FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

ブログは、普通に続けます。

揺れましたね。 昨晩深夜の余震のことです。 震度6弱。
初めての経験。

縦と横が、混ざって揺れる。 1分はなかったと思う。
キャンピングカーは、ひっくり返りやすい。
そうなる、少し前の揺れに感じた。

サイレンが鳴り響き、車は一斉に高台を目指した。 一時騒然となった。
私の車は、ある会社の空き地に停めさせてもらっている。(断わって)
広さは、学校のグランドより少し狭い感じ。
あっという間に、多くの車が乗りこんで来た。

車の中は、物が落ちない仕組みになっている。
だから、落ちなかっただけ。

走っていて、絡まることはめったにない、天井から下げた飾りが、絡まった。

私は何をしていたか。 夢中で、動画を撮るカメラを探していた。
そうでなく、車載カメラで撮れば良かった。 失敗。

※ 地震の時、カメラをさがすことはできたけど、
  北海道の山の中で、熊に出会った時、ほんとうにカメラを構えることが出来るだろうか。
  そんなことを思った。

※ 私は昔、根室にいた。 地震は、しょっちゅうあった。
  余震と分かっていたから、恐怖は少しだけ、と言う感じ。
  地震をたくさん経験すると、地震が来る前に、来ることが分かるようになる。
  静かな時に限るけど。
  ゴ~、って聞こえる。(感じる)

でも、11日を経験した人達は、あの時が蘇り、大きな恐怖だったと思う。

※ 地震の後、ネットのスピードが、極端に遅くなった。
  後で知ったが、東北がほとんど停電。

飾りは、こんな風に。

11年4月8日 (14)

靴が、全国から送られてくる。 個人が、ブログ等で呼びかけて、動いた。
宅急便の車が届けてくれるが、100箱以上、1度に降ろす。
サイズごとに分けて、避難所に届ける。

子供の靴は、余り気味。
避難所には子供がいても、少ないと言う。 みんな親類や知人の所にいる。
避難所の環境は、子供にとっては、厳しすぎるようだ。

11年4月8日 (1)

直接取りに来てもいい。
足の少し不自由なおじいちゃんがやって来た。
杖をとられた、と言った。
私は、海に持っていかれたのかい、と聞いた。
そうでない、海だったら文句は言わない、と言った。

風呂をやってる社長さんが、新たな風呂をここにつくる。  今の場所は作業場なので、使うため。
背の高い建物に。 ここには、七夕の山車が入っていた。
山車は、外に置いてある。 緑のシートをかぶせて。

女湯は、表から。 男湯は、裏から。

11年4月8日 (2)

女湯。 建築会社だから、こんなのはお手の物。
今度のは、ボイラーが付いている。

廃材でお湯を沸かすとも言っていた。 ※ 洗うためのお湯かな。

11年4月8日 (3)

湯船に浸かったら、きっと木の匂いがする。

11年4月8日 (4)

左端が、社長さん。 家を流されている。 ※ 今の風呂がある作業場は大丈夫だった。
ここの風呂は、9日の土曜日には、使えるようにする。
明後日だけど、社長さんなら、するなと思った。

※ 最初の風呂は、3月20日の午後2時頃から作り始めた。
  従業員と共に徹夜で作り続け、次の日の朝に完成した。

  トラックにドラム缶を積んで、川の水を運んだ。(上流に家の無い所の)
  ドラム缶4本で、水を沸かした。 廃材を燃やした。

  社長さんの動きを知った農協が、水のタンクを提供してくれた。(2トンと4トン)
  地下水も使わせてくれた。

  机上のプランを語るより、社長さんのように動いている方が、人の心を動かすのかなと思う。

風呂に入ると、明日への元気が出てくる。 
このお風呂は、復興に向けて、大きな力にきっとなる。

11年4月8日 (5)

板を挟んで、道を広げる作業。 自衛隊。

11年4月8日 (6)

今日も、お疲れ様。

11年4月8日 (7)

この鉄骨全体は、遠くから運ばれて来た。 

11年4月8日 (8)

重機とかが作業していて、見つかったものは、ここに置いてくれる。

11年4月8日 (9)

11年4月8日 (10)

市役所。 人は中央の三角の屋根に逃げた。 
先日会った女の人は、自分であがれなくて、引きずり上げてもらった、と言った。

11年4月8日 (11)

時々、花があった。 線香のある所も。

11年4月8日 (12)

小学生校では、親が迎えに来た子は、親に渡した。
その中に、流されてしまった親子がいる。

※ 夜一緒にお風呂に入った人のお母さんも、子供を迎えに行った。
  姉の子供さんも一緒に連れて来た。
  途中、ちょっとした用事で、姉の子供さんも、自分の家に連れて来た。
  その人の姉の家まで、津波は届いた。 もし、家に降ろしていれば、助かってはいなかった。
  
11日の津波が来た時は、ちょっとした判断と運が、人々の生死を左右していった。
  
11年4月8日 (13)

ボランティアは、昼間は、靴の選別。
夜は、風呂焚きを手伝った。
お風呂に入れてもらって、缶ビールを御馳走になった。
湯船の中で、飲んだ。

社長さんをはじめ、何人かの方から、話を聞くことが出来た。
それは、後日になります。

【その他】   昨日の動画8つが、追加されています。
         (気仙沼市唐桑町4つ、陸前高田市気仙町3つ、津波の到達点1つ)

【停泊場所】   しばらくの間、書けない。

【明日の予定】  これもです。 

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
    
【ランキング】  国内旅行は5位、 旅行全体で10位です。  放浪の旅は36位です。         
          
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
           
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

「南部牛追い唄」

よく地震がありますね。こうあると、なんだか慢性化するようで心配です。天災や嫌がらせにはくれぐれも気をつけてください。
 湯船の中のビールは、うまかったことでしょう。
今夜、久々にをYouTubeで聞きました。しきりに聞きたくなりました。いい民謡です。
以前旅した岩手を思い出しました。岩手も宮城も、そして福島も早く元気になってもらいたものです。

Re: 「南部牛追い唄」

南部牛追い歌の発祥の地、道の駅三田貝分校に行った時、この歌を載せましたね。
       ※ 三田貝分校~盛岡の東の山の中
生活は貧しくとも、心まではそうでない、というのを感じます。
いい民謡です。
被災地に行った時、そこの文化を紹介するのもいいですね。

今回の余震と、冷たい雨は、復興に向けて、少し足踏みです。
でも、地元の人達も、ボランティアの人達も、みんなたくましいから、だいじょうぶです。

暖かい日が来ると、それだけで、ありがたいと感じます。

これからもお願いします。

いつも、読ませてもらっていますが、
初めてコメントさせて頂きます。

このブログをとおして、いろんな所へ行き、
多くの人と知り合えた気分になります。

私はアッカムイさんの行動から勇気を
もらっています。自分もがんばろうと
いう気持ちになります。

これからもご自身の想いを信じて
お体に気をつけ、がんばって下さい。
ブログ楽しみにしています。

Re: これからもお願いします。

少しずつでいいから、ブログを進歩させたいですね。
さっき、山の友達と話しました。
山に登って、花を見て、遠くをながめて、そんな一日を送りたいです。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/197-f39e269f

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 復興に向けて   震度6弱の揺れ   他   (2011/4/7)
  • 2011年04月08日 (金)
  • 08時16分36秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。