キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

黒之瀬戸大橋のたもとに、道の駅 黒之瀬戸だんだん市場。
今日はその一帯を見学。

道の駅を見ていたら、Aくんのお母さんが、事務所から出てきた。
Aくんは何してるか聞いた。
いそがしくは無いようで、30分ほどしたら、ここを通るという。
島の向こうから戻って。

一緒に遊ぶことにした。
Aくんの撮った写真も載せます。
そのままで。

今回は、昔のフェリーのこともはっきりさせたかった。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

八代海を、天草諸島と長島列島が囲んでいる。
八代海の外海への出口は、どこも狭い。

黒之瀬戸海峡もその1つ。
そこに、黒之瀬戸大橋。

赤〇の中が長島町。
島が並んでいるので、長島列島。

一番北に、獅子島。
そこへの橋はない。  要望している。
    フェリーロザリオで、獅子島へ。  Aくんと、化石探し。  ムジナがいた。~長島町~ 他 (2015/2/8)

s-15年12月20日 (1)     s-15年12月20日 (2)

九州本土の阿久根市から、長島を見ている。

昭和49年に黒之瀬戸大橋が出来、島は様変わり。
発展への道を歩み、今に。

橋の向こう袂に、道の駅 黒之瀬戸だんだん市場。

s-15年12月20日 (3)    s-15年12月20日 (4)

橋の左の方(外海側)に、黒之瀬戸港。
橋が出来るまでは、フェリー。

港への入り口は2ヶ所。
一番左端に、フェリーは接岸した。

s-15年12月20日 (5)

道の駅 黒之瀬戸だんだん市場。  ※ 略したら、だんだん市場でしょうね。

s-15年12月20日 (6)

向こうは、八代海。  ここは、狭い海峡。   後でAくんとこの下に行く。

何かを焼いていた。

s-15年12月20日 (7)    s-15年12月20日 (8)   s-15年12月20日 (9)

大きないけすが3つ。  魚を買ったら、調理してくれる。

s-15年12月20日 (10)    s-15年12月20日 (11)    s-15年12月20日 (12)

ここは島ですよ。  国道沿いではない。  それでも、賑わっている。
成功している道の駅の1つですね。
  ※ 九州では、何といっても、うきは市の道の駅、うきは。ukiha.jpg  (写真は市のHPから)
    だんだん市場は、そこの小型版。 驚き。 

s-15年12月20日 (13)    s-15年12月20日 (14)

道の駅の中を見ていたら、Aくんのお母さんがたまたま事務所から出てきた。
Aくんは今日は休み。 暇かどうか聞いた。

Y先生と妹のSちゃんと出水市に行ってるよう。
連絡を取ってくれた。
1時前にここを通るので、一緒に遊ぶことに。

時間が40分ほどあるので、黒之瀬戸港に来た。

一番狭くなっている所に、橋。

s-15年12月20日 (15)

昔、フェリーは目の前に付けた。  左から入って来て。  
そしてフェリーは、向こうに見える黒之浜港に。   後で行く。

s-15年12月20日 (17)    s-15年12月20日 (18)

上のことは、写真の人が教えてくれた。  鯛がいっぱい獲れた。
島が発展したのは、全て橋のお蔭と云った。

s-15年12月20日 (16)    s-15年12月20日 (20)

直ぐに氷に入れて。   サメかな。

s-15年12月20日 (19)    s-15年12月20日 (21)

道の駅は、木の陰。

s-15年12月20日 (22)

フェリーのあった頃は、この集落は活気があった。  その名残。

s-15年12月20日 (23)    s-15年12月20日 (24)

道の駅に戻る。  ジャガイモ畑の向こうに、橋。  橋が出来て、ジャガイモ畑。

s-15年12月20日 (26)    s-15年12月20日 (25)

鍼灸のY子先生の車に、2人は乗っていた。  ※ Y子先生は、2人のおばあちゃん。 お母さんのお母さん。
自分は、Aくんと動き出した。

砂で作ったムツゴロウ。  
   ※ 鹿児島県の吹上浜では、砂の祭典をやっている。main.jpg  (県の観光サイトからお借り)
     砂像を造れる人が、鹿児島県にはいる。

s-15年12月20日 (27)    s-15年12月20日 (28)

