キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

青木繁は、明治期を代表する洋画家。
代表作『海の幸』は、明治期洋画の、記念碑的作品と評されている。(Wikipedia)

その海の幸が描かれたのが、館山市布良(めら)。
布良で逗留した家が、今も残っている。

今日は、青木繁に関係するところを、雨の中、歩いた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

毎日雨。  風がなければ、傘が使える。

布良は、房総半島の南端に近い。

s-15年7月2日 (56)

青木繁が、布良に行った次の年に行ったという、圓光寺に寄った。
館山市、伊戸(いと)にある。      赤〇は、布良。

s-15年7月2日 (57)    s-15年7月2日 (58)

圓光寺です。    智山(ちさん)派とある。  真言宗なんですが、大変な歴史を歩んでいる。 下に、詳しく。 
            上品蓮台寺の桜。  紅枝垂れは終わりに。  関山か?  スモモの花。  嵐電に乗って。~京都市~ 他 (2015/4/12)   
 
s-15年7月2日 (1)

寺の説明はない。  青木繁についても。
留守で、誰もいなかった。

s-15年7月2日 (2)    s-15年7月2日 (3)

ネットで調べても分からないことがあって、それが、聞きたかった。

① 1905年(明治38)に来ているが、正確にはいつなのか。
  8月に、幸彦が生まれているが、その前と分かっている。
  5月頃のようだけど。

② この方面を、福田たねと旅したんだけど、圓光寺を選んだ理由。

③ 下の絵を、青木繁は描いたけど、どうして今、ここにないのか。
       ※ 下の絵は、戸板に焼いた釘で、木を焦がして描いた。  

現在この絵は、個人所有のよう。 (下の写真は、ブログ布良・相浜の漁村日記からお借り
伊戸の浜を描いた。   右遠くに、富士。   布良は、左の方にあるよう。

s-15年7月2日 (52)

※ 今月の中過ぎに、福岡県の大宰府の近くの宇美町から、Oさんが来る。
  きっと、上のことについては、はっきりさせてくれる。

10㌔ほど走って、布良に着いた。

  ※ 駐車できる場所は、布良崎神社の近くの、国道沿い。  または、港。
    バスの人は、神社のそばに、バス停。

s-15年7月2日 (54)    s-15年7月2日 (55)

神社の後ろに、国道。  この道は、旧道。 
青木繁達が逗留した小谷(こたに)家は、右下に。   ※ おだに、と読んでるのも。

この道を、この参道を、青木繁は歩いた。

s-15年7月2日 (22)

まるで、お城の石垣。

s-15年7月2日 (20)    s-15年7月2日 (21)

こっち見ないで、あっち見て睨んでいる。  

玉石の石垣。

s-15年7月2日 (17)    s-15年7月2日 (18)

どんな石も、置いた時、落ち着く姿がある。  こっちを下にするとか。
それを利用すると、強固な石垣になると。  初めて知った。

石は、伊豆から運ばれた。   どこにでも、ありそうな石なのに。

s-15年7月2日 (19)    inatori.jpg

ついでに紹介。   さざれ石。
そんなに珍しくはないけど、国歌と関係あるので、このように展示することが。

石灰質の物資が、石を固めて、岩のように。  ここのは、普通見るのとは、違う。

s-15年7月2日 (14)    s-15年7月2日 (16)    s-15年7月2日 (15)

石垣の上から、海の方。  左下に、小谷家。  雨で、遠くが見えない。

s-15年7月2日 (5)

拝殿。

s-15年7月2日 (4)

後に本殿。    説明。

天富命(あめのとみのみこと)が、布良の駒ケ崎に上陸した。
神話のことが書いてある。

青木繁は、古事記を夢中で読んでいた。
布良の地に、神話の話があることを知っていた。

それで、布良にやってきた。  絵を描くために。

※ 駒ケ崎には、駒ケ崎神社がある。   後で行く。

  天富命がやって来て、出来た神社が、安房(あわ)神社。
  最初、この地にあった。
  今は、少し離れた、山の方に。  後で行く。

  安房神社の跡に、布良崎神社が出来た。

神様は、天から下りてくるのかと思っていたけど、旅してやってくる場合もある。
  
s-15年7月2日 (9)    s-15年7月2日 (8)

