キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

お店の前が、木造のアーケード。
古くからあり、情緒たっぷり。

夏は雨や日差しから、冬は雪から、行き交う人を守ってくれる。
大きな規模は、ここ黒石と、上越市の高田など、数か所。

それは、雁木(がんぎ)と云われるが、黒石では、「こみせ」と呼んでいた。
今日は、重伝建地区になっている、中町こみせ通りを、歩いてみた。

江戸時代からの古い建物が、いくつもあった。
酒屋などが。

銭湯を再生した、松の湯交流館に入った。
初めて、番台にあがった。

津軽こみせ駅で、珍しい物を食べた。
黒石名物、つゆ焼そば。
麺類では、他にない味。  美味しい。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

黒石は、津軽ですね。  十和田湖に行く道がある。

s-15年10月1日 (1)    s-15年10月1日 (2)

駐車場は、市役所。  ありがたい。

最初に話したのは、駐車場の人。  地図をいただいた。  行く道も教えていただいて。
人柄のあたたかさに、津軽を感じた。

庁舎前に、案内地図。  地図の真ん中辺りを、歩けばいい。

s-15年10月1日 (3)    s-15年10月1日 (5)

重伝建地区。   平成17年に。  遅いけど、よく間に合いましたね。

黒石市の市街地以外は、何ヶ所か行っている。 

       津軽海峡を渡る  鶴の名湯温湯温泉~黒石市~  この夏の収穫  他  (2011/10/3)
       青荷温泉~ランプの宿~  他 (2009/09/10)    

s-15年10月1日 (4)    s-15年10月1日 (6)

ここが、中町こみせ通り。   小見世と書くけど、小店もあるよう。

自分は、こんなのを、雁木(がんぎ)って呼んできた。  黒石でも、通じた。

s-15年10月1日 (7)

最初に、こみせ駅に来た。  
ここで、つゆ焼そばを、食べる。  食事を作る時間が、終わりそうなので、まず。

s-15年10月1日 (8)

観光案内所の役割も。

s-15年10月1日 (17)    s-15年10月1日 (19)

黒石こけしも、知られている。

s-15年10月1日 (18)    s-15年10月1日 (20)

ガスの火が点かないって、少し時間がかかった。

麺は、ソバですね。 ラーメンでなく。  スープは、少し酸っぱい味が。
野菜を炒めている。  それが、いい味を作るのか。  

温玉入り。 500円。  高くない。

s-15年10月1日 (9)    s-15年10月1日 (10)

黒石には、黒石ねぷたがある。
弘前のように、扇の形が多いんだが、青森のように、人形もあるという。

   ※ この夏の八戸のように、写真を撮ってみたい。
        八戸三社大祭、お通り。  27台の豪華絢爛な山車と、神輿・虎舞・神楽などの神社行列の競演。~八戸市~ 他 (2015/8/1)   

武者人形のような、表情がいい。

s-15年10月1日 (11)    s-15年10月1日 (12)

さあ、歩きます。  向こうから来た。   

s-15年10月1日 (13)

上の写真の右。  盛家。     右は、その向かい。  鳴海醸造店。 最後に紹介。

s-15年10月1日 (15)    s-15年10月1日 (16)

高橋家住宅。   国の重要文化財。

s-15年10月1日 (14)

古いですよ。    1763年頃の建物。

 ※ 黒石は、津軽藩の支藩。   黒石津軽家があった。   それで、栄えたんですね。

s-15年10月1日 (21)    s-15年10月1日 (22)

高橋家の横から、かぐじ小路に入った。  ここにも、こみせ。  

黄色い所に、冬になったら、板を落とし込む。  歩くところに、雪が入って来ない。

s-15年10月1日 (23)

突き当りに、いろいろと。

s-15年10月1日 (25)

黒石には、黒石よされがある。  夏のお盆の頃。   江戸時代から、ずっと続く。

下のは、恋よされ。  恋よ去れ、ではなく。

s-15年10月1日 (26)    s-15年10月1日 (27)

※ 黒石よされを、少しだけ紹介。  みんなが参加する。



この町からは、作曲家が出ている。   聞いたことある、名前ですよ。

s-15年10月1日 (28)

下に説明があったけど、読めなかった。
別の所に、下のがあった。

この中から、今日の歌を決めました。
s-15年10月1日 (64)    s-15年10月1日 (65)

