キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

諫早市に行くため、島原半島に渡った。

以前から気になる建物が、口之津(くちのつ)港にあった。
口之津歴史民俗資料館。
今日はそこで、口之津港の歴史を少しだけ学んだ。

島原には、からゆきさんを歌った、島原の子守唄がある。
その舞台は、ここ、口之津港だった。

古い税関の建物が、歴史民俗資料館に。
からゆきさんの資料があった。

    ※ 島原の子守唄のメロディは、盗作と云う問題を抱えているけど、いい歌。
       作者は、縁故節のメロディを使ったと認めていれば、それで済んだと思う。
       詩とメロディを、上手にまとめたんだから。
       認めないから、詩も盗作と云われてしまった。

       作者と云われるのは、女優の宮崎香蓮のおじいちゃん。
       作家の、宮崎康平。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

赤〇から印に。  鬼池港から口之津港。  自分の車で、2980円かな。

s-16年1月14日 (1)

近いから、30分ほど。  右の赤〇に資料館。

s-16年1月14日 (2)    s-16年1月14日 (3)

フェリーが来た。  これで行く。  14時15分発。

s-16年1月14日 (6)    s-16年1月14日 (7)

ターミナルの向かいに、天草四郎の像。  少し子供っぽい。  信念は、感じ取れるか。 ?。

s-16年1月14日 (8)    s-16年1月14日 (9)

島原半島は見えている。  雲仙岳も。  少し前から寒いから、上が白っぽい。

s-16年1月14日 (10)

車載動画は、とっても撮りやすくなった。 画像も、以前よりずっといい。  大きな口の中に。  前から乗った。

  YouTubeに

出る時は、後から。

s-16年1月14日 (11)    s-16年1月14日 (12)

鬼池港を出た。

s-16年1月14日 (13)    s-16年1月14日 (14)

島原半島は、すぐ目の前。

s-16年1月14日 (15)

テレビはこんなのばかり。  変な国かも。 こんなのばかり見てたら、頭がおかしくなる。

天草に行くのと、すれ違って。

s-16年1月14日 (16)    s-16年1月14日 (17)

少し風が強い。  4人家族が写真を撮っている。

男の子が、あっち(左の方)寒いよと教えてくれた。
ありがとうって、お礼。

下の女の子は、走ったらころぶ。
少し泣いて、また走る。

s-16年1月14日 (18)

口之津港は湾の中に。   ここの湾は噴火口。  深いから、昔から大型船が入港で来た。
それで、古い時代から栄えた。  指宿の山川港と同じ。

 YouTubeに

少しだけの遠回りで、道がある。  でも橋。  橋は渡ってみたくなる。

s-16年1月14日 (19)

島原は長崎の匂い。 山は活発に活動。   着きました。

s-16年1月14日 (20)    s-16年1月14日 (21)

大地に車がのって、着いたぞって感じ。

 YouTubeに

民俗資料館に向かった。

 YouTubeに

口之津歴史民俗資料館。  海の資料館でも。

s-16年1月14日 (22)

石炭の積み出し港だったと。  三池炭鉱の石炭をここから。
大牟田に港が出来るまで。
    白秋生誕の地、南関  三池炭鉱万田坑跡  孫文を助けた宮崎滔天 ~南関町・荒尾市~  城ヶ島の雨  他  (2012/2/9) 

港が深いから大型船が。  小型船でここまで積んできて。

s-16年1月14日 (23)    s-16年1月14日 (24)

危険だけど、給料がいいのが喜びでしょうか。   外国の船も。

s-16年1月14日 (26)    s-16年1月14日 (25)

港が賑わうと、街は活気づく。   そして遊郭も。  男中心の世界。

s-16年1月14日 (27)    s-16年1月14日 (28)

からゆきさん、とある。  唐行きさんと書く。  
東アジアや東南アジアへ、娼婦として、だまされて行った。

からゆきさんは、口之津港が舞台だった。

 ※ 右は、下田とある。  伊豆の下田でしょうか。
   この港も、外国との行き来があった。

   唐人お吉がいましたね。 悲しい話だ。
       黒船来航の地、下田を歩く。  ペリーロード、唐人お吉、他。~下田市~  他  (2014/6/1)

s-16年1月14日 (29)    s-16年1月14日 (30)

石炭船の船底に隠れて行った、とある。  

からゆきさんを歌ったのが、島原の子守唄。 そうだったんだ。

s-16年1月14日 (32)

