キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

昨日、少しだけ港と集落を見た。

その時、一度は歩いて見なければ、と思った。
港では、釣もして。

さっそく、それを今日。
雨は上がって、おだやかな天気に。

最初に釣り。  自分は釣れない。
ところが、桟橋のようなところで、数名の中学生が釣っている。
「いきなりかよ」とか云いながら、釣れている。

自分は釣りをやめて、魚を見せてもらった。
細い小さな魚。

釣りが終わったら、さあ撮るぞって云っている。
1人は、タブレットを持って。

何が始まるのかなと思ったら、3人ほどが飛び込んだ。 海に。
それを撮っている。

   ※ 自分は、万が一の時、助ける方法を考えていた。
      直ぐ近くの自分の車に、ライフジャケット。
      また、もっと近くに、設置された浮き輪もある。
      
途中から、自分も撮った。

冷たい海。
冬に飛び込む風習があるのでしょうか。

終わって、これで、無病息災だとか言ってる子も。
撮った動画は、ラインに載せるとか。

最後に、集落の中を歩いた。
狭い小路に、寄添うように家がある。

迷いながら歩くのが楽しい。
情報誌が紹介したら、人はやって来る。
波戸集落には、そんな魅力が。

情報誌には無い知らない町を歩くのが、自分には大事。
このことを、時々忘れる。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

ここの半島は、東松浦半島なんですね。 初めて知った。

波戸(はど)は、その先っぽに。

s-16年1月30日 (1)

小さな湾に波戸港。

s-16年1月30日 (2) s-16年1月30日 (3)

波戸港です。   まず釣りを。

s-16年1月30日 (4)    s-16年1月30日 (5)

一度だけ当たりはあったけど、そのあとさっぱり。 少し浅いかなって感じ。

s-16年1月30日 (6)    s-16年1月30日 (7)    s-16年1月30日 (8)

5分もしたら飽きて、後を見たら神社。 散策。

s-16年1月30日 (9)

恵比寿様かな。 潮風で風化。

s-16年1月30日 (10)    s-16年1月30日 (11)

遠くを見ると、橋。  加部島に行く、呼子大橋。  一度行っている。

     佐用姫(さよひめ)の伝説が残る、加部島 ~唐津市~  他  (2012/1/4)  

s-16年1月30日 (13)    s-16年1月30日 (14)

前に流れる屋根が特徴。  お参りする人に親切。  雨から守ってくれる。

狛犬が4つ。

s-16年1月30日 (12)

本殿。  彫刻が見事。 
こんなので、この地域の財力や地域のまとまりが、垣間見える。

s-16年1月30日 (15)    s-16年1月30日 (16)

埋め立ての記念碑が。 港の前の方は、埋め立て地だったんですね。  
昔は、神社の前は海。

不思議な狛犬。  何を意味しているのか。 何の花なのか。 逆立ちのを見ると、花びら6枚。 梅ではない。

s-16年1月30日 (17)    s-16年1月30日 (18)    s-16年1月30日 (19)

拝殿の前はこのように。

s-16年1月30日 (20)    s-16年1月30日 (21)

今年初めて見る、梅。  つぼみが、ほころんできた。

s-16年1月30日 (22)    s-16年1月30日 (23)

加部島。  防波堤の上に上がっている。   少し釣ったが、釣れないのでやめ。
 
               ※ ライフジャケットは付けてるけど、落っこちたら面倒。

s-16年1月30日 (24)

反対側は、この風景。 港と集落の全景。

 ※ 写真中央近くの赤〇の中に、浮き輪。
   子供たちが集まってきたときに、見つけておいた。

s-16年1月30日 (27)ppp   s-16年1月30日 (28)

ここで釣ってる。 「釣れた釣れた」とか「いきなりだ」とか、にぎやか。
エサの取り換えとか、忙しい。

こっちは、引っかかってエサの取り換え。
早く帰ってくれたら、そっちで釣るのにって、醜い考えを持ってしまった。

楽しそうだ。

s-16年1月30日 (25)    s-16年1月30日 (26)

何漁のライトでしょう。  集魚灯ですね。

s-16年1月30日 (29)

釣り道具を閉まって、子供たちの所に。

こんな魚。  細長い。 大きいのも。  仕掛けは自分と違う。  エサも。

s-16年1月30日 (30)

子供たちが何かを始める雰囲気。 タブレットを持ってる子がいる。 撮影に使うという。

s-16年1月30日 (31)    s-16年1月30日 (32)

こうでした。  飛び込んだ。

  ※ 大人がそばにいて、大きな事故になったら、大変。 
    自分の責任。

    子供たちの泳ぎっぷりを見たら、心配はなさそう。

    でも、足がつったら、泳ぐのは難しい。
    3㍍やそこらは、死に物狂いで泳ぐだろうけど。

    一番怖いのは、心臓まひ。
    子供たちは、寒さの中にずっといた。
    気合は十分。
    簡単には起きないなって思うけど・・・。

    走って10秒ほどの所に、浮き輪がある。
    自分の車も近い。 ライフジャケットがある。

    万が一あっても、助けられるなと思ってはいた。



この集落に、冬に海に飛び込む行事はあるのでしょうか。
様子を見て、飛び込むのは、初めてではない感じ。

  ※ 子供たちに、質問すればよかった。 あれやこれやを。



今の飛び込みが最後を確認して、自分は家並みの方に。

s-16年1月30日 (33)

