キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

唐津城には天守は無かった。
それが定説になっている。

でも、鉄筋コンクリートの天守がある。
どういう考えで建てたのかが知りたい。

大坂城、名古屋城、熊本城などと同じ考えなのかなと。
  ※ 名古屋城、熊本城と、同時期にできている。(1960年頃)

名古屋城は、木造での建て替えが具体的に進んでいる。
建築法がどうだとか言って、動かない所も。

昔のように木造で復元して、安全面で足りないところを、金属で補強すればいい。
それは、仕方ない。

鉄筋コンクリートの天守に入るのは、つまらない。
美しい石垣だけ残っている方が、まだいい。

※ 今は、鉄筋コンクリートで造るのは、禁止。(文科省かな)
   復元の言葉は、木造の時しか使えない。

上のことがあるけれど、唐津城には美しい石垣が残っていた。

唐津城は唐津藩の城。
初代藩主は、寺沢広高。

 ※ 余談  天草は、唐津藩の飛地。
        寺沢広高の子供の寺沢 堅高(てらざわ かたたか)は、天草でいい政治をしなかった。
        城は富岡城。

        それで、天草・島原の乱が起きる。
        これを契機に、寺沢家は滅びていく。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

唐津市の中心街は、唐津湾の奥に。   お城は、松浦川の河口に。

s-16年1月31日 (1)    s-16年1月31日 (2)

駐車場は、大型車は1時間400円だった。  (2時間は900円)
見学は1時間と決めた。

  ※ 資料館は耐震工事で今は見学できない。 最上階だけ行ける。
    そんなことで、模擬天守の見学は無料。

駐車場からこのように。

s-16年1月31日 (3)    s-16年1月31日 (4)

車道の横断は、トンネルをくぐって。   唐津には、このお祭りがある。

s-16年1月31日 (5)    s-16年1月31日 (6)

こんな山車もあるんですね。

 ※ 義経の本物の兜が本当に或るのかは分からない。
   ただ、本物の鎧はある。  国宝。 瀬戸内海の大三島の大山祇神社に。
    
      大山祇神社で、鶴姫の鎧を見る。  忠海港から、大三島に渡る。~今治市大三島町~ 他 (2015/3/16)

s-16年1月31日 (7)

城の前に少しのお店。

s-16年1月31日 (8)

石垣は、江戸時代の初めのものですね。

s-16年1月31日 (9)    s-16年1月31日 (37)

エレベーターもある。  それほど長い石段。

s-16年1月31日 (10)

寺沢高広が。  名古屋城の石とかも使ったよう。

s-16年1月31日 (11)

いいですね。  何があっても石垣は、壊さない限り残る。

s-16年1月31日 (12)

あと少し。  見えてきた。

s-16年1月31日 (13)

模擬天守。 昔、こんなのがあったわけではないけど、造った。  観光用にでしょうか。

s-16年1月31日 (14)

小さな神社があって、右に。

s-16年1月31日 (15)

実際に石垣があったのは、写真の左の高さまで。  管理してる人に聞いた。

s-16年1月31日 (16)

ここから入る。

s-16年1月31日 (17)

石垣は、木の根とかで膨らむ。  そうすると、いつかは崩れる。 そんなのを直した。

s-16年1月31日 (18)    s-16年1月31日 (19)

天守の最上階に。

s-16年1月31日 (20)

東方面。   向こうが福岡。

s-16年1月31日 (21)

松浦川。   源流は、黒髪山の方。
          黒髪山は、奇岩と山岳信仰の山。  頂上は天狗岩に。  頂上直下に、西光密寺。~武雄市~ 他 (2015/2/24)

右に、虹の松原。

s-16年1月31日 (22)

虹の松原。   この中を走った。  また走る。

s-16年1月31日 (23)

唐津市の中心街。   下に駐車場。

s-16年1月31日 (24)    s-16年1月31日 (25)

上の写真の右。

s-16年1月31日 (26)

向こうは、昨日までいた、東松浦半島。

s-16年1月31日 (27)    s-16年1月31日 (28)

海の方。

s-16年1月31日 (29)

金箔瓦が見つかっているんですね。   

下の地図の半分ほどの城は行ったでしょうか。
行ってない所もいっぱい。

s-16年1月31日 (30)    s-16年1月31日 (31)

大きな藤。

s-16年1月31日 (32)    s-16年1月31日 (33)

斉藤茂吉の歌碑。  松浦川のことですね。

s-16年1月31日 (34)    s-16年1月31日 (35)

寺沢高広は関が原で活躍した。
天草領をもらった。  飛地の藩。

それが結果的にまずかった。
藩全部を失うことになる。  我が子の代で。

s-16年1月31日 (36)

また、別の義経の鎧。

s-16年1月31日 (38)

唐津を見たので、福岡の方に戻ります。

九州の北部は、市街地が続く。
移動は大変になる。

【今日の一句】 「 城の魅力はなんでしょう 石垣でも何でも 本物を見ることでしょうか 」

【動画】  いくつかあります。  後になります。

【今日の歌】    「織江の唄」山崎ハコ



【停泊場所】   大宰府の近くの空き地。   数㌔離れたコンビニのとなり。

【明日の予定】   太宰府天満宮の写真を撮る。  撮ってないのがある。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1948-82a9611a

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 唐津城は別名舞鶴城。  美しい石垣を今に。 建てたのは、寺沢広高。~唐津市~ 他 (2016/1/31)
  • 2016年02月01日 (月)
  • 19時56分16秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。