キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

最後の息を、ふっと吐いた。
そこから、時は止まったまま。

つらい修業が終わって、やっとこれで、楽になれる。
即身仏は、そんな表情をしていた。

北海道紋別市の上渚滑(かみしょこつ)で、巨大熊が射止められた。
体重400㌔。  体長2.8㍍。
    三毛別ヒグマ事件のより、大きい。
    
その場所は、自分のいた職場から7㌔程。
デントコーン畑。

小さな川があるので、近くでよく釣りをした。
クマがいると分かっていたから、車から50㍍以上離れることはなかった。

射止めたハンターは、自分の知っている人だった。
それにしても、大きい。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

酒田市は、最上川の河口に。

s-15年10月12日 (20)

道の駅があると自分には助かるが、酒田市にはない。

停泊場所を、探さなければならない。
公園か港。

赤〇の、日和(ひより)山公園に。 快適。

  ※ 余談  自分は、停泊してブログの作業を始めたら、自分がどこにいるかは、忘れてしまう。
        それがあるから、山の中でも、どこでも、大丈夫。
        強い心と言いたいが、そうではない。  

s-15年10月12日 (21)    15年10月12日 (22)bbbbb

日和山公園。   池に船。   出発。

s-15年10月12日 (1)

海向寺の手前に、日枝(ひえ)神社。

その鳥居の側に、石碑。  井上靖。  風林火山を書いた人。   旭川の人。
   (この人の記念館に行っているが、その記事が見つからない)

s-15年10月12日 (16)

氷壁と云う小説の中に、ここの神社が登場する。 

氷壁は、登山の話。  ザイルが切れて、事故が起きる。
なぜ切れたかが問題。   そんな中で、物語は展開。   ※ 今日の歌は、この話の中に出てくる。

s-15年10月12日 (18)    s-15年10月12日 (17)

日枝神社。   ずっと奥に、拝殿。

s-15年10月12日 (2)

立派な随身(ずいじん)門。 

額は、東郷平八郎が書いたという。 日清・日露戦争で活躍した人。  薩摩の人。
この人は、西郷隆盛が好きだった。

西南戦争の時は、イギリスに留学していた。 西郷がそうさせてくれた。
もし日本にいたら、当然西郷と一緒に戦っていた。 

s-15年10月12日 (3)    s-15年10月12日 (4)

少し歩いてここ。  海向寺。

s-15年10月12日 (5)

普通に見える寺。   智山派。(ちさんは)  本山は、高野山、根来寺、智積院と移る。
秀吉に攻められたり、大変な歴史を抱えている。

  ※ 根来寺は行ってるけど、智積院に行ってない。 京都に行ったら、行きますね。
         根来衆で知られた名刹、根来寺 ~和歌山県北部、岩出市~   他  (2010/6/1)

  ※ 成田山は、大きな寺。
         成田山新勝寺。  初詣客数、2位。  彫刻が際立つ、三重塔と釈迦堂。~成田市~ 他 (2015/7/13)

  ※ 正月にある三朝祈祷は、みささ祈祷と、読みますね。 三朝温泉と同じ読み方。   ラジウム温泉。
         倉吉市白壁土蔵群・赤瓦  三朝温泉恋谷橋  三朝温泉  他   (2011/6/6)

s-15年10月12日 (6)    s-15年10月12日 (9)

即身仏は、即身仏堂にある。  蔵の建物。   拝観は、400円。

s-15年10月12日 (7)    s-15年10月12日 (10)

即身仏は、お堂の中の、小さな祠の中にあった。
住職さんの説明を聞いた。
熊本から来たという女性がいて、その方と一緒に。

撮影は出来ない。
下の写真は、ネット上に出回っているもの。

海向寺で売ってるハガキの写真と、同じ。
表情までは読み取れないが、仕方ない。

飢饉とか続けば、人々の生活は苦しくなる。
それを助けようと、生きながら仏になるのを目指す。

3年3ヶ月の修行が続く。
修行を通して、体の脂肪と筋肉を落としていく。

最後は、骨と皮。  
そうでないと、腐ってしまう。

下のは、奥にある方ので、忠海上人。
写真は撮れないから、表情を何分も見ていた。

即身仏の時は、止まっている。
金を鳴らせなくなった時から。

忠海上人。

15年10月12日 (30) 

