キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

宇喜多秀家は、関ヶ原の戦いでは、西軍の副大将。

西軍は負けたから、死罪になってもおかしくない。
大将の石田三成は、斬首されたんだから。

秀家は、島津義弘を頼って、薩摩に逃げのびた。
義弘は度量があると云うのか、秀家を家康に差し出さなかった。

垂水(たるみず)の牛根のこの地に、匿(かくま)った。
2年3ヶ月の間。

しかし、秀家がこの地に潜伏している情報は、どこかで漏れてしまった。
島津義弘は、彼の命を助けるために、動いた。

秀家の妻は、前田家から。
その前田家と力を合わせて。

前田利家は豊臣政権の五大老。
関ヶ原の前に亡くなる。
長男の利長は、その後、家康側に移って、関が原を戦う。

  ※ 家康側になる時、母を人質に。
     また息子の利常と秀忠の娘を結婚させて。 (秀忠の娘は、江の娘でも)

だから、江戸幕府になっても、利長は加賀藩の初代藩主として、生き延びている。
島津義弘は、その利長に助けてもらうことになる。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )
 
場所は、牛根麓(うしねふもと)。  

      ※ 麓は薩摩藩の行政の単位。  薩摩藩は、外城を100程作った。
        そこを、麓と云う。  一国一城だから、小さいのをいっぱい。

s-16年1月6日 (26)    s-16年1月6日 (27)

上の右地図の、赤〇で行った.駐車場と案内板もある。  国道からのは入り口に、案内があった。
下で見たのは、道の駅にあったもの。  この地図の道は、とっても細い。

下のを見て、行ってみようかとなった。

s-16年1月6日 (24)    s-16年1月6日 (25)

駐車場から、向こうの方だなと、撮った。
後で知るが、右の方の少し高い所に、その場所はあった。

中央の大きな木の所にも行くことに。

s-16年1月6日 (1)

こんな様子。



道案内通りに、ここに来た。

宇喜多秀家について書くのは、初めて。
彼は岡山の人ですね。

薩摩に落ち延びたとある。

s-16年1月6日 (2)    s-16年1月6日 (3)

彼は、歴史の中では、下で大きく登場。

関ヶ原の前哨戦のような戦いが、伏見城の戦い。
この戦いの西軍の総大将が、宇喜多秀家。

鳥居忠元他伏見城の家康軍の兵は、全滅。  1500人ほど。
城内は、血の海。

血の跡のある床板は、多くの寺の天井に使われた。
血天井と呼ばれて。
     江が再建した養源院 ~京都市~  他  (2011/11/28)

  ※ この時、島津義弘は家康に頼まれて、伏見城に助けに行った。 
    ところが、家康と鳥居忠元の連絡がうまくいってなかった。

    城に入れてもらえない。
    島津は、これがあって、関ヶ原では西軍に付く。

  ※ 島津は後に家康にこういう。
    自分は元々、東軍につこうとした。
    西軍には、上のことがあって、仕方なくだったと。

    島津は西軍で戦っていたけど、薩摩の島津軍の10分の1も、関が原に行ってない。
    たった、1500。

  ※ 島津はしたたかさと、上のことなどで、西軍で負けたけど、領土は安堵。
    ところが後に、家康に濃尾平野の治水を命じられる。
    散々な意地悪など、ひどい目に合う。
    藩の財政への負担も大きい。

    この怨みは末代まで忘れない。
    幕末に、薩摩と長州で幕府を倒すことになる。

    念願叶った。
    恨みを晴らさなければならない遠因は、はるか昔にあった。

なぜ宇喜多秀家は島津を頼ったのか。
これが難しい。

個人的に仲が良かったと、想像はつく。
頼れるのは、島津しかなかったかも知れない。
江戸から遠いし、島津は、幕府の言いなりにはならなと知っていたから。

そんなことで、船で山川港にやって来て、この地で隠れ住む。

細い道をずっと行く。

s-16年1月6日 (4)    s-16年1月6日 (5)

七人塚は、帰りに。

s-16年1月6日 (6)

少し歩いたら、奥に、何かが見えた。

s-16年1月6日 (7)

一番奥に、隠れ住んだ跡。

s-16年1月6日 (8)

歌に、都忘れとある。 菊の仲間で、菊は皇室のシンボル。
佐渡に流された順徳天皇が、下の歌を。  

   いかにして 契りおきけむ 白菊を 都忘れと 名づくるも憂し

この歌を、彼は知っていましたね。

s-16年1月6日 (9)

前田利家の息子の、利長の力を借りることになる。
そこまでする理由は、何でしょうね。

s-16年1月6日 (10)    s-16年1月6日 (11)

登った所が、潜居跡。  上の右写真のような建物があったのか。

s-16年1月6日 (12)

あの日から、400年が過ぎた。

s-16年1月6日 (14)

