キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

佐多岬の廃墟の建物は、すっかり消えていた。
新しいものを造り始める段階だった。

3年前から、国、鹿児島県、南大隅町が動き出した。
やっと、佐多岬が変わる。

大きな魅力を秘めた岬なので、どんな岬に変貌するのか楽しみ。
北海道の神威岬に対抗できる可能性を、持っている。

早いもので、今日は30日。
晴天の中、多くの人が訪れていた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

本土最南端の地。 それが佐多岬。

s-15年12月30日 (1)    s-15年12月30日 (2)

前回来た時、廃墟の岬と散々に書いた。
良くなるとの情報が入ったので、それを書くのが礼儀かなと思って。

トンネル前に駐車場。

s-15年12月30日 (5)

不思議な木。   右向こうに工事の人。   5分ほど話した。

s-15年12月30日 (3)

ガジュマル。   ぶら下がってるのは、気根。   キャラクターは、みさきちゃんかな。
赤い花は、ブーゲンビリア。   道沿いに咲いていた。

s-15年12月30日 (11)    s-15年12月30日 (10)

海が見える。   岬は右の方。

s-15年12月30日 (4)

3年前から、国と県と町は動き出した。   自分が来たのは、その半年前。

s-15年12月30日 (6)

新しい展望台。  駐車場も遊歩道も、みんな新しく。  完成は何年後でしょう。
工事が始まっているから、遠くではない。

お土産屋さんもできる。  廃墟からの復活ですね。

s-15年12月30日 (8)    s-15年12月30日 (7)

展望台の跡地まで、800㍍。  歩くのが魅力。
バスで着いて、目の前に岬では、つまらない。

少し苦労した方が、感動は大きい。

※ 以前は、トンネルを入った所でお金を徴収していた。
  廃墟を見るのに、どうして有料かと思っていた。  

s-15年12月30日 (9)    s-15年12月30日 (12)

トンネルを抜けたら、広場に。  ここをどう使うのでしょう。   大事ですね。

s-15年12月30日 (13)

向こうの山の頂上に、展望台の建物があった。  灯台はその向こうの下。

s-15年12月30日 (14)

遊歩道の工事が来年の春までに終わるとう意味か。   全体なら、もう少ししかないから大変。
ブーゲンビリア。  小さな黄色が花。   赤い葉っぱ。

s-15年12月30日 (15)    s-15年12月30日 (16)   s-15年12月30日 (17)

気を付けてくださいと、話しかけてきた。   帰りに動画を。

s-15年12月30日 (18)

駐車場で、前の人の右の人が、カメラのことについて聞いてきた。
写らないって。 カードの数字が0だった。  

私がカメラを触っているとき、彼女は自分で気づいた。
そんなんで、話をしていた。  今も少し話して。

s-15年12月30日 (19)

鹿児島から来た、仲良し2人組。   若いっていいなって、感じ。

s-15年12月30日 (20)    s-15年12月30日 (21)

御崎神社。  歴史の古さは本物。

s-15年12月30日 (22)    s-15年12月30日 (25)

左から来た。  左は新しい道ですね。  下に参道。 トンネルがなかった時代の。

s-15年12月30日 (24)    s-15年12月30日 (23)

遊歩道を進んだ。   下に海。   釣り人。   どうやって行ったのか分からない。  船かも知れない。
下への道は、見つからない。

s-15年12月30日 (26)    s-15年12月30日 (27)

右の方。   人が小さく見える。

s-15年12月30日 (29)    s-15年12月30日 (28)

歩いて楽しい道。  積丹半島の神威岬も歩く。   共通。

s-15年12月30日 (30)

振り返った。  開聞岳は、どこからでも顔を出す。   出したがる。

s-15年12月30日 (31)

上の写真の右端に、うっすらと赤い鳥居が見える。   下の右写真、中央。

s-15年12月30日 (32)    s-15年12月30日 (33)

この辺りで以前、イノシシを見た。   ウリボウの(🐗)の運動会。

s-15年12月30日 (34)

