FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

初(はつ)は、浅井3姉妹の真ん中。
江(ごう)とは、ずいぶん仲が良かったよう。

大阪の夏の陣で、姉の淀(茶々)を助けようとした。
でも、時は遅く、どうしようもなかった。

初は、賢かった。
だから、徳川家からも豊臣家からも、信頼されていた。

彼女は、小浜にいる時に、常高寺を建てた。
寺の後ろの山に、彼女の墓はあった。

亡くなったのは、江戸。
でも、大好きな小浜に、戻ってきた。

歌人 山川登美子は、小浜の出身。
与謝野鉄幹が好きだった。

でも、鉄幹に嫁いだのは、後の与謝野晶子。
彼女は、悲しみのあまり、下の歌をつくった。

  「 それとなく 紅き花みな 友にゆづり そむきて泣きて 忘れ草つむ 」

※ 忘れ草は、昨日の忘れな草とは別。  
   悲しいこと、忘れたいこと、そんなのがある時、忘れ草は登場する。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

若狭湾の左奥に、舞鶴。  右奥に、敦賀(つるが)。   真ん中奥に、小浜(おばま)。

tizu1112_20150421043556b05.jpg

赤〇は、明日行く予定。 常神(つねがみ)半島の先っぽ。

tizu2225_2015042104360272a.jpg  tizu3331_20150421043600f9d.jpg
     
正面の山は、久須夜ヶ岳(くすやがだけ)。 
頂上から左向こうに、下る道がある。

海に下りたら、奇岩の蘇洞門(そとも)が。
   海触洞 蘇洞門(そとも)へ、久須夜ヶ岳を越えて、行ってきた。  標高差560㍍を下って。~小浜市~ 他 (2014/11/4)

右向こうに、新しい観光施設。 その向こうに、小浜城跡。
   京の食文化を担った、鯖街道。  京極高次(お初)の小浜城跡。~小浜市~ 他 (2014/11/2)

s-15年4月19日 (1)

この一帯が、昔の小浜の中心街。   古い町並み。   重伝建地区。

s-15年4月19日 (2)    s-15年4月19日 (3)

古い町並みが、ここに残っている。

s-15年4月19日 (4)

絵地図があった。

s-15年4月19日 (5)    s-15年4月19日 (6)

※ 上の地図に、尾崎放哉がある。   おざきほうさい。
  彼は、小豆島で亡くなるが、その前、少しの期間、初(はつ)の常高寺にいたことがある。
  寺男として。   知らなかった。

  彼は、山頭火と似たような句を作っている。 同じ時代を生きた。
  2人とも、酒で苦労する。  小豆島では、西光寺の寺男。

     淵崎を歩く。(尾崎放哉、西光寺三重塔、迷路のまちの灯篭 他)~土庄町~  他  (2012/12/13) 

こんな場所に。

s-15年4月19日 (7)

山川登美子が亡くなった時、与謝野鉄幹が詠んだ。  悲痛な歌。

  「 君なきか 若狭の登美子 しら 玉の、あたら君さえ 砕けはつるか 」   ※ あたら~惜しい
      (白玉の露のようにはかなく、惜しい君の命・魂までも砕け散ってしまうというのか) (解釈は新井さち子)
  
s-15年4月19日 (9)    s-15年4月19日 (10)

※ 山川登美子は、晶子との鉄幹への恋の争いに負けた。
   親が決めた人に、嫁ぐ。
   しかし、その人から、結核が感染する。
   
   晶子に負けたことで、彼女の人生はくるってしまった。
   残り数年の命に。

※ 余談 登美子と云えば、宮尾登美子と云う人もいる。
     彼女は、「東福門院和子の涙」という本を書いた。
     
     東福門院は、初(はつ)の妹の江(ごう)の5女。
     後水尾天皇に嫁いだ。  幸せではなかった。

     自分は今、寝る前にこの本を読んでる。
     1ページ読んだら、ぐっすり。

右の家を見学。   無料。

s-15年4月19日 (17)

明治の初めの建物。   蓬嶋楼(ほうとうろう)という料亭だった。
江戸時代の書。

s-15年4月19日 (12)    s-15年4月19日 (13)

月と太陽。    波打っている、昔のガラス。  破損して新しくなってるのが、見つからない。

s-15年4月19日 (14)    s-15年4月19日 (15)    s-15年4月19日 (16)

