キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

アムール川などの流域にいたツルたちは、寒くなったら日本に来る。
そのほとんどは、出水(いずみ)平野に。

ナベヅルとマナヅルが中心。
どっちも、世界中に何万羽もいるわけでない。
たったの、1~2万羽。

ナベヅルのほとんどと、マナヅルの半分ほどが出水平野に。
もし、大きな病気が広がったら、大変。
絶滅の危機に。

ツルたちは、地元の人たちの力を借りて、かろうじて命をつないでいる。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

近くを国道3号線が。  
   
    ※ 10号線は、宮崎の方。  どっちも、門司から鹿児島まで。  3号線の方が近い。   480㌔。

    ※ ちなみに、2号線は門司から大阪。 1号線は、大阪から東京。
      4号線は、東京から青森。 5号線は函館から札幌。 6号線は東京から仙台(海沿い)
      7号線は青森から新潟。 8号線は新潟から京都。 9号線は京都から下関。
      11号線は、徳島から愛媛。 12号線は、札幌から旭川。

               ※ 北海道の5号線以外は、1筆で。  1-2-3-10-9-8-7-4-6。

     ※ 6号線以外は、しょっちゅう走る。

s-15年12月19日 (17)

下の赤い線を、ツルは移動。  晩秋に来て、早春に行く。

シベリアの方に長くいるので、向こうが拠点でしょうか。
秋にやって来て、春に帰る。   そんな表現かな。

s-15年12月19日 (18)ppp     s-15年12月19日 (19)

ここが、ツル観察センター。

s-15年12月19日 (1)

現在、14218羽とある。   ※ 正確かどうかは、後ほど。

ナベヅルが圧倒的に多い。

s-15年12月19日 (2)    s-15年12月19日 (3)

海の近くにツルは多い。   国道3号線は、普通に通っている。
しかし、鉄道は迂回している。
  ※ これはツルがいたから、このルートに。

s-15年12月19日 (4)

※ ここの鉄道は、鹿児島本線。  (八代から鹿児島の間は、オレンジ鉄道とも)
  昔の鹿児島本線は、八代から内陸に入った、肥薩線の方だった。
        
      肥薩線 真幸駅 ~幸福の鐘が響く、スイッチバックの駅~   他  (2010/1/20)

いいなと思う句なので、載せますね。   汀子は、虚子の孫ですね。  四国で会ったことが。
親子3代での旅。
   弘法大師ゆかりの名刹、善通寺。 涅槃桜が咲いていた。~善通寺市~  他  (2013/3/19)  

s-15年12月19日 (5)    s-15年12月19日 (6)

展望室。  一番多いのが、ナベヅル。 鍋の底のように、黒いからか。 悲しい名前。
次は、灰色っぽいマナヅル。 少し大きい。

他のどれかが、少し。  今はカナダヅルが。

s-15年12月19日 (7)    s-15年12月19日 (8)

鉄道の迂回がよく分かる。 駅は、国道から離れている。
     出水駅まで、武家屋敷群から歩く。  はまじんちょう公園 ~阿久根市~   他  (2010/2/14)

中学の生徒さんが、説明してくれた。
数の調査については、区画を分けて、数える。

誤差はどのくらいでしょう。
ドローンを飛ばして、航空写真を撮って、それで数える方法もありますね。

s-15年12月19日 (9)    s-15年12月19日 (10)

14000の数は、いつもより多い。 原因は、はっきりしない。

屋上から。

遠くの田んぼに水。  あそこで寝る。 動物が来ない。
立ったまま1本足でしょうね。

※ 動物が水面を歩くと、その振動はツルの足に響くのでしょうか。
  調べてないけど、きっと、ですね。

s-15年12月19日 (11)

ツルは、インフルエンザとかを運ぶので、好かれないことも。
でも、それはツルの責任ではない。

ツルは、昔から大陸を行き来していた。
そうする権利は、生き物として、もちろんあるわけ。

そう云う意味で、出水市は大きなことをしている。 立派なことでも。
宝くじが当たってもいいくらい。
国が支えることも大事に。

左の方。  

低い山の向こうの海を越えたら、長島に行人岳がある。
多くがあっちに向かって、上昇気流をつかんで、シベリアに飛んでいく。

    ツルは飛んだ!  行人岳から見たツルの北帰行  ファインダーを涙で曇らせ見送った ~長島町~  他  (2012/2/20)

s-15年12月19日 (12)

右の方。 このあと、写真のさらに右の方に行く。   カナダヅルを探しに。

s-15年12月19日 (13)