※ 天草・島原地方は、江戸時代からずっと苦しかった。
  他と比較して。

  苦しいから、島原の乱を起こした。
  宗教と云うより、苦しいための一揆でしたね。

  後の時代、子供だって大変。
  八代や人吉に、奉公に出た。
  五木からの子もいた。

  そこで生まれた子守唄がが、五木の子守唄として残った。
       天草の福連木にも、似た子守唄がある。
     
      福連木の子守唄に、五木の子守歌は似ている。  福連木の里。~天草市天草町~  他  (2013/1/30)
      五木の子守唄を、茅葺民家で聴く。  五木村の今と、昔。~五木村~  他  (2013/2/26)

     

そして、からゆきさん。
長い間、苦しい時代が続いた。

悲しい物語を、子供に聞かせても分からない。
自分に聞かせる、子守唄か。

そう云えば、五木の子守唄も、自分をなぐさめる歌。
お盆にしか帰れないって。

s-16年1月14日 (31)

宮崎康平が作ったというより、あっちこっちで聞こえてくるのを、まとめた。
初めは、そう認めていたけど、途中から自分が作ったことにした。

情報の時代になって、みんな分かってしまった。
でも、ジャスラックは、作詞作曲は、宮崎康平のまま。

嘘もつき通せば真実(まこと)になるのか。
最初の姿勢を通せば、彼はこの歌で輝いた。

そんなことがあったけど、いい歌。  ため息で歌ってる感じ。



彼が作るはるか前から、下の歌はあった。 はっきりしている。



大正・昭和も展示。 
アイスの他に、昔は、水あめ売りもあった。 今度、水あめを見つけたら買う。   飴色の水飴を。(?) 茶っぽいの。

s-16年1月14日 (33)    s-16年1月14日 (34)

映画俳優は、別世界の人だった。 今は、それほどでも。

誰が誰だか、分からない。

s-16年1月14日 (35)

口之津税関跡が、歴史民俗資料館になっていた。

s-16年1月14日 (36)

島原半島の西海岸を、北上することに。

s-16年1月14日 (4)

小浜温泉を通って。  駐車場が広くて、小浜ちゃんぽんの美味しい店は、見つけてない。

 YouTubeに

間もなく雲仙市千々和(ちぢわ)。  そこにある、橘神社の駐車場に向かっている。

s-16年1月14日 (5)

今日は、口之津港について勉強した。
初めて知ったことがいっぱい。

悲しい歴史のかげで、儲けてる人間もいる。
貧富の差が大きすぎると、人間らしく生きられない人達が出てくる。

今の時代も、少しずつ近づいているような。

【今日の一句】  「 青春も恋という言葉も知らぬ人生 どうしてくれるって 誰に言えば 」
         「 働いて働いて 最初で最後の口紅  それは・・・」

            ※ そう云えば、野麦峠の話を思い出しますね。
              また、あんな仕事は、群馬の方でもあった。

              その群馬県の碓氷峠に近い、入山峠で、深夜にバス事故が。
              碓氷峠を通らない、バイパスの国道。  シートベルトは、どうだったんだろう。
              正確な場所は、少しだけ、長野県の軽井沢に入った所か。tizu77777.jpg
                 碓氷峠。  峠の釜めし。  アプトの道を、めがね橋まで歩く。~安中市~  他  (2013/10/13)              

【動画の紹介】    天草から島原半島へ 鬼池港を出る (2016/1/14)
          島原半島の西海岸を走る 左遠くに長崎 (2016/1/14)         
          島原半島の西海岸を走る  斜面はどこも棚田 (2016/1/14)  
          島原半島の西海岸を走る 正面に雲仙岳が (2016/1/14)

【ブログ紹介】
    雲仙に、Kさんと登る。  妙見岳から国見岳へ、そして、普賢岳。~雲仙市~  久しぶりの、どぶろく。 (2015/2/14)
    神代小路(こうじろくうじ)を歩く。  鍋島邸の見学。  カンヒザクラ。~雲仙市~  他  (2014/3/14)
    梅の花の島原城。  水音の聞こえる城下町。 寒ざらし。~島原市~  他  (2013/3/3)
    島原の乱、最後の激戦地、原城。  ホネカミ地蔵。~南島原市~  エアコン、他が・・。  他  (2013/2/10)

【停泊場所】   千々和の橘神社の駐車場。   いつもここ。

tizu8888_20160115121730f11.jpg

【明日の予定】    新しいブログを書く。   出来るのか不安。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1932-2e685485

openclose

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 天草から島原に(鬼池港~口之津港)。  口之津歴史民俗資料館。  島原の子守唄と、からゆきさん。~南島原市~ 他 (2016/1/14)
  • 2016年01月14日 (木)
  • 23時01分12秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。