キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

高松のMさんが、沙弥(しゃみ)島が面白いと言う。

その沙弥島は、昔は島だったけど、干拓で地続きに。
どこが島かは、すぐに分からない。

でも、干拓して山は作らない。
小高い森のある所が、昔は島だったと、見当ついた。

縄文時代の遺跡が、あちこちに。
柿本人麻呂が来て、歌を作った。
理源大師が建てたと云われる、お堂も。
       (この人は、京都の醍醐寺の開基。 近くの、本島の出身。)  ※ 本島~ほんじま

島のそばの、東山魁夷せとうち美術館を、見学した。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

午前中、高松のMさんが、坂出で豆腐をかって、その足で宇多津の道の駅にやってきた。
昼前まで、お話。
香川県や、四国霊場の本を、いただいた。 
豆腐と揚げも。  
     ※ Mさんには、今までたくさんお世話になっている。
        私が困っているときなどは、真っ先に、メールが来る。  
        去年の正月、足を痛くして動けなかった時、うどんが届いた。 年明けうどん。

        下の記事でも、お世話になった。
           天草キリシタン館。  祇園橋付近、川は血に染まった。~天草市~ The Wedding の日本語訳  他  
(2013/2/9)


午後、沙弥島に向かった。

tizu1112_20150322003004f7e.jpg

昔は島だったけど、干拓で、つながった。
昔の島の形が、分かる。
tizu2224_20150322003003c16.jpg    s-15年3月21日 (60)

後で見つけた地図。   坂出市のHPから。
沙弥島は、元々は2つの島だった。   砂州でつながった。 こう、想像します。 よくある。

s-15年3月21日 (55)

左は、道の駅、瀬戸大橋記念公園の駐車場。
島は、右のように見えてきた。   あっちだなと、向かった。

s-15年3月21日 (1)    s-15年3月21日 (2)

島のくびれた部分の、東側。

s-15年3月21日 (3)

石の祠の中に、亀がいた。   この地方には、浦島伝説がある。  関係あるのか。
                    海の道を通って、浦島神社へ。     他  (2009/12/14) 

s-15年3月21日 (4)   s-15年3月21日 (5)

くびれた部分の、東側。   1分も歩いたら、着く。  島の周りは、2㌔程。
向こうに、北側の山。

s-15年3月21日 (6)    s-15年3月21日 (7)

沙弥(しゃみ)島なんて、変わった名前。

沙弥は、一人前になる前の、僧のこと。
サンスクリット語に、シャミに似た発音で、同じような意味の言葉がある。
その言葉を、沙弥の漢字で、表わした。 (漢字1個1個の意味は、どうでもいい)

この島は、信仰と深い関わりがあったかも知れない。

遊歩道に、入る。

s-15年3月21日 (8)

ウバメガシの森でしょうか。

右の看板には、書いた人の思いがある。  こんなのを標示してるのは、珍しい。

s-15年3月21日 (9)    s-15年3月21日 (10)

瀬戸大橋。   右は、与島。   パーキングは、道の駅のように使える。   快適。

s-15年3月21日 (11)    s-15年3月21日 (12)

奥に向かう。   案内。

s-15年3月21日 (13)    s-15年3月21日 (14)

タンポの石棺とある。   タンポは、湛甫で、船をつなぐところ。  港の意味にも。
    ※ 湛は、水を湛(たた)えるの意味。 甫は、広いとか波の意味がある) 

この場所から、下に行ける。  船着き場が、今もある。

s-15年3月21日 (15)    s-15年3月21日 (16)

1日、こんな所で、魚を釣ってみたい。

s-15年3月21日 (17)

北の端に来た。  長崎鼻。  (鼻は、岬の意味)
何かがある。

s-15年3月21日 (18)

書いてないけど、支配者の墓だろうか。  庶民も造れていたらいい。

s-15年3月21日 (19)    s-15年3月21日 (20)

島が多いから、橋が可能になった。   本(ほん)島は、後で。

s-15年3月21日 (21)    s-15年3月21日 (23)

ナカンダ浜。  
周りには、遺跡がいっぱい。  さっきのも含めて、一帯の遺跡を、ナカンダ浜遺跡と呼ぶよう。

この島で、柿本人麻呂が歌を読んだ。  嵐で、ここに来たよう。   歌については、後ほど。

s-15年3月21日 (24)    s-15年3月21日 (25)

ナカンダ浜のナカンダは、「中田」などから、変化したよう。   
カタカナ表記にするところが、面白いでしょうか。

中河与一と云う人も、文学碑。

  ※ 調べて見たら、この人は、戦時中、体制側をはっきり支持したんですね。
     程度は、はっきりしない部分がある。  戦争を批判する作家の名簿を、作ったとも・・。

  ※ 似た作家に、大町桂月がいる。 かれは、「~~死にたもうな」と歌った与謝野晶子を、批判した。 
     このために、戦後、大町桂月の作家としての地位は、消えてしまった。

