FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

はやいなあ。 今日は3月7日。 3月に入ったと思ったら、1週間たっていた。

佐田岬半島から九州へは、何度か行ったり来たりした。
でも、半島の先っぽへは、行っていなかった。
道の不安はあったが、行ってみた。

また、今年初めて、サクラを見た。
道沿いに、何カ所も見た。 なんて言う桜だろう。


佐田岬半島は、山の峰の頂上だけが残った、そんな半島。
道は、海岸沿いでなく、山の上。

半島の南に、港は多い。 半島の北は、風が強い。

11年3月7日 (1)

山の上には、発電の風車や、小さな観光施設がある。

11年3月7日 (2)

桜を何度も見た。

11年3月7日 (3)

確かに桜。 細い棒がある。  ヒカンザクラではないよう。(彼岸ではない)
河津桜に似ている。 ピンクが強い感じ。  本格的な桜の時期は、間もなく。

11年3月7日 (4)

左手の山の陰に、三崎港がある。 フェリーはそこから。

11年3月7日 (5)

半島の先にの駐車場に着いた。 道は、そんなに苦労しなかった。
先端に灯台があるが、一番向こうの山の陰。 ここから、1.8㌔。

11年3月7日 (6)

遊歩道を歩いた。 この時、5時37分。  駈け足で行った。  懐中電灯も持って。

11年3月7日 (7)

一度下りて、もう一度登る。

11年3月7日 (8)

北側の海岸。 今日は、風が強い。

11年3月7日 (9)

山の右側を上って行く。

11年3月7日 (10)

魚釣りだ出来そう。

11年3月7日 (11)

夏になったら、キャンプ場。

11年3月7日 (12)

登ってきた。 少し行ったら、山の上に椿山展望台がある。

11年3月7日 (13)

展望台からみた、佐田岬灯台。 見える島は、高島。  九州までの、半分より向こうにある。
※ 空気が、ずっと白っぽい。 
  北海道にいて、経験がない白さ。 去年もそうだった。 いつも霞んで、遠くの山は見えない。
  中国から流れてくる空気の影響があるのでは、と言われている。

11年3月7日 (14)

明日乗る予定の、フェリー。

11年3月7日 (15)

椿山展望台の下に、こんなのが。  戦争遺産。
この穴は、移動式探照灯格納庫。(説明があった) 

11年3月7日 (16)

探照灯は、こんなの。  敵の飛行機を攻撃する時に、照らす。 

IMG_8855555555llっぽpl3llll

隣に、大きな格納庫。

11年3月7日 (17)

全体の説明はこう。

IMG_8855555555llっぽpl3

灯台の手前まで来た。

灯台は美しい。 凛としている。

11年3月7日 (18)

向こうから来た。 南側の海岸。

11年3月7日 (19)

着いた。 灯台の下。  展望第に寄ったりしたが、ちょうど20分で来た。
ここが、四国最西端。 高島が見える。 
目の前の海は、豊予海峡。  ※ 豊後と伊予の間に。

11年3月7日 (20)

隣にこんなとこがあるが、こっちは、少し北。
※ この後、あっちに行くため、石段を下りようとしたら、吹き上げてくる風に、体を押し戻された。
  行かなかった。

11年3月7日 (21)

急いで戻った。 急に暗くなってきた。  6時27分。 車まで、後少し。

11年3月7日 (22)

港に、車を止めた。 フェリーは、1時間おきに出ていた。

11年3月7日 (23)

佐田岬の灯台を、いつも海から眺めていた。
いつかは行かなければと、思っていた。

1960年代まで、この半島に道はなかった。 ずっと陸の孤島。
人が暮らすには、厳しい地形の半島。

今は道もでき、風光明媚な所になっていた。
ここで獲れるサバは岬サバ。 対岸のは、有名は関サバ。 どちらも美味しいそう。

【その他】  昨年の夏、北見でお世話になった人がいる。 ※ 昔、雄武で。 旅のスタートでも。
       その人が、明日、ベトナムのハノイに行く。 3年間。
       ハノイの日本人学校の校長として。

       冬休みにでも行ってみたいと思う。 ※ どのくらいの費用で、行けるんだろう。
       明日のブログで、少し詳しく書きますね。 
      
      ※ ベトナムに関しては、以前、美しい昔(雨に消えたあなた)という歌を紹介したことがある。
        最近、NHKでその歌をテーマ曲にした、番組があったよう。
        下の動画に出てくる写真は、有名な写真ですね。 見たことある人多いと思う。
        アメリカの非を、マスコミも誰もが、はっきり言わない時代が続いた。
        1枚の写真が世界を変える。 そんなことがあった。

        NHKドラマ・サイゴンから来た妻と娘 テーマ (YouTybe)  

【停泊場所】    三崎港の道

【明日の予定】   ここの町を少し見て、九州に渡る。

【動画akkamui】
     佐田岬半島、最後の集落を過ぎて
 

     佐田岬灯台へ
 

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
    
【ランキング】  国内旅行は7位、 旅行全体で18位です。  放浪の旅は34位です。         
          
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
          
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

佐田岬半島

いよいよ九州ですか。まだ肌寒さがある今日この頃です。九州上陸を待っています。佐田岬半島の灯台も絵になります。岬にもいろんな顔があります。

Re: 佐田岬半島

九州、楽しみです。
以前行った所に、再び行ってもいいと思っています。
特に、最初の年は写真が小さいので。
九州は、人がいい、そして、温泉が安い。

ベトナム

今から、7~8年前にホーチミンに行ったことがあります。ベトナムは良いところですよ。
人々が明るくて活気がある。
戦争遺産も多々残っていました。

後に、ホーチミンを経由し、カンボジアのアンコールワットへも行きましたが、大分観光化されてしまい物価が上がったな。と記憶しています。

去年、ホーチミンに行くチャンスがありましたが残念ながら行けませんでした。

費用の面はよく分からないけど、そんなに高くなかったような気がします。

ベトナムは一見の価値は十分ありますよ。
機会があるのなら、是非訪れてみて下さい。

お気をつけて・・・

松野町から宇和島へ、そして佐田岬へと・・・
お会いできた事を嬉しく思い出となりました。

またいつか、4週目の時に・・・
これからも拝見し、擬似日本の旅をしたいと思います。
お気をつけて・・・

Re: ベトナム

ベトナムは、いい国になったと聞いています。
行ってみたいです。
自分でも、どんな魅力があるのか、費用など、調べてみます。

信州は、雪が溶け始めたでしょうか。

Re: お気をつけて・・・

お世話になりました。

今の取り組みを続けたら、松野町は変わりますね。
どのようになるか、楽しみにしていますよ。

※子供たちを大事にしたら、大きな間違はしないですね。

いつかまた。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/165-c76492a4

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 日本一細い半島、佐田岬半島 ~伊方町~  明日、九州へ  他  (2011/3/7)
  • 2011年03月07日 (月)
  • 23時10分19秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。