キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

京都に行ったら、まず、京都駅見て感動する。

駅で、多くの人がカメラを構えている。
そんな駅って、他にあるだろうか。

巨大な吹き抜け空間。
それが京都駅の、大きな特徴。

そのような駅は、ここだけ。
設計者は、原 広司(はら ひろし)
札幌ドームも、設計している。

自分は、京都駅が大好き。
吹き抜けの空間は、駅の内部のようであり、外のようでも。
昔の家の、土間に似ているかなって。

雨で歩けなかったので、紹介。
  (夜の京都駅は、以前紹介している)

放浪の旅Ⅱの方のアクセス数が、深夜、100万を越えました。
放浪の旅の方は、現在96万。

7年前に、1行の文でスタート。
多くの人に読んでいただけて、ありがたいことです。

  (今日のカメラは、いつもと違う、LX100)
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )
     
四方八方から、線路が入り込んでいる。

駅だけが大きな建物なら目立つ。
でも、イオンが出来たり、巨大建物はいっぱい。

eki789.jpg

何も買わなかったけど、イオンのモンベルに行ってきた。
南部分の「みやこみち」を通って。

水が落ちてくる。  模様を描きながら。    大文字の大。
             「五山送り火」の大文字山に登る。 ~京都市~  他  (2011/11/30)

s-15年4月15日 (1)

駅舎の北側部分にある、巨大空間。  吹き抜け。

この空間に入るための、ドアとかは無い。
中を、風が通る。

だから、外なのか中なのか、はっきりしない。

向こうの高い所に、行く。

s-15年4月15日 (2)

高い部分には、こんな通路がある。  楽しむため、避難のためなど、いくつかの目的。

s-15年4月15日 (3)

少し登って、反対方向。

この空間は、谷のようになっている。  両側に、エスカレーター。   延々と。

京都駅を見慣れてしまうと、他の都市の駅が、物足りなく見える。
解放感がなく、圧迫感を感じる。

s-15年4月15日 (4)

雨が降ってるので、屋根のない部分に、人はいない。

s-15年4月15日 (5)

設計は、国際指名コンペ方式。  7名の設計者で、設計を競った。   日本人4人、外国人3人。
その中に、黒川紀章や安藤忠雄もいた。
勝ったのは、原 広司(はら ひろし)。  この人の設計案が、採用された。

広い空間は、あちこち、このように空いている。

s-15年4月15日 (6)

設計は、基本の思想(考え)を、作る所からスタートするんですね。

例えば、建物は、外から見ても中から見ても、圧迫感が少ないように、など。

圧迫感について、中からは分かるにしても、外から見た工夫って、何かあるんでしょうか。
この後、出てきます。

改札口は、いっぱいある。  駅舎のどこにいても、近くにある。

s-15年4月15日 (7)

エスカレータを上がったら、南部分が見えた。

この場所は、通りの延長戦にあるみたい。
そう設計したんですね。

向こうに見える通りは、烏丸(からすま)通。  南北に走る道の中心。
下を、地下鉄が通っている。

駅舎は、烏丸通の邪魔をしないで、駅舎の中を通らせてるデザイン。
これも、外から見たときの、圧迫感を和らげている。

s-15年4月15日 (8)

この図のように。   もう1本の道も、同じように。

s-15年4月15日 (9)

誰でもが納得できる駅舎は、無いと思う。
反対意見は、今もあるよう。

でも、この京都駅舎は、その時代の人々の建物に対する常識の、一歩先を行ってるように感じるでしょうか。
時代が経つほど、評価が高まると云うか。

反対側はこう。

空間を閉じ込めない。  逃げ道を作っているんですね。

s-15年4月15日 (10)

※ 余談。  私は、このキャンピングカーを選ぶとき、考えていたのは1つだけ。
       車の中にいて、圧迫感が、ないこと。

       空間が1つにつながっている、今の車を選ぶことに。
       何の迷いもなかった。
       
       鹿児島県の長島の社長さんも、同じ考えで、同じ車。
       車のことでは、まったくお世話になっている。

       車の中は、こうこう。   すこしごちゃごちゃ。  油断すると、走る居酒屋。
          走る山小屋の紹介。  石油ストーブで、冬は楽しい。  焼き芋、コーヒー、他。~指宿市~ 他 (2015/2/5) 

烏丸通。  北側。   京都タワー。

    ※ このタワーも造るときは、反対があったと思う。
      今は、京都のシンボル。  駅舎から出たら、みんなこれを観る。
      清水寺からも見える。   ああ、あそこが駅だって分かる。     

s-15年4月15日 (11)

ここを登って、天空回廊へ。

s-15年4月15日 (12)

