キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

今日は片道10㌔の往復。     半分以上山道。
標高750㍍の、横峰寺。  よこみねじ。  60番札所。

私のおばあちゃんが、昭和18年頃、横峰寺から香園(こうおん)寺へと、下ってきた道。
その道を歩いてみる。

9時過ぎに、朝食を食べた。
どうしても眠く、寝てしまった。

出発が遅れた。 12時少し前。
明るいうちに戻って来れるか、少し不安。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

横峰寺は、石鎚山の中腹に。

   ※ 自分は、こっち方面から石鎚山に登ったことはない。  ロープウェーがあるよう。
           西日本の最高峰、石鎚山に登る ~頂上は大きな岩の先っぽだった~  他  (2011/5/25)

道の駅から出発。

s-16年3月12日 (1)    s-16年3月12日 (2)ppp

61の香園寺から60の横峰寺に行く道。
反対周りなので、逆打ちと呼ばれる。  ※ 下の地図はあるサイトからお借り。 出どころは、公的なもののよう。

 s-16年3月12日 (3)mmm

香園寺からの遍路道に入っている。  左に高速。  花が咲いた。

s-16年3月12日 (4)    s-16年3月12日 (5)

ずっと、急ぎ足。   

何の木かな。  花はまだ。  梅ではない。   右写真は、右に人家。

s-16年3月12日 (6)    s-16年3月12日 (7)

香園寺の奥之院。

s-16年3月12日 (9)    s-16年3月12日 (10)

1時間ちょっと歩いて、山道に入る。

s-16年3月12日 (11)    s-16年3月12日 (12)

西条市の町並み。  見晴らしがいいと、携帯が使える。(万が一の時はここまで来れば)

s-16年3月12日 (13)

時々距離の表示。   励みになる。

ここから2時間はかかる。 3時過ぎる。
  
薄明るいうちに、さっきの香園寺の奥之院までもどればいい。 
そういうことにした。 頭につけるライトも、懐中電灯もある。

s-16年3月12日 (14)    s-16年3月12日 (15)

時間のことを心配するのは、やめた。

おばあちゃんは、どんな靴で歩いたのでしょう。  きっと、今よりずっと粗末。

s-16年3月12日 (16)

タニウツギとある。  ピンクのこんな花
      上三依水生植物園。  ヒマラヤの青いケシ。  太くなった、ジムグリ。~日光市~  他  (2014/6/9)

右の字が読めない。 調べたけど、降参。

s-16年3月12日 (17)    s-16年3月12日 (18)

普通の登山と違うのは、登りばかりでない。  だから楽。

5月ごろ歩いたら、気分爽快。  花が咲いて、温かい。
写真中央遠くの斜面に、何かが見えた。  それが寺かは分からない。 

地図では、目指す寺はあっちの方。  一度下って。

59番札所の国分寺から横峰寺への道は、谷下にある。

s-16年3月12日 (19)    s-16年3月12日 (20)

2時少し前。

s-16年3月12日 (21)    s-16年3月12日 (22)

三十一丁とかあるけど、意味が分からない。  

s-16年3月12日 (23)    s-16年3月12日 (24)

昨年、福井県の辺りで、ストックを1本忘れた。   あれ以来1本。
先日、松山市で2本買った。  ストックは高い。 出費は痛い。

今日は、それを使っている。  4本足で歩いている。 疲れは、全く別。

s-16年3月12日 (25)

お遍路さんはいつ倒れてもいいように、白装束。

s-16年3月12日 (26)

可愛い地蔵さん。 彫った人の表情だと思う。 その時の心。

s-16年3月12日 (27)    s-16年3月12日 (28)

しばらく登りが続いた。  おばあちゃんが、ふっと下りて来たらどうしよう。

昔、おばあちゃんの写真を見たことがある。
似た人なら、声をかけるぞって。 50代半ばの人。 自分より若い。

偶然っていうのは、ある。  ※ 大きな偶然は、今まで3度経験。 1つは書いてない。 書けない。

s-16年3月12日 (29)

霧っぽいので、木から雨のように滴り落ちる。

s-16年3月12日 (30)

もうすぐだ。  途中、10人くらいとすれ違った。

s-16年3月12日 (31)

車道に出た。   右写真で、右に。

s-16年3月12日 (32)    s-16年3月12日 (33)

着きました。   3時15分。  のんびりできない。

s-16年3月12日 (34)

奥が、大師堂。

s-16年3月12日 (35)

本堂。  残雪。

s-16年3月12日 (36)

どうして、こんな高い所に。

苦労してくると、有難味が増すのか。  修験の地だったのか。

s-16年3月12日 (37)

ご詠歌は「縦横に 峰や山辺に 寺建てて あまねく人を 救うものかな」。 横と峰が入っている。

本堂。   少し前、たくさんの人がいた。

s-16年3月12日 (38)

標高750㍍。  3番目とある。  1番目は、雲辺寺ですね。
             浦島神社  雲辺寺 ~八十八箇所中で最も標高の高い札所~    他   (2009/12/13)

s-16年3月12日 (39)    s-16年3月12日 (40)