骨と皮になるには、五穀を断つ。
漆を溶かしたのを、飲んだり。
腐りにくい体に、するために。

体力が落ちて、病気になって死んだら、お終い。

うまく、骨と皮になれたら、今度は、穴の中。
下のように。
生きているうちに、土葬。
気が変わって、出たいと騒いでも、出られない。 (図は、ネットから)

  ※ 掘りだしたら、穴の天井にひっかき傷が。
    穴の中の人の爪は、はがれていた。
    そんなことも。

下の図より、ずっと深い穴。  長い竹の棒で、空気。

YK2ZOUmTCtRC14p_C8opG_113.jpg 

鐘の音は、生きている証。 まだ、修行中。
聞こえなくなって、3年経ったら、掘り出す。

人に尊敬されていないと、ほっとけ、と言われて、ほとけにはなれない。
そのまま。

掘りだして腐っていても、お終い。
普通に墓の中。

   ※ 余談 こんなことも可能になる。
        即身仏になりたいというから、埋めてやった。
        つまり、即身仏殺人事件。

エジプトのミイラは、内臓を取ったり、腐りにくくする。
でも即身仏は、そのまま。

下の即身仏は、息を吐いた瞬間。
再度吸うことはなかった。

修行を通して、仏になる喜びは、増していった。
この瞬間、苦しさよりも、安堵かも知れない。

円明海上人。

s-15年10月12日 (29)

※ 円明海上人の祠が違う。
  即身仏は、寺に1つあればいいそう。

  住職さんは、どこかの寺から何かの事情で、海向寺に来たのではと言った。

なお、即身仏には、防腐のためにニカワが塗られている。
お堂の中は、空調も完備。

衣裳は12年に1度、新しく。
古いのは小さく切って、お守りに。

即身仏になるのは、難しい。  ほとんどが失敗。
下の数だけある。

自分が見たのは、他には、大日坊と横蔵寺だけ。  赤い服の大日方のは、自分が撮影。
             湯殿山大日坊 真如海上人の即身仏 ~鶴岡市~   他  (2010/10/4)
             横蔵寺、妙心法師のミイラ。  重要文化財の仏像が、22体。~揖斐川町~  他  (2014/5/8)

s-15年10月12日 (19)ppp    s-15年10月12日 (32)    s-15年10月12日 (27)

おまけ。
左は、鬼のミイラ。  右は、河童のミイラ。
江戸時代、こんなのを作るのが、流行った。
       カッパのミイラ(松浦一酒造)  里小路の小笹生垣 ~伊万里市~  おひさまのたね  他 (2012/1/15)
       八幡社の総本宮宇佐神宮  大乗院の鬼のミイラ ~大分県北部~   他  (2010/4/19) 

s-15年10月12日 (25)    s-15年10月12日 (26)

お堂の中には、忠海上人が穴の中で振った鈴などが、展示してあった。

見学の後、本堂を見た。 面白いことが。

s-15年10月12日 (11)

斗 栱(ときょう)を支えている形の、像があった。  4体。

s-15年10月12日 (12)

必死に支えている。  こんなのは、たまに見る。 少ない。

s-15年10月12日 (13)    s-15年10月12日 (14)    s-15年10月12日 (15)llllv 

左は、以前、自分が撮影。   泣きながら支えている。
右は、ネットの画像。

今日のようなのは、珍しい。
201404181016269f2qqq.jpg     yanewo9999099.jpg

海向寺は少し高い所にある。
このあと、左に行く。  酒田市の中心街に。

s-15年10月12日 (8)

写真は撮れないけど、一応見ておきました。
    ※ 万が一のために、大きなカメラは、リュックに入れていました。

全ての苦しみを乗り越えないと、即身仏にはなれない。
生きながら仏になるのは、大変なこと。

そういうことでした。

【今日の一句】  「 即身仏になって 人々を救済 目指す人の原点はそこに 」

【今日の歌】    いつかある日    原詩があって、その訳詩は、百名山の深田久弥。

                           ※ 映像は、穂高でしょうか。
                      西穂高まででいいので、行ってみたい。
                  西穂高独標。  雷鳥のつがい。 新穂高ロープウェイ。 ~高山市~ 他 (2013/7/1)  



