キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

黒髪山(くろかみざん)は、人気の山。
                ※ 新日本百名山に。
麓から見たら、奇岩の山。
妙義山を思い出させてくれる。

変化に富んだ登山道。
鎖場もあって、緊張感が楽しめる。
途中から見える隣の岩山、下界の風景が、またいい。

頂上の岩の上からの風景は、どっちを見ても、絶景。
先日の支々伎(しじき)山のように、狭い頂上。

伝説が面白い。   大蛇伝説。
  ※ 以前、有田町の有田館で、からくり人形が演じていた。
源為朝が登場。
彼は、保元の乱で、負けるけど崇徳上皇に味方する。
義経の父の、弟でも。

足をふみ外したら、助からない所もあった。
危険の標示はない。
自分で、気づかなければ。

実は、黒髪山は2度目。
今回は、前回とは別のルートで。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

乳待坊(ちまちぼう)公園から、歩いた。    赤〇は、車が入れる。

tizu1119_20150225123714eaf.jpg    tizu2221_20150225123711e6e.jpg

道の駅 山内から、向かった。  近い。
頂上は、左の方の、ぽこんとした所。   

s-15年2月24日 (1)

雰囲気のいい、里山。   写真の右奥は、小さなダムですね。
右写真の風景は、左にあった。

s-15年2月24日 (2)  s-15年2月24日 (3)

乳待坊公園に着いた。  ここまでの道は、いい。
この山は、どこからの道も、修験の道。

s-15年2月24日 (4)  s-15年2月24日 (5)

左写真、中央遠くに頂上。  天童岩が飛び出ている。
一番右は、雄岩。  左に雌岩。   その間に登山道。

周りには、屏風のように、岩の壁がある。   道があるよう。  行ってみたい。

s-15年2月24日 (7)  s-15年2月24日 (6)

こうです。

s-15年2月24日 (9) s-15年2月24日 (8)

信仰の山なので、石仏は、どこにでも。

s-15年2月24日 (10)    s-15年2月24日 (11)  s-15年2月24日 (12)

1時間ほどの山でしょうか。   石仏をのんびり見ても、1時間半。

s-15年2月24日 (13)ppp    s-15年2月24日 (14)

※ 石仏には、四国霊場の札所の名前。 隣りに弘法大師。 
   ここを巡れば、四国に行ったことになる。
   全部紹介できないけど、上のは、22番とある。  これは、徳島にある平等寺。
      22番札所、平等寺。  弘法の霊水。 本堂の天井絵。~ 阿南市~  他  (2014/4/9)

洞窟にも。    ずらっと。   いい表情のも。

s-15年2月24日 (15)    s-15年2月24日 (16)

お参り(お遍路の旅)があるのは、いいかなって。
もしなければ、働いてばかりになりそう。

s-15年2月24日 (17)    s-15年2月24日 (18)

車道は、左に曲がって、行き止まり。   登山道は、ここから。  頂上まで、1㌔。

s-15年2月24日 (19)

春です。   200㍍登って、見返り峠。   馬の背。  
左写真の、右下から来た。
ここは、黒髪山の一番の交差点。

s-15年2月24日 (20)    s-15年2月24日 (21)    s-15年2月24日 (22)

数分歩くと、視界が開けた。   左、雄岩。   右、雌岩。

s-15年2月24日 (23)    s-15年2月24日 (24)

少し行って、雌岩への道があった。
木の生えてるこっちが、落ち込んでいる。   行けない。   手前に、大師の像。
私は、写真撮ってるこの位置で、ストップ。

s-15年2月24日 (25)    s-15年2月24日 (29)

※ 雌岩への途中、道の横が崖だった。  木の枝で見えない。   要注意。

左の風景。  武雄市側。  
左端に、来るときあった、ダムのようなため池が見える。 

s-15年2月24日 (27)    s-15年2月24日 (28)

右は、有田町。(ありたちょう)    ※ 和歌山県のは、有田市。(ありだし)

s-15年2月24日 (26)

さあ、登り始める。  岩と根のたたかい。   
どっち勝つのと聞いたら、口をそろえて、岩根といった。

s-15年2月24日 (30)    s-15年2月24日 (31)

石の登山道。   首のない石仏。   犯人はもしかしてと思ったけど、・・。
きっと、上に転がることはない。 下の方を探した。  なかった。

s-15年2月24日 (32)    s-15年2月24日 (33)

真っ直ぐ行くと、西光蜜寺(さいこうみつじ)。   帰りに行くことになる。
右に登る。   あと、260㍍。

s-15年2月24日 (34)

もうすぐ。

s-15年2月24日 (35)

岩の下に出た。  右に行く。

s-15年2月24日 (36)    s-15年2月24日 (37)

鎖場が続く。   足を踏み外さないように。   万一踏み外しても、鎖を離さない。

s-15年2月24日 (38)    s-15年2月24日 (39)

遠くが見える。  

s-15年2月24日 (40)    s-15年2月24日 (41)

天童岩に上がった。

s-15年2月24日 (42)