依然ここにレストハウスがあった。   今はガレキ。    以前はこんなのが

s-15年12月30日 (35)    s-15年12月30日 (36)

昔の参道は、どこだったのかな。 海沿いか、山の上か。 いつか確認しなければ。

s-15年12月30日 (37)

山の頂上は、もう少し。

s-15年12月30日 (38)

さっきの2人は、戻って来た。
写真を撮ったことを伝え、名刺を渡した。

人を撮るのは難しい。  お祭りとかでは、連写で撮る。
こういう時も、それかな。

2人が重ならない時を撮るのが基本。
でも、簡単に、2人ともいい姿にはならない。

2人が離れたら連写がいいのか。  この時は、離れた瞬間を5枚ほど。

下の写真では、後の人はこれでいいですね。 おさまっている感じ。
前の人は、ちょっと不十分。  もっといい姿がある。

s-15年12月30日 (39)    s-15年12月30日 (40)

参考までに、もう一枚。
これは、後の人が不十分。 左足が降りた時がいい。  ちょっと早かった。
でも、前の人は、これでいい。

2人とも、髪が美しい。  手入れの良さが、その人の全てを語っているような。

s-15年12月30日 (41)    s-15年12月30日 (42)

ちょっとした展望台。

s-15年12月30日 (43)

逆光です。 苦しい。   灯台は、島にある。  佐多岬灯台。   これが見えるのも、魅力。

大隅半島は、佐多岬で海に沈んでいく。  襟裳岬も同じ。 そういうのが多い。

s-15年12月30日 (44)    s-15年12月30日 (45)

少し歩いて、小さな祠。

s-15年12月30日 (46)

ここは、第2展望台。

s-15年12月30日 (47)

本土最南端。   さたみさき、と濁らない。  ※ 佐田岬は、四国の西端。

s-15年12月30日 (49)    s-15年12月30日 (50)
 
小佐々町は、今は、佐世保市。   佐多町は、南大隅町。

   宗谷岬の丘に立つ、祈りの塔。  北防波堤ドームに、平和祈念の灯。~あの日から、29年。 稚内市~  他  (2012/9/1)
   納沙布岬の碑。  春国岱の森で、動物を探す。  オジロワシは・・・。~根室市~ 他 (2014/7/13)
  
 最西端は、下に。
   冷水岳と長串山から見た北九十九島  大悲観 ~佐世保市~  ショスタコーヴィチのセカンドワルツ  (2012/1/31)

※ 本土の定義は、法的には無い。 
   国土交通省は、橋で繋がっていたら、本土の考えをしている。

    全体的に、本土の意味ははっきりしない。
    もしかしたら、島に住む人のことを考えたら、無くてもいい言葉かも。

※ 平戸市が西の端って感じがする。 半分以上は島だけど。  そうしたら、志々伎山辺りが、西の端。
        志々伎(しじき)山に登る。  山は海から飛び出し、尖(とん)がった山頂は、空を突き刺して。~平戸市~ 他 (2015/2/18)

s-15年12月30日 (48)    s-15年12月30日 (51)

上の右に川田順の歌碑。

  ※ 日ねもすは、一日いっぱいの意味。  終日。
    詳しい解説は、ネット上に見つからないが、「す」は「夜もすがら」の「す」と同じ意味と想像。
    
    指宿の長崎鼻からこっちを見て作ったという情報がある。
           長崎鼻 ~薩摩半島最南端~  パーキングガーデン    他  (2009/12/30)
  
  ※ 彼は、老いらくの恋で知られる人。 虹の岬と云う、映画になっている。

  ※ 彼の一番上の兄の孫が、相良直美。  もう、70歳くらいか。  遠い親戚に、吉永小百合。

ここが展望台。   新しいのが出来る。 絵にあったのが。  以前はこうだった

s-15年12月30日 (52)

また、開聞岳。

s-15年12月30日 (53)    s-15年12月30日 (57)

