キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

再現したものだが、昔の雰囲気が味わえそう。
そんな楽しみがあって、行ってみた。

商家の町並み、農村風景が、広くあった。
どこも、体験できるように、なっていた。

白い大きなユリがあった。
初めて見る、ヤマユリ。

面白いものに、いっぱい出会えた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

場所は、成田に近い。

s-15年7月13日 (52) s-15年7月13日 (53)

房総のむら。  300円。

s-15年7月13日 (3)

赤の中を見た。

s-15年7月13日 (1)    s-15年7月13日 (2)

商家の町並み。  再現したもの。  食べられるお店や、体験できるお店。

s-15年7月13日 (4)

こんなの。  小さな、四角い、虫かごもあった。

s-15年7月13日 (6)    s-15年7月13日 (7)

板を、のこを引いて作っている。   気の遠くなる作業。

s-15年7月13日 (8)

右は、つぶしますね。   左は、分からなかった。
調べたら、刃物を右のように使う。

便利ですね。  馬のエサを切る道具に、似る。  (右写真は、犬伏製薬からお借り)

s-15年7月13日 (9)    s-15年7月13日 (54)

農村風景。   こっちの方が、珍しい。

s-15年7月13日 (11)

この後見るのは、どこも、庄屋さんクラスの家。

自分が一番見たいのは、庶民の家。 見たことは、ないみたい。

s-15年7月13日 (12)

発酵で温かくなって、サツマイモの芽を、早く出させる。  初めて見る。

s-15年7月13日 (13)    s-15年7月13日 (14)

最上地方で見ている。  紅花。  平安時代の古くは、千葉県で作られていた。

カボチャ。 今度店に行ったら、買いましょうか。  半分。
カボチャの味噌汁を。  味噌汁なのか、カボチャ汁なのか、分からないのが、好き。

s-15年7月13日 (15)    s-15年7月13日 (16)

どこい行っても、花が見られる。  暑くて花見て、目まいしそう。    キキョウ。

s-15年7月13日 (17)    s-15年7月13日 (18)

ソラマメ。 子供の頃、食べた。   空に向かって、豆が。  ※ トドマツの枝も、天に向かう。 天に、トドけって。

s-15年7月13日 (19)    15年7月13日 (10)lll

雑穀が体にいい。 自分は、毎日食べてる。

 ※ 最近、美味しい雑穀を見つけた。 高くない。 白っぽい。
   白米の美味しさに、負けない。 

s-15年7月13日 (20)

大きな家。   昔、こんなのは、村に何軒もなかった。  
こっちが立派な分、農民の家は質素に。

s-15年7月13日 (21)

キュウリの一夜漬けは美味しい。   花のうちから、ミニキュウリ。   ヘチマの産毛。

s-15年7月13日 (22)    s-15年7月13日 (23)

こんなのを、作ることが出来る。   不思議な虫かご。

s-15年7月13日 (24)    s-15年7月13日 (25)

ここで炊事。  火から守る神様がある。  神棚の中には、シキミか。  榊(?)

s-15年7月13日 (27)    s-15年7月13日 (26)

囲炉裏のある、安い民宿があれば、泊まってみたい。   飲兵衛さんの誰かと。

  ※ そう云えば、肱(ひじ)川の方に、小さな温泉旅館があって、あそこもいい雰囲気。
      (ふざけた句が出来たのを、おぼえている。 
              「 ひじかわは つねってもいたくない ひじのかわ 」)
          渓流沿いの温泉宿、小薮温泉 ~有形登録文化財の建物  大洲市肱川町~   他  (2011/2/3)

s-15年7月13日 (28)

1年の流れ。   ゆっくり季節を楽しんだ感じ。
みんな今より寿命は短いけど、時がのんびり過ぎるから、感じる寿命の長さは、今と一緒か。

夏も秋も分からないうちに、正月が来た。  働いて働いて、気付いたら定年。
きびしい時代。

s-15年7月13日 (29)

稲刈結束機。   バインダーと呼ばれる。
昭和30年代の後半に、生まれた。

稲作の機械化の始まり。 
それまでは、手で刈っていた。  稲刈り。  腰が曲がってしまう。

s-P5840791ppp   

たわわに。

    ※ 曲がることを、たわむ、という言い方がありますね。    
      枝がたわむほどに実ったら、たわわに実った。 こういうことなんですね。

s-15年7月13日 (30)

2階。  涼しい。  子供の動きは、うつくしい。

s-15年7月13日 (31)

別の場所。   ここで、農村歌舞伎。
働く以外に、こんな楽しみを持っていたら、その村は幸せ。   ほっとする。
           肥土山農村歌舞伎舞台。  八日目の蝉の舞台になった、中山の千枚田。~土庄町・小豆島町~  他  (2012/12/6)

s-15年7月13日 (32)

森の道沿いに、白い大きなユリ。  この時は、園芸種かと思った。  
マムシにかじられたら、1㌫以上は、死の可能性があるよう。

かじられたら、走っても、どうしてでもいいから、急いで病院。
今までは、走るのは、よくなかった。

  ※ 足の下の方をかじられたら、膝の上を強く縛る。
  ※ マムシはこんなの。(2009年秋田県)

s-15年7月13日 (33)    s-15年7月13日 (34)

別の家に行く。  入り口には、魔除けが多い。

s-15年7月13日 (35)    s-15年7月13日 (36)

何お花かな。

s-15年7月13日 (37)    s-15年7月13日 (38)

ここでも、何かを作っている。

s-15年7月13日 (40)    s-15年7月13日 (39)

ここで、ヤマユリと分かった。   名前には、何度も出会った。

s-15年7月13日 (41)    s-15年7月13日 (42)

写真を撮ってる人がいた。   何かに、成りきって。

s-15年7月13日 (43)    s-15年7月13日 (44)

ベーゴマ。  自分もやったけど、手の振り方が、みんなと反対だった。  
野球選手の名前。   古いけど、桑田がある。

s-15年7月13日 (45)   

ありました。  美しいけど、少しだけ、不気味。

s-15年7月13日 (46)    s-15年7月13日 (47)

ここでは、機織り。  模様を作るのは、高度な技。

s-15年7月13日 (48)    s-15年7月13日 (49)

水車小屋。

s-15年7月13日 (50)

コトコト、コットン。



戻ってきました。

s-15年7月13日 (51)

昔のまま残してる、農村風景って、あるんだろうか。
現実には、ないですね。

農村以外なら、いろんな重伝建地区に、残っている。
新美南吉が描いた、ごんぎつねの、江戸時代の農村風景が、見たい。
     ごんぎつねの舞台・南吉のふるさとを歩く。   他  (2009/11/18)

【今日の一句】    「 山姥の里には  ヤマユリが似合う 」

【今日の歌】    紅花坂上的海 - 深藍色的長浪



【停泊場所】     房総のむらの近くの、空き地。

【明日の予定】    成田山新勝寺

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行3位。 旅行全体で、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. 
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1760-fd420765

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 体験博物館、千葉県立「房総のむら」。  なつかしい農村の風景が。  ヤマユリ。~栄町~ 他 (2015/7/12)
  • 2015年07月13日 (月)
  • 08時16分23秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。