キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

4つの橋を渡って、大崎下島まで来た。
ここまでが、広島県の呉市。

   ※ 隣に岡村島がある。
     そこは、四国の愛媛県の今治市。
     橋を渡って行ける。

   ※ 岡村島まで島は5つ。  安芸灘諸島。
     道の名前は、とびしま海道。 

今日は、大崎下島の御手洗(みたらい)の見学。
見どころいっぱいの、重伝建地区。
ここを見るのは3回目。

若胡子屋(わかえびすや)跡という茶屋跡があって、初めて中を見学できた。
  (以前来た時は、修理中)

歩いていて、新しい発見がいくつかあった。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

左の方から、橋を渡って。  広島県と愛媛県の間にある島は、芸予諸島。

御手洗は、その真ん中辺りに。

s-16年3月2日 (1)

大崎下島に御手洗。

s-16年3月2日 (2)    s-16年3月2日 (3)

町並みの奥に、広い駐車場。  そこから歩いて。  右向こうの山は、岡島。

s-16年3月2日 (4)

住吉神社。   天気がいいからまぶしい。

s-16年3月2日 (5)    s-16年3月2日 (6)

江戸時代の高灯篭(たかとうろう)。   石の太鼓橋も。

s-16年3月2日 (7)

向こうにも、大きな高灯篭。  左は、岡村島の観音崎。
     最後に観音崎に行って、海を渡る。 ~今治市関前~  アクセス数が30万に。  他  (2010/12/20)

s-16年3月2日 (8)

懐かしい家並みが続く。

s-16年3月2日 (9)

左から来た。  今日は、右の方は歩かない。  右の地図は、大きくなる。  左右はバーを動かして。

s-16年3月2日 (10)    s-16年3月2日 (10)m

向こうから来た。  右に、船を作ってる作業場。

s-16年3月2日 (13)

ここで、15分ほどおしゃべり。
作ってる船は、北前船。  木工ボンドがくっ付くのを待っている。

平成3年までは、普通の船を作っていた。
その年の台風で、道具を全部流された。  

作れなくなって、小さな船を作っている。
行先は皆、決まっている。

おちょろ船には、女の人が乗っていた。
大きな船の間を、ちょろちょろと。

s-16年3月2日 (12)    s-16年3月2日 (11)

このように花が、家の入り口に。

s-16年3月2日 (14)

小路に入って、満舟寺。   立派な石垣。  戦いを考えて、作ったよう。

説明の上の方に、鶴姫伝説とある。  鶴姫の大三島は、直ぐ近く。
         鶴姫伝説 ~瀬戸内のジャンヌ・ダルク~      他  (2009/12/20)

石垣の説明。
乱れ築(づ)き は、一般的に乱積み(らんづみ)と呼んでる積み方でしょうね。
布目築(づ)きは、布積みでしょうか。

      ※ 一般的な言葉で書いてくれると、理解が楽ですね。 調べやすいし。

布積みは、布の織り目のように、積んだ石のラインが、縦と横。
石段の両側近くに見えますね。
他は、乱積み。 縦横の線は、関係なし。  乱れて。

s-16年3月2日 (15)    s-16年3月2日 (16)

観音堂と、もう1つのお堂。   右のお堂の石段が面白い。

s-16年3月2日 (17)    s-16年3月2日 (18)

小路の奥の方に。  左に若胡子(わかえびす)屋跡。  初めて中に入る。

s-16年3月2日 (19)

ここは茶屋で、賑わった時代があった。

右は、遊女の墓を写し取った。 拓本って云うのかな。

s-16年3月2日 (20)    s-16年3月2日 (21)    s-16年3月2日 (22)

中はこう。  修復は、これで完成かな。

ここは江戸時代から、遊女の港町でもあったと、ある。

「夏草や 島に悲恋の 遊女墓」ってある。  遊女に悲恋って、どんなイメージでしょう。

s-16年3月2日 (31)    s-16年3月2日 (23)

昔の港。   江戸時代の高灯篭が、左端に。  その説明。

s-16年3月2日 (25)    s-16年3月2日 (29)

上とは反対方向から。  左に、観音崎が見える。  遠くは四国。

s-16年3月2日 (28)

遊女にしては、若い感じもするけど。  今の時代の表情に近い。   目つきが柔らかい。 

s-16年3月2日 (26)    s-16年3月2日 (27)

お歯黒事件を紹介。

女の子にとって、遊女になるという事は、大変なことだった。
この事件は、それを伝えたかったのか。

説明にある墓は、中庭にあった。

禿(かむろ)はまだ修行中の女の子。   ヘアスタイルと関係ある呼び名

s-16年3月2日 (30)    s-16年3月2日 (24)

ももへの手紙。   アニメ。  自分は見たことがない。  舞台の中心は、御手洗。

s-16年3月2日 (32)

近くに、金子邸。  中央の建物が修復中。

幕末に、長州藩を中心に、密談が行われた。
御手洗条約と説明にあったけど、一般的には聞かないかな。

きっと龍馬たちも来ている。  御手洗は、交通の要衝ですからね。

s-16年3月2日 (33)

奥に、天満宮。

s-16年3月2日 (34)    s-16年3月2日 (35)

この井戸から、御手洗の名前が。  ※ 他にも説はある。

s-16年3月2日 (36)    s-16年3月2日 (37)

戻って来て、右に若胡子屋跡。  左に、金子邸。

s-16年3月2日 (38)

こんな小路は、まだまだあるけど、今回は行かない。  以前の記事で紹介しますね。

s-16年3月2日 (39)

向こうの方に、お店などが。   フェリーターミナルも。

s-16年3月2日 (41)

長州に味方した公卿たちは、京都には行けない。
しかし、明治に入ると大事にされる。

ここに泊まったと。  裏側から見ている。  禁門の変の後のこと。

s-16年3月2日 (42)    s-16年3月2日 (40)

※ 上の写真の近くに、御手洗の御手洗があった。  (みたらい、おてあらい)

この道を戻る。 

s-16年3月2日 (43)

今日は、若胡子屋跡が見られたのが、よかったでしょうか。
いろんな資料があって。

次来た時は、今日見なかった部分ですね。
山の上とか町並みを。

【今日の一句】  「 御手洗で 風待ち潮待ち そして誰を待ったのか 」  説明に悲恋とあったので。

【ブログ紹介】  風待ち・潮待ちの港町、御手洗を歩く。  若胡子(わかえびす)屋跡 他。~呉市豊町御手洗~  他  (2013/1/3) 
         江戸時代の港町、御手洗を歩く。 ~呉市 大崎下島~   他   (2010/12/17)

【動画紹介】



【今日の歌】    ももへの手紙



【停泊場所】     御手洗の奥の駐車場

【明日の予定】   三角(みかど)島かな。   何もなかったら、それはそれでと考えて。
     
  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1980-91fc2328

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 重伝建の御手洗を歩く。  潮待ち風待ちの港として発展。  若胡子屋跡の見学。~呉市~ 他 (2016/3/2)
  • 2016年03月03日 (木)
  • 03時38分20秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。