FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

志々伎山は、あの尖(とん)がりで、自分を主張した。
平戸の先っぽに、自分はいますよって、存在を示した。

ただの小さな山が、九州百名山になった。
たいしたもんだ。

山頂からの風景は、どこの山にも負けない。
誰もが、登ってよかったと思う。
そして、感動する。
志々伎山は、いい山。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

平戸の最果て。   遠い。    五島列島との間に、いくつか島があったら、橋でつながる。

s-15年2月18日 (1)

地図に山の名前がない。    赤〇が登山ルート。

s-15年2月18日 (2)    s-15年2月18日 (3)

昨日、別の所から、このように見えた。

s-15年2月18日 (7)    s-15年2月18日 (8)

車道が上の方まであって、そこから登る。  ここからなら、1時間ほど。
昨日登れば、登れた。   本に、2時間ってあった。   それは、ずっと下からだった。

s-15年2月18日 (9)    s-15年2月18日 (10)

9時20分出発。   Kさんは、初めて。   私は、2回目。

昔は立派な石段。

s-15年2月18日 (11)

石段を登ったら、中宮跡。   帰りに寄ることに。   前回会った、恵比寿さんはいるかな。

s-15年2月18日 (12)    s-15年2月18日 (13)

稜線を、進む。

s-15年2月18日 (14)

岩山にぶつかって、右に迂回する。  右の斜面を行く。

s-15年2月18日 (15)

昔、戦いがあったから、こんな伝説が生まれたのかな。

s-15年2月18日 (16)

西側の海。   登って来た。

s-15年2月18日 (17)

山頂が見えた。   普通の山の上に、岩山が飛び出してる。
志々伎山は、岩が積み重なっているのではなく、岩のかたまり。

s-15年2月18日 (18)    s-15年2月18日 (19)

円満寺は、さっき通った、中宮の所にあった。

s-15年2月18日 (20)

下の写真は、前回来た時に撮った。  ここから、稜線まで登ったら、石塔があった。  道はない.
安政4年は、幕末の1857年。
御厨(みくりや)は、現在の松浦市御厨のこと。   場所は、⇒ tizu7779_20150219231335fcc.jpg  

s-15年2月18日 (6)    s-15年2月18日 (4)

進みます。

s-15年2月18日 (21)

小さな洞窟があった。    そして、道案内も。
海へ行くとあるので、前回は、困った。
この後、道は、ずっと下る。  間違ったかなと思って、前回は戻った。

分岐の道がないことを確認して、この道を行った。
無くていい、案内。

s-15年2月18日 (22)    s-15年2月18日 (23)

裏側に回った。   志々伎山の魅力が始まる。

s-15年2月18日 (24)

ここから、岩場を一気に登る。
女性はここまで、の時代があった。
誰もが、ここからは、裸足で。

s-15年2月18日 (25)

一気に登る。

s-15年2月18日 (26)

Kさんは、たったと行く。

s-15年2月18日 (27)

山の幅が狭くなる。

s-15年2月18日 (28)

見えました。   向こうから、車で来た。   

s-15年2月18日 (29)

どっちも崖になってきた。

s-15年2月18日 (30)

右下から登ってきた。

s-15年2月18日 (31)

さらに、上がった。

s-15年2月18日 (32)

頂上は、向こう。

s-15年2月18日 (33)

登山道の近くは、崖になった。  この場所で、ストックが足に引っかかった。
用心していたのに、そうなる。  左に、3歩こけたら、お終い。

s-15年2月18日 (34)

頂上は、目の前。

s-15年2月18日 (35)

この時、カメラがおかしくなった。   動かない。
パナソニックの、バカ野郎。   肝心な時に。

この後頂上までの写真がない。

s-15年2月18日 (36)

華奢なカメラだなって、後悔。

頂上で、バッテリーを外して、再度付けてみた。
復活した。

途中の写真は、ない。

頂上はこう。   3、4人座ったら、いっぱい。

s-15年2月18日 (39)

