キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

本当は、フレペの滝が見たかった。
でも、雨は止まず、あきらめた。

動物に会えるかもと、知床五湖への道を走った。
クマは、見られなくてもいい。
そう思って。

鹿の親子に会った。
静かに見ていたら、小鹿が乳を飲んだ。
初めて見た。

坂本龍馬には、幕府を倒したら、次の夢があった。
北海道に行くこと。(ちゃんと語っている)

でも、大政奉還を見届けた後、命を落とす。
龍馬の夢は、一番上の姉の子供が、引き継ぐことに。

龍馬家には、誰かが養子に入って、後を継ぐ。
5代目当主は、龍馬の甥(おい)の坂本直寛。
彼が、北見市また浦臼町を開拓することで、夢を叶えた。

北見市を開拓したのは、北光社。
高知県から、開拓団として入った。
その北光社の初代社長が、坂本直寛。

彼の顕彰碑が、北見市にあるという。
場所は、北光八幡神社。

行ってみた。
ところが、自分は、失敗する。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

行きたいけど、行けない所がある。  羅臼湖。

入り口だけでも、確認することに。

  ※ 緑〇で、鹿を。   赤〇は、三段の滝。

15年9月13日 (31) 

横断道路の、8合目くらいまで、上がってきた。
バス停がある。   右を見たら、羅臼岳。

s-15年9月13日 (1)    s-15年9月13日 (2)

向こうから来た。 右に、降りる道がある。  近辺に、駐車場は無い。 
ここまで、バスで来るしかない。

s-15年9月13日 (3)

この道を行く。   往復、3~4時間。

s-15年9月13日 (4)

説明がある。

 ※ 道の駅で、案内をもらって、教えてもらった。
   クマが、当たり前に、その辺にいる。
   単独では危険なので、複数で行ける時があれば、行く。
   そういう事でしょうか。

s-15年9月13日 (5)    s-15年9月13日 (6)

知床峠から見た、羅臼岳。   これも行ってない。

s-15年9月13日 (7)

横断道路の完成は、昭和56年頃。

昭和50年過ぎ、道があるので、ウトロ側から入ってきた。
ここまでは、道があった。   先は、通行止め。

夜だったので、はるか下に、羅臼の街灯りが見えた。

s-15年9月13日 (8)    s-15年9月13日 (9)

フレペの滝が見たいけど、雨がやまない。
ビジターセンターで、待った。

雨は、強くなるばかり。 あきらめて、知床五湖に向かった。

五湖を見ないで、戻る所。   こんな道。  動物は、出て来ない。
     カムイワッカ湯の滝  知床五湖  岩尾別温泉 ~斜里町~  他  (2011/8/27)
     熊をついに、撮りました。  ウトロから、知床五湖に向かう途中、3回遭遇。~斜里町~  女子バレー、銅メダル。 (2012/8/11)

s-15年9月13日 (10)

ウトロが近くなって、鹿がいた。

s-15年9月13日 (11)

人に慣れてる。

s-15年9月13日 (12)

警戒してたら、飲まない。  いい風景です。

s-15年9月13日 (13)




少し行って、宇登呂の市街地。   道の駅もある。

s-15年9月13日 (14)

道の駅のそばに、この食堂。  今まで、何度か食べた。
昨年、長島の社長さんと入った。   なつかしい思い出。

s-15年9月13日 (15)

少し走って、三段の滝。

s-15年9月13日 (16)

初めて見る。   観光客はあんまり来ない。   小さな滝。  上に、熊でもいればいい。

s-15年9月13日 (17)    s-15年9月13日 (18)

滝は、左にあった。  自分の車は、ライト消し忘れ。   

少し行って、トンネルを抜けたら、オシンコシンの滝。
人でいっぱい。  見なかった。
    オシンコシンの滝  ウトロに  ビッツの中でパソコン作業~斜里町~  他  (2011/8/26)

s-15年9月13日 (19)

斜里に向かう途中、鹿牧場があった。   知らなかった。   自然のを、捕まえたのか。

s-15年9月13日 (20)    s-15年9月13日 (21)

北見市の、北光(ほっこう)八幡神社に行った。

s-15年9月13日 (32)    s-15年9月13日 (33)

小さな神社。   北見市の、北光町にある。

s-15年9月13日 (22)

北見市を最初に開拓した、北光社の坂本直寛(なおひろ)の碑があるというので、来て見た。
彼は、龍馬の一番上の姉である、千鶴の次男。

龍馬の夢を叶えるため、北海道にやって来た。

s-15年9月13日 (23)

北光社の人たちは、いくつかに分かれて、北見方面の開拓に入った。   明治30年から。
みんな、龍馬の故郷の、土佐から来た。

北光社の一部が、この地に。
直寛は、ここより、10㌔程奥地の、今は訓子府町のオロムシに。

直寛は、北光社全体の、初代社長。

こんな説明。  坂本直寛の名がない。

s-15年9月13日 (24)

ここに、石碑。  ここにも書いてない。   今日は、たまたまお祭り。

s-15年9月13日 (26)    s-15年9月13日 (27)

あきらめて、神社を後にした。

晩に、調べてみたら、下のような石碑が、神社の裏か横かに、あったよう。
奥の方への道は、確かにあった。

今度通った時に、また、寄ってみましょう。    ※ 下は、北見市観光協会から。

s-15年9月13日 (30)

※ 上の左に、井上伝蔵の名が見える。
         ピアソン記念館~北見市~  他  (2011/9/7)

※ 坂本直寛については、下に詳しく。
         龍馬の夢は、本当に北海道開拓だったのか。  姉の子が、浦臼に。~浦臼町~ 他 (2914/8/7)

戻るときに、気付いた。  祭りの、のぼり。

s-15年9月13日 (28)    s-15年9月13日 (29)

土方歳三、坂本龍馬、北海道に夢見た者は多い。
義経も、そうかも知れない。

夢の実現は、つまり、開拓。
大変な、取り組み。

自分の故郷とは違う、どんな生活の場を、どんな町を、作ろうとしたのでしょう。
先達(せんだつ)の人達がいて、今の北見市、北海道がある。

北光社の人達の、夢の跡、
それが、今の北見市かも知れませんね。

【今日の一句】 「 龍馬の夢の先に  北見 そして浦臼  」

【今日の歌】  高校時代の友人が、北見工大に。
        北見に遊びに行った。
        街角で流れてきた曲が、美川憲一の女の朝。
        後に彼は、どうして、ああなったのでしょう。



【道の駅】    温根湯

【明日の予定】    層雲峡温泉の近くの、山の中。  奥に、滝。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行1位。 旅行全体で4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1820-1771b25d

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 知床五湖への道。  小鹿が乳を飲んだ。  羅臼湖への入り口。  龍馬の夢は、北光社の直寛によって叶う。~斜里町・北見市~ 他 (2015/9/13)
  • 2015年09月14日 (月)
  • 10時08分28秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。