ここは真言宗御室派。
      仁和寺 旧御室御所御殿の見学。  白書院・黒書院。  渡り廊下。  襖絵。  庭園。~京都市~ 他 (2015/4/10)

振り返って、向こうに大師堂。

s-16年3月12日 (41)

下に納経所。   右は、庫裏か。
いそがしいから、2人で書いていた。   納経は、行った証拠。

s-16年3月12日 (42)    s-16年3月12日 (43)

この人達は正装。

s-16年3月12日 (44)    s-16年3月12日 (45)

食事の時間は無い。 3時35分出発。
かりんとうを食べながら下った。

ここから、山道。

s-16年3月12日 (46)

ずっと急ぎ足。   問題が起きた。
左足の外側が、くつずれ。  くるぶしの少し上。  靴にぶつかる。  今までなかったのに。

歩き方を変えたら、何とかなる。
  ※ 対策はあって、次の時には、きっと大丈夫。

ここで、少し休憩。  弁当を食べた。  美味しくない。   山は寒いから冷えた。 味噌汁も。

s-16年3月12日 (47)    s-16年3月12日 (48)

車道に出た。  ここまで来たら、もう急がなくていい。

s-16年3月12日 (49)

香園寺の奥之院に、滝があった。

s-16年3月12日 (50)    s-16年3月12日 (51)

来た道を戻って。   車はライトを点け始めた。

s-16年3月12日 (52)    s-16年3月12日 (53)

6時35分。   着きました。

s-16年3月12日 (54)

納経帳にこのように。

s-16年3月12日 (55)

無事に行って来れて、何より。

この日は、乾杯って少しのビールを飲んだ。
体調がおかしくなったのは、次の日の朝。

風邪とも違う感じ。 もやもやって少し苦しい。 熱は少し。
食べても美味しくないので、寝た。
ずっと寝てた。   水だけ飲んで。

その次の日の朝、お粥を作って食べた。
薬も飲んで。   栄養ドリンクも。  ビタミン剤も。

お昼に、体調は良くなった。
元にもどって、ケロケロケロって感じ。

【今日の一句】   「 おばあちゃんの面影を 追いかけて 横峰寺 」

【動画】



【ブログ紹介】    西条市にいたので。

西条市の湧水、「うちぬき」。 観音水の泉。~西条市~  明日、剣山へ。  他  (2013/3/16)
石鎚神社本社。  64番札所、前神寺。~西条市~ 石鎚山には、登れない。 他 (2013/3/15)

【その他】 真田丸について

    信繁と梅が結ばれた。  梅を演じてるのは、黒木華(はる)。
    キリである長沢まさみは、さびしそう。
    今のキリは、軽い感じ。

    真田丸の話の最後の山場は、キリが関係してくる。(自分の予想)
    そこは、真田信繁(幸村)の話の面白さのベスト3に。

    キリは信繁の正室になって、お梅を生む。
    大阪夏の陣で信繁は死ぬが、その直前の信繁とお梅の話が面白い。
    これがあるから、大河ドラマになったのではと云いたくなるほど。

       白石城は、木造での復元。  片倉小十郎の妻は、真田幸村の娘、阿梅(おうめ)姫。~白石市~ 他 (2014/10/12)

    今、上田城を作っている。 現在はこのように。
       信州上田は、真田3代の里。  上田城跡。  柳町の家並み。  信玄の重臣、板垣信方の墓。~上田市~ 他 (2015/6/24)

【余談】 梅を演じてる黒木華(はる)という女優がなかなかいい。 蒼井優に少し似ている。
     名前は本名。
     長沢まさみが、くわれている感じ。

     華をどうして「はる」と読ませるかが分からない。
     名前の漢字辞典には、はると載っている。
     ネットで調べても、なぜそう読めるかは、見つからない。

     親は、何を考えていたかですね。
     ここからは、自分の予想。 想像。

     華は、中国また台湾の意味がありますね。
     華流と云う言葉がある。  韓流(はんりゅう)の云い方に似ている。

     台湾アイドルグループは、華流。  映画など芸能関係でも使う。  
     この華流の読みが、ファーリュー。
     日本人が聞けば、ハルに聞こえる。  華はハ、流はルですから、そう考えても、華流はハル。

     黒木華の両親か先祖に、台湾系の人がいるのではと。
     親は、この子が大きくなったら、芸能界で活躍してほしいと願った。
     その時、親が思い浮かべた言葉が、華流。

     華流では何だなってことで、華だけとって華とし、読みは「はる」に。

     自信は無いけど、そんな風に考えてみました。

     黒木華の演技を見ていたら、その世界に引き込まれます。
     なつかしい時代の雰囲気を持っている。

【停泊場所】   小松オアシス

【明日の予定】   休み      15日から動きます。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1989-acf28afc

openclose

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 第60番札所横峰寺は、遠かった。  石鎚山の中腹、標高750㍍に。  登山と一緒。~西条市~ 他 (2016/3/12)
  • 2016年03月13日 (日)
  • 21時04分43秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。