キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

芭蕉は、酒田や象潟では、海の近くに。    ※ 象潟~きさかた
越後では、また海を見ている。   「荒海や・・」って詠って。

しかし、その途中は、ずっと山の中を歩いていた。
旧出羽街道を。  

曾良と一緒に、峠をいくつも越えた。
大沢峠、そして葡萄峠を越えたら、出羽街道終点の村上は近い。
今日は、大沢峠の石畳を歩いてみた。

峠の麓に、大沢集落。
そこには、懐かしい風景が残っていた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

歩くスタート地点は、どこなのか。  ネットで調べても分からなかった。
北中という集落で、聞いた。

大毎(おおごと)の集落に入って、右に曲がって、ずっと行くと教えられた。

後で分かったが、印の場所が大沢集落で、そこが出発点だった。
地図のどこから入っても、車は通れる。

赤〇に、大沢峠があって、石畳が。

s-15年10月17日 (80)     s-15年10月17日 (81)ppp    

7号線から、この道を、大毎に入った。  もう少し7号線を行ってから、トンネルの手前で、左に入ってもいい。

s-15年10月17日 (2)

大毎の市街地を通り抜けたら、ここに来た。   大沢集落の、入り口。  ここに停めて歩いても、近い。

s-15年10月17日 (3)    s-15年10月17日 (4)

家並みの入り口に、案内図。  これで、だいじょうぶ。  右地図の印は、パーキング。

s-15年10月17日 (79)    s-15年10月17日 (1)

駐車場。  日本国の山で見たのと、同じ街道図。

日本国は、右端。  大沢峠の石畳は、左端に近い。

s-15年10月17日 (10)    s-15年10月17日 (5)    s-15年10月17日 (6)

左に駐車場。   右写真は、駐車場の正面。

s-15年10月17日 (9)    s-15年10月17日 (8)

向こうから、入ってきた。   峠は、少し行って、右奥に入る。

s-15年10月17日 (7)

出発。   左から、こっちに来ていた。  峠は、右の道。  湯殿山供養塔は、すぐ右にある。

s-15年10月17日 (11)    s-15年10月17日 (14)

供養塔は、先祖を供養するんだけど、湯殿山にお参りした後などに、作ったりする。 記念に。

石の、下の方に、湯殿山と読める。  上にあるのは、梵字(ぼんじ)  仏様を彫ったと同じ意味に。
湯殿山は神社だけど、神仏混淆の時代。  仏があってもいい。

s-15年10月17日 (12)    s-15年10月17日 (13)

向こうに行ったら、集落を出る。  どこも、立派な家。

s-15年10月17日 (16)

いよいよ、この道を行く。

s-15年10月17日 (15)    s-15年10月17日 (17)

こんな道、大好き。

s-15年10月17日 (18)    s-15年10月17日 (19)

天気がいいから、山に来た。  町並みは、雨の日に傘をさしても見られる、と思って。

s-15年10月17日 (20)

大沢峠の石畳まで、距離や時間は、分からない。

s-15年10月17日 (21)

峠の入り口か。

s-15年10月17日 (22)

味のある、字。   芭蕉の他にも、いっぱい歩いているのに、こう。

矢葺(やぶき)明神まで、2㌔。 これは何だか、調べてない。   

s-15年10月17日 (23)    s-15年10月17日 (24)

一番奥の、お家。   この集落の人は、石畳を大事にしているかも知れない。

s-15年10月17日 (25)    s-15年10月17日 (26)

新しい石は、歩きやすいように、敷いた。  ネットにあった。  誰がしたかは、確認してない。

古い石もある。 石畳でいいのだろうか。

s-15年10月17日 (28)    s-15年10月17日 (29)

ずっと新しい石畳。

s-15年10月17日 (30)

女性1人で歩くのは、少し不安。  クマだっているし。  道は細いし。  人には、会わない。

s-15年10月17日 (31)

今はもう、木の株も見当たらない。

s-15年10月17日 (32)    s-15年10月17日 (33)

さらに、峠を登る。   歩きやすい道になってきた。

s-15年10月17日 (34)     s-15年10月17日 (35)

大沢峠の頂上のよう。  思ってたより、遠くなかった。

s-15年10月17日 (36)

先を急ぐ。  時たま、カケスが、ギャ~って鳴いた。

s-15年10月17日 (37)    s-15年10月17日 (38)

この辺りから、苔の下は、石だった。  つまり石畳。  石畳の始まり。

s-15年10月17日 (39)    s-15年10月17日 (40)

下りの斜面。  雨の時は滑る。 それで、石畳。

s-15年10月17日 (41)

昔は今よりずっと、クマは多かった。  オオカミだっていた。  泥棒もいた。
街道の山越えは、大変。

s-15年10月17日 (42)

左は、振り返って撮った。  もう少しで大沢集落。 そこまで行ったら、一安心。 旅人は、そう思って。

s-15年10月17日 (43)    s-15年10月17日 (44)

出羽街道は、今の時代は使われない。  苔生(む)して。

s-15年10月17日 (45)

石畳の終点辺りに、標識。  ここまで、800㍍だった。  やっと、距離が分かった。

矢葺(ぶき)明神まで、どんな所か分からないけど、行ってみる。

s-15年10月17日 (46)    s-15年10月17日 (47)

道が不安。  しばらく行くと、道は草の中になった。

戻る理由を探し始めていて、ちょうど良かった。
戻ることに。

s-15年10月17日 (48)    s-15年10月17日 (49)

