20日 (13)

あと、2.3㌔。

s-16年3月20日 (14)

急な登りが、500㍍続いてここに。   隙間から少しだけ見えた。

s-16年3月20日 (15)    s-16年3月20日 (16)

15分ほど歩いて、讃岐竜王。  1058㍍。  この後行く頂上より、1.8㍍低い。

  ※ 竜王山には頂上が2つある。  双耳峰(そうじほう)でいいのかな。 耳が2つ。

s-16年3月20日 (17)

一気に下った。   転がりそうな階段。

s-16年3月20日 (18)

奥の湯温泉の奥に、キャンプ場がある。  そこへ行く道。  

この時は決めてないけど、帰り行くことになる。

s-16年3月20日 (19)

さらに行って分岐があって、そこにお地蔵さま。

s-16年3月20日 (20)

頂上までは遠くない。   しばらく、右が崖の道が続く。

よっぽどでないと落ちないけど、落ちたら助からない所も。

  ※ 下りで、登山道で転んだ時、そのはずみで落ちた場合が大変かな。

s-16年3月20日 (21)

間もなくです。  着きました。

s-16年3月20日 (22)    s-16年3月20日 (23)

展望台がある。   人がいたけど、挨拶してもはっきりしなかった。

   ※ 今の時代、社会の中で疲れ切って、心に余裕のない人も。
     いろんな人がいることは、覚悟しなければ。   自分だって、そんなときが。

     でも、若い人の多くは、みんな明るいかな。

s-16年3月20日 (24)

木が育ってしまって、ちゃんと見えなかった。
そう云うのを知ってるから、みんな来ないのかな。

直ぐ下まで、車道は来ている。   そっちにも人はいた。

s-16年3月20日 (25)    s-16年3月20日 (26)

高松方面かな。

s-16年3月20日 (27)

あのベンチで食事。  いこい食堂で、これを買った。   ついでに、ラーメンも食べて。
     ※ ラーメンのついでに買ったのではと思う人が、いるかも知れない。 あたり。
       きっと固麺って言ったんでない、と思う人も。 あたり。

こんな大きな稲荷、2つも食べられない。
香川県の人は、みんなたくさん食べる。
うどんを、2玉3玉、当たり前。

動いてる方が温かいので、下山。   2時過ぎ。  

s-16年3月20日 (29)    s-16年3月20日 (28)

これを勉強しようと、撮った。   カイナンサラサドウダン。   海南更紗満天星。  

   ※ ドウダンが、どうして満天星なんでしょう。 中国の故事によるよう。
     ある霊水をこの木にこぼしてしまった。 散らばった水は、満天の星のようになって、満天星に。

   ※ 花は、更紗(さらさ)模様。   織物にある模様。   右写真は、Wikipediaから。

s-16年3月20日 (30)    s-16年3月20日 (4)

このように見える場所は、めったにない。

s-16年3月20日 (31)

分岐に来た。  この地図を持っている。

時間はあるので、黄色を歩くことに。   いい風景に出会えるかも。  来た道は、ずっと森の中。

実際は、下山道には標識は無く、分岐で道を間違ってしまった。

  ※ 地図の左方面に行ったら大変。 危険を避けるため、分岐で右に曲がった。

途中から、赤〇の道を。

s-16年3月20日 (32)

この道を下ってきた。  登るときは、このように案内。

s-16年3月20日 (33)

登山道からは、外れてしまった。   何となくの道を歩いている。

クマの糞ではない。   イノシシかな。  バケツ一杯ほど。

  ※ ツキノワグマなら、糞はもっと太い。
    この地域にはいない。

  ※ 剣山の周辺に、20頭かどれくらいかが、いる。   絶滅寸前。

s-16年3月20日 (34)    s-16年3月20日 (35)

さらにあった分岐を、右に。  下に車道が見えた。   道なのかどうか、はっきりしなくなった。

s-16年3月20日 (36)

この道は、相栗峠に出る。   自転車の人が、あと4~5㌔かなと云った。
自転車の人は、自分にとって話しかけやすい。

s-16年3月20日 (37)

お墓が見えて、家が見えて、集落に下りてきた。

s-16年3月20日 (38)    s-16年3月20日 (39)

お茶の栽培でしょうか。

s-16年3月20日 (40)

こんな道を下って。

  ※ 前回、登山靴で左足のくるぶしの上が痛くなった。 そこばかり、靴にぶつかる。

    今回、急な下り坂での歩き方を工夫した。
    半身で下るとき、体の向きを、同じばかりにしないように。

    また、靴の底を、外側を少し高くした。  そんな下敷きがある。

今日は、全く痛くならなかった。
この時は、わざと雑に歩いても、だいじょうぶだった。

疲れは無い。 どこまでも歩けそう。 気分はいい。

s-16年3月20日 (41)

登る時、ここから右に上がっていった。

少しして、相栗峠の駐車場。   着きました。

s-16年3月20日 (42)    s-16年3月20日 (43)

風景のいい山ではなかったけど、仕方ないですね。
山を調べる時、人気の山をキーワードに、今度から調べてみましょう。

今日は2時前後、自分は香川県の中で、誰よりも一番高い所にいた。
そんなことでした。

【今日の一句】 「 春風吹いて 足取り軽く 竜王山 」

【ブログ紹介】  晴天に恵まれた、剣山。 鳴滝。 吉良のエドヒガン。~つるぎ町~  他  (2013/3/23)
         讃岐富士(飯野山)に登る。 瀬戸大橋が見えた。 おじょもの足跡。~丸亀市~  他  (2013/3/21)
         第八十八番札所、結願寺、大窪寺。  奥の院、そして、女体山へ。~さぬき市~  他  (2012/12/21)

【今日の歌】    芹洋子   「坊がつる讃歌」



【その他】   大河ドラマに関して、昨日の続き。
         真田家は、真田の血を残すため、関が原では家族分かれる。
         基本は西軍だけど、長男の信幸(大泉洋)は徳川につく。

         1週間前の番組で、信幸が家康に啖呵を切った時、本多忠勝(藤岡弘)が、ぶっ殺すぞと詰め寄った。
          迫力に、圧倒された。
                         その場面の後に、「ああいう男は苦手だ」と信幸に言わせた。

         どうして、そこまで演じさせたのか。
         これは、脚本や演出の「仕掛け」なんですね。

         あの場面を見て、何でここまで演じる? この後2人に何かあるのか、
         もしそんなことを考える人がいたら、読みの深さは抜群ですね。

         後の話ですが、上に書いた信幸は、本多忠勝の娘を嫁にする。
         そうやって、東軍での居場所をはっきりさせた。
 
         最初の場面とは、まったく別の流れになる。

         もしもの話だけど、好きなもの同士の幸せそうな場面が、あまりにも長く流れたとします。
         それは、視聴者をどん底に落とすための仕掛けかも知れない、と思っていい。
         どっちかが死んでしまう流れの時、上のような場面がつくられることが。

         誰でもではないけど、作者・脚本家・演出家の中には、「仕掛け」を意識している人がいる。
         仕掛けが多いほど、話は面白くなる。

              ついに、その日が。 小説の仕掛けって? (2008年9月24日)  

【道の駅】   塩江

【明日の予定】   東に向かうのかな。   週末には、京都に。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1994-fa02a162

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 香川県の最高峰、竜王山に登る。  徳島県との県境に。  讃岐竜王と阿波竜王。~高松市~ 他 (2016/3/20)
  • 2016年03月21日 (月)
  • 10時13分45秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。