キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

渓谷のハイキングだけど、登山の覚悟がいる。
そんな尾白川渓谷に、行ってみた。    おじらがわけいこく。

終点は、不動滝。  標高差は、330㍍。
登ったり下ったりなので、累積の標高差は、500㍍はありそう。

登山道の右が、崖になっている所が多い。
危険な道。  気が抜けない。  (滑落の事故が起きている)

滝の連続。  どこまでも深そうな、淵も。
見どころいっぱい。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

甲斐(かい)駒ヶ岳の麓にいるとは、知らなかった。

  ※ 駒ヶ岳は全国にいっぱいあるけど、甲斐駒ヶ岳が一番高い。  百名山。

右の地図の印は、スタート地点。

s-15年6月27日 (1) s-15年6月27日 (2)

左は、北杜市の尾白川渓谷の紹介。

真ん中の写真は、向かってる時に撮影。 小さなカメラで撮って失敗。 パソコンでやっとここまで。
左奥に、甲斐駒ヶ岳。  右の中央の谷に、入っていく。

※ 右写真は、次の日の早朝に、道の駅から。 1日で戻ってくるのは、無理な山。
s-15年6月27日 (3)    s-15年6月27日 (4)    s-15年6月27日 (5)

広い駐車場。  13時30分出発。   ※ 前日のブログが、昼過ぎまでかかって。

目的地は、不動滝。  写真を撮るから、2時間では着かない。  そこそこの、登山。

s-15年6月27日 (6)    s-15年6月27日 (7)

少し行ったら、キャンプ場と神社。

s-15年6月27日 (8)    s-15年6月27日 (9)

駒ヶ岳神社。   大きい。   石碑や仏像が、所狭しと。

※ 現在の駒ヶ岳へのメインの登山ルートは、ここではない。
  昔は、こっちがメインだった。

  山の上の神社への、表参道。
  その時代があるために、立派な神社。

s-15年6月27日 (10)    s-15年6月27日 (11)

行きは、渓谷沿いの道を。   帰りは、尾根道。  滝が、時々現れる。

s-15年6月27日 (12)    s-15年6月27日 (13)

こんな道なら、歩きやすい。  午後だからか、誰にも会わない。   三の滝だったかな。

s-15年6月27日 (14)    s-15年6月27日 (15)

川は、甲斐駒ヶ岳から流れてくる。
何度も山越えするので、登山と同じ。

s-15年6月27日 (16)    s-15年6月27日 (17)

このように、見所が次から次と。

s-15年6月27日 (18)    s-15年6月27日 (19)

滑落したら助からない所は、しょっちゅう。
半分くらいには、鎖がある。

※ 新しく作られたところで、事故が起きたのかなと、想像して。(滑落死亡事故が起きている)

この場所も危険。 ストックが足に絡まるのも、危険。

※ 比叡山の千日修行の人は、こんな道を、わき目も振らずに、一気に行く。

s-15年6月27日 (20)

熊と落石にも、注意。
鈴は、普通のを持ってきた。 
川の音がうるさい時は、大きな音のがいい。  反省。

出発して、1時間半。  だいぶ来た。

s-15年6月27日 (21)    s-15年6月27日 (22)

この下に、大きな淵。  深さが検討つかない。  10㍍とか、そんな深さか。

s-15年6月27日 (23)    s-15年6月27日 (24)

ケガしたら助けてもらえないから、慎重に。
  (万が一のために、一晩山で過ごせる準備は、リュックに入っている)

また山登り。  しょっちゅう水を飲んで。  汗が目に入るから、ふく。   足は痛くない。

s-15年6月27日 (25)

神蛇滝(じんじゃだき)に着いた。  昔、事故があった。

s-15年6月27日 (26)    s-15年6月27日 (27)

下山は、尾根道をと、赤い字で書いてある。

登るときは転ばないし、滑ったりしない。 
危険な道を下るのは、なお危険とうことですね。

龍も蛇も、似たようなものと考えるのかな。
蛇は龍の子供。(?)

s-15年6月27日 (28)