海側から見た、この辺りの地図。 
     (青木繁《海の幸》誕生の家と記念碑を保存する会のHPからお借り。 このサイトが、一番詳しい。 )

 ※ カノープスは、1等星の明るい星。 この辺りでは、地平線の上に見える。  霞んで見えないことが多い。
   右の写真は、東京から見た、カノープス。  (写真は、Wikipediaから)

   ちょうど、布良の上辺りに見える。
   それで、布良星と呼ばれるように。  地元でも、そう呼ぶように。  
   
下に、海の幸の絵は、布良崎神社のお祭りから、インスピレーションを、とある。

今日、この神社に来たのは、このことがあるので。
神輿を担いでいる時の、姿ですね。

s-15年7月2日 (59)    800px-Canopus_seen_from_Tokyo.jpg

下のように、論争になっている。   安房(あわ)神社と言っている人もいる。
決着はついたのか。

以前書いた事があるけど、青木繁は、エドワード・バーン=ジョーンズの影響を受けていた。
彼は、こんな絵を描いている
      柳川ひな祭り。  青木繁、旧居。  石橋美術館で、青木繁の絵を見る。~柳川市・久留米市~ 他 (2015/3/1)

上の絵と祭と、海で働く人の姿から、海の幸は生まれたのでは。

   ※ 絵ではみんな魚など、海の幸を担いでいる。
     ある説明によると、海の幸の幸は、神話の海幸彦、山幸彦の、幸だそう。

s-15年7月2日 (60)    s-15年7月2日 (61)

※ 2010年の、布良のお祭り・布良崎神社のお神輿 。  この後、町に出る。



三州瓦。   瓦(かわら)職人を、連れてきている。
布良は、栄えた時代があった。

s-15年7月2日 (6)    s-15年7月2日 (7)

富士見台と、説明に。  ここに立って、船の帰りを待った。  夫や恋人の。  立待の丘ですね。

s-15年7月2日 (10)    s-15年7月2日 (12)

後に、福田たねは、布良の思い出として、右の絵を描いている。 (絵は、上で紹介したHPからお借り)
題は、帰る船を待つ女房。

右の文は、「幸やいかに  未だわが背はかへり来ぬ  沖や大島波の音しぬ」
   ※ たね子になっている。 新しい人に嫁いだ時、子を付けたのか。

たねは、この場所を知っていた。  

s-15年7月2日 (11)    s-15年7月2日 (53)

神社の鳥居から、少し南に。  ここに、小谷家の案内。

s-15年7月2日 (23)

ここを下って。   小谷家は、修復中。

s-15年7月2日 (24)

小谷家は、昔は、船主だったと。   青木繁のことも。
奥二間で生活。

何故、小谷家だったかは、ある旅館が紹介してくれたそう。

青木繁の他に、恋人の福田たね、画家の森田恒友(つねとも)、同郷(久留米)の坂本繁二郎。
1904年(明治37)の7月の17日から、1ヶ月半ほど。(下には、2ヶ月とあるけど)

s-15年7月2日 (25)    s-15年7月2日 (26)

小谷家は、今は左の家に。
修復が終わったら、記念館になりますね。  どんな名前でしょう。

「青木繁 海の幸 記念館」でしょうか。

s-15年7月2日 (27)

小谷家の当主の方が、窓の向こうに見えて、挨拶。(年配の方)

伺って、少しだけ、話を。
10年前まで、住んでいたことなど。

当主の方は、安房神社の祭りが、青木の絵のモチーフかなと。
安房神社は、大きいからと。  (昔は、官幣大社(かんぺいたいしゃ)だった。)
  ※ 少しだけの新茶を、お礼に受け取ってもらう。

s-15年7月2日 (28)

次は記念碑。  ネットで調べた場所は、違っていて、海に出た。

店があるから、多くの人が通る道だった。
青木繁も、みんな、何度も通っている。

幻のように、4人が歩いてきそう。

   ※ 出会ったら、何て挨拶。  
     「あの家は、ずっと残りますよ」って、伝えたい。

s-15年7月2日 (29)    s-15年7月2日 (30)

