キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

林芙美子は、どこで生まれたのでしょう。
本人が、下関と言ったために、ずっとそうなっていた。

しかし、調べた者がいて、門司区でないかとなった。
今は、その説が有力。
近い将来、門司区小森江で、確定する日が来るのではと、予想。

今日は、その門司区にある、林芙美子記念室に行ってみた。
案内人は、タカリンさん。

戦前、神戸と大連の間に、航路があった。
必ず、門司を通った。   門司から乗る人も、多かった。
その大連にある建物を復元したのが、国際友好記念図書館。
そこで、林芙美子の本を借りた。

明日、本州に渡ります。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

関門海峡で、門司と下関が、向かい合ってある。   今は、橋とトンネル。

tizu1113_20150313111610624.jpg

歴史の舞台は、壇ノ浦と巌流島。
印に、林芙美子記念室。

tizu2225_20150313111613494.jpg    tizi3335.jpg

午後仕事を終えたタカリンさんが、遊びに来た。
いつも、こんなのを持ってくる。

バナナ紅茶。   これが美味しい。  ほんのりバナナの香り。

s-15年3月12日 (1)

タカリンさんの車で、門司レトロへ。    門司港のレトロ地区。
ここは、旧門司三井倶楽部。

s-15年3月12日 (2)

今は、このように。     林芙美子記念室は、リユーアルしている。   それで来た。

s-15年3月12日 (3)    s-15年3月12日 (4)     

重要文化財の建物。    アインシュタインの展示も。

s-15年3月12日 (5)    s-15年3月12日 (6)

こっちの写真はいいが、林芙美子の方は撮れない。   残念。

ノーベル賞の連絡を受けたときの写真だそう。   他の土地で。

s-15年3月12日 (7)    s-15年3月12日 (8)

日本で公演があったため、やってきた。   当時の物が、残されている。

s-15年3月12日 (9)    s-15年3月12日 (10)

※ アインシュタインは、相対性理論でノーベル賞。
   原子爆弾に関わっては反対している。   ただ、若干の関わりが。 後に後悔。
   彼の理論を初め、いくつかの理論にによって、原子爆弾は作られた。

   彼に責任があるとが云わないけど、もし彼の理論がなかったら、歴史の歯車が、変わったのではと思う。
   そうしたら、広島も長崎も、なかったことになる。

   学者の考えた理論は、両刃の剣。
   だから、とてつもなく大きく人類に貢献したとは、言えないかも。   
   社会が未熟な時に考え出されたこともあって、悲劇につながった。
   
林芙美子記念室で、ビデオとかを見た。
半日ほどいたら、いっぱい学べるか。

彼女の、幼い時の写真があった。   手前右は、父。
後ろ左の男と、母と扶美子の3人で、放浪生活。   泊まる所は、木賃宿。

苦労が続いて、尾道に落ち着く。   
小学校の5年からかな。(2年遅れ?)  ※ この写真は、借りた本から。    

s-15年3月12日 (18)

彼女が世に出たのは、放浪記が売れた後。    ご褒美で、パリに行く。    右は、女学校卒業の頃。

s-15年3月12日 (17)    s-15年3月12日 (19)

林芙美子は、どこで生まれたのか。
ネットでいろいろ見たら、門司が優勢。   定説になりつつある。
下関の根拠は、彼女が言ったことによる。

門司の根拠は何なのか。
少ししか、見つけられていない。    時間が足りない。

ただ、いろんな人の情報で、この場所というのが、分かっている。
下の印の所。    昔はそこに、神戸製鋼のプールがあったそう。

tizu4446_20150313111614c93.jpg     tizu5558.jpg

私は、林芙美子の生誕地は、門司でいいかなと、思えるようになった。

彼女の一番の思い出の地は、何と言っても、尾道。
文学碑がいっぱいあるけど、彼女のが一番いい。
彼女が一番、尾道を愛している。

   坂・寺・文学の街、尾道を歩く。  林芙美子、千光寺、文学のこみち、など。~尾道市~  他  (2012/12/31)


玄関にこんな写真があった。
高倉健の、ラストシーン。

s-15年3月12日 (11)

短い動画です。  上の場面はないけど、大きな橋が出てくる。   関門橋みたい。  すぐ近く。
これが、最後の高倉健。



向こうの、三角屋根の家に行く。   図書館。

s-15年3月12日 (12)

タカリンさんは、飴を買って紙芝居を見た。    巌流島の決闘。

s-15年3月12日 (13)

さっきは、中央の建物にいた。

s-15年3月12日 (14)

国際友好記念図書館。   北九州市立。

s-15年3月12日 (15)

これと同じ建物が、大連にある。   大連は、ここと、大連航路でつながっていた。
その縁で、同じものが、ここに復元された。

図書館やレストランに利用。

s-15年3月12日 (16)

お店をぶらついたりして、戻ってきた。

右足の様子を、タカリンさんに調べてもらった。
少し左と違うけど、まあ大丈夫。
20分ほど、触ってもらった。

門司港近辺の、門司レトロは、観光として成功した。
他の真似でない、ここだけを、目指した。

今日の収穫は、林芙美子の生誕地が、門司でいいようだと、思えたことでしょうか。

【今日の一句】  「 門司レトロは 大正の匂い そして夢二の 」



※  宵待草の舞台は、千葉県の犬吠埼に近い、海鹿(あしか)島という町。
    私は、そこは島だと思って、行かなかった。
    下の犬吠埼のブログの最後で、この歌について、触れています。

      犬吠埼  レトロでゆっくり、銚子電鉄 ~銚子市~   他  (2010/7/8)

   なお、宵待草は待宵草(マツヨイ草)のことで、月見草とも。
   太宰治も、この花が好きだった。

      富士には、月見草がよく似合う ~富嶽百景・太宰治・天下茶屋~  (2009/10/29)

【今日の歌】   大連の街から  城之内早苗   ※ なお、北の岬を歌ってるのが、彼女。

   

【停泊場所】     めかり公園駐車場

【明日の予定】      長府でしょうか。    瀬戸内を通ります。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体で、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 


                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.    
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1635-92308171

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 林芙美子は、どこで生まれたのか。  門司説が有力。  国際友好記念図書館は、大連のと同じ。~北九州市門司区~ 他 (2015/3/12)
  • 2015年03月13日 (金)
  • 07時42分04秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。