作家は、その時代の政権に媚びたら、絶対だめですね。
彼は、大きな失敗をした。

s-15年3月21日 (26)    s-15年3月21日 (27)

ナカンダ浜を、南から。   左に、文学碑はあった。

s-15年3月21日 (28)

大きな船が通る。   タンカーでしょうか。

s-15年3月21日 (29)

楽しい遊歩道。   柿本人麻呂の歌の説明が。

『玉藻よし 讃岐の国は 国柄か 見れどもあかぬ 神柄か』

 ※ 玉藻(たまも)よし 讃岐(さぬき)の国は 国柄(くにから)か 見れども飽かぬ 神柄(かむから)か

 ※ 讃岐の国は、玉藻と呼べる程、美しい。
    いくら見ても、飽きない。
    神の格式が高いという。

 ※ 玉藻は、玉のように美しい藻。   マリモとは、違うのか。
    明日、玉藻公園を見に行く。   玉藻は、この歌からとった。

s-15年3月21日 (30)    s-15年3月21日 (31)

写真撮影。   反歌が、2つある。   説明は省略。

s-15年3月21日 (32)    s-15年3月21日 (33)

列車が通った。   廃校になった学校の、校歌。   おいたつは、生立つ。

 ※ 余計なことだけど、この詩なら、写真1枚見せてもらったら、作れそう、
    風とか、光とか、潮の匂いとかは、現場に立たないと分からない。

s-15年3月21日 (34)    s-15年3月21日 (35)

南の山に行く。

s-15年3月21日 (36)

上の写真の左に、理源大師堂があった。

s-15年3月21日 (37)

やわらかな表情の、お地蔵さん。   善光寺とある。
       国宝善光寺でお戒壇めぐり ~一生に一度お参りすれば極楽往生 長野市~   他  (2010/10/28)

s-15年3月21日 (38)    s-15年3月21日 (39)

理源大師とある。      那智山とも。
   大門坂 熊野那智大社 那智の滝 ~熊野詣での終点、那智山~   他  (2010/6/10)

s-15年3月21日 (40)    s-15年3月21日 (41)    s-15年3月21日 (42)

この中に、理源大師の像。

s-15年3月21日 (43)

沙弥島で生まれたんですね。  Wikipediaでは、本島になっている。
     塩飽(しわく)本島にある伝建地区、笠島を歩く。  瀬戸大橋が、目の前。~丸亀市~  他  (2012/12/27)

あと、醍醐寺の開基。 吉野権現再興、とある。  
調べてみたら、なかなかの、大人物でした。 
     醍醐寺の境内は、450㍍の山の上まで広がっていた。~京都市~  僕が僕であるために(尾崎豊)   他  (2012/5/4)

平安前期の話。   古い。

s-15年3月21日 (44)    s-15年3月21日 (45)

戻って、島の南端の、山の上。   千人塚。
墓がいっぱいあるので、千人塚か。

s-15年3月21日 (46)    s-15年3月21日 (47)

温かくなって、表情が、ほころんでいる。

s-15年3月21日 (48)    s-15年3月21日 (49)

ふれあい会館にあった、発掘された石器や土器。

s-15年3月21日 (50)

早咲きで有名な河津桜は、これとカンヒザクラの自然交配。
この桜は、いろんな品種の桜を生み出したよう。

そろそろ、桜の季節。

s-15年3月21日 (51)    s-15年3月21日 (52)

東山魁夷せとうち美術館。   300円。

s-15年3月21日 (53)

写真は撮れない。   左は、市のHPから。   他は、絵の販売の業者のHPから。

s-15年3月21日 (61)    s-15年3月21日 (59)

馬の絵が多かった。  風景は、心の風景と、説明にあった。

作者の手を離れたら、作品は、一人歩きする。
見る人は、どのように感じてみても、かまわない。

s-15年3月21日 (62)    s-15年3月21日 (63)

沙弥島は、見どころいっぱいでした。
柿本人麻呂の歌がよかったですね。
彼の歌には、百人一首に下のがありますね。

 「あしびきの  山鳥の尾の  しだり尾の  ながながし夜を  ひとりかも寝む」

あと少し、高松近辺にいます。

【関連ブログ】    屋島も、干拓で島でなくなった。
         源平合戦の古戦場、屋島。 屋島寺。 四国村。~高松市~  明日は、京都に・・。  他  (2013/3/24)

【今日の一句】   「 クゥック―  ポポー  クゥック―  ポポー  今年も山鳩が鳴いた 」 

【今日の歌】     ひと足遅れの春/とんぼちゃん



【道の駅】   うたづ臨海公園

tizu3334_201503220030062ca.jpg

【明日の予定】   玉藻公園かな。   高松市内。   前回、工事中だったので。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体で、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.    
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1645-693602f4

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 沙弥島は、今は地続き。  ナカンダ浜遺跡。  柿本人麻呂。  東山魁夷せとうち美術館、他。~坂出市~ 他 (2015/3/21)
  • 2015年03月21日 (土)
  • 22時52分39秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。