キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

重伝建地区のさんまちを中心に、高山の町を歩いた。

途中にあったのが、飛騨国分寺。
菊まつり、大きなイチョウの木の紅葉、そして三重塔。

今回も桔梗屋で、高山ラーメンを食べた。
旦那さんと、白線流しの話をした。

平日なのに、これほど人の歩く重伝建地区は、京都の三年坂以外には、知らない。
外国からの観光客が多い。

赤い中橋を見て、中橋湯に。
いつものパターン。

夕方、や高山を離れた。
紅葉の九頭竜湖に向かった。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

高山には、四方から道が。
でも、どっちから向かっても、山を越えて越えて、着く。

昔、代官様が高山に行けと云われたら、きっと流されたと思った。
そんな所が、高山。

時計回りで動く。

s-15年11月10日 (1)    s-15年11月10日 (2)lll

その高山を、高山の人達は、魅力的な町に仕上げた。

駅裏から来た。

s-15年11月10日 (4)

団子や餅が、名物。   高山駅は、建て替え中。

s-15年11月10日 (5)    s-15年11月10日 (6)

戻って、川の方に。

s-15年11月10日 (7)

国分寺で菊展があったので入った。  菊は、秋の花。  みんな散った頃に。

s-15年11月10日 (8)

鐘楼門を抜けようとしたら、大きなイチョウ。  緑が少し残って、今が一番。

s-15年11月10日 (9)    s-15年11月10日 (10)

右に、三重塔。  200年前に建築。   飛騨に塔は、これだけ。

s-15年11月10日 (11)    s-15年11月10日 (12)    s-15年11月10日 (13)

本堂。  国の重要文化財。

s-15年11月10日 (14)

洞に、お地蔵さま。  

右の句は、瀧井孝作と云う人の。  実は、昨日もこの人の句に出合っていた。 ブログには、載せてないけど。
小説は芥川龍之介に師事し、句は河東碧梧桐に学んだそう。

  ※ 河東碧梧桐には、尾道で出会っている。  瘞紅の碑があったので記憶に。 瘞紅(えいこう)の意味が難しかった。
       坂・寺・文学の街、尾道を歩く。  林芙美子、千光寺、文学のこみち、など。~尾道市~  他  (2012/12/31)

鳥にに優しい。

s-15年11月10日 (15)    s-15年11月10日 (16)

右の地図の中を歩く。

s-15年11月10日 (17)    s-15年11月10日 (18)

晩秋の空。

s-15年11月10日 (19)

紅葉は、秋のもみじの意味ですね。  当たり前か。

  ※ 少しだけ、鬼無里の鬼伝説の紅葉(おみじ)を思い出していた。 元々の名は、呉葉。
    式部は、1000年頃の人。  
    紅葉は、その30年程前の人。  紅葉が亡くなって式部が生まれる。

高山に来たら、一度はラーメン。

s-15年11月10日 (20)    s-15年11月10日 (21)

桔梗屋。   何時もここ。    ※ 美味しいかも知れない他の店は、閉まっていた。

s-15年11月10日 (22)    s-15年11月10日 (23)

中華そばと云ってから、5分しないで出てきた。

  ※ 高山ラーメンは、変わっている。
    醤油っぽいたれとスープを、鍋の中で煮込む。
    こうするのは、高山だけ。

    先人が、煮込んで美味しいのをつくった。
    だから、伝統として残った。

鶏と魚のスープ。  
s-15年11月10日 (24)    s-15年11月10日 (25)

後継者がいるので、この店は、いつまでも続く。

旦那様は、斐太(ひだ)高校の卒業だという。
白線流しで知られる高校。

場所は、右地図の上の方にある。
今も続く伝統行事。

  ※ このことについては、いつか、高校のすぐ近くにある橋に、行ってくる。
    そのときに、詳しく書きます。
    下ので、だいたい分かりますが。

自分(たち)のこの時代は、遠く遠く、はるか彼方に遠く。
関係ないけど、懐かしく聞こえる。

    s-15年11月10日 (3)

宮川の方に。  

s-15年11月10日 (26)

鍛冶橋の上から。  下流。 左は、田んぼへの水ですね。

s-15年11月10日 (27)

上流。  遠くに、赤い橋。    これが、中橋。  美しい。

s-15年11月10日 (28)    s-15年11月10日 (29)

変わった像があった。   手と足が長い。  高山に、古くからあるもの。 同じのをここに。

s-15年11月10日 (30)    s-15年11月10日 (31)

下流右は、朝市が。  飛騨の匠の技、からくり人形。  江戸時代から続く、高山の朝市。~高山市~ 他 (2013/5/22)

s-15年11月10日 (32)

