FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

2年前に来た時、こう書いた。

  
  ・新しい家と、昔の家とが混ざっている。
  ・数軒の家が、復元の途中だった。 
  ・修復の工事が多いのが、塩田津の町並みの特徴。
  ・今後、大きく変貌していく。   
  ・楽しみな町並み。

今回、歩いてみての印象は、以前と比べて、新しい家が目立たなくなってきたこと。
   ※ 新しい家と云うのは、今風のデザインの家。

今後、今風の家を建て替える時は、昔風にする。
そうやって、いつかは、すべての家が、街道時代の雰囲気になる。

そうすることに、価値はあるのか、ということですが、大きな価値が。

長崎街道には、25の宿場があった。
その中で、昔の町並みを残し、重伝建地区になっているのは、塩田宿(塩田津)だけ。
たった、1ヶ所。

町並みの貴重さに気づくのは遅い方だったけど、間に合いました。
    ※ 塩田津は、2005年に重伝建地区に。
         例えば、美々津は、1986年。  飫肥(おび)は、1977年に。   

町並みは、観光としてはもちろん、地域の文化の拠点にすればいいんですね。
小学生の作品が展示されてるなど、多くの取り組みが見られました。

この町並み、風景の中で活動すると、しっとりした心が養われます。  
それが、大きいです。

古い町並みと云うけど、それは、洗練されたデザインの町並みと云っても、いいんですね。
日本の伝統を生かした。                   

ここの人たちの取り組みには、生半可でないものを感じました。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )
     
鹿島市から、10㌔程。
佐賀県は、10㌔走れば、隣の町に。   武雄市、有田町、伊万里市って。

tizu1113_20150223124209e0c.jpg

印が、町並みのメイン通り。

街道図に、塩田が見える。(宮若市からお借り)  塩田宿(しおたしゅく)。  塩田津、とも。

tizu2226_20150223124214695.jpg    nagasakisaidou_map01_201502231253050d6.jpg

左に、古い町並み。    塩田川が船の交通に使われた。  港の感じなので、塩田津。

s-15年2月22日 (1)

川を渡ったところに、駐車場。   ありがたい。   見えるのは、重要文化財の、西岡家住宅。

s-15年2月22日 (2)

最初に、常在寺の仁王像を見に行く。   小雨。

     ※ 今日の写真は、全部パナソニックのLX100。  設定を少し変えて、このカメラの力を見る。
        結果的には、サブカメラとして買ってよかったと、思えたでしょうか。  うれしい。

この交差点が、町の中心のよう。
     ※ 嬉野市は、ここ塩田と、嬉野が合併して、嬉野市に。  名前は嬉野市。  市役所は、塩田に。

s-15年2月22日 (3)

町並みの南端に、常在(じょうざい)寺。   石段の途中に、石の仁王像。   途中が、珍しい。

s-15年2月22日 (5)    s-15年2月22日 (7)

※ 上の説明に、真言宗御室(おむろ)派、とある。
   一昨日の、鹿島市の蓮厳(れんごん)院と同じ。   本山は、仁和(にんな)寺。
   という事は、この塩田の地も、ずっと昔は、仁和寺の荘園だったと分かる。

薩摩で何度も見た、石の仁王像に、似ている。   1825年に造られた。  

s-15年2月22日 (4)    s-15年2月22日 (6)

扉が開け難かったので、別の方から、境内に。

少し町寄りに、石段があった。
隣の青い建物は、昔は、警防団屯所。

s-15年2月22日 (8)

下に説明。  警防団は、戦時中、人々を空襲などから守った。
屯所は、警防団の集まる場所。    屯(とん)所の屯は、屯(たむろ)する、という意味。

s-15年2月22日 (9)

近くに、塩田宿の案内があったの、寄り道。

s-15年2月22日 (10)

説明に、ここは、蓮池(はすいけ)藩の飛び地とある。
蓮池藩は、佐賀藩(鍋島藩)の支藩。      ※ 鍋島氏の前は、龍造寺氏。

s-15年2月22日 (11)