小路の、一番奥。  のんびり、休めるのか。

   ※ 町並みには、入ってみたくなる小路が必要ですね。   小さくても、かまわない。
     郡上八幡とか、上手に工夫している所があります。
          水と踊りの城下町、郡上八幡。~郡上市~  他  (2013/5/5)

     湯布院も多いか。 お店だが。
          湯布院、湯の坪街道をてくてくと。 ショップ。 由布岳。  金鱗湖。~由布市~  他  (2014/3/27)

右写真は、戻る方向。

s-15年10月1日 (24)    s-15年10月1日 (29)

こみせ通りに出た。   右は、中村亀吉酒造。

大きな杉玉。  新酒が出来ましたよと、知らせる。
説明を読むと、杉玉を酒林と、呼んでいる。  

酒屋さんは、昔のままの建物で、商売を続けられた。
このことがあって、中町一帯に、こみせ通りが残った。

日本酒が、飲みたくなる。
左は、西谷家。

s-15年10月1日 (31)    s-15年10月1日 (32)

家の中から、大きな松の木。  昔は、松の湯だった。
今は、松の湯交流館。

s-15年10月1日 (33)

右に、松の湯交流館。  正面は、上で紹介した、西谷家。   間の道を、後で行く。

右の写真は、酒林(杉玉)のあった、酒屋さん。

s-15年10月1日 (34)    s-15年10月1日 (35)

ご自由にとあるので、松の湯交流館に。

s-15年10月1日 (46)

新しい建物。   今の時代の、センス。    素敵な像があって。 (作者を撮らなかった)

s-15年10月1日 (36)    s-15年10月1日 (37)

女湯だけ、浴槽を残してある。   明治45年から、平成5年まで、営業。
管理してる女性の方が、説明してくれた。

深めの浴槽。 右に熱い湯。 左に来るのは、少し温度が低い。   こけしねぷたか。

s-15年10月1日 (38)    s-15年10月1日 (39)

番台に上がってもいいですよと云うので、あがった。  こんな経験は、できない。
女湯の、番台。

少しでも、雰囲気を味わいたいので、女の人に、入ってもらった。 夢の世界。

足元のここで、炭。

s-15年10月1日 (40)    s-15年10月1日 (41)

町並みの施設は、観光だけでなく、市民が日常使うのがいい。
夏休みになんか、子供達は、友達どうしで、ここで宿題をすればいい。

お客さんに迷惑がかからないように。
それも、勉強。  何かお手伝いもして。

松の木は、このように。   地下水を吸ってるそう。

s-15年10月1日 (43)    s-15年10月1日 (42)

番台が見えます。  ここは、男湯だった。

s-15年10月1日 (44)    s-15年10月1日 (45)

外から見た松。   時代を見つめてきた。

s-15年10月1日 (47)

となり。   何となく、古い建物。   味があって。

s-15年10月1日 (48)

重伝建地区の、説明。  こみせ通りを残すために、燃えた人たちがいましたね。 きっと。

s-15年10月1日 (49)    s-15年10月1日 (50)ppp    s-15年10月1日 (51)

松の湯の、ポスター。 今年の7月です。

s-15年10月1日 (52)    s-15年10月1日 (53)

戻ります。

s-15年10月1日 (54)

道を折れて、繁華街に。   右は、交流館の後にある、カフェ。

s-15年10月1日 (55)    s-15年10月1日 (56)

消防の、昔の屯所。   集まる所。

s-15年10月1日 (57)    s-15年10月1日 (58)

昔の、消防車があった。  のぞいて、撮った。    ガラス越し。

s-15年10月1日 (60)    s-15年10月1日 (59)

カラオケの声が、もうこの時間から、聞こえた。   これを見て、戻る。

s-15年10月1日 (61)

左が、松の湯交流館。

s-15年10月1日 (62)    s-15年10月1日 (63)

市役所に戻る。  一度写真を撮っている。  屋根のひさしが、まるい。

s-15年10月1日 (66)    s-15年10月1日 (67)

最後にと、最初の書いた、鳴海醸造。

s-15年10月1日 (72)

1806年だそう。  酒の匂いが、全ての柱や板に、浸みた。

s-15年10月1日 (69)    s-15年10月1日 (68)

軒先の、低い所が。   大きな建物。

s-15年10月1日 (70)    s-15年10月1日 (71)

さらに歩いて、百人劇場。

s-15年10月1日 (73)

