キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

レベルの違う石仏が、1つあった。
今日は、それに出会えただけで、いい1日になった。

岩屋観音は、蓮厳(れんごん)院の奥之院。
そこへの道は、複雑。

まず、観光案内所で聞いた。
そして、細かくは、蓮厳院で地図を書いていただき、やっとたどり着いた。
山道を、ずっと歩いて。

どうして、そこまで信仰に力を注ぐのでしょう。
山の中腹に、別世界があった。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

城跡に行く予定だった。
でも、城跡は、傘をさしても歩ける。

天気のいい今日、山に入ることに。

観光案内所で、丁寧に親切に、岩屋観音を調べていただいた。
そこは、蓮厳院(れんごんいん)の奥之院なので、電話もしていただいた。
詳しくは、そこに行って、教えていただくことに。

  ※ 自分で調べたときは、面倒な時は戻れる。
     これだけお世話になると、今日は、引き返せない。  気合が入るかな。  ありがたい。

鹿島市です。

s-15年2月20日 (3)

岩屋観音までは、道がめんどう。   赤〇は、歩く。

s-15年2月20日 (4)aaaa

蓮厳院は近い。   祐徳神社のパーキングから、向かった。

茅葺の本堂。   味がある。   維持に、費用が掛かる。

s-15年2月20日 (5)

住宅の方を訪れ、奥さまに教えていただいた。
手書きの地図を、渡された。 
この後、一度も迷うことなく、着くことが出来る。

この一帯は、仁和(にんな)寺の荘園だったとある。
   日本最古の紫宸殿が残る、仁和寺 ~京都市~  他  (2012/6/7)

また、大きな寺があって、岩屋観音はそこの奥之院だった。
その寺は今はないので、現在は、蓮厳院の奥之院ということに。

説明の右に、覚鑁(かくばん)が修業したとある。  この地で生まれている。
この人は、根来寺を開いた人。  真言宗では、大人物かな。  下のブログに、覚鑁が。
         根来衆で知られた名刹、根来寺 ~和歌山県北部、岩出市~   他  (2010/6/1)

蓮厳院には、重要文化財の仏像がある。

s-15年2月20日 (1)    s-15年2月20日 (2)

畑の中の道を走って、途中で、地図の青〇の道に入った。
小さな岩屋観音の案内があった。  道が斜面なので、少し行ったここに、停車。
  ※ 道が分かれば、国道から青道に入ると、行きやすい。

s-15年2月20日 (6)

少し戻って、案内が見えた。   右に入る。

s-15年2月20日 (7)    s-15年2月20日 (8)

この道を行く。   林道の感じ。   ジムニーなら、問題なく行ける。   たまに石を、除けて。

s-15年2月20日 (9)

天気はいいし、気分は最高。

s-15年2月20日 (10)

20分ほど歩いたら、右写真の場所に。
左からの登山道が、上がって来ていた。
そっちに少し下りたら、二丁の案内。    下から撮影。

  ※ 二丁だから、あと少し。  

s-15年2月20日 (11)    s-15年2月20日 (12)

次は、少しして、右に入った。  一丁の案内。   ゼロ丁は目的地だから、あと数分。

s-15年2月20日 (13)    s-15年2月20日 (14)

右から、ここに下りてきた。  着いた。
岩屋観音は、右の門を下ったところに、あるようだ。

石仏や石塔がある。

s-15年2月20日 (16)

説明には、真言宗のこと。
登山道は、水梨と川内から。    
水梨は、北方面。   お寺の人は、登山口から、1時間くらいって言ったかな。
川内は、西方面。    途中で、道は合流でしょうか。
 ※ 今日の私のコースが、川内からの道かも知れない。

    ※ 私は、途中まで車の楽な道。  昔はなかった道。

篭堂(こもりどう)と、左の方にある。    どの建物だったのかな。

s-15年2月20日 (17)    

石仏があるので見た。   台座・光背が、1つの石で。   暖かい春が近づいている。

s-15年2月20日 (19)    s-15年2月20日 (20)

左は、昔、一丁目にあったのかな。

右の石塔について。
享和三 癸亥(みずのと い) 歳
   ※ 1803年。  歳は、年の意味。
そして、左にこう。

奉書写 大乗妙典 一字一石塔。
   ※ 大乗妙典(だいじょうみょうてん)には、教えが書いてある。
      1つの石に、1つ字を書く。   それを、この石塔の下に、埋めた。
      一字一石は、こんなの。 ⇒ mmkllk.jpg  (秋山郷のHPからお借り)

s-15年2月20日 (21)    s-15年2月20日 (22)

高い所に、像。   大きな宝篋印塔の中に。   意志の強そうな、表情。

s-15年2月20日 (23)    s-15年2月20日 (24)

高野山、と読める。   右の草は、葉っぱが地面から。  名前、忘れた。

s-15年2月20日 (25)    s-15年2月20日 (26)

最初の広場にあった、宝篋印塔の後ろ。
文政2は、1819年。   そろそろ、幕末に向かう。
一切如来、禮(れい)拝供養などが、読める。

s-15年2月20日 (27)

いよいよ、ここを行く。

s-15年2月20日 (28)

岩屋山、とありましたね。   狛犬が、ここにいた。

s-15年2月20日 (29)    s-15年2月20日 (30)

下った右に、大きな岩の壁があるのか。   ちょっとした所に、小さな石仏。

s-15年2月20日 (31)    s-15年2月20日 (33)

