キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

着々と、今年も減っていく。
残り10日を切った。

紫尾山に登りたいけど、ネットに、登った人の記事が少ない。
それも、古いのが多い。
登山口の確認に行ってきた。

登山口の数百㍍手前に、ふれあいの森がある。
でもそこまで行けなかった。
斜面が崩れて、道が狭かった。

紫尾温泉には時間がなく寄れなかった。
改めて行く。

黒岳の遭難の結末は、悲しいことに。
北アルプスでも、若者が亡くなった。

自分は雪山を考えたことはない。
恐ろしいし、登る力もない。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

薩摩地方で一番高い山が、紫尾(しび)山。
だから、登りたい。

s-15年12月22日 (18)    s-15年12月22日 (19)

国道328を、向こうから来た。   紫尾峠を下って。

左の、登尾(のぼりお)地区に入る。  ふれあいの森の奥に、登山口。
紫尾山の頂上が見えている。

s-15年12月22日 (1)    s-15年12月22日 (2)

アンテナがいっぱい。  悲しい。

s-15年12月22日 (3)

知らない所に行くので、それはそれで、楽しい。

s-15年12月22日 (4)

学校とかは無いけど、家はある。

s-15年12月22日 (5)

途中で分岐があったけど、字が読めなかったので、広い道を来た。
行き止まり。

s-15年12月22日 (6)

少し戻ると、祠があった。  上の右地図の〇の場所。

左右からの川が、ここで合流。
正面は、紫尾山の尾根ですよと、説明が。 尾根はここでお終い。

s-15年12月22日 (7)

寶徳三年弐月(宝徳3年2月)と読める。

1451年。 室町時代。  応仁の乱(1467)の少し前。
昨日彫ったみたい。  500年以上前なのに。

s-15年12月22日 (8)    s-15年12月22日 (9)

さらに戻って、右に行くべきだった。

s-15年12月22日 (10)    s-15年12月22日 (11)

道は舗装なので、不安は無い。

s-15年12月22日 (12)

ふれあいの森まで、1㌔を切った。   でもこう。  左が崩れてる。
自分の車は行けない。

バックして戻った。

s-15年12月22日 (13)

真っ直ぐ行って左に曲がると、そこまでだった。
この狭い所で、方向転換。

この時、歩いて行くことを思いつかなかった。
ダメだな~って、後で。

自分では、ここで道がこうなのだから、多くの人は登っていない。
きっと登山道も良くないと、想像した。

s-15年12月22日 (14)

分岐に戻って来た。 

川で魚を釣って遊べばよかった。(禁漁かどうかは分からない)
釣っても放す。

s-15年12月22日 (15)

実は、上の地図で分かるけど、紫尾山の頂上まで車道がある。
アンテナの整備のためか。

それを登ろうかなと思う。
気力がなかったら、頂上まで車。
こうなりそう。

崖から落ちて、寒い夜を過ごして、助かりっこない。
下のニュース。

150㍍程、真っ直ぐ落ちたよう。
ぶつかりながら。

その後、斜面を滑り落ちた。

s-15年12月22日 (22)

黒岳の北壁。

s-15年12月22日 (20)

上の場所と下の場所が、写真では一致しない。  撮ってる方向が違うのか。
下は、上の、もっと右から撮ったよう。

上の方の黒っぽい所が、両方にあるので、大丈夫かなとも。

写真の中で手を振って発見されたら、奇跡。
深い雪に落ちて、雪穴彫って1晩過ごして。

ありようないか。

山が恋人だったのか、旦那さんがどうだとかの話は無い。

谷口さんのご冥福を祈ります。

s-15年12月22日 (24)    s-15年12月22日 (23)

5人の登山ルートは、一般的な道ではなかった。
別な道だそう。
頂上の様子も、下の内容の記事がいくつかある。(下は、時事ニュース)

   谷口さんら5人が登っていたのは、登山道とは離れた「北壁」と呼ばれる急な岩登りのルート。
   難所を越えて目的の山頂付近にほぼ達したところで、谷口さんは「用を足す」と告げ、
   安全のため仲間とつないでいたロープを外し、少し離れた岩場の陰に行った。

   戻らなかったため、仲間が捜しに行くと姿が見えず、両手の手袋が残されていた。
   斜面の下の標高差で150メートルほど下った場所で滑落時にできるような跡が見つかった。

上は誰かが話した内容ですね。
昨日のとは、少し違う。

違った理由は何でしょう。

北アルプスでも、同じ日に遭難事故。

s-15年12月22日 (25)

スバリ岳は、黒部湖の東。

s-15年12月22日 (16)    s-15年12月22日 (17)

※ 黒部湖を挟んで、立山がある。  立山は、まだ雪の世界だった。   他   (2011/7/8) 
  室堂の左に、日本一の称名滝。  日本一の大滝、称名滝 ~立山町~  ヒカリゴケ  他  (2011/7/9) 
黒部湖の西から見た写真。 赤〇がスバリ岳。  
下の方の尾根で遭難とある。   写真は、2010年の秋に撮影。
       黒部ダム  室堂ハイキング ~立山黒部アルペンルート 立山町・大町市~   他  (2010/10/31)   

15年12月22日 (21) 

紫尾山の頂上には、近いうちに立ちますね。

黒岳に一緒に登った男の人達は、どんなことを考えているのでしょう。
声は、ネットで見つけられない。

インタビューは受けてると思うんだけど。
沈黙だとすれば、何か事情が。

山は怖い。  気を付けて登りますね。
無理しないで。

白い山には行かない。

【今日の一句】    「冬山登山  何が命を懸けてもいいと  するのでしょう」

【今日の歌】    いつかある日   

                 ※ 作曲:南郷 孝   原詞:ロジェ・デュプラ   訳詞:深田 久弥
                    歌 :TOSNA  (女性二人組  プロではないよう)

                 ※ 氷壁を書いた井上靖は、この歌をとても気に入っていた。
                    小説の中に、詞を載せた。
              
                 ※ 谷口さんは、下の動画の内容は、軽々とこなしたでしょうね。
                    彼女はそんな人でした。
                    下は、北アルプスの穂高。



※ 穂高は、まだ触りの部分しか登っていない。
       西穂高独標。  雷鳥のつがい。 新穂高ロープウェイ。 ~高山市~ 他 (2013/7/1)

【道の駅】    長島

【明日の予定】   紫尾温泉かな。   天気はよくない。
            3日ほど長島を離れて、金曜日に戻る。 食事会がある。  

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1910-b2f58c33

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 紫尾山の登山口の確認は、出来なかった。 道が・・。~さつま町~  谷口さん亡くなる。  北アルプスでも。 (2015/12/22)
  • 2015年12月23日 (水)
  • 09時29分03秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。