海と反対の方向。  向こうから来た。   どこにでもツルはいる。
昼間は家族で散歩。   エサ探し。  市でもエサはやる。

s-15年12月19日 (14)

ここからは、望遠で撮った写真。

黒っぽいのが、ナベヅル。   灰色っぽいのが、マナヅル。   与えたエサを食べている。

s-15年12月19日 (21)

多くがナベヅル。

s-15年12月19日 (22)    s-15年12月19日 (23)

マナヅルでも、タンチョウよりは小さい。  ※ 写真は今年9月に撮影。 根室市。

s-15年12月19日 (24)

飛んでる姿に、美しさはいっぱい。   大空に羽ばたくイメージ。

s-15年12月19日 (25)    s-15年12月19日 (26)

着地。   風をいっぱい受けて。

s-15年12月19日 (27)    s-15年12月19日 (28)

首から足へは、真っ直ぐ。

s-15年12月19日 (29)    s-15年12月19日 (30)

羽根を動かさないで、滑空するときも。  

1日でいいから、ツルになって飛んでみたい。   夕鶴と反対の話で。  夕鶴の話は大好き。
              「山も野原もみんな・・・」  リスは来ますよ。 他 (2008年11月4日)

s-15年12月19日 (31)    s-15年12月19日 (32)

3羽は家族ですね。   最後が子供。  首が白くない。


s-15年12月19日 (33)    s-15年12月19日 (34)

これも、ツルだと思うんだが。   ナベヅル。

s-15年12月19日 (35)    s-15年12月19日 (36)

カナダヅルを探しに、向こうへ。

s-15年12月19日 (16)

ナベヅルの親子。  この春生れて、もう飛んで来た。   成長が早い。

寿命は20年。  世界中のナベヅルの90㌫が。ここに来てるよう。

  ※ ただ、この90㌫は、どのくらい正確な数字かは分からない。
    ある研究者の云う数字だとしたら、?。
    数字の根拠を示したときに、ある程度信用が出来るでしょうか。

s-15年12月19日 (37)

マナヅル。   すらっとした流れる線が美しい。

s-15年12月19日 (38)

マナヅル。   手前の2羽はナベヅルですね。   変わったのはいない。

s-15年12月19日 (39)

みんなマナヅル。

s-15年12月19日 (40)    s-15年12月19日 (41)

首が茶色っぽいのは、子供ですね。  ナベヅルの子供。

s-15年12月19日 (42)

結局、見つけられませんでした。
下のは、以前撮影した、カナダヅル。  まったく違いますね。

カナダヅルは、自分はナベヅルと思ってナベヅルの群れの中で、生きてきたのでしょうか。
自分の姿を見たことは無いから、ありそうですよ。

だから仲間の方に行かないで、こっちに来た。  普通は、アメリカ南西部に渡るよう。

s-15年12月19日 (20)

今年もちゃんと生きていました。
その確認は、しなければなりません。

そんなことで、毎年見ることにしています。
数が増えたので、少し安心。

最低3ヶ所、ここのような場所があればいい。
危険の分散の意味で。

危険は、病気のこと。
国が田んぼを買い取って、作ってもいいと思う。

【今日の一句】  「 ツル達が悲しそうに鳴いていたら それは絶滅への不安かも 」

【今日の歌】    アムール河の波       この歌には、ドラマがあります。
                                                 いろは島の風景 他 ~唐津市肥前町~  「アムール河の波」について  他  (2012/1/11)

          いくつか紹介。   

合唱の部分がいいですよ。   最後は3部合唱。

 ※ ツルたちの悲しみのメロディにも聴こえてくる。
   元々、このメロディの奥底には、失恋の悲しみがあるのだったかな。  詳しくは上のブログに。



プロなんでしょうか。



最初の編曲に、似ています。    ※ キユッスが最初に演奏した時のは、どんな編曲だったのでしょう。
最後の方が、特に好き。



吹奏楽による演奏。   本場です。  いいですよ。



【停泊場所】    AZの駐車場

【明日の予定】   黒の瀬戸大橋の近辺。   橋の色が新しくなった。
            道の駅で、何かをしているよう。  
            昨日のAくんのお母さんがいる。  現場の責任者の感じで。
            道の駅には、経営で社長さんが関わっている。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1907-ea9816b2

openclose

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 今年もツルはいた。  例年より多く、14000羽。  アムール川流域からやってきた。~出水市~ 他 (2015/12/19)
  • 2015年12月20日 (日)
  • 10時29分24秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。