橋の展望台がある。   小さな公園。

s-15年12月20日 (29)

鹿児島県と云えば、隼人(はやと)なんですね。
中央と戦った。   龍馬とおりょうが歩いた道   隼人塚     他  (2010/1/17)

西郷隆盛もそうだけど、鹿児島県人には、隼人の血が今も流れているのでは。
気質がどこか違う。
自分は、鹿児島県に入ったら、人への警戒心が消えるような気がする。

長田 王は、天武天皇の孫とある。 天武天皇は、天智天皇の弟。 壬申の乱で勝って天皇に。

s-15年12月20日 (30)    s-15年12月20日 (31)

こっちのほうが有名かな。

  ※ この人の子供に、大伴家持(おおとものやかもち)
    百人一首の6番は、家持の歌。
      「かささぎの 渡せる橋に おく霜の 白きを見れば 夜ぞ更けにける」  

s-15年12月20日 (32)    s-15年12月20日 (33)

これが、Y子先生が言ってた、石の花。  牡丹だそう。(写真は、ある牡丹寺で)

右の写真に、昔のフェリーが。  橋はまだ写ってない。 昭和35年までは、小舟で渡っていた。

s-15年12月20日 (34)    s-15年12月20日 (35)

上の説明に、島は、半島のようになったとある。

色を塗り替えたけど、昔のと一緒かな。 少し、薄くなった感じも。
がっしりした橋なので、色は柔らかい方が似合う。

   ※ 三角の組み合わせで丈夫さを確保。 トラス橋。

s-15年12月20日 (36)

フェリーは赤〇から赤〇に。 黒之瀬戸港から黒之浜港へ。

  ※ Y子先生の話だと、
     向こうへの流れが急な時は、フェリーは一旦、こっちの上流の方に来て、
     流れに乗って向こう岸に近づいたそう。

s-15年12月20日 (37)aaaaa s-15年12月20日 (40)mmm  

渦が出来る時があるんですね。  

橋の下に、渦を見学する通路を作るのは、難しいのでしょうか。
もしできるなら、大きな観光施設になりますね。

砂の像も石の花もそうですが、観光客が楽しめるものを、開発するのが大事でしょうか。
観光は、競争の面もありますから。

行き交う船もまた・・・って言ってみたいけど、続かない。
まてよ、「行き交う船もまた 黒之瀬戸の風景」なら、どうかな。

s-15年12月20日 (39)    s-15年12月20日 (38)

Y子先生とSちゃんもやって来た。  みんなで少し見学。

s-15年12月20日 (41)

こっちの道から、もどる。  
Sちゃんは何かがあって、どこかのおばあちゃんの真似をしている。

Sちゃんはよく、「だれだれさんはこう言った」と云う時、
話し方だけでなく、身振り手振りも真似して、その人になって表現してくれる。
よく人を観察してるなと、感心させられる。

今日の写真では、これが一番好き。

s-15年12月20日 (42)

道の駅で、Y子先生が、カキをごちそうしてくれた。
身はプリンプリン。 プリンではないけど。

下に残った塩味の汁が美味しいよって、Aくん。
そう言われてすすった。 何かを飲みたくなる、たまらない味。

s-15年12月20日 (43)    s-15年12月20日 (44)

この後は、2人とは別々に。

道の駅の下の海岸に、Aくんと下りた。 こんな草があるって、教えてくれた。

s-15年12月20日 (45)    s-15年12月20日 (46)

道の駅の反対側に来た。 さっきは、向こうの丘の上にいた。

s-15年12月20日 (47)

黒之瀬戸大橋は、夢の橋でもありました。

s-15年12月20日 (48)    s-15年12月20日 (49)

近くに港。  Aくんは熱帯魚がいるという。  青い魚。  自分はちゃんと撮れなかった。
縞模様の魚は、何とか。

s-15年12月20日 (50)    s-15年12月20日 (51)

この後、黒之浜港に移動。 九州本土側の、フェリーの発着所だった。

s-15年12月20日 (52)

活気のある港。

s-15年12月20日 (53)

へばりついてる貝を、マイナスドライバーではがしている。

s-15年12月20日 (54)    s-15年12月20日 (55)    s-15年12月20日 (56)