途中神社の鳥居。 珍しい神社だった。   小童神社とある。
調べてみました。

読みは、わたつみ神社。  綿津見神社のことだった。  祭神は、綿津見神。  海の神。

  ※ 余談 綿津見神は、豐玉姫の父。 豊玉姫は山幸彦の妻になる。

       山幸彦が、綿津見神を訪ねて、娘の豊玉姫を欲しいと云って、
       豊玉姫に出会う場面を絵にしたのが、青木繁の、わだつみのいろこの宮

         柳川ひな祭り。  青木繁、旧居。  石橋美術館で、青木繁の絵を見る。~柳川市・久留米市~ 他 (2015/3/1)   

s-16年1月30日 (34)    s-16年1月30日 (35)

さあ集落へ。

s-16年1月30日 (36)

こんな小路。   少しだけ行ってみた。

s-16年1月30日 (37)    s-16年1月30日 (38)

船はここから引き揚げる。

s-16年1月30日 (39)

少し行って、右に行く予定。

s-16年1月30日 (40)

真っ直ぐは、この家並み。

s-16年1月30日 (41)

港の方は、このように。   遠くい恵比寿様。

s-16年1月30日 (42)    s-16年1月30日 (43)

この後、また子供達に会った。
撮影したのはどうするのと聞いた。
ラインとかに、載せるという。

自分も動画を撮ったことを伝えた。
YouTubeには載せる予定はなかったけど、載せてもいいかいと聞いた。
そうしたら、いいよという。

それで、こう伝えた。
もし、少しでも困ることがあったら、ブログにコメントして、と言った。
自分のサイトを教えた。(名刺を持っていなかった)

さよならして、自分はこの道を。

s-16年1月30日 (44)

軽自動車なら、楽に走れる。

s-16年1月30日 (45)

坂の上に向かって。

s-16年1月30日 (46)

道は分岐。  右から来た。  遠くに、祠のよう。

s-16年1月30日 (47)    s-16年1月30日 (48)

日本人は、元々、込入った所に住むのが好きなのかなって疑う。
農村の中には、なんぼでも土地はあるのに、肩寄せ合うように建てることも。

感じのいい道。  歩くのが楽しい。

s-16年1月30日 (49)

土を重しに。   何でしょう。

s-16年1月30日 (50)

地元の人でないと、車では入れない。  どこですれ違えるかを知らないと、無理。

s-16年1月30日 (51)

こんな小路も。 

s-16年1月30日 (52)

こんなのも。

s-16年1月30日 (53)

漁業で経済は成り立っているのでしょうね。  廃屋が多くない。   右は顔に見える。

s-16年1月30日 (54)    s-16年1月30日 (55)

お地蔵さま。  お地蔵さまに、ここに住む人の表情が出るのではと。

s-16年1月30日 (56)    s-16年1月30日 (57)    s-16年1月30日 (58)

どこを歩いているか分からない。

s-16年1月30日 (59)

写真を見て、自分が通ったか通らなかったかが、はっきりしないのも。

s-16年1月30日 (60)    s-16年1月30日 (61)

酔っぱらって夜に歩いたら、自分の家に戻れるのでしょうか。

  ※ 天草の牛深の迷路は、本当に迷った。 楽しいから、それを願って。
      天草に、Aくんと渡る。  ハイヤ大橋を歩く。  﨑津天主堂のある﨑津集落は、来年きっと、世界遺産。~天草市~ 他 (2015/2/11)

s-16年1月30日 (62)

いつの間にか、海に出ました。  入ってきた場所。

s-16年1月30日 (63)

向こうに釣りした港。

s-16年1月30日 (64)

戻ってきました。

s-16年1月30日 (65)

子供たちに出会ったのは、大きなおまけ。
楽しい1日になりました。

情報誌にはないけど魅力ある町はありますね。
今年はそんな所に、いっぱい行きたいです。

唐津市鎮西(ちんぜい)町波戸に、今日はお邪魔しました。

【動画の紹介】












【今日の一句】  「 釣れた釣れたと 楽しそう歓声が 釣れない自分の耳に 遠くから 」

【今日の歌】   Desperado Guitar - The Secret



【道の駅】   桃山天下市

【明日の予定】    唐津城か

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、3位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1947-24e31e87

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 波戸港で釣りを。 子供たちは釣りの後、海に・・。 寄添って建つ家並の道は、迷路のように。~唐津市~ 他 (2016/1/30)
  • 2016年01月31日 (日)
  • 10時01分22秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。