【その他】

旭川のMさんから、メールが来た。
上渚滑で、大きなクマが捕まったよって。

場所は、印。  紋別市上渚滑。   ※ かみしょこつ

   ※ 立牛岳があって、クマはそっちに多い。
     昔、巨大熊を追ってる人がいた。     

s-15年10月12日 (23)ttt

上渚滑に、自分の最後の職場があった。   毎年、寄る。

詳しい情報は、いつもお世話になる、U牧場のお父さんから。

デントコーン畑で捕まった。
場所は印。  上の緑〇は、上渚滑小学校。  自分がいた所。 そこから、7㌔程。

紫〇の道は、よく通る。  この道も、滝上(たきのうえ)に。  動物に会えるかもしれないので。
黄色〇の川で、よく釣りをした。  いつも、車の近く。

s-15年10月12日 (24)zzz

北海道新聞と産経新聞の情報。  400㌔。   滅多にこの大きさは無い。

トウモロコシ畑に、いると分かっていた。
刈り取る機械で、周りから刈った。

最後に、飛び出してきた。

撃った人は、親しくなないけど、知ってる人。
U牧場のお父さんが、上渚滑にいたとき、紹介してくれた。

山に檻(おり)を仕掛けてあるから、見に行くよって、連れて行ってくれた。
その時は、いなかったけど。

どんな銃か詳しくは分からない。 でも、もちろん、ライフルですね。

s-15年10月12日 (34)    s-15年10月12日 (33)

クマは、デントコーンが大好き。   甘い。  栄養満点。

山の実を食べても、巨大熊は生まれない。
サケを食べるか、デントコーン。

このクマは食べ過ぎて、太り過ぎ。  お腹が出てる。
情報の出どころは、地元の新聞の、民友新聞。 (昔、お世話になった会社)

  ※ 人が、手前の足の右横に立ってくれたら、正確な大きさが、見当つく。
    クマの足に手を添えるなどして。

    写真は、少し人が下がっただけで、人はずいぶん小さくなる。   

s-15年10月12日 (28)    s-15年10月12日 (31) 

※ 苫前の北海太郎は、ほぼ同じ大きさ。(450㌔とも言われる)
  人が横に並ぶと、この大きさ。

    08-tarou.jpg

クマは、デントコーンを下のように食べる。  座って。
この撮影はとても危険。
下の場所は、今回より、ずっと山奥。

右の足跡は、大きなクマではない。 今回の場所から、数百㍍。
    ついに発見。熊が食べた跡。デントコーン畑。完璧。 エゾリスも。(9月30日)(2008年)
    足跡です。 熊の姿はまだ撮れない。 他 (9月19日)(2008年)  

20080930185149.jpg     20080919200304.jpg

クマはデントコーンを食べても、夜は、山に戻る。
今回のクマは、ずっと居座っていた。
少しは遠慮して、山に戻ればよかったのに。

下は、どっちも、標津(しべつ)で捕獲。   どっちも、今回のより、かなり大きい。
     700kgと言われる熊は、北海太郎より、大きかった。  仕留めた銃。~標茶町磯分内~ 他 (2013/9/1)

右の人が持ってるライフルは、大きいですね。
この人はこの熊がいるの知っていたため、特別に用意した。

img_0ggggg.jpg     20130902084141ee8xx.jpg

クマは、昔から北海道に生きてきた。
可愛そうなわけです。

でも、畑に出て来たら、危険なので一緒には暮らせない。
その危険さは、地元の人が一番よく知っている。

難しい問題。

いつもとはならないけど、旭山動物園が、動けなかったか。
生け捕り作戦です。

そのために、1000万円かけても、価値は十分にあった。
体重400キロのヒグマが動物園にいたら、大きな目玉。
それだけを見るために、人は行く。

畑に出たことを紹介して。
どうして畑に出なければならないかを、考えてもらって。
クマが北海道で生き延びる道を、みんなで探す。

こんなことを、最後に考えました。

【今日の一句】 「 クマの悲しげな表情は 仲間たちの 絶滅の不安」

【ブログ紹介】  熊をついに、撮りました。  ウトロから、知床五湖に向かう途中、3回遭遇。~斜里町~  女子バレー、銅メダル。 (2012/8/11)
         今日も、熊に出会う。  岩尾別川での釣り。 ~斜里町~  あれから、27年。  他  (2012/8/12)

【道の駅】  庄内みかわ

tizu9999_20151013203743836.jpg

【明日の予定】  明日は天気が良くないので、明日の分も見学しました。  旧鐙屋です。  ※ 鐙屋~あぶみや

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行1位。 旅行全体で1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.  
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1847-ab2d92e7

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 海向寺の即身仏を見る。  2体あるのは、この寺だけ。~酒田市~ 自分がいた上渚滑で、400㌔の巨大熊が・・。 (2015/10/12)
  • 2015年10月13日 (火)
  • 08時30分27秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。