宇喜多秀家。   秀吉に可愛がられる。
秀家の母は、とびきりの美人。  秀吉は、母が好きだったよう。

右は、妻の豪姫。  (ネットに出回っているもの)
前田利家の娘。   島津が助けを求める、前田利長は、いちばん上の兄。

s-16年1月6日 (28)         無題

2人については、下の記事がある。  参考までに。   概略が分かる。

s-16年1月6日 (31)    s-16年1月6日 (32)

下は、前田家初代の前田利家。  七尾で力を蓄える。

     能登半島・和倉温泉は、高級温泉街。  能登食祭市場。  明日から青柏祭。~七尾市~ 他 (2015/5/2)

s-16年1月6日 (29)

長男の、前田利長。 西軍にいたけど、うまくいかず、東軍に移る。

家康からの条件なのか、母を人質として出す。
息子の利常と秀忠の娘の珠姫を、一緒にする。

    前田利長の菩提寺、国宝 瑞龍寺。  高岡古城公園。  高岡大仏。~高岡市~ 他 (2014/10/26)

前田家は、戦乱の世を上手に渡り歩いた。
そして、加賀百万石を。

家康は、島津と前田のいう事に、耳を貸した。
2大外様大名が、島津と前田。

腹心の部下だった鳥居忠元を、伏見城で宇喜多秀家に殺されていたから、
家康にとっては、苦渋の決断だった。

s-16年1月6日 (33)   

左は、珠姫。        下の2つは、天徳院のHPからお借り。   金沢に行ったときは、天徳院を紹介しますね。

 平成16年 1月6日 (23)          s-16年1月6日 (30)

赤は、浅井三姉妹。 淀が長女。  今年の大河ドラマに。 演じるのは、竹内結子。
京極高次室が、お初。  下に初姫とあるが、お初が江からもらって、初姫とした。

崇源夫人は、江のこと。
東福門院は、後水尾天皇に嫁ぐ。

   江をはじめ、浅井三姉妹が生まれた小谷城 ~長浜市~   他  (2010/12/1)
   知恩院で千姫に。  ねねの道、二年坂、三年坂へ。  桜咲いて、春爛漫。~京都市~ 他 (2015/4/2)
   常高院(お初)の墓にお参り。  三丁目の町並み。  歌人、山川登美子。~小浜市~ 他 (2015/4/19)
   南禅寺塔頭、光雲寺の庭。  江(ごう)の5女、東福門院和子(まさこ)の菩提寺。~京都市~ 他 (2014/11/20)
   光雲寺 聖観音像は、やはり美しかった。  哲学の道、永観堂の紅葉、他。~京都市~ 他 (2014/11/25)

     ※ 自分が過去に見た仏像の中で、一番美しいと思っているのは、光雲寺の聖観音像
       飛びぬけて美しく感じる。
          (大きな写真でネット上に出たのは、上のブログの写真が、最初なんですよ。
                           住職さんから許可が出て撮影。  元々、秘仏だった)
       東福門院は、つらい時いつもこの仏像に、話しかけた。 
       彼女は、はこんな人。365px-Tokugawa_Masako_20160107210857f6b.jpg (光雲寺にある)

       「東福門院和子(まさこ)の涙」という本がある。
       作者は、宮尾登美子。  篤姫を書いた人でも。
       こんな女性がいたんだと思わされる内容。

       脚本次第では、大河ドラマの可能性も。
       大きな筋は、幕府と天皇家の戦いで。

家来の墓。  逃避行時の家来は、2人だったよう。

s-16年1月6日 (13)    s-16年1月6日 (15)

山を下る途中に、七人塚。   恐ろしい枝ぶり。

ここに住み着いた平野氏は、平家の落人。
追っての7人を、家臣の剣客が、皆殺し。

s-16年1月6日 (16)    s-16年1月6日 (17)

塚には、大きな木が。

s-16年1月6日 (18)    s-16年1月6日 (19)

戻ってきたら、上の中央付近に、大きなまるい木。 そこが七人塚。
その右奥に、宇喜多秀家の潜居跡。

s-16年1月6日 (20)    s-16年1月6日 (21)

反対側には、錦江湾。 左の対岸に、島津の拠点、鹿児島。

s-16年1月6日 (22)

宇喜多秀家は、何を願っていたのでしょう。
生きているだけで十分、ではなかったはず。

豪姫との再会、家族一緒の生活、そして、宇喜多家の再興だったでしょうね。
戦乱の世だから、戦で負けたらこうなるのは、覚悟はしていた。

【今日の一句】   「 願いはすべて夢と知っていても それでも夢は捨てなかった 」    心の支えは・・・。

【今日の歌】   James Last - Orange Blossom Special     この曲は、七尾で知ったのかな。



【道の駅】     たるみず

【明日の予定】    桜島かな

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1925-9de3fc61

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 宇喜多秀家の潜居跡。  島津にかくまわれて、最後は八丈島に。  死罪を免れたのは?~垂水市~ 他 (2016/1/6)
  • 2016年01月06日 (水)
  • 23時44分57秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。