こうでした。   観音堂は、奥に。    手前に、石仏。    雨に濡れない。
左の大きな木は、イロハモミジ。   あとで、説明が。

s-15年2月20日 (32)

たくさんの石仏。  ゆっくり見る。

s-15年2月20日 (34)

岩の中に、ぴったり、入り込んでいる。

s-15年2月20日 (35)

平成に入って、新しくしたよう。   これで、ずっとここにありますね。
イロハモミジの、説明。

s-15年2月20日 (36)    s-15年2月20日 (37)

登山道とは、反対側の、東側。   こっちは急なので、道はないのか。

こっちから見えるという事は、あそこに行けば、こっちが見える。
そのことに気づけば、この後、行っていた。  まったく・・。

s-15年2月20日 (38)    s-15年2月20日 (39)

戸が開いた。   入らなかったけど、撮らせてもらった。   岩の中に、深く。

s-15年2月20日 (40)

左側。   それなりの洞窟だったのを、かなり広げたでしょうね。
もしかしたら、全部掘ったかも。(確認していない)
右側。

s-15年2月20日 (41)    s-15年2月20日 (42)

左側を大きく。   興教大師(こうぎょうだいし)とあるのは、覚鑁(かくばん)のこと。 
中央には、観音様か。

s-15年2月20日 (43)    s-15年2月20日 (44)    s-15年2月20日 (45)

弘法大師がいて、賓頭盧(びんずる)さんかな。

s-15年2月20日 (46)    s-15年2月20日 (47)    s-15年2月20日 (48)

今度は、外の石仏。

s-15年2月20日 (49)

お墓にある、ふだん見る石仏とは、表情が違う。

s-15年2月20日 (50)

1つ1つ、彫った人が違うよう。   彫って、寄進するのか。

s-15年2月20日 (51)    s-15年2月20日 (52)    s-15年2月20日 (53)

左は、顔が3つ。

s-15年2月20日 (54)    s-15年2月20日 (55)    s-15年2月20日 (56)

そうして、これ。    ただの石仏ではなく、芸術作品。  
うれしそうにも、かなしそうにも、様々に見えてくる。
私には、微笑みを、とくに感じるかな。

少し首を、かたむけて。
この像だけ、光背が円い。   金箔の跡が。   いい像です。

s-15年2月20日 (58)    15年2月20日 (58)pppkk 

谷のずっと下を見ているのか。

s-15年2月20日 (60)

この石仏達も、岩屋観音の大きな魅力。

s-15年2月20日 (61)

右遠くは、有明海。   新しく見えても、天明6年。  1786年。   江戸時代は、まだ100年ある。

s-15年2月20日 (62)    s-15年2月20日 (63)

お参りに来る人は、何かを願ってくる。
これは、分かりますね。

ここで修業した人達は、どんな考えだったのでしょう。
立派なお坊さんになりたいとか、何だったのか。
当時の人の、ものの考え方を、知りたいですね。

戻ります。

s-15年2月20日 (64)

来た道を戻って。   よかったなって、気持ち。   

s-15年2月20日 (65)

山から出てきて、もうすぐ。

s-15年2月20日 (66)    s-15年2月20日 (67)

岩屋観音は、岩の中にあった。
となりに石仏。
少し苦労して、そこまで行く。

今日みたいのは、楽しい。

あの石仏は、大きなおまけ。
いつの日か、また行かなければならない。
カメラを、みんな持って。

【今日の一句】   「 せきぶつさん  なにがあって  そのひょうじょう ? 」

【その他】   覚鑁(かくばん)の生れた地は、Wikipedia には、鹿島市の納富分(のうどみぶん)とある。
        下の地図の、上の方にある。 その一帯。
        また、地図の誕生院は、覚鑁の生れた場所だった。

s-15年2月20日 (4)aaaa

【関連ブログ】
     太田山神社は、断崖絶壁の洞窟にあった。  泉質がいい臼別温泉。~せたな町~ 他 (2013/7/23)
     恵門之不動の本堂は、そそり立つ岩壁の中腹に、めり込んでいた。~土庄町小部~  他  (2012/12/5)
     三徳山三仏寺投入堂 ~三朝町~   他  (2011/6/7)
     達谷窟(たっこくのいわや)  他  (2009/7/4)
     仁王石像があり、六郷満山の総持院だった、両子寺 ~大分県国東市山中~ 2010年4月11日

【今日の歌】  ぼくと観光バスに乗ってみませんか(LIVE)

         ※ 弾むように歌うこの録音が、好き。
         ※ 諫早のKさんと、観光バスに乗ることって、あるんだろうか、って話した。
             思い出した。 去年の春に乗った。
             青木繁のけしけし祭で。  3月の後ろなので、今年は無理かな。
               第61回けしけし祭。  青木繁が好きだった、兜山(けしけし山)の頂上で。~久留米市~  他  (2014/3/23)



【停泊場所】     祐徳稲荷のパーキング   居心地がいい。

【明日の予定】     城跡かな。   武家屋敷通り。    天気が良くない。    少しだけかな。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体で、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 


                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.   
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1615-ebd5ca1a

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 岩屋観音は、岩をくりぬいて、お堂を。  浄土山の中腹に。  石仏がいっぱい。~鹿島市~ 他 (2015/2/20)
  • 2015年02月20日 (金)
  • 17時53分23秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。