天気がよかったら、どこまでも見える。

s-15年2月18日 (37)

この写真の、右端に、昨日の民宿はあった。

s-15年2月18日 (38)

しばし、周りの風景に、見惚れる。

遠くは見えない。   前回は、五島列島が見えた

下山開始。

s-15年2月18日 (40)    s-15年2月18日 (41)

小さな木が、守ってくれる。

s-15年2月18日 (42)    s-15年2月18日 (43)

Kさんは、危ない所に、行きたがる。

s-15年2月18日 (44)

狭い狭い、岩の上にいる。

s-15年2月18日 (45)

花があった。

s-15年2月18日 (46)    s-15年2月18日 (47)

この季節に、ありがたい。

s-15年2月18日 (48)

一気に下山して、中宮に着いた。

s-15年2月18日 (49)

前回見た、恵比寿さんを探した。   いた。

s-15年2月18日 (50)    s-15年2月18日 (51)

ちゃんと起こすと、笑顔が戻る。   右は、前回撮影したもの。

s-15年2月18日 (52)    s-15年2月18日 (5)

今度来たら、恵比寿さんを、道沿いに置いてあげようと、後でそう思った。
着きました。

s-15年2月18日 (53)

右に行って、駐車場。

s-15年2月18日 (54)

乗用車なら、ここまで来れます。   私の車は無理。   それで、前回は下から。

s-15年2月18日 (55)    s-15年2月18日 (56)

山の魅力は、高さでも、大きさでも、苦労の度合いでもない。
登山道のありようと、途中の風景、山頂からの眺めでしょうか。

志々伎山は、十分な魅力を持った山でした。
またいつか。  
ヒラメを食べて。

【今日の一句】 「 支々伎山  30人で登ったら  上は狭すぎる 」

【関連ブログ】
   本土最西端の山、志々伎山に登る。 恵比寿さんが笑った。~平戸市~  別れのブルース  他  (2012/1/26)
   日本最西端の駅、たびら平戸口駅  たびら昆虫自然園 ~平戸市~ 情熱のルンバ、純情二重奏 (2012/1/27)
   港町田助には、高杉・桂・西郷たちが集まっていた。 他 ~平戸市田助・田の浦~  ダルビッシュの魅力 他 (2012/1/25)
   平戸城のある亀岡公園を散策(山頭火の句碑・沖禎介の碑 他)~平戸市~ 大連の街から  他 (2012/1/24)
   ステンドグラスの美しい、宝亀教会。  歓楽街丸山跡。 他 ~平戸市~  涙そうそう 他  (2012/1/23) 
   懐かしい路地のある、神浦の伝統的町並み~平戸市的山大島~  ロス・ロボスの曲  他 (2012/1/22)
   大航海時代の城下町、平戸(オランダ塀・三浦按針の墓・平戸城 他)~平戸市~  J. H. Clarkeの禁じられた遊び  他  (2012/1/21)
   かつては、殉教また隠れキリシタンの島だった、生月島。~平戸市生月町~  悲しき口笛 他  (2012/1/20)
   キリシタン情緒漂う西海の港町、平戸。~平戸市~  Everyday、カチューシャ 他  (2012/1/19)

【今日の歌】     百万本のバラ ~ 五輪真弓 徳永英明
               ※ 普通のと、メロディが少し違う。
                  それが少し新鮮。   五輪真弓が上手だなって感じる。  
                 いいところは、後半に。



【停泊場所】    Kさんの家の前

【明日の予定】    北に向かいます。     何日か後に、柳川。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体で、1位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 


                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.   
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui212.blog86.fc2.com/tb.php/1613-eee48b6b

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 志々伎(しじき)山に登る。  山は海から飛び出し、尖(とん)がった山頂は、空を突き刺して。~平戸市~ 他 (2015/2/18)
  • 2015年02月18日 (水)
  • 17時48分38秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。