近くに、駒ヶ崎神社。   神様が、上陸した場所。

s-15年7月2日 (31)

記念碑へ。  案内版で確認して、向かった。  国道から、右に少し入った。  見えている。

s-15年7月2日 (32)

下に阿由戸(あゆと)の浜。(布良の浜)

s-15年7月2日 (33)

没後50年を記念して建てた。   昭和37年。

s-15年7月2日 (34)    s-15年7月2日 (35)

4人の名前が。   除幕式には、福田たね、子の幸彦、坂本繁二郎が来た。

s-15年7月2日 (36)

阿由戸の浜。   この浜に、漁師たちの姿を見たのか。

s-15年7月2日 (37)    s-15年7月2日 (39)

右の方。  海は荒れている。

s-15年7月2日 (38)    s-15年7月2日 (40)

戻ってきた。  左に、神社と小谷家。  車は、少し向こうの、右に。

s-15年7月2日 (41)

安房神社に向かった。  絵のモチーフは、こっちかも知れないので。

途中、観光案内所があった。 地図。

s-15年7月2日 (42)

安房(あわ)神社。  大きな神社。  観光情報誌に載っている。

s-15年7月2日 (43)    s-15年7月2日 (44)

さっき紹介した、天富命(あめのとみのみこと)は、四国の阿波からやってきた。
それで、安房神社か。

拝殿。  大きいです。   広い境内。

神様は、天から、岩の上に降りてくる。
だから、岩は、崇められる。

s-15年7月2日 (45)    s-15年7月2日 (46)

御借屋(おかりや)。 
周りの9つの神社が、お祭りに参加する。 その神輿は、ここに。

s-15年7月2日 (47)    s-15年7月2日 (48)

左が拝殿。   後ろに本殿。

s-15年7月2日 (49)

ここに来た神様、天富命を祀っている。
上の本殿には、天富命の祖先の、天太玉命 (あめのふとだまのみこと)を祀っている。

s-15年7月2日 (50)    s-15年7月2日 (51)

青木繁が安房神社に来てることは、当然のこと。
下は、安房神社の神輿。  



   どっちの神輿を、モチーフとしたか。   
   自分には神輿の中身は、詳しく分からない。

   4人がここにいたのは、7月の17日から、8月末まで。
   お祭りの日程が、今と同じとすれば、
   布良崎神社は、7月17日から。  安房神社は、8月10日から。

   青木繁は、祭の日程を知って、来たかもしれない。

   もし、安房神社のを参考にした場合は、8月末まで20日しかない。
   全てを、この地で完成させたのではないにしても、布良崎神社の方が、日程に余裕がある。

   ※ 日程がはっきりしないから、全体ははっきりしない。

   もちろん、2つの神輿の前から、エドワード・バーン=ジョーンズの絵は、頭にあった。
   漁師の姿も。

   青木繁は、上のことは、イメージをつかむために、参考にしただけか。
   絵に表現したのは、彼の頭の中にある世界ですね。
   神話の世界。 

   具体的に描く時、デッサンしたものなどを利用する場合は、ありますね。

   何が大きな影響を与えたのか、それぞれの度合いは難しい。

記念館が完成したら、再度来ていいかな。
今回分からないことは、その時に、はっきりするでしょう。

【今日の一句】   「 青木繁  人生の収穫は  布良で手に入れる  たった1ヶ月半で 」  

            「 カノープス  布良の上空で煌(きら)めいて 布良星に 」
        
            「 布良  不思議な地名 」

【今日の歌】   布良の娘    島倉千代子



【停泊場所】    野島崎公園駐車場

tizu88888.jpg

【明日の予定】   野島崎公園。   房総半島最南端。  野島埼灯台も。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行1位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1749-e356a306

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 青木繁の「海の幸」は、布良(めら)で描かれた。  小谷家住宅。  布良崎神社。  圓光寺、他。~館山市~ 他 (2015/7/2)
  • 2015年07月03日 (金)
  • 09時09分11秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。