東奥信金に、ポスター。   黒石市には、四季の魅力が。

s-15年10月1日 (74)    s-15年10月1日 (75)

黒石のこみせ通りは、歩きたくなる、通り。

外のようであり、中のようでもある。
人とすれ違ったら、挨拶は自然にしてしまう。

そんな雰囲気を持った、人に、子ども達に、やさしい通り。
重伝建地区になっているので、いつまでも大事にされます。

津軽人の気質は、こみせ通りでも、培(つちか)われて行くように感じます。

【その他】  黒石では、雁木(がんぎ)ではなく、なぜ「こみせ」(小店・小見世)と呼んだのでしょう。

※ まず  雁木(がんぎ)と呼ばれるものは、基本的に、階段状になっている。 段々に。  がたがたに。
      雁の群れが飛ぶ姿が、階段のようになるから、そこから生まれた言葉。 26006365-v-形成を飛んで移行-bean-雁の群れ (123RFからお借り)
      雁木梯子(がんぎばしご)は、こんなの。 gangihashigo.jpg (JAANUSからお借り)
      港にある雁木は、階段。 201112160359373d3_201510030249139ea.jpg (鞆の浦で撮影)  右の歌に、雁木が。 鞆の浦慕情

      上越市の高田のアーケードは、雁木と呼んでいる。
      右の写真のように、アーケードの屋根が、家の途中から出ている。73b8361779.jpg (出会いは突然にからお借り)
      そのために、踏み段のようになる。
      だから、雁木と呼んだのではと、想像。

        ☆ 他の考え、
            それぞれの高さが違うので、がたがたに。
            そのために、雁木と呼ばれた、との説が。

※ まとめ  黒石のアーケードの屋根は、母屋の屋根の一部に見える。
       どんな見方をしても、雁木のように、階段状とか、がたがたには、見えない。
       全体を、店の一部と考え、小見世・小店とした。
                  (物を売るために、見世る所が店)
       そんな場所の棚は、見世棚。 yjimage_20151003032853063.jpg  物を載せて、売る。
       神社に、見世棚造りがある。 hiyoshi2.jpg  
 
      「こみせ(小見世)通り」は、上に似ていますね。

       以上のことから、黒石のは、雁木ではなく、「こみせ」と呼んだと考えます。

※ 最後に  「こみせ」の屋根は、母屋の屋根の一部に見えるため、美しい。
        その美しさがあるために、重伝建地区に選定された。

        雁木造りの重伝建地区は、他にはない。
        黒石の「中町こみせ通り」だけ。     
     
【今日の一句】 「 一度でいいから 坐ってみたい それが番台 」  やっとそれが。

【余談】    今日の黒石の写真は、久しぶりに、大きい方のカメラを使っています。
         フジフイルムのXT-1。  レンズは、XF 16~55 (24~77)mm。

【今日の歌】  どっちも好きですよ。






【関連ブログ】  雪の城下町、高田。  高田城。  高田小町。  きものの小川。~上越市~  他  (2013/10/20) 

【道の駅】  いなかだて   3㌔程となり。

                               田舎館村の、田んぼアートは、浮き上がって見えた。 その理由は・・・。~田舎館村~  他  (2013/9/26) 

【その他②】   フェリーは、朝7時40分に函館を出ました。  青森に、11時20分着。
          写真と、関連ブログを。

feri- (1)    feri- (2)    feri- (3)

feri- (4)    feri- (5)     feri- (6)

feri- (7)    feri- (8)    feri- (9)

    仏ヶ浦は、奇岩怪石が続く、人の世ならぬ処。  北限のニホンザル。~佐井村・むつ市~  他  (2012/10/8)

feri- (10)    feri- (11)    feri- (12)

    八甲田山は、稜線と湿原が美しい。 そして、多くの花。~青森市~  他  (2013/7/14)

    岩木山に登りました。 ~山頂の風は 爽やかでした~(2009/9/6)

feri- (13)     feri- (14)    feri- (15)

feri- (16)    feri- (17)

【明日の予定】  風が弱くなってから、弘前でしょうか。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行1位。 旅行全体で1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1837-7ec8cf8e

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 津軽黒石、中町こみせ通りは、江戸時代からのアーケード。  松の湯交流館。  つゆ焼そば。~黒石市~ 他 (2015/10/1) 
  • 2015年10月02日 (金)
  • 09時54分29秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。