頂上は向こう。   この道が危険。    歩いてて転んだら大変。  しゃがんで、手を使って行った。

s-15年2月24日 (43)    s-15年2月24日 (44)

ここを登って、着きました。   奥に、少し行ける。

s-15年2月24日 (45)    ppplpp

ここが終点。   有田焼の案内板。   古くならない。  ありがたい、有田焼。
     ※ 下の文の末尾に、来ないでくださいと。   この山は、誰のものなんだろう。  私有地なのか。
        もし私有地でなければ、上の表現は、おかしいかな。
        ゴミは持ち帰りましょう、でいい。

s-15年2月24日 (51)    s-15年2月24日 (48)

いい風景です。   有田町方面。   下に、有田ダム。

s-15年2月24日 (46)    s-15年2月24日 (47)

武雄方面。   向こうから来た。

s-15年2月24日 (49)    s-15年2月24日 (50)

左遠くに、経ヶ岳が見えることになっている。   
           ※ 諫早のKさんと、昨年登った。  頂上は、遠かった。  

s-15年2月24日 (52) 

下山開始。
途中で、寺に寄ることにした。   左の写真の道を、下りてきてもよかった。

s-15年2月24日 (53)    s-15年2月24日 (54)

六面六体地蔵だったかな。   たまに見ます。   普通は、横に並んで、六地蔵。

右は、大乗妙典塔。  先日、岩屋観音でも見た。 
この下に、お経を書いた経石が、埋めてある。

s-15年2月24日 (55)    s-15年2月24日 (56)

下りて来たら、西光蜜寺。

s-15年2月24日 (57)

どこにでも、このように。    眼光するどい、お不動様。

s-15年2月24日 (58)    s-15年2月24日 (59)

左に、参道の石段。    今は、寺に人はいない。

s-15年2月24日 (72)

昔は、大きな寺だった。 大覚寺派とある。 
      ※ 大覚寺は、京都の嵯峨野に。  大覚寺の嵯峨菊。⇒ 20111117212947dba_201502251935134de.jpg (2011年)
 

s-15年2月24日 (60)    s-15年2月24日 (61)    s-15年2月24日 (62)

弘法大師といっしょに。

s-15年2月24日 (63)

池があって、岩に何かが書いてある。   小さな、六面六体地蔵も。

s-15年2月24日 (64)    s-15年2月24日 (65)    s-15年2月24日 (66)

高い所にも。   これも、さっき見たのに、似ている。

s-15年2月24日 (67)    s-15年2月24日 (68)

中央は、石塔の上に、石仏。   武雄温泉でも、見ている。   右は、何の像でしょう。

s-15年2月24日 (69)    s-15年2月24日 (70)

石灯篭の中に、小さな仏様。   図は、復元図。    昔はこのように。

s-15年2月24日 (71)    s-15年2月24日 (73)

戻ることに。   1つだけでも、木を覚えるぞって、撮った。
ヤブニッケイ。    ニッケイは肉桂で、ニッキのことだそう。    ニッキは、シナモン。  好きな味。

s-15年2月24日 (74)    s-15年2月24日 (75)

見返り峠に来た。

s-15年2月24日 (76)

ここにも、石仏。    こんな花が咲くそう。

s-15年2月24日 (77)    s-15年2月24日 (78)

2つ目の登山道で、登りました。

諫早のKさんが教えてくれた道は、別の道。
龍門ダムから、登るよう。
いつか、その道を。

黒髪山の登山道は  石仏との出会いの道 でした。

  ※ 黒髪山の大蛇(おろち)伝説には、山では出会えませんでした。
    有田館のカラクリ人形の動画は、言葉が分かりにくい。
    下のサイトが、絵があって、分かりやすい。 (時間のある時に)
      「 黒姫山の 大蛇退治

【関連ブログ①】  
   銭形 ~有明浜に描かれた寛永通宝~ 源為朝の妻が夫の仇を討った話 「弓張月」   (2009/12/12)
   石段と彫り物の美しい、妙義神社。  妙義山中腹の道を歩く。~富岡市~  他  (2013/10/12)

【今日の一句】  「 黒髪山  修験の道は 岩山の鎖場 」         

【関連ブログ②】  前回の黒髪山。  西光蜜寺の近くまで、車で行って。
          修験の山、黒髪山の頂上は、空に突き出た巨岩の上だった。~武雄市山内町~  森田童子の「ぼくたちの失敗」  (2012/1/17)  

【今日の歌】     あさみちゆき   青春のたまり場
                 ※ 今年の夏も、北海道の比布で、昔の仲間が集まる。  今から楽しみ。
                   「 けんこう いがいは  みんな ぜいたく 」 って思いが、・・・。



下は、MIDI の演奏ですが、いいですよ。  



【道の駅】    山内

【明日の予定】    午後、どこかを少し。    

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体で、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 


                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.   
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1619-12b31f4c

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 黒髪山は、奇岩と山岳信仰の山。  頂上は天狗岩に。  頂上直下に、西光密寺。~武雄市~ 他 (2015/2/24)
  • 2015年02月24日 (火)
  • 22時29分34秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。