常在寺は、重伝建地区の、左端にある。   茶色の色が、古い家。
塩田津は、川の港で栄えた。

s-15年2月22日 (13)    s-15年2月22日 (12)

戻って、石段を上ったら、石仏があった。
1つが、目立った。   大日如来とある。

s-15年2月22日 (14)

大日如来は、男性でも女性でも、どっちでもいいよう。   どっちでもないというか。
下のは、女性っぽいですね。   やわらかさがあって。  
一昨日の岩屋観音のも良かったが、これもなかなか。

s-15年2月22日 (15)

※ 上の像を彫った人は、この表情をどこかで、見てるんですね。
   だから、彫ることが出来た。
   という事は、昔、この表情の人がいた。
   そうやって見ると、石仏を見るのも、また面白い。
   昔の人に出会ってる気分にも。

上の石仏は、下の写真の左にあった。
ここを上がって、本堂。

s-15年2月22日 (16)

小さな多宝塔に、見惚れていた。
この時は分からなかったけど、多宝塔の左の石塔は、平敦盛の供養塔だという。
墓でなければ、どこにあっても可笑しくない。

  ※ 彼は、熊谷直実に組みふされて、首を刎(は)ねられる。
      熊谷直実は、敦盛だったと後で知る。   後悔する。   仏門に入ることになる。 
      説明は、今日の歌に。

s-15年2月22日 (18)

石段の上から見た、仁王像。

s-15年2月22日 (19)

どっちも、左利きかな。    いつまでも見ていたいという、表情ではないか。   仕方ない。

s-15年2月22日 (20)    s-15年2月22日 (21)

町並みに向かった。

s-15年2月22日 (22)

新しい建て方の家が、以前よりは、減ったかな。

s-15年2月22日 (23)

車の向こうの家に、お邪魔する。

s-15年2月22日 (24)

まず、手前の家は、この雰囲気。   今風の家の前に、こう置いても、ここまでは無理。

s-15年2月22日 (25)

このお家に、お邪魔。    今の季節は、ひな祭り。

s-15年2月22日 (27)

下げもん。   今度の土日、柳川で見られる。   柳川文芸の、宙太さんと歩く。
雛人形は、どれも高級品。   お借りしたよう。

s-15年2月22日 (28)    s-15年2月22日 (26)

ここを管理している人たちが、塩田宿の町並みを、支えている。

※ 今日、カメラは、色を上手に表現している。   しっとりと、角がなく。
   期待していた以上の、カメラかも知れない。  今後、使えるとの気持ちが、固まっていく。

s-15年2月22日 (29)    s-15年2月22日 (30)

これは、別なお家。

s-15年2月22日 (31)

町の人の集会などに、町並みの建物を、使うのがいい。

  ※ 小学校の、学校から離れた、寺小屋風の教室を作ってもいい。
     この町並みで、昔を見学する。
     見学の後は、町並みの教室で、まとめる。

箱階段でしたか。

s-15年2月22日 (32)    s-15年2月22日 (33)

進みます。   いい町並み。
車をどう考えるかが、難しい。   車が目立ちすぎるのは、よくない。
生活があるから、車は必要。

隠れたところに、何か所も、駐車場があってもいいかな。
観光客は、広い所に。

子供が道で遊んでいても、危険でないことが、大事。
昔は、そうだったんだから。

s-15年2月22日 (34)

小路の奥に、お寺など。    そっちも、重伝建地区。

s-15年2月22日 (35)

このように。

s-15年2月22日 (36)

小路は、新しいアイディアで、楽しくしてもいいと思う。
現代風の感覚も生かして。   歩いてみたくなる、小路に。
       ※ 郡上八幡が、そのような工夫を、積極的にやっている。

こうです。  いいですね。   軽の車は、あと少し奥にあるといいかな。

s-15年2月22日 (37)

観光客は、車で入って来ない。 それがいい。
赤いポスト。

s-15年2月22日 (38)

昔を大事にすることは、今を大事にすることに、つながりますね。

少し奥に入って、本応寺。
石の仁王様が見えたので、入ってきた。

s-15年2月22日 (39)