先日、御室仁和寺に行った。

御室(おむろ)の地で、オムロンの会社は生まれた。
京都には、最新の先端技術を持った、多くの企業がある。

京都は、古いだけの町ではない。
京都に来て、それを予感させてくれるのが、京都駅舎。

向こうから、上がってきた。   雨で人がいない。

s-15年4月15日 (13)

天空回廊。

s-15年4月15日 (14)

ここから外を。

s-15年4月15日 (15)

雨は止まない。  歩くのをやめて、ここに。

s-15年4月15日 (16)

観光で勝ち抜くには、古いものを大事にするという発想だけでは、乗り切れない。
ITの力を借りる必要がある。

観光客は何を求めているのか、人の動きはどうなっているのかなど、情報の整理が大事になる。
京都市は、やっていると予想。

駅前。

s-15年4月15日 (17)

少し行くと、ヨドバシカメラ。  今日も、行ってきた。

昔登ったことがあるけど、最近は無い。

s-15年4月15日 (18)  s-15年4月15日 (19)

愛宕山も晴れてたら見える。  行く所がなくなったら、登ってみましょうか。

s-15年4月15日 (20)

東本願寺は、何してるんでしょう。
調べたら、阿弥陀堂の修復工事でした。

s-15年4月15日 (21)

※ 阿弥陀堂は、下の建物。 一度行って入ったけど、写真がない。 Wikipediaからお借り。
     日本最大の木造の塔と、世界最大の木造建築 ~東寺と東本願寺~   他  (2010/5/28)

800px-Higashi_Honganji_Amidado2.jpg 

見えるのは、室町通か。  はっきりしない。

s-15年4月15日 (22)  s-15年4月15日 (23)

終点に、ラーメン小路。

大勝軒は、つけ麺で知られる。  先日、創業者が亡くなりましたね。
暖簾分けしても、上納金は、一切なし。   
儲けることに関心はなかった。   慕われた。

坂内食堂の本店は、喜多方。   薄味。
すみれは、塩辛くて食べられない。

s-15年4月15日 (24)    s-15年4月15日 (25)

混んでない。

s-15年4月15日 (26)

外に出たら、雨が止んでいた。   反対側の、高い所に来た。

s-15年4月15日 (27)

庭がある。   急に、雨が止んだ。

s-15年4月15日 (28)    s-15年4月15日 (29)

どこから中なのか。   中も外も、ないのか。

s-15年4月15日 (30)

建物に入ると、デパート。   はっきり、中。

s-15年4月15日 (31)

コンサートが出来る。   階段に観客が座って。  いざと云う時は、避難通路。

s-15年4月15日 (32)

広い空間。  これに慣れたら、頭の上にすぐ天井がある駅は、落ち着かない。

s-15年4月15日 (33)

九条武子。   この人は、西本願寺の人。  公家の九条家とは、関係ない。
歌人でもある。  宗派を広めるのに、力を発揮したのかな。
キリスト教の学校はあるけど、仏教の学校は無いって、作った。

この人の歌を、旭川の神居古潭で見た
         神居古丹 九条武子歌碑 ~旭川市~  おばあちゃんの四国巡礼  他  (2011/8/15)

料金が高いですよ。

s-15年4月15日 (34)

京都駅。

s-15年4月15日 (35)

京都タワー。

s-15年4月15日 (36)

雨で歩けなかったので、京都駅の紹介でした。

京都駅は、日本では、最先端を行く駅でしょうね。
大好きです。


話は変わって、
放浪の旅Ⅱのアクセス数が、深夜に、100万を越えました。   放浪の旅は、96万。

多くの人に読んでいただいたおかげ。  感謝。

akusessu.jpg  

  kokpp_2015041616433189c.jpg

※ ブログの進化については、最近また考えています。
  足りないものが、いくつか見つかっています。

  例えば、
  どの地域も、日本の一部。
  住む人やそこの自然に、もっと愛情を持った姿勢で、書くのかな。

  時々冷たいことがある。

※ 最初の記事と、次の日の記事は、こうでした。
  本を読んでやっと。

  旅に出る1年前。

  この日から、生活が変わった。
  毎日書いた。  テレビは、見なくなった。

yyyypppp.jpg 

【今日の一句】   「 京都観光  外人さんの隙間に  日本人 」

【今日の歌】     JAMES LAST - Orange Blossom Special



【停泊場所】    亀岡市運動公園駐車場

【明日の予定】   郵便局留めで、書類が届く。
          それをする。

          ブログは、京都駅で日本一のこと、など。
          何かで日本一の駅の紹介など。
          たかばしのラーメンもかな。   

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体で、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.  
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1670-f9315962

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 大きな吹き抜け空間を持つ、京都駅。  斬新な設計。  アクセス数が、100万に。~京都市~ 他 (2015/4/15)
  • 2015年04月16日 (木)
  • 08時40分41秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。