山川登美子の歌。

  「それとなく 紅き花みな友にゆづり そむきて泣きて 忘れ草つむ 」

    (それとなく友人のあなたに紅い花をみなゆずり、自分自身の恋心にそむき、
       泣きながら忘れ草を摘み、すべてを忘れようとしている私なのです)(野の花のように、のHPから)

s-15年4月19日 (18)

※ 鉄幹は、ほんとうは、山川登美子が好きだったかも知れない。
  ところが、晶子の押しは、並大抵ではなかった。
  晶子の積極性に、登美子は負けた。

  鉄幹と登美子は、お互い、動いてくれるのを待っていたのではないか。
  失敗した時の不安があって、動けなかったか。

  こんな話が、
  お互い好きなのに言えず、お互い別の人と一緒になった。
  ところが、年老いて、昔好きだったことを、偶然に知る。
  お互い、愕然とする。
  2人とも、幸せな結婚ではなかった。

  人生戻せない。 
  清水の舞台からと思って、動かなければならない時が、人生にはあるのかな。

  山川登美子は、結核にならなかったら、どれだけの作品を残したか、分からない。
  与謝野晶子を越えた可能性だって。
  彼女の評価は、高い。

常高寺。   
  石段の向こうに、山門。   でも、その間に鉄道。
  本堂の向こうに、初のお墓。 でも、その間に国道。 

s-15年4月19日 (19)

初は、京極高次に嫁ぐ。
大津にいたけど、関が原で手柄を立て、若狭を任される。  家康から。

 ※ 余談  京極氏の先祖は、佐々木氏。
       一族の1人が、京都の京極に住んだときに、苗字を京極に変える。       
       高島屋の少し南に、今も、京極町はある。 そこ。 
      
夫が亡くなった後、どこで暮らしたのかが分からない。
亡くなったのは、江戸なんだけど。
s-15年4月19日 (20)    s-15年4月19日 (21)

※ 上に、小谷(おたに)とあるけど、正しくは、おだに、ですね。 それと、あさいは、あざい。
        小谷城跡。  戦国のロマンを駆け抜けた、浅井三姉妹。~長浜市~  他  (2014/5/4)

山門前から、海を。

s-15年4月19日 (22)

山門。  尾崎放哉の碑は、右の方にあったよう。  気づかなかった。

s-15年4月19日 (23)

本堂の、左から上がる。

s-15年4月19日 (24)    s-15年4月19日 (25)

陸橋を渡って。  国道162。
赤〇の所、木がない。 そこに墓が。

s-15年4月19日 (35)

ここを登って。

s-15年4月19日 (26)    s-15年4月19日 (28)

大きな、宝篋印塔(ほうきょういんとう)のお墓。

s-15年4月19日 (29)

昔のまま。

s-15年4月19日 (30)

戒名と、命日が。

15年4月19日 (31)ppp     s-15年4月19日 (32)    s-15年4月19日 (33)

初は江戸で亡くなるが、場所は、京極忠高の江戸屋敷で。

忠高は、初の夫の高次の子。  
初の子ではなく、高次の侍女、於崎(おさき)の子。     侍女(じじょ)~世話をする人。

初は嫉妬して、殺害を企てたそう。  於崎と子の忠高を。
しかし、察した夫の高次が、家臣磯野にかくまわせた。
磯野は浪人になって、京極家を出る。
初の機嫌が和らぐまでの、2年間。

※ 上のことは、最近の研究で分かった。  大丈夫みたい。
   殺害と云う表現は、そうされるかも知れないと考えた者がいたから。
   初が冷たくしたことは事実だが、殺害まで考えていたかは、初しか分からない。

初は、最後は、冷たくした忠高の世話になる。
忠高は、京極家の跡を継いでいた。
小浜藩主、松江藩主、四国の丸亀藩主と、移っていく。

反対側に、侍女7名。   初の墓と、向かい合って。

s-15年4月19日 (34)

歩いたのは、少しの時間でした。

初は、寺も墓も動かさないでと言った。
国替えになってもです。
小浜が好きだったことが、分かりますね。

【今日の一句】  「 初は小浜が大好き 墓も寺も ずっとここにと 」
           「 登美子無念  鉄幹失って 最後は 自分の命までも 」 

【今日の歌】   グループ名は、ザ・シーカーズ。



【道の駅】    若狭おばま

【明日の予定】  常神(つねがみ)半島の先っぽに行く。   道があるので。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.  
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1674-e6eb4aa5

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 常高院(お初)の墓にお参り。  三丁目の町並み。  歌人、山川登美子。~小浜市~ 他 (2015/4/19)
  • 2015年04月20日 (月)
  • 12時28分25秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。