救命胴衣を着けてないから、安全には気を遣う。

実は、前日、AZで救命胴衣を探したが、気に入ったのがなかった。
自分は1つ持ってるが、古すぎる。  ちゃんとしたのがいると、考えていた。

この後、釣具屋さんに走った。  国道3号線の出口にある。
手頃なのを見つけて、買った。

それをもって、Aくんの家の近くの港に来た。 昔、遣唐使がこの港に避難したことがある。(石碑が)
テトラの向こうの海岸に行く。

s-15年12月20日 (59)

ここで少し遊んだ。  右のようなのを獲って。  新しいライフジャケットを、Aくんが着ている。

正月にも自分は長島に来る。
その時、2人でアジを釣ることにした。

s-15年12月20日 (57)    s-15年12月20日 (58)

平たい石を積んで石垣。   長崎の方で見たことが。

s-15年12月20日 (60)

4時に戻ると、Y子先生に言ってあった。
4時になったので、これから帰ると電話した。

そうしたら、お家でこんなのをいただいた。
赤霧島は、お母さんからかな。

夜は、この御馳走で乾杯。   赤霧島は、もったいないから飲まない。 諫早で飲む。
     (タカリンさんからいただいた、日本酒もある。)
ほろ酔いになって、寝てしまった。

夜中起きて、いろいろ調べ物。  ブログは進まなかった。

美味しかったな~。 鯛も生酢も。  ご馳走さま。 

s-15年12月20日 (61)    s-15年12月20日 (62)    s-15年12月20日 (63)

ここから、Aくんの写真。  カメラは、X-20。(1年前まで山に持って行っていたカメラ。 今の山用は、LX-100)

s-ayatokunn (1) s-ayatokunn (2)

撮ったそのまま。  トリミングも、他の調整もなし。
 
s-ayatokunn (3)kkk     s-ayatokunn (4)

長島は、観光地として、着々と整備が進んでいる。
長島町に、そうするゆとりがあるんですね。
島が豊かになったお蔭。

s-ayatokunn (5)    s-ayatokunn (6)

Aくんなりにどう切り取るかは、考えている。

s-ayatokunn (7)

ヒマワリだろうかって、最初は言っていた。   牡丹って表示があったので、牡丹かなと。

s-ayatokunn (8)

最近は斜張橋が多い。(リンクの写真は、長崎の女神大橋)  でも、トラス橋は安心感のある橋。

s-ayatokunn (9)

橋の塗り替えに、何ヶ月かかったのでしょう。   長かったような。

s-ayatokunn (10)

春が来たら、1年生。 話しっぷりを見ていたら、賢いなって感じる。
表現する面白さを、知っている。

彼女を大きく成長させるコツがあるとすれば、
子供として見ないで、1人の人間として接するのが、大事かなと。

お兄ちゃんは、いい写真を撮った。 特に右。

s-ayatokunn (11)    s-ayatokunn (12)

このカメラは、Aくんは、昨年も使っている。 慣れたようだ。

s-ayatokunn (13)

助手席で撮影。

s-ayatokunn (14)    s-ayatokunn (15)

反対岸ですね。

s-ayatokunn (16)

青い小さな魚が見えますね。   シマっぽいのも。

s-ayatokunn (18)     s-ayatokunn (19)

救命胴衣を来ていたら、港は怖くない。 テトラの上は、何着てもダメ。 危険。

少し行って右に、道の駅。

s-ayatokunn (20)

この店は、Aくんの家の近くにある。

s-ayatokunn (17)

今日はずっと自分1人の予定でした。
でも、AくんやSちゃんとも遊べて、楽しい1日になりました。

ご馳走いっぱいの1日にもなって。

【今日の一句】 「黒之瀬戸大橋を造るのに 尽力した人間がいた いつになっても感謝」

【今日の歌】   さとうささら  Коробейники   コロブチカ   ※ 初音ミクより、こっちの方がいい。
                         ※ この技術は、今後さらに進むでしょうね。



【停泊場所】    AZの駐車場

【明日の予定】   夕方少しどこか。  

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1908-9dd3c6b0

openclose

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 黒の瀬戸大橋の近くを、散策。  途中から、Aくんが一緒。  Sちゃん達も少し。  海辺で貝探し。~長島町、他~ 他 (2015/12/20)
  • 2015年12月21日 (月)
  • 13時30分57秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。