石畳を踏みしめて。  この風景に気付いて。  
旅人は、遠くが見えたら、必ず立ち止まる。  あの山の向こうが、湯殿山だなって。

s-15年10月17日 (50)    s-15年10月17日 (51)

足取り軽く。  不自然な音がしたら、立ち止まる習慣。 

s-15年10月17日 (52)    s-15年10月17日 (53)

中央の、上の方。   トカゲの細い感じの、カナヘビ。  枯葉の上を、滑るように動く。   何度も見た。
集落に出てきた。  新しい石畳は、400年後、平成の石畳になって、貴重になる。

s-15年10月17日 (54)    s-15年10月17日 (55)

写真の右端に。   石碑。  庚申(こうしん)塔。  隣は、読めない。

s-15年10月17日 (56)    s-15年10月17日 (57)

薬でしょうか、お茶でしょうか。  左端は、風蘭(フウラン)かなと。

s-15年10月17日 (58)    s-15年10月17日 (59)    s-15年10月17日 (60)

向こうから来た。  右のお家の方と、しばらくお話し。

石畳は、この集落の人達で敷き詰めたそう。
大沢峠の石畳を、大沢集落の人達は、大事にしている。
いい事が、確認できました。

s-15年10月17日 (61)

カエルかサンショウウオの卵でしょうか。  暖かいから、春と勘違いして。  この道を戻る。

s-15年10月17日 (62)    s-15年10月17日 (63)

あるお家の庭に、小さな神社。   柿が、細長い。

s-15年10月17日 (64)    s-15年10月17日 (65)

出てきました。  右のお家に、人がいた。

s-15年10月17日 (66)

少しお話したら、コーヒーを飲みませんんかと言っていただく。
ここのお家の、奥さまって感じ。

これは、大豆。 乾かしている。   シイタケも。

s-15年10月17日 (67)    s-15年10月17日 (68)

どこの家も、立派ですねと、自分は言った。

雪が多いから、大きくて丈夫な家にしてるんですよ、と。
1㍍くらい屋根に積もっても、つぶれない家。

湧水をここに引いている。
この水が美味しいからって、コーヒーは遠慮。

水筒にも汲んで。

s-15年10月17日 (69)

大沢集落の人達の心に触れて、いい一日。

集落をひとまわりして、車に戻る。   あっちが、集落の入り口。   少し行って、左に。

s-15年10月17日 (70)

曲がって、この風景。  畑は、雪が降るまで。

s-15年10月17日 (71)    s-15年10月17日 (72)

振り返って。  右写真は、左の方。  冬に備えて、薪(まき)。

  ※ 薪を燃やしても、自然には何の影響もない。
    数十年前に、二酸化炭素を吸って、吸った分を燃やして出すだけ。

    ところが石油は、はるか昔の物。
    だから、100年前の自然を、今の自然を、違ったものにする。

s-15年10月17日 (73)    s-15年10月17日 (74)

さらに曲がって。  もし子供が飛び出して来たら、車にあるおやつを、みんなあげたくなる。

s-15年10月17日 (75)    s-15年10月17日 (76)

戻ってきました。  車のこっちににも、湧水。  

s-15年10月17日 (77)

大沢集落を、歩いてみました。

s-15年10月17日 (78)

大沢峠の石畳は、今後さらによく、整備されますね。
         ※ 村上市に動いてもらうことも、大事になるでしょうか。

国道7号線から遠くないので、大沢峠を歩く人は、きっと増えます。
自分も、大沢峠・葡萄峠を、一気に歩いてみたい。  
            ※ 準備をちゃんとして。   朝出て。  片道は、バスを利用かな。

【今日の一句】 「大沢峠の石畳  苔の生(む)すまで時代は過ぎて  今に 」 

        「 芭蕉は一気に大沢峠を越える 越後に何か楽しみが?」

        ※ 曾良の記録で、大変な思いで、出羽街道を通っていないと、分かっている。

【今日の歌】    芭蕉は、大沢峠を1689年の8月13日頃、通る。
            そして、海に出て、18日に出雲崎で 「荒海や佐渡に横たふ天河」を詠む。

            佐渡には、多くの人が流された歴史がある。
            そんなのがあるので、佐渡は必ず詠むと、きっと決めていましたね。

     砂山 フォレスタ



【ブログ紹介】   
          大垣は、おくのほそ道 むすびの地。  ここから、伊勢に向かう。~大垣市~  他  (2013/6/18)
          雨の中尊寺を歩く。  五月雨の 降残してや 光堂。 ~平泉町~  他  (2013/10/2)
          山寺 ~人でいっぱい。 みんな、芭蕉のおかげ。 山形市山寺~  他  (2011/10/18) 
          象潟や 雨に西施が ねぶの花   他 (2009/09/21)
          山刀伐峠  封人の家  他  (2009/06/30)
          奥の細道と尾花沢 芭蕉と義経  他 (2009/06/29)

【道の駅】    朝日

tizu7779_2015101821312197e.jpg

【明日の予定】    高坪山っていう、小さな山に行きたい。
             
 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行1位。 旅行全体で1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.  
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1852-4cb0950b

openclose

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 旧出羽街道、大沢峠の石畳。  芭蕉が通った道は、苔生(む)して今に。  大沢集落。~村上市~ 他 (2015/10/17)
  • 2015年10月18日 (日)
  • 09時42分51秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。