本堂も、木も、仁王像も、どれもいい。  いい風景。

s-15年2月22日 (40)

子供に、この表情は、どう見えるのでしょう。   おそろしいと感じない子も、いるかも・・。

s-15年2月22日 (41)

九州の石の仁王像は、独特の表情。  どうしてこうなったか、知りたい。

本応寺は、古刹。   浄土宗。
いつかまた来て、ゆっくり見学して、詳しく紹介ですね。

s-15年2月22日 (42)    s-15年2月22日 (43)    s-15年2月22日 (44)

この時忘れていたのが、逸口香(いっこっこう)のこと。
町並みのどこかで、売っている。   こんなの。⇒ photo_10.jpg
中が、空洞のお菓子。   長崎も、茂木で知った。(茂木では、一口香と書いて、こんなの

s-15年2月22日 (45)

戻っている。

s-15年2月22日 (46)

小学生の作品が、展示。   窓から撮影。

s-15年2月22日 (47)    s-15年2月22日 (48)

町並みは、工夫次第で、何にでも利用できる。

塩田宿は、間違いなく、進化し続けている。
ビジョンがはっきりあるから、出来るんですね。

いつかまた。
そのときは、ゆっくり見学。   雨でない日に。

【今日の一句】    「 仁王像  子供には 別の顔 」    きっとそうすると思って

【今日の歌】    青葉の笛        常在寺に敦盛の供養塔があったので。



【関連ブログ】    九州にある重伝建地区。  何回も行ってるところも。 (重要伝統的建造物群保存地区)

   秋月は、山里の城下町。  秋月城跡。  日本最後の仇討、臼井六郎。~朝倉市~  他  (2014/3/25)
   神代小路(こうじろくうじ)を歩く。  鍋島邸の見学。  カンヒザクラ。~雲仙市~  他  (2014/3/14)
   知覧、武家屋敷通り。  武家屋敷庭園。   高田磨崖仏。~南九州市~  他  (2014/1/31)
   白壁の美しい伝建地区、黒木。 黒木のフジ。~八女市黒木町~  他  (2013/3/7)
   玉石垣と生垣が美しい、入来麓武家屋敷群。~薩摩川内市~  温泉は、150円。  他  (2013/1/18)
   天領として栄えた日田、豆田(まめだ)町を歩く ~日田市~  いつも通るこの道(森山良子)  他  (2012/4/8)
   京風の町並みが残る、重伝建地区、美々津 ~日向市~  若葉のささやき(天地真理)  他  (2012/3/29)
   九州の小京都飫肥(おび)は、見所いっぱい ~日南市~  ふるさとの木の下で(あさみ ちゆき)  他  (2012/3/18)
   薩摩藩最大の外城(とじょう)だった、出水麓武家屋敷群 ~出水市~  ミス・サイゴン  他  (2012/2/16)
   茅葺と土蔵造りの、肥前浜宿の町並み  祐徳稲荷 ~鹿島市~  リバーサイドホテル  他  (2012/2/7)
   嬉野温泉シーボルトの湯  和泉式部公園  塩田津の商家町 ~嬉野市~  恋の雪別れ  他  (2012/2/6)
   懐かしい路地のある、神浦の伝統的町並み~平戸市的山大島~  ロス・ロボスの曲  他 (2012/1/22)
   日本磁器発祥の地、有田。 町並みは重伝建地区に。 ~有田町~  石川鷹彦のギター  (2012/1/18)
   被災者への救援はなぜ遅れるのでしょう。  ※ 十根川山村集落 他 ~椎葉村~  他  (2011/3/16)
   グラバー邸 大浦天主堂 孔子廟 オランダ坂 ~長崎市~   他  (2010/3/11)

【道の駅】     山内

tizu3433.jpg

【明日の予定】      武雄温泉で、のんびり。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体で、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 


                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.   
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1617-d87659e6

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 長崎街道 塩田津(塩田宿)の町並み。  常在寺石造仁王像。  本応寺石造仁王像、他。~嬉野市~ 他 (2015/2/22)
  • 2015年02月23日 (月)
  • 00時54分16秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。