キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

今日の岩に彫った磨崖梵字(まがいぼんじ)は古い。
鎌倉時代が終わったころ。

どうも昔は、寺や神社がたくさんあったのではと感じる。
人々の日常生活は、仏教と日々関わっていた。

仏教によって、生き方を学んだり、心の平安を得た。
病気だって、祈って直そうとしたくらい。

今の時代に、昔の面影がひっそりと残されている所がある。
岩屋権現の磨崖梵字も、そんなところ。

小さな鍾乳洞があって、今日もまた穴の中に入ってみた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

自分の旅の性格上、一度は行かなければならない場所。
そう考え、近くなので行ってきた。

s-16年2月7日 (1)

カーナビは近道をするから、細い道も通った。

一昨日の福智山の登山口まで、直線で1㌔ちょっと。   福智山の中腹。  家が途絶えた辺り。

s-16年2月7日 (2)    s-16年2月7日 (3)    s-16年2月7日 (4)

周辺は公園で、キャンプ場になっている。  広い駐車場。 この時期は、誰もいない。

s-16年2月7日 (5)

岩屋大権現。  ※ 権現は、神社だけど、仏が神の姿になって現れた所。 
          曼荼羅と云えば、仏教の密教っぽい。

こんなことがあって、神仏混淆(こんこう)なんですね。

s-16年2月7日 (6)

杉の巨木が。  九州の杉は、基本的には植林。 ここのは、違うと考えられている。

s-16年2月7日 (7)    s-16年2月7日 (8)

ここに立った時、左前方に梵字が見えた。

s-16年2月7日 (9)

こうです。  梵字が4つ。 岩に彫ってるので、磨崖梵字。

s-16年2月7日 (10)    s-16年2月7日 (11)

説明。

上の4文字が見えたんですね。

真ん中は、曼荼羅。
仏教の教えの世界を表しているのか。

梵字も曼荼羅も難しい。  庶民には理解できたのでしょうか。
お坊さんが、易しく教えを説いたのか。

説明には、山伏の修験に使ったとある。

1335年と、どこかに彫ってあるんですね。
鎌倉時代が終わったのが、1333年。(いちみさんざん)
その2年後ですね。

室町も、江戸も越えて、今に。 700年。

s-16年2月7日 (12)

ここに、梵字曼荼羅。

s-16年2月7日 (13)

曼荼羅の中が、梵字ばかりなので、梵字曼荼羅なんですね。

s-16年2月7日 (14)    s-16年2月7日 (15)

説明の一番下の、梵字一文字。

s-16年2月7日 (23)    s-16年2月7日 (24)

向こうに石段がある。  

s-16年2月7日 (16)

小さな祠。   昔は立派な建物があった雰囲気。

s-16年2月7日 (17)

穴が見える。 中に照明はあるんだが、切れている。

s-16年2月7日 (19)

こうです。  入れる。   クマの棲む地域なら、入るのは勇気がいる。

s-16年2月7日 (18)    s-16年2月7日 (20)

小さな懐中電灯で。 カメラの感度を、目いっぱい高くして。

山伏はここで寝たのか。

s-16年2月7日 (21)    s-16年2月7日 (22)

これが大杉。  細かな点で、他の杉と違うという。
という事は、他からの移植ではない。

九州独自の杉かも知れない。

s-16年2月7日 (25)

上への道があったから来て見た。  炭焼き小屋があるというので。

s-16年2月7日 (26)

距離が分からないので、少し行って戻った。

500㍍とあれば、行く。
書いてないと、200㍍かも知れないけど、2㌔かも知れない。

s-16年2月7日 (27)    s-16年2月7日 (28)

振り返ったら、下に福智町。 その向こうは、糸田町。 左に、田川市。

s-16年2月7日 (29)    s-16年2月7日 (30)

炊事場。  キャンプが出来る。
   
ネットの状態が良ければ、ここで停泊しても良かった。
星を見たりして。  そんな天気ではないか。

s-16年2月7日 (31)

戻る途中、岩屋高麗窯発祥の地と。  
この一帯は、上野(あがの)焼が有名。 一昨日の登山口。

それと関わりがあるよう。

s-16年2月7日 (32)    s-16年2月7日 (33)

一応、どんな所か行って来ました。

修行の場は、大岩、滝、山、洞穴など、自然の神秘を感じるところが、選ばれるんですね。

【今日の一句】  「 その昔 ほら貝の音が 谷の下へと流れた 」

【動画】   曼荼羅の文字と云ってるのは間違いです。   梵字のことです。  四角い曼荼羅がありました。






【関連ブログ】   磨崖仏関係をいくつか紹介。

   日石寺の本尊は、磨崖仏のお不動様。  おおかみこどもの花の家は、立山連峰の山裾に。~上市町~ 他 (2015/5/10)
   高瀬石仏は、石窟の中にある磨崖仏。  珍しい深沙大将があった。~大分市~ 他 (2015/3/6)
   穏やかな表情のお不動様、犬飼石仏。  智福寺跡。 六字名号。  ~豊後大野市~ 他 (2015/3/4)
   国宝 臼杵石仏は、 岩から飛び出した、優れた磨崖仏群。~臼杵市~  他  (2014/3/30)
   清水磨崖仏群。  日本一の大五輪塔、月輪大梵字、他。~南九州市~  他  (2014/1/30)

【今日の歌】 María José, Sara y Úrsula - Niño Malo    記事がちょっぴり暗いので、歌だけは明るくパ~っと。             



【道の駅】   かわら

【明日の予定】    北に向かいます。   魅力的な場所を探しています。
             少し明るい所がないかな。  花とか。   門司手前に、植物園があったか。
貫山と云う山が、カルストにある。 天気は?

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1957-74983680

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 岩屋大権現の磨崖梵字曼荼羅は、大きな岩壁にあった。 福智山の谷の奥に。~福智町~ 他 (2016/2/7)
  • 2016年02月07日 (日)
  • 21時18分53秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。