神蛇滝は遠い。 岩の上は気を付けてと注意書き。
行けるようになっている。  少しだけ、行ってみた。

s-15年6月27日 (29)    s-15年6月27日 (30)

滝つぼが、エサがいっぱい集まる。
力のある大きな魚が、縄張りを持つ。
幻の大イワナは、こんな場所に。

三段になっているのかな。  美しい滝です。



竜神の碑。 調べたが意味は分からない。

ここから不動滝に行って、ここにまた戻ってくる。

s-15年6月27日 (31)    s-15年6月27日 (32)

少し行くと、分岐。   右は不動滝。  左は、帰り道の尾根道。

不動滝に向かっていたら、上から人が10人ほど下りてきた。
最初で最後に会った人たち。

s-15年6月27日 (33)    s-15年6月27日 (34)

目の前に、大きな谷。  谷のどこにあるのかと、探した。
真ん中辺りに、鎖の道が見えた。

s-15年6月27日 (35)

こんな道が続く。 登りは少ない。  右写真のような橋は、何ヶ所もある。
この頃から、滝の轟音が、谷の下から聞こえてきた。

s-15年6月27日 (36)    s-15年6月27日 (37)

見えました。   不動滝。  深い谷に下りた。  吊橋を渡って。

s-15年6月27日 (38)    s-15年6月27日 (39)

信仰の山ですね。  修験の滝。   2時間半かかった。

s-15年6月27日 (40)    s-15年6月27日 (41)

大岩の向こう。   ロープが下がっている。
リュックを置いて、カメラだけ持って、登った。

s-15年6月27日 (42)

梅雨の時季だから、水量が多い。  水しぶきが飛んでくる。

s-P5820028ppp

これが見たくて、やってきた。

s-15年6月27日 (43)    s-15年6月27日 (44)

豪快な滝ですね。   力強い。



下流の方。
s-15年6月27日 (45)    s-15年6月27日 (46)

大岩から下を。   ストックは1本しかない。  若狭の方にいたとき、どこかに忘れた。
1本で我慢。 (高いので、買えない)

s-15年6月27日 (47)

こんな道を戻ります。  下が少しだけ見えた。

s-15年6月27日 (48)    s-15年6月27日 (49)

神蛇滝の近くに来た。  右の、尾根道を行く。

s-15年6月27日 (50)

危険なところはない。 ずっと楽ちん。   たまにの登りも、一気に。

s-15年6月27日 (51)

右から来た。   左に行ったら、甲斐駒ヶ岳。
1人では、不安になるほど、遠い。  1日目は、山小屋まで。

もっともっと、足を鍛えて。

この後、下って、橋を渡って、神社の横を通って。

s-15年6月27日 (52)    s-15年6月27日 (53)

着きました。  帰りは、1時間半。   全部で、4時間。
疲れは、帰り歩いているときに、とれた。

車が残っている。 きっと、甲斐駒ヶ岳に行ってる人達。  うらやましい。

s-15年6月27日 (54)    s-15年6月27日 (55)

今日は、いい風景を見て、いい運動になりました。

危険箇所が多いので、ずいぶん神経を使いました。  
子供は、連れて行けない。  そんな渓谷。

【今日の一句】  「 深山の滝つぼの大イワナ  そこだけが  自分の棲む世界 」   それで幸せなら、それでいいか。

         「 山の上から下が見えた 下からここにいる自分を  見てみたい 」 

【今日の歌】   倍賞千恵子 / さよならはダンスの後に      あざみの歌の横井弘さんのを、もう1曲。

      貼り付けられないので、右をクリック。    さよならはダンスの後に   踊りながら歌う。 いいですよ。

【道の駅】   はくしゅう

【明日の予定】    静岡市清水区に向かいます。  三保の松原の駐車場。
             世界遺産になって、どこ関わったでしょうか。  施設など。

※ ランキングには、障害が起きてるみたい。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行1位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1743-3bc2fa55

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 尾白川渓谷は、甲斐駒ヶ岳の山ふところに。  最奥の、不動滝を目指して。~北杜市~ 他 (2015/6/27)
  • 2015年06月28日 (日)
  • 09時33分23秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。