橋を渡ったら、一帯が伝建地区。  右に入ると、メインの通り。

  ※ 自分の前を高校生が歩いていた。
    シャッターチャンスを狙っていた。
    
    間に人が入ったり、うまく撮れない。
    彼女たちは、左に、道を渡ろうとした。

    その時、1人が、写真撮るって、こっちに。
    その瞬間を、パチリ。

    この写真は、少し不思議。
    写真を撮ってるのは、黒い上着の子。
    もちろん、そう見える。

    ところが、黒い服の子の手は、下にある。
    撮ってるのは、向こう側の子だった。

s-15年11月10日 (33)

さんまちか、団子の宣伝の写真を撮っている。   情報誌かも。

s-15年11月10日 (34)

どこも、入りやすいお店。

s-15年11月10日 (35)    s-15年11月10日 (36)

日本語は、あまり聞こえて来ない。

s-15年11月10日 (37)    s-15年11月10日 (38)

日本の観光は、すっかり変わった。   中国人ばかり。

  ※ 宿の宿泊費は、どこも高騰。 日本人が、旅をしにくく。

s-15年11月10日 (39)    s-15年11月10日 (40)

高山は、観光客を呼べる町並みづくりとしては、大成功ですね。
どんなプロジェクトだったのでしょう。

平日でもこんなに人がいるのは、他に、三年坂くらい。  重伝建地区では。


s-15年11月10日 (41)

こんなので、殺し合い。   命をかけての戦いの本物を、見たことあるかな。
   ※ YouTubeには、探せばありますね。   戦争か、何か。

s-15年11月10日 (42)    s-15年11月10日 (43)    s-15年11月10日 (44)

さっきの2人は、ここにいた。  甚五郎。  左でなく、飛騨の甚五郎。

s-15年11月10日 (45)    s-15年11月10日 (46)

暖かい国から来るから、みんな冬の格好。   自分は、上着は無し。 アメリカ人も、着ない人が。

s-15年11月10日 (47)    s-15年11月10日 (48)

別の道にでた。   山の上には、城があった。  どこを歩いても、何かがある。
     高山の古い町並み。  まちの博物館。  高山城跡。 ~高山市~  他  (2013/5/8)

s-15年11月10日 (49)

さっき見えた、中橋。  いい橋。   橋の中の橋。  それで、中橋。

s-15年11月10日 (50)    s-15年11月10日 (51)

上流方向。   観光客は行かない。

s-15年11月10日 (52)

下の方。   少し行ったら、銭湯が。

今日の見学はお終い。   お風呂に。  変な観光客。

s-15年11月10日 (53)    s-15年11月10日 (54)

ポカポカになって、中橋のこっちに来た。  歌碑があった。  今日の歌に。

s-15年11月10日 (55)    s-15年11月10日 (56)

ブログに何度も登場した、山岡鉄舟。  子供の頃、高山で育った。
この人は、明治維新に大きな影響を。 勝海舟からの信頼は抜群。   剣の達人。  日本最後の仇討の師匠。  書も。

   秋月は、山里の城下町。  秋月城跡。  日本最後の仇討、臼井六郎。~朝倉市~  他  (2014/3/25)

s-15年11月10日 (57)

高山陣屋。   直轄領なので、陣屋。   代官が来る。   悪いのもいた。   有料。
  右に、詳しく。 高山の、さんまちを歩く。  高山陣屋。  高山ラーメン。~高山市~  他  (2013/5/7) 

s-15年11月10日 (58)    s-15年11月10日 (59)

※ 余談  海にあるのは、番屋。   2つ合わせて、陣屋と番屋。  じじとばば。 ?。

戻る時、塀の隙間から撮った。

s-15年11月10日 (60)    s-15年11月10日 (61)

高山駅。   新幹線は通っていない。  高速も。

s-15年11月10日 (62)

あと、500㍍ほど。   
     宇津江四十八滝。  標高差220㍍の急峻な谷に、13の滝。~高山市国府町~  他  (2013/5/16)

s-15年11月10日 (63)

何度も歩いている高山ですけど、ひと回りしてみました。
飛騨高山は、好きな町です。

人と話しても、ホッとする雰囲気。
こころが、やわらかいのか。
ラーメン屋でも、銭湯でも。

居心地のいい町です。

【今日の一句】  「 気づいたら また来てしまった 飛騨の高山 」

【今日の歌】    高山の夜



【道の駅】  白鳥(しろとり)    電気がなくなって走った。

tizu7778_20151111130023577.jpg 

【明日の予定】    九頭竜湖の紅葉を見る。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. 
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1873-635270dc

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 高山のさんまちを歩く。  飛騨国分寺の銀杏。  高山ラーメン。  白線流し。  中橋。~高山市~ 他 (2015/11/10) 
  • 2015年11月11日 (水)
  • 08時41分27秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。