行けるように出来ないのか。  下への遊歩道は、出来るのか。

s-15年12月30日 (54)

佐多岬灯台は、佐多岬の大きな魅力の1つ。

s-15年12月30日 (72)    s-15年12月30日 (70)   s-15年12月30日 (71)

空気が澄んでいたら、遠くが見える。

s-15年12月30日 (55)

種子島かな。

s-15年12月30日 (56)    s-15年12月30日 (73)

佐多岬のキャッチコピーがあればいい。   優れたのが。

ちなみに、神威岬の海は、積丹ブルー。  驚きの色。

「ウリボウ走る 佐多岬」では、物足りない。
「佐多岬で 心は トロピカル」ってのは、思いつき。  トロピカルアイスを売るか。

戻る途中に、撮影。

s-15年12月30日 (58)

この左下で、みんな釣り。  写真中央から、左に降りる道があった。   急な斜面だけど、木が密集。

s-15年12月30日 (59)    s-15年12月30日 (60)

さらに戻って、ここに。  この道は、海岸への道ではないだろうか。
行ったらダメと云われたら、行きたくなる。

s-15年12月30日 (61)

鳥居の下に来た。  振り返ったら、右に石像があった。

s-15年12月30日 (62)    s-15年12月30日 (63)

元々、九州の石像は、他と表情が違う。  表情がつよく激しい。  下の方は足か。  不思議な形。

s-15年12月30日 (65)    s-15年12月30日 (64)

南国の日差しは強い。 トロピカルな風景。(?)

s-15年12月30日 (66)

天気がいい。  釣り人は、どこにでも。

s-15年12月30日 (74)    s-15年12月30日 (75)

左から来て、元の道に戻った。   最初は、右の道を向こうに行った。

s-15年12月30日 (67)

遊歩道の入り口の案内。



トンネルを抜けて、駐車場。

s-15年12月30日 (68)    s-15年12月30日 (69)   s-15年12月30日 (76)

途中の道に、お猿さん。   振り返って。

s-15年12月30日 (77)    s-15年12月30日 (78)

岬、滝、鍾乳洞での観光の戦いは、大変。 どこも苦労している。
でも、佐多岬は可能性があるような。

全ての施設が完成したら、もう一度見学。
ちゃんと写真を撮りますね。

晴れの日は、逆光に注意して、朝か夕方に。

【今日の一句】  「 佐多岬 廃墟の岬から 日本トップクラスの岬を目指して 」  動いた人、努力した人に感謝。

【関連ブログ】  日本一美しい佐多岬も、今は廃墟の岬 ~南大隅町~  今日1日のアクセス数が、48000を越えた。  他  (2012/3/10)  

         神威岬の海は、積丹ブルー。  暗闇の念仏トンネルを、通ってみた。~積丹町~ 他 (2013/7/31)

         四国東南端 室戸岬  吉良川の町並み ~室戸市~   他  (2011/1/5)
         四国最南端の景勝地、足摺岬  和泉式部の逆修の塔  おばあちゃんのこと~土佐清水市~   他  (2011/1/21)
         襟裳岬で、日高山脈は太平洋に。 フンベの滝。 黄金道路。~広尾町・えりも町~  他  (2013/9/8)

【今日の歌】    立待岬  川野夏美   ※ 立待岬は函館にある。 すぐ近くに、啄木の墓。
                
            立待岬  他  (2009/07/17)  (写真を撮り直しに行っていいですね。 来年の夏には)



【道の駅】    錦江にしきの里    ここで年越し。  となりにコンビニと、見えるところに温泉がある。

【明日の予定】    のんびりします。   少しの料理の準備。
             今日、途中で、禰寝氏1~4代の墓を見ています。
             それを整理して、少しだけ書きます。         

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. 
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1918-9d21881b

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 佐多岬は、廃墟の岬からの復活。  北の神威岬、南の佐多岬と云われるのを目指して。~南大隅町~ 他 (2015/12/30)
  • 2015年12